gaYa広告

2008年04月03日

ヨーロッパでRSF、「報道の自由の日」に脅威を強調!

Google NewsはAFPからの情報として、メディア権利運動組織RSF(Reporters Without Borders/国境なき記者団)がパリで2008年5月3日の「世界報道自由デー(World Press Freedom Day )」に、ヨーロッパの中で安全であることをマークしたと報告した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

ジャーナリストと国際機関は、メディア権利に対する攻撃がアフリカ、アジア、およびラテンアメリカであったことを強調した。

RSFの最新版メディアに関する報告は承認されたEUの中で状況を正した。
「EU(European Unionヨーロッパ連合)の中に本物の報道の自由があります。」
「しかし、過去には国の検閲で、ジャーナリストの殺人か投獄が命令された。」
それはフランス、デンマーク、イタリア、北アイルランド、およびスペインを含んだいくつかの西欧州諸国で、何人かのジャーナリストが直面したセキュリティ問題を強調した。

WAN(The World Association of Newspapers/世界新聞協会)は2008年5月3日土曜日に、オリンピック大会の前に人権改革に関して中国の破られた約束と呼んだことを糾弾しながら、声明を出した。

国連の文化機構のUNESCOは、メキシコの政治腐敗、組織犯罪、および家庭内暴力の適用範囲で、メキシコ人のジャーナリストLydia Cacho Ribeiroに敬意を表し、彼女に「2008 UNESCO/Guillermo Cano World Press Freedom Prize」を贈与した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告