on-the-time.jp

2008-06-23

イギリス、1,000の中学に性的公共医療サービスがある

イギリスのDaily Mailは、約1000の中学校で生徒にサービスを提供するための性的公共医療があり、100万人の中学生が両親に相談することなく、性感染症のための避妊、経口避妊薬、妊娠テストなどを受けることが可能になっていると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

生徒の年齢は16歳未満で、両親の同意が必要な世代で、イギリスでのセックスの低年齢化は急激に進んでいることが、確実に認識され、学校を通う11歳くらいの生徒によるセックス・サービスの急速な普及は、性教育を強制的にして、予備選挙にその拡大策が運動員によって歓迎されたと報告している。

Daily Mailでは、16歳の少女が子供を抱いている写真が公開され、それが珍しい例ではないと言っている。
同じ日に、同級生が経口避妊薬を購入して常用していることから、中学生の少女が経口避妊薬をオンラインで販売を開始した情報「girls as website starts selling prescription-only contraceptives today」が紹介されている。

完全に彼女たちの両親は、これらのことを知らなかった。

しかし、驚いてはいられない。
日本も同じである。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.