gaYa広告

1940年03月10日

日本と重慶国民政府の極秘会談が物別れに終わった。

日本と重慶国民政府の代表団による極秘和平会談が物別れに終わった。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

日本軍部は日中戦争を終結させるため、1939年から重慶国民政府との直接和平交渉を水面下で「桐工作」と命名された工作を進めていた。日本側は蒋介石夫人宋美齢の弟宋子良と自称する人物と密かに接触し、香港の東肥洋行の2階で1940年3月8日から3日間、正式な和平会議開催の条件を話し合う予備会談が開かれた。
会談には、日本側から今井武夫大佐(支那派遣軍参謀)、臼井茂樹大佐、鈴木卓爾中佐らが、蒋介石側からは宋子良、陳超良(重慶行営参謀処副処長、陸軍中将)、章友三(前駐ドイツ参事、最高国防会議主任秘書)が出席した。日本側は、「善隣友好、共産党に対する共同防衛、経済分野での提携」のいわゆる「三原則」を挙げ、「満州国」の承認、共産党との一致抗日政策の放棄、日本軍の華北駐兵の受け入れを求めた。
重慶政府側は共産党との一致抗日について、「日本との和平協定が実現すれば必然的に放棄することになる」とし、共産党に対する共同防衛についても原則的には同意した。しかし、満洲国の承認をめぐって双方の主張は平行線をたどり、会議は物別れに終わった。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。