gaYa広告

9月12日

西洋人がマンハッタンを初めて見た記念日。

1609年9月12日に、ヘンリー・ハドソン(Henry Hudson/1565 - 1611)がThe Half Moonで到来し、西洋人で初めてマンハッタンを見た。

2009年9月12日は、マンハッタン発見400周年である。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

Abramsは2009年5月1日に、「A Natural History of New York City(ニューヨークの自然史)」という本を出版した。
「A Natural History of New York City(ニューヨークの自然史)」は、現在のニューヨークができるまでの自然史を1冊にまとめた本で、ヘンリー・ハドソンが何を見たか?について、風景エコロジスト(andscape ecologist)のエリック・サンダーソン(Eric Sanderson)が当時を歴史的、考古学的な記録資料とからエコロジーの現代の原理を適用して分析し、現在では何100万人も生活するビル群になっているマンハッタン島を計算機モデリング技術を利用してワイルドな1609年頃を再現している。

そして、18世紀のマンハッタン風景の地図を現代の都市景観に合わせることによって、サンダーソンはタイムズスクエアの森林、ハーレム草地と街の沼沢地に作り直している。

それは、今のマンハッタンを頂点に、次世代には自然のマンハッタンに帰っていった場合の未来なのかもしれない。

Mannahatta
A Natural History of New York City
Mannahatta
see larger photo

Authors: By Eric W. Sanderson, Illustrations by Markley Boyer
Imprint: Abrams Books
ISBN: 0-8109-9633-2
EAN: 9780810996335
Availability: In Stock
Publishing Date: 5/1/2009
Trim Size: 7 1/2 x 10
Pages Count: 352
Cover: Hardcover with jacket

マンハッタン島のGoogle Earthポインター情報
40°42'51.72"N,74° 0'23.27"W
または、
40.714367, -74.006464

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

gaYa広告