2009年06月23日

イギリスの就職状況は最悪!

BBC Newsは、イギリスでの仕事の見通しは現在1980年代の「深い不況('deep' recession)」、「1990年代の不況(1990s recession)」と言われたときのようににあって、さらに暗いとTUC(Trades Union Congress)が言ったと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

イギリスの不況の失業率は1990年代の22%、1980年代の29%と比べて、現在は、最初の12カ月で30%増加した。

4月の失業は226万1000人になり、ここ12年で最高値に達した。

NIESR(National Institute of Economic and Social Research/国立経済社会研究所)は、イギリスの経済が4月、5月に成長を再開したと予測した。

しかしTUCは、大臣が「グリーン・ショットの話に注意するべきである(should beware talk of green shoots.)」と言い、TUC総書記ブレンダン・バーバー(Brendan Barber)は、「仕事と成長の予測は、最後の不況より既に荒涼であり、1980年代の悪性の不況に非常に似ています。」「失業の見通しが向上し始めているというサインは全く何人かの解説者と合っていません。」と言った。

お先真っ暗!の状況が今も続いて拡大している。

日本の政治家が言っている景気動向は、選挙のためのもので、数字は好きなように書き換えることができる。

それが統計のパラドックスで、その情報を何も検討しないで報告しているのがマスコミ情報です。
現実を見据える必要があるとき、選挙などに目線が行っている政治家の意見は信用できない。

この不況が始まったとき、多くの経済学者は最低2年間は落ち続けると言った。

選挙のためではなく、真実を語る政治家に!真実を語るメディアに!

テレビを信じるな!
あれはニュースではなく、エンターテインメントである。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。