2008年06月23日

イギリス、1,000の中学に性的公共医療サービスがある

イギリスのDaily Mailは、約1000の中学校で生徒にサービスを提供するための性的公共医療があり、100万人の中学生が両親に相談することなく、性感染症のための避妊、経口避妊薬、妊娠テストなどを受けることが可能になっていると報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

生徒の年齢は16歳未満で、両親の同意が必要な世代で、イギリスでのセックスの低年齢化は急激に進んでいることが、確実に認識され、学校を通う11歳くらいの生徒によるセックス・サービスの急速な普及は、性教育を強制的にして、予備選挙にその拡大策が運動員によって歓迎されたと報告している。

Daily Mailでは、16歳の少女が子供を抱いている写真が公開され、それが珍しい例ではないと言っている。
同じ日に、同級生が経口避妊薬を購入して常用していることから、中学生の少女が経口避妊薬をオンラインで販売を開始した情報「girls as website starts selling prescription-only contraceptives today」が紹介されている。

完全に彼女たちの両親は、これらのことを知らなかった。

しかし、驚いてはいられない。
日本も同じである。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。