on-the-time.jp

6月1日

写真記念日

日本写真協会の梅本貞雄らが1951年に写真の日制定委員会を開き、制定した記念日。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

6月1日を「写真記念日」に制定した根拠は、「東京日の出新聞」で1902(明治35)年4月6日から27日まで19回にわたって連載された鈴木天眼筆の「日本写真の起源」で、上野彦馬に関する写真事暦に「天保12年にオランダ人から長崎にもたらされ、島津斉彬を写した…」および、1907(明治40)年の松木弘安筆の「寺島宗則自伝」に「天保12年上野俊之丞と鹿児島に同行し、6月1日に島津斉彬を撮影…」との記述を基にされたが、その後の調査でこれらの事柄が誤りであることが確認さている。
しかし、日本写真協会はこの6月1日を引き続き「写真の日」として、表彰事業や「東京写真月間」などの各種の写真行事を行っている。

なお、わが国に写真が渡来したのは嘉永年間とされ、最初にダゲレオタイプ(銀板写真)の撮影が成功したのは、1857(安政4)年9月17日に、薩摩藩士の市来四郎、宇宿彦右衛門らが藩主島津斉彬を撮影したもので、現在鹿児島の尚古集成館に保存されている。
1999(平成11)年4月、この銀板写真が写真初の重要文化財として文化庁より指定を受けた。

毎年6月1日「写真の日」を中心に5月、6月にわたって「写真月間(The Month of Photography)」が開催されるようになっている。
「東京写真月間」は、東京都写真美術館を軸に東京都内の写真ギャラリー、フォトサロンで催される写真展やイベントなどで、プロ、アマチュアの枠を超えたものです。主催は東京写真月間実行委員会(社団法人日本写真協会と東京都写真美術館)が行い、後援に外務省、文化庁、東京都、協賛に写真関連企業などが参加して、1996年から毎年行なっている。

「東京写真月間」では、
1996年に第二次大戦もうひとつの秘史「マンザナー日系人収容所−宮武東洋とドロシア・ラング」と「意外な解放者」、
1997年に、「家族のいる情景−Japanese Families after The World War II-1996」と「アジア留学生の見たニッポン」を、
1998年は、「女性写真家のまなざし−1945〜1997」と「カレイドスコープ−90年代の女性写真家たち」、「アジア留学生の見たニッポン」、「見る・触れる−視覚障害者による写真展」
1999年は、「TOKYO 60/90-17人の写真家」と「東京発・留学生の写真展」
2000年は、「21世紀に残したい自然−日本列島北から南へ」と「東京発・留学生の写真展—にっぽん発見」
2001年は、「時代を彩った貌(かお)」
2002年は、絆−生きる輝き」
2003年は「20代作家の挑戦 IN & OUT」日本・韓国(The Eye of Young Photographers IN & OUT −JAPAN・KOREA)
2004年は東京都写真美術館で「明日のために−日本のドキュメンタリー写真家」(Japanese Documentary Photographers The 1960s to the present)と、協賛企業による国際展「アジアの写真家たち−バングラディシュ」
2005年は国内展「明治・大正・昭和 三代を生きた貌」、国際展「アジアの写真家たち2005ウズベキスタン」
2006年は国内展としては「地域と写真文化」、国際展「アジアの写真家たち2006ベトナム」
2007年は国内展として「東京の肖像」

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この記事に関連する日付

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。