gaYa広告

2007年06月20日

ヨーロッパのオンラインでLinuxがWindowsに打ち勝つ!?

イギリスのIT PROは、ほとんどのサイトがMicrosoft技術を支持しているように見えるが、pan-European調査によれば、Linuxの方が良く活躍し始めていると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

サーバーではかなりの数がLinux化されはじめている。

ヨーロッパのオンライン提供の性能を調査するために行われた研究によれば、Linuxに基づくウェブサイトはより信頼でき、Windowsベースの対応者より迅速な経験をユーザーに提供している。
さらに、ウェブサイトをモニターしている専門のWatchMouseによって実行された調査によれば、ヨーロッパでさまざまなセクターに関わる1,500以上のウェブサイトが、サイト有用性インデックスの一部として分析され、対象の大部分がLinuxかMicrosoft技術のどちらかに基づいていて、Apacheウェブ・サーバーによってサポートされたサイトが、Microsoft IISに基づくものより優れていることがわかった。

おもしろいのは、それぞれのプラットホームのサポートのレベルで、地理的な違いがあり、ドイツとポーランドがLinuxとApacheを支持し、スウェーデンとイギリスはWindowsとMicrosoftIISの組み合わせを好みんでいた。

ウェブ・サーバー・プラットホームに関して、調査されたサイトの大部分で、Apacheは実際にMicrosoftオプションとして支持し、性能ではApacheが勝者であったと報告している。

ただし、1年間の最後の8時間は調査をダウンさせたことから、99.9%の精度だとも報告している。

WatchMouseの最高技術責任者Mark Porsは「私たちの調査で、企業はLinuxよりWindowsを好むように思えますが、私たちの調査は、彼らがLinux/Apacheに基づいているウェブサイトを使用することで、より暮らし向きが良いことを示します。」と言っている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。