2017年01月07日はどんな日?

ビットコインvs銀行。さらに国境と国。

日本経済新聞 電子版は、「Disruption 断絶を超えて」第6回で、既存の通貨体制を揺るがしかねない存在になりつつあるBitcoinなどの仮想通貨について報告してきた。

日本経済新聞 電子版は2017年01月06日から、3連発でBitcoinについて報告している。

これは情報操作になりかねない。

でも、新年になって、お金の話が多すぎる!

ヒマラヤ初登頂の1936年立大隊のテント発見!

毎日新聞2017年01月07日に、日本初のヒマラヤ遠征隊として、1936年10月05日に当時英国領であったインドのクマオン・ヒマラヤ(Kumaun Himalaya)山脈の高峰、6867mのナンダ・コット(Nanda Kot)初登頂に成功した堀田弥一隊長を中心とした立教大登山隊が、登頂直前に使った国産布製テントが長野県内で見つかったと報告した。

超高速交通システム「ハイパーループ」の試験走行候補地。

AFPは、世界最大級の家電見本市「CES(Consumer Electronics Show/国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」に出展している米国の新興企業ハイパーループ・ワン(Hyperloop One)は2017年01月06日に、超高速交通システム「ハイパーループ(Hyperloop)」の試験走行を行うために挙がっている世界の候補地一覧を公表した。

日本の傑作は、ウォズワース文芸協会美術館ではじめて再結合した。

ArtDailyは、ウォズワース文芸協会美術館(Wadsworth Atheneum Museum of Art)で2017年01月07日に開く「歌麿と日本の魅力(Utamaro and the Lure of Japan)」日本のアーティスト喜多川歌麿(1753-1806)によって描かれた2つの記念碑的な巻子本絵画を130年以上経って初めて再結合すると報告した。

展示会が、日本の箱根にある岡田美術館からの1802-1806年の「雪の深川」と、ウォズワース文芸協会美術館の「吉原の桜の花」呼び集めた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

記念日まであと何日?

七草。

人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入った羮を食べる風習。

人の日(人日)と七草粥、小豆粥。そして爪切り!

古来中国では、正月の1日を「鶏の日」、2日を「狗(犬)の日」、3日を「猪の日」、4日を「羊の日」、5日を「牛の日」、6日を「馬の日」とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていた。そして、7日目を「人の日」として、犯罪者に対する刑罰は行われないことにした。

つまり、これらを中国では食べていたということで、人が人を食っていた。
篠田 統著「中国食物史」には、子供の料理法もある。

東方朔の『占書』(东方朔占书)にある中国の古い習俗で、正月1日から6日までは獣畜を占い、7日には人を占うところから、「人日」というようになった。

初薬師。

衆生の病根を救う現世利益招来の仏として古くから信仰された薬師如来の縁日は毎月8日とされ、その最初の縁日で、多くの参拝客でにぎわう。

110番の日

1986年に警視庁が「110番の日」を制定した。

十日えびす(戎)

年のはじめに行われるえびす講として、1月9日を「宵えびす」、1月10日を「本えびす」、1月11日を「残り福」といい、毎年3日間行われ、「えびす祭」「えびす講」「えべっさん」とも呼ばれ、福神・商売繁盛の神であるえびすを祭神として行われる。開門神事福男選び、大マグロの奉納、有馬温泉献湯式などの行事とともに、たくさんの屋台が軒を連ね、3日間で百万人を超える参拝者で賑わう。

鏡開き。

正月に年神に供えた鏡餅を割り、雑煮や汁粉に入れて食べ、一家の円満を願う行事。

蔵開き。

日本の伝統行事である「鏡開き」の商家版ともいえる行事で、蔵を開いて蔵に供えたもちを食べる神事を行い、その年の商売繁盛を祈願するものである。

成人の日。

国民の祝日に関する法律(祝日法)では「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」ことを趣旨としている、1948年公布・施行の祝日法によって制定された祝日。

制定から1999年までは、元服の儀が小正月に行われていたことから、毎年1月15日を「成人の日」としてきた。
2000年からはハッピーマンデー制度導入に伴い、2000年から1月第2月曜日に変更された。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010