on-the-time.jp

2009-06-23

「骨太の方針2009」が閣議決定された。

未来

政府の経済財政運営の指針となる「骨太の方針2009」が閣議決定された。

[AD] You can advertise on this site.

最優先課題として経済の底割れ防止と確実な底入れ・反転の実現を掲げ、少子高齢化や格差拡大による構造問題に対して社会保障の機能強化や雇用を軸とした生活安心保障の再構築など、中長期的な取り組みを打ち出した。

社会保障制度を持続可能なものとするために、債務残高対国内総生産(GDP)比を2020年代初めに安定的に引き下げる新たな財政健全化目標を明記し、中・長期的な財政再建スタンスに揺るぎがないことも強調した。

しかし、2010年度予算編成では、社会保障費の自然増を年2200億円抑制してきた方針が棚上げされることが決まり、「安心安全を確保するために社会保障の必要な修復をする」とし、「昨年度とは異なる概算要求基準を設定」する方針を明記した。

2007年度以降進めてきた歳出改革の後退した。 

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.