9-12

西洋人がマンハッタンを初めて見た記念日。

1609年9月12日に、ヘンリー・ハドソン(Henry Hudson/1565 - 1611)がThe Half Moonで到来し、西洋人で初めてマンハッタンを見た。

2009年9月12日は、マンハッタン発見400周年である。

[AD] You can advertise on this site.

Abramsは2009年5月1日に、「A Natural History of New York City(ニューヨークの自然史)」という本を出版した。
「A Natural History of New York City(ニューヨークの自然史)」は、現在のニューヨークができるまでの自然史を1冊にまとめた本で、ヘンリー・ハドソンが何を見たか?について、風景エコロジスト(andscape ecologist)のエリック・サンダーソン(Eric Sanderson)が当時を歴史的、考古学的な記録資料とからエコロジーの現代の原理を適用して分析し、現在では何100万人も生活するビル群になっているマンハッタン島を計算機モデリング技術を利用してワイルドな1609年頃を再現している。

そして、18世紀のマンハッタン風景の地図を現代の都市景観に合わせることによって、サンダーソンはタイムズスクエアの森林、ハーレム草地と街の沼沢地に作り直している。

それは、今のマンハッタンを頂点に、次世代には自然のマンハッタンに帰っていった場合の未来なのかもしれない。

Mannahatta
A Natural History of New York City
Mannahatta
see larger photo

Authors: By Eric W. Sanderson, Illustrations by Markley Boyer
Imprint: Abrams Books
ISBN: 0-8109-9633-2
EAN: 9780810996335
Availability: In Stock
Publishing Date: 5/1/2009
Trim Size: 7 1/2 x 10
Pages Count: 352
Cover: Hardcover with jacket

マンハッタン島のGoogle Earthポインター情報
40°42'51.72"N,74° 0'23.27"W
または、
40.714367, -74.006464

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.