7-20

海の日

1996年に制定された日本の国民の祝日。
祝日化される前は「海の記念日」であった。

「海の記念日」は1876年に、明治天皇が東北地方に巡幸する際、それまでの軍艦ではなく灯台巡視の汽船「明治丸」によって航海し、7月20日に横浜港に帰着したことに因み、1941年に逓信大臣村田省蔵の提唱により制定された。

汽船「明治丸」は、東京商船学校(現東京海洋大学)の練習船として使用され、現在は東京海洋大学海洋工学部越中島キャンパスに保存されている。

制定当初は7月20日だったが、祝日法の改正(ハッピーマンデー制度)により2003年から7月第3月曜日となった。

汽船「明治丸」のGoogle Earthポインター情報
35°37'30.41"N,139°44'57.16"E
または、
35.625114, 139.749211