gaYa広告

6月1日

電波の日

1950年6月1日に「電波法」「放送法」「電波監理委員会設置法」の俗に言う「電波三法」が施行されたことから、電波利用に関する知識を普及啓発させる目的で、電波監理委員会が1951年に制定した記念日。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

電波監理委員会は1952年8月1日に廃止され、電波行政を継承した郵政省が1954年に、「6月1日」を新たに電波の日として制定した。
その後、1985年の電気通信自由化により、6月1日~15日を「テレコム旬間」として運営され、1994年からは5月15日~6月15日の1か月間を「情報通信月間」と拡充された。
また、6を「む」と読み、1を「線」として、無線としたという説もある。

総務省は、情報通信の発展に貢献した個人や団体、ICTサービス・システム事例を表彰している。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

gaYa広告