2006年06月20日

米国でデジタルカメラを使用不能にするデバイスを開発!

Journalism.co.ukは、ジョージア工科大学(Georgia Institute of Technology)の研究者がデジタルカメラ機能をブロックできる装置を開発したと報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

本来このデバイスは、映画産業の反著作権侵害製品の開発を支援するために、可視光とカメラを使用してデジタルカメラで使用されるセンサーを検出し、記録される画像を使用不可能にするため薄い光線を発光してCCDs(Charge-Coupled Devices)を無能にするために開発されたが、開発者によると、ビデオ・カメラ、または写真ぎらいな産業でデジタルカメラで取られるデジタル画像をブロックするのに使用できた。

現在のよう、タレントなどが携帯電話で撮影され、プライバシーを侵害される事件が多発していることから、これは良いかもしれないが、ただし、この装置は折りたたみの鏡を使用した一眼レフ(SLRs)には使用できないと報告している。

これを使えば、駐車違反の写真や高速道路のスピード違反の写真も無効にできることから、今後問題になることだろう。

さらに街角や銀行などに設置された防犯カメラも無効にできる可能性が出てくる。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告