6月1日

電波の日

1950年6月1日に「電波法」「放送法」「電波監理委員会設置法」の俗に言う「電波三法」が施行されたことから、電波利用に関する知識を普及啓発させる目的で、電波監理委員会が1951年に制定した記念日。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

電波監理委員会は1952年8月1日に廃止され、電波行政を継承した郵政省が1954年に、「6月1日」を新たに電波の日として制定した。
その後、1985年の電気通信自由化により、6月1日~15日を「テレコム旬間」として運営され、1994年からは5月15日~6月15日の1か月間を「情報通信月間」と拡充された。
また、6を「む」と読み、1を「線」として、無線としたという説もある。

総務省は、情報通信の発展に貢献した個人や団体、ICTサービス・システム事例を表彰している。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告