on-the-time.jp

2009年04月03日

ホワイトハウスが教えた電話番号は、セックス電話番号だった!

イギリスのAnanovaは2009年4月3日に、G20サミット(G20 summit)で、ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)国務長官にインタビューすることを望んでいるジャーナリストが受け取った電話番号は、なんとテレフォン・セックス(phone sex line)番号だったと報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

何も知らなかったジャーナリストは、てっきりヒラリー・クリントンが電話に出て、インタビューに答えてくれると期待して電話すると、それは明らかにヒラリー・クリントンではなかった。

Fox Newsのレポートによれば、ホワイトハウスは、国務長官ヒラリー・クリントン(Secretary of State Hillary Clinton)と国家安全保障アドバイザー(National Security Advisor)のジム・ジョーンズ(Jim Jones)のオンザ・レコード・ブリーフィング(on-the-record briefing)のための電話番号をジャーナリストに渡したつもりだったが、その番号はテレフォン・セックス番号(sex line number)だった。

その番号にかけたジャーナリストは、優しい女性の声で、クレジット番号を聞いてきたのでびっくりした。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告