gaYa広告

ブルガリアは、サバンナだった!?

ArtDailyは2017年06月18日に、AFPが2017年06月16日に報告した情報から、700万年前、ブルガリア(Bulgaria)の南の部分でヒマワリとトウモロコシ畑は、ガゼルとキリンが歩き回るアフリカのサバンナに似ていたと報告している。

そして多分、また最も初期の人間の祖先が驚異的に、ほとんどのどの科学者もここまで信じていなかったが、アフリカから来た。

古生物の巨大七面鳥は、飛ぶこともできた。

AFPは2017年06月15日に、オーストラリアにはかつて、カンガルーほどの大きさの飛ぶことのできる七面鳥に似た鳥が生息していたと、古生物学者らが2017年06月14日に、発表した。

今回の研究では、広い範囲から見つかった化石や骨を分析し、既に絶滅した鳥類5種を新たに同定したという。

地質時代に「千葉時代」を申請。

毎日新聞は2017年05月30日に、茨城大学などの研究チームは2017年06月07日に、千葉県市原市田淵にある地層を77万年前〜12万6000年前の地質時代を代表する地層と認定するようIUGS(International Union of Geological Sciences/国際地質科学連合)に申請する。もし、認められれば国内の地層では初めてで、この時代は「チバニアン(Chibanian)(ラテン語で千葉時代)」と命名されることになると報告した。

ティラノサウルスは、羽毛ではなくうろこに覆われていた。

最近の研究ではT・レックスの祖先がうろこではなく、羽毛で覆われていたことを示す証拠が見つかったという主張が展開され、T・レックスも同じだったのではないかとされていた。

しかし、AFPは、大型肉食恐竜ティラノサウルス・レックス(T・レックス、Tyrannosaurus rex)は鳥類のような羽毛ではなく、爬虫(はちゅう)類に見られるうろこに覆われていたとする研究結果が2017年06月07日に、イギリス王立協会(Royal Society)の専門誌バイオロジー・レターズ(Biology Letters)に発表されたと報告した。

人類の起源の定説覆す化石発見。世界中が大騒ぎ!

AFP、ArtDaily、毎日新聞、日本経済新聞 電子版、朝日新聞デジタルは2017年06月08日に、現生人類ホモ・サピエンスは、30万年前にアフリカに生息し、現代の人々とそう変わらない顔つきをしていたとする論文が2017年06月07日に、発表された。

この研究結果は、人類の起源が定説より10万年早かったことを示している。

20年来の通説は、ホモ・サピエンスは約20万年前にアフリカ東部に現れたと言われて来た。

日本車が爆弾に改造される街。

朝日新聞デジタルは、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」の実態が、次第に明らかになりつつある。

イラク北部モスル(Mosul)では、政府軍などによる奪還作戦の進行に伴い、武器製造工場などが相次いで見つかっている。
処刑場や宗教警察を使った恐怖統治についても、住民が重い口を開きだしたと報告した。

ツタンカーメンの大引っ越し!

ArtDailyは、AFPからの情報として、エジプトに首都カイロでは、ツタンカーメン(Tutankhamun)のベッド、古代戦車などが、カイロの大通りを引っ越していった。

エジプトに首都カイロの中心地にあったエジプト博物館(Egyptian Museum)から、ピラミッドの近く、カイロの郊外で新しく建設された雄大エジプト博物館(The Grand Egyptian Museum)に移されている間、2017年5月23日にエジプト少年王ツタンカーメンの古代戦車が、カイロ(Cairo)の町を移動していった。

雄大エジプト博物館の建設は、US$10億より多く必要であった。
また、予定より遅れた。

類人猿からの人類の分岐は、アフリカではなく、ヨーロッパで起きた!?

AFPは2017年05月23日に、500万年前のアフリカで人類は類人猿から枝分かれした。
この長年の定説に疑問を投げかける研究論文が2017年05月22日に発表された。

研究は、分岐がそれよりも早い時期にヨーロッパで起きた可能性があるとしていると報告した。

石垣島で、旧石器時代の人骨19人分を確認。

毎日新聞は、沖縄県立埋蔵文化財センター(西原町)は2017年05月19日に日、沖縄県石垣島の白保竿根田原(しらほさおねたばる)洞穴遺跡の5年間(2012〜16年)の発掘調査で、旧石器時代の人骨を1000点超、少なくとも19人分確認したと発表したと報告した。

出土量は世界最大級で、国内最古の全身骨格の人骨もあった。
沖縄県立埋蔵文化財センターは洞穴を墓にして風葬のように葬ったと判断した。

旧石器時代の人骨の葬送と墓域が分かるのは初で、国内最古とみられる。

日本の墓制の起源や当時の葬送概念を考える上で重要な成果となる伝えている。

エジプト中部で「前代未聞」の地下墓地からミイラ17体見つかる。

AFPは2017年05月14日に、エジプト中部ミニア(Minya)県の砂漠地帯で地下墓地からミイラ17体が見つかったと、エジプト考古省が2017年05月13日に発表した。

首都カイロ(Cairo)南方の同地では「前代未聞」の発見だという。

考古省の発表によると、ミニア県トゥーナ・エル・ゲベル(Tuna el-Gebel)地域で、エジプトの考古学チームが地下墓地内の通路を奥へと進んでいったところ、複数の回廊に横たえられていたミイラ、計17体を発見したと報告した。

巨大なオビラプトロサウルス類の新種、中国で発見!

AFPは2017年05月10日に、現在の中国中部にあたる地域に生息していた巨大な鳥に似た恐竜が、このほど新種であることが分かったと報告した。

研究者らは、この恐竜がつくる大きな巣について、モンスタートラックのタイヤよりも大きいと説明している。

この恐竜は「Beibeilong sinensis」と命名された。「中国の赤ちゃん恐竜」を意味する。

初期ヒト属「ホモ・ナレディ」 と現生人類「ホモ・サピエンス」が共存!?

AFPは2017年05月10日に、初期ヒト属「ホモ・ナレディ」と現生人類「ホモ・サピエンス」は、同時期にアフリカで共存していた可能性があるとする最新の研究結果が2017年05月09日に、発表されたと報告した。

これは、人類進化の理解を変える可能性のある成果だという。

エジプトで、約4000年前の花壇とみられる遺跡を発見!

毎日新聞は2017年05月05日に、エジプト南部ルクソール(Luxor)近郊の古代都市テーベの埋葬地で、約4000年前の花壇とみられる遺跡が見つかったと、エジプトのメディアが2017年05月03日伝えたと報告した。

内部が整然と正方形の区画に仕切られ、花や植物が植えられていたと推測されている。

13万年前の北米に人類が居た?

日本経済新聞 電子版は2017年04月27日に、米国のカリフォルニア州の約13万年前の地層から出土したゾウの祖先「マストドン」の化石に、人為的にたたきつけたと考えられる鋭利な傷や割れ目があることが分かったと、サンディエゴ自然史博物館(San Diego Natural History Museum)などのチームが2017年04月27日付のイギリス科学誌ネイチャー(Nature)に発表したと報告した。

想像を絶する環境で生きた最古の多細胞生物か?24億年前の菌類様化石。

AFPは2017年04月25日に、南アフリカで偶然発見された化石は、これまで最古とされていたものよりさらに12億年古い菌類である可能性が高いとの研究論文が24日、発表された。植物でも動物でもない生物群、菌類の進化の物語を書き換える発見だという。

2億4800万年前の足跡の化石を発見。

AFPは2017年04月21日に、スペインのピレネー山脈(Pyrenees)で、約2億4700万〜2億4800万年前の化石化した足跡を発見したとの研究報告が発表されたと報告した。

これまで知られていなかった新種の爬虫(はちゅう)類が残したものと考えられると伝えている。

古代裁判官の墓から10の棺、ミイラ5体。副葬品1000点発掘。

毎日新聞、ArtDailyは2017年04月19日に、エジプト南部ルクソール(Luxor)で、古代エジプト第18王朝(18th Dynasty/紀元前16〜13世紀)の裁判官のものとみられる墓が見つかったと古代遺跡省(the antiquities ministry)が発表したと、電子版政府系新聞アルアハラム(al-Ahram/الأهرام)などが2017年04月18日に伝えたと報告した。

10の棺と、8体のミイラ、小さな人形など1000点超の副葬品があり、考古省は「重要な発見」と意義を強調した。

恐竜のさらにその祖先は、ワニ似?

恐竜の生息していた時代にも巨大なワニがいたが----

AFPは2017年04月14日に、恐竜の進化における「ミッシングリンク(失われた環)」が、タンザニアで1930年代に発見された化石が一助となって特定された。この恐竜の祖先は、首が長く、四足歩行でワニに似た姿をしていたという。

アリの「農耕」習性は、3000万年前に獲得か!?

AFPは2017年04月13日に、人類が食用植物を育てるために地面に種をまく方法を考え出すはるか前に、アリは制御された環境で「作物」を栽培していたとする研究結果が2017年04月12日に発表されたと、報告した。

「農耕」習性のあるアリはこれまでに数十種知られている。これらのアリは、主にコロニーの幼虫の餌にする目的で地下の農場で菌類を栽培する。

そのうちの数種のアリは、このプロセスを次の段階に進めている。
栽培する菌類を、もはや野生では生きられないように全面的に改良しているというのであった。
これは、人が食用として栽培する一部の遺伝子組み換え作物が、農薬など人の介入なしでは成長できないのと非常によく似ている。

フランスの考古学者は、大きなGallo-Romanモザイクを発掘。

ArtDailyは2017年04月13日に、フランスの考古学者は2017年04月11日に、南フランスのウゼス(Uzès)で60m平方もり、保存状態が極めて良い紀元1世紀頃のガロ-ロマンス・モザイク(Gallo-Roman mosaic)を発掘したと報告した。

州の博物館デュラック・オキタニィ(Drac Occitanie)の元で、古代から中世の町ウゼスを発掘していた。

人間が人間を喰う。古代人のカニバリズムと、その目的。

AFPは2017年04月07日に、現生人類を含め、古代の人類が人の肉を食べるカニバリズム(cannibalism/食人)をしていたのは、栄養価の高い食事を取るためというより、儀礼的な目的のためだった可能性の方が高いとする異色の研究論文が2017年04月06日に、発表されたと報告した。

オーストラリア西部で、恐竜21種の足跡発見!

AFPは2017年03月27日に、オーストラリアの研究者らは2017年03月27日に、オーストラリア西部の海岸地帯で異なる21種の恐竜の足跡が発見されたと発表した。研究者らはこの発見について「前代未聞」の規模であるとし、映画『ジュラシック・パーク(Jurassic Park)』の世界さながらだと評している。

インドで発見の藻類化石は、世界最古の多細胞植物か?

AFPは2017年03月15日に、インドで見つかった16億年前の化石2個に紅藻類が含まれているとする研究論文が、2017年03月14日に発表されたと報告した。
これらは地球上で発見された最古の植物状生命体の可能性があるという。

3千年前のファラオ像2体、カイロのスラムで発掘。

さすがエジプト!AFPは、3000年以上前の古代エジプトのファラオ(王)像2体が、カイロ(Cairo)首都圏の住宅地でエジプトとドイツの考古学チームによって発掘されたと報告した。

像が見つかったのは、カイロ首都圏北東部のマタリア(Mattarya)地区で、かつて古代エジプト王朝の首都ヘリオポリス(Heliopolis)があり、現在は労働者・中産階級の住宅が立ち並ぶスラムであった。

Jihadistトンネルは、モスルでアッシリア時代の翼を付けた雄牛をむきだしにした。

ArtDailyは、狭いトンネル全体が暗闇で、迷宮を通ると、それらが突然出現する。
モスルの地下で、アッシリア帝国時代の2頭の大きい翼を付けられた雄牛がそっくりそのまま見つかった。

しかし、IS(Islamic State/イスラム国家)グループを北部イラクの主要な都市から立ち退かせる戦いで、むきだしの考古学の宝物をトンネルに保存することは、時間に対する競争であった。

jihadistsは、噂によれば2014年07月に収納された丘の下で人工物を略奪するために、ナビ・ユナス神社(Nabi Yunus shrine)の墓であった予言者ジョナ(Prophet Jonah)を、それらがダイナマイトで爆破し、トンネルのネットワークを掘った。

イラク治安部隊が、ISが破壊したモスルの博物館を奪還。

AFPは、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」の戦闘員らが考古学上貴重な遺物を破壊する様子を自分たちで撮影したことで知られるイラク北部モスル(Mosul)の博物館を、イラクの治安部隊が2017年03月07日に、奪還したっと、現地警察が発表したと報告した。

ケナガマンモス、遺伝子の「破綻」で絶滅か?

AFPは2017年03月03日に、数千年前に絶滅しているケナガマンモス(woolly mammoth)の絶滅に至る過程において、その生存能力を阻害する遺伝子変異が、減少する個体数の群れの中で次々と発生していたとする研究論文が2017年03月02日に、発表されたと報告した。

かつては北米やロシア・シベリア(Siberia)に最も多く生息していた草食動物の一種だったケナガマンモスは、狩猟による影響の増大や気候温暖化などの脅威にさらされ、3700年前に地球上から姿を消した。

NZで発見の化石で、古代の巨大ペンギン、恐竜と共存。

AFPは2017年02月24日に、ニュージーランドで発見された巨大ペンギンの足の骨の化石から、ペンギンの祖先が恐竜と同じ時代に地球上に存在していたことが分かったという研究結果が2017年02月23日に、発表されたと報告した。

約6550万年前に起きた小惑星の衝突で非鳥類型恐竜が絶滅する以前、超大型のペンギンが角竜類のトリケラトプスや肉食のティラノサウルスといった恐竜と同じ空気を吸っていたということになる。

ただし、小惑星の衝突で非鳥類型恐竜が絶滅したというのは、一つの提案であるが、確実ではない。

NASA科学者が、メキシコ鉱山で6万年前の生きた微生物を発見。

AFPは2017年02月21日に、NASA科学者が最長6万年にわたりセレナイト(selenite)の結晶内部に閉じ込められていた、生きた微生物をメキシコの鉱山で発見したと報告した。

NASAの宇宙生物学研究所(Astrobiology Institute)のペネロープ・ボストン(Penelope Boston)が2017年02月17日に、米国のボストン(Boston)で開催のAAAS(American Association for the Advancement of Science/米国科学振興協会)の2017 AAAS Annual Meeting会合で行った研究発表によると、この奇妙な古代微生物は、亜硫酸塩、マンガン、酸化銅などを摂取して生きられるように進化したと考えられるという。

古代の開拓跡か?アマゾン熱帯雨林に謎の円形溝。

AFPは2017年02月07日に、南米アマゾン(Amazon)の熱帯雨林は、1492年のヨーロッパ人による南北アメリカ大陸入植のはるか以前から、数千年にわたって先住民により手が加えられていたとする研究論文が、発表されたと報告した。

ブラジルの一部地域から、円形の溝などが多数発見された。

これまでに確認されている円形の溝あるいは地上絵(geoglyph)の数は数百に上る。
作られた目的は不明だが、ここで何らかの儀式が行われていた可能性もあるという。

人類最古の祖先は、肛門のない5億4000万年前の袋状生物か?

AFPは2017年01月31日に、イギリスの科学誌ネイチャー(Nature)からの情報として、人類から進化系統をさかのぼることができる最古の生物は、約5億4000万年前に生息していた卵形の生き物である可能性が高いとの研究結果が2017年01月30日に、発表されたと報告した。

この生物は、摂食と排せつを同じ大きな開口部から行っていたという。

イランの古代岩壁画、経済制裁解除で研究進展に期待!

AFPは、イランの丘陵地帯や砂漠の平原地帯をほぼ単独で長年にわたり調査し続け、古代の岩壁画を数多く発見したイラン人考古学者がいる。

イラン中部の町ホメイン(Khomein)郊外の岩が散在する荒涼とした場所にもこうした岩壁画はあった。貴重な壁画がこのような場所に存在していたとはにわかに信じがたいほどだと伝えている。

ラスコー洞窟壁画の芸術センター完成。

毎日新聞、ArtDailyは2016年12月12日に、仏南西部ドルドーニュ県の世界遺産で、約2万年前に描かれたラスコー洞窟(Lascaux caves)壁画を復元した「Le Centre International de l’Art Pariétal Montignac Lascaux(モンティニャック・ラスコー国際洞窟壁画芸術センター)」が完成し、2016年12月10日にオランド仏大統領(French President Francois Hollande)らが出席して落成式典が行われたと報告した。

猿人ルーシーは、1日の3分の1以上を樹上で過ごした!?

AFPは2016年12月02日に、現生人類の古代の祖先とされる猿人「ルーシー(Lucy)」は、木の上のすみかで1日の3分の1以上を過ごしていた可能性が高いとする最新の研究結果が2016年11月30日、発表されたと報告した。

また、「ルーシー」は、高い木から落ちて死んだ?

NTTドコモの携帯基地局建設。遺跡無断で掘削!

毎日新聞は、山梨県教育委員会は2016年11月24日に、山梨県南アルプス市内の遺跡2カ所で、NTTドコモが携帯電話の基地局を無断建設していたと発表した。工事の孫請け業者の社員が、市から「文化財の調査は不要」との公文書を偽造してドコモに報告していたという。

これは、個人レベルではなく、企業の偽造である。

宮崎県えびの市で、鮫皮巻の大刀出土。

毎日新聞は、宮崎県えびの市教育委員会などは2016年10月24日に、宮崎県えびの市の島内地下式横穴墓群139号墓(6世紀前半、古墳時代後期)で出土した大刀(たち)が、柄(つか)に朝鮮半島特有の装飾「鮫皮巻(さめがわまき)」を施したものとしては国内最古であることが判明したと発表した。

クフ王ピラミッドの空間発見は、「ミュー粒子」を利用。

これまで、エジプトの調査で、早稲田大学の吉村作治教授のチームが知られていたが、今回のクフ王ピラミッドの空間発見は、名古屋大学のの素粒子物理学研究者らのほか、エジプトやフランスの専門家が参加していた。

また、その技術は、ピラミッドを破壊せずに内部の様子を探る試みで、宇宙線から生じ、厚さ数キロの岩盤を突き抜けるほど、物を通り抜けやすい性質を持つ「ミュー粒子」を利用した。

調査チーム、ギザの大ピラミッドで新たに2つの「空洞」発見。

AFPは2016年10月16日、エジプトのギザの大ピラミッド(Great Pyramid of Giza)」に、これまで知られていなかった2つの「空洞」が存在する可能性があることが、ラジオグラフィ(X線撮影)を用いたスキャン調査で判明した。

ピラミッドの謎解明を目指すプロジェクト「スキャンピラミッド(Scan Pyramids)」の科学者らがに、明らかにした。

恐竜時代の鳥の発声器官、最古の化石発見。

AFPは2016年10月13日に、鳴き声を発する鳥が、恐竜時代に生息していたことを示す驚くべき化石を発見したとする研究論文が、イギリスの科学誌ネイチャー(Nature)で発表された。

ティラノサウルス・レックス(T・レックス、Tyrannosaurus rex)や他の恐竜たちも、われわれ人間と同様に鳥の鳴き声で目覚めていたのかもしれないが、それは美しいさえずりというよりは、「クラクション」といった音に近かったようであると報告している。

最古級の旧約聖書写本、最新技術で開いた。

AFPは2016年09月22日に、極めてもろくなった状態の古代ヘブライ語の巻子本をデジタル処理によって「開き」、史上最古級の旧約聖書写本の中身を明らかにしたとの研究論文が2016年09月21日に、発表したと報告した。

「アンティキティラ島の機械」発見の沈没船で、2000年前の人骨を発見。

AFPは2016年09月20日に、考古学者チームは、古代から現存する最も複雑な技術工芸品の一部である「アンティキティラ島の機械(Antikythera Mechanism)」が見つかったのと同じ地中海(Mediterranean Sea)の沈没船で、2000年前の人骨を発見した。英科学誌ネイチャー(Nature)が2016年09月19日に伝えたと報告した。

ネイチャーによると、ギリシャのアンティキティラ(Antikythera)島の沖合で2016年08月31日に発見されたこの人骨からDNAを抽出できれば、人骨の身元に関する手掛かりが明らかになる可能性があるという。

サムスンは、League of LegendsであるからMilkを閉鎖する。

ブライアン・シャフィン(Bryan Chaffin)はMacObserverで、最初にブライアン・シャフィンのハートは、ミルク酸敗(Milk souring/腐った牛乳)に巻き込まれた外に出る従業員であった。

それは、ブライアン・シャフィンが、この怒号において言う必要があろうとしている唯一の良い物についてである。

マヤ文明のピラミッドの下に水路発見!

AFPは2016年07月26日に、メキシコの考古学者らは、古代マヤ文明の国王の墳墓があるピラミッドの下に水路があることを発見した。この水路は死者の国へと続く象徴的な通路を表していた可能性があると言っていると報告した。

新種肉食恐竜の化石発見。

AFPは2016年07月21日に、約8000万年前の新種の肉食恐竜の化石がアルゼンチンで見つかった。
研究論文が、「巨大な泥棒」として知られる恐竜の仲間だと、発表されたと報告した。

レーザー技術で、カンボジアの失われた都市の詳細を解明。

AFPは2016年06月13日に、カンボジアのアンコールワット(Angkor Wat)近くのジャングルの下に眠っていたはるか昔の都市について、レーザー技術を使った調査で新たに詳細が判明したと、考古学チームが2016年06月12日にロンドンのRoyal Geographic Society in Londonで全体を2016年06月13日月曜日に発表すると報告した。

世界最大の宗教遺跡群に見え隠れする文明についての理解が進んでいる。

調査は数年前から行われていたが、新たに分かったのは、クメール王朝(Khmer Empire)の都市の広がりと寺院群が誇る規模の大きさであった。

科学者はミステリー『ホビット(Hobbit)』のありそうな祖先を見つける。

アルジャジーラ(Al Jazeera)とAFPは、インドネシアの島フローレス(Indonesian island of Flores)で発掘された化石は、人類学の最も興味をそそるミステリーのうちの1つを解決できると報告した。

数十万年に日付を戻して書いているインドネシアの島の新しくむき出された化石は、たった今、「ホビット」とニックネームを付けられた小さい人種のミステリーを解決できたところである。

また、イスラエル沖で古代ローマの沈没船から貴重な遺物をダイバーが発見!

AFPは、IAA(Israel Antiquities Authority/イスラエル考古学庁)は2016年05月16日に、地中海に面する古代の港湾遺跡カイサリア(Caesarea)の沖合で1600年前に沈没した商船から発見された、銅像や貨幣を含む古代ローマ時代の希少な遺物を公開したと報告した。

オーストラリアで、「世界最古」の石斧を確認。

AFPは、オーストラリアで1990年代に発見された石の破片が、知られている限りで世界最古の石斧の一部だった可能性があると科学者らが2016年05月11日に、発表したと報告した。

石片は、約5万年前に人類が初めて同大陸に到達した直後のものとみられるという。

ツタンカーメン王の墓の「隠し部屋」、専門家ら異議!

AFPは2016年05月09日に、エジプトのハリド・アナニ(Khaled al-Anani)考古相は、古代エジプト王ツタンカーメン(Tutankhamun)の墓にあるとされる隠し部屋の存在を確かめるには、新たな技術が必要と述べた。

隠し部屋をめぐっては、イギリスの考古学者が、ツタンカーメン王の義母ネフェルティテイ(Nefertiti)王妃の遺体が埋葬されている可能性を指摘している。

絶滅した「殺し屋」クジラの歯を発見!

AFPは、オーストラリアの海辺で、絶滅したマッコウクジラ「キラースパームホエール(killer sperm whale)」の巨大な歯の化石が見つかったと報告した。

約500万年前のもので、南北米大陸以外でこのクジラの化石が発見されたのは初めてであったと伝えている。

米国ではできないが、イギリスでできること13項目。

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、オバマ大統領は、女王の90番目の誕生日のお祝いの一部として、女王とEU国民投票キャンペーンについての任務として、昼食のためのイギリスに着陸した。

それは、少なくともきっと大統領とファーストレディ、およびそれらが、臨時の作業リストを持つってObamasイギリスを訪問する最後である。

そこで、オバマは、それらのために3日を持ち、あるポイントでデイビッド・キャメロンと話をはめ込む必要があるだけである。

従って、ルイス・ドーレ(Louis Doré)には、彼が、最高司令官として、どうしても米国で彼がすることができなかったことを、イギリスにいる間に、バラクが試すべき少しの提案をした。

5000年前のミイラ「アイスマン」、3Dプリンターで復元。

AFPは、アルプス(Alps)の氷河で25年前に発見された約5000年前の男性のミイラ「エッツィー(Ötzi/Oetzi)」(通称アイスマン、Iceman)の等身大の復元が、3Dプリンターで作製されたと報告した。

エッツィーが保管されている、イタリア北部ボルツァーノ(Bolzano)の南チロル考古学博物館(South Tyrol Museum of Archeology)によると、既存のCTスキャンデータを基に樹脂で複製を作り、米国人アーティストのゲーリー・スターブ(Gary Staab)が数か月かけてそれに彫刻と塗装を施した。

アップルは、iPhoneの寿命を3年と想定。

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、アップルは、iPhoneの寿命を3年と想定している。Apple Watchも寿命を3年と想定している。Macコンピュータは寿命を4年と想定している。
アップルは、MacOSのブランド名をOS Xに変更したとき、アップルは、続くことを間違いポイントで予定しすぎたと報告している。

アテネで、古代の「集団墓地」発見!

AFPは2016年04月15日に、ギリシャの首都アテネ(Athens)近郊で、男性の骨80体が埋められた集団墓地2か所が見つかったと報告した。

考古学者らは、これらの人骨について、古代アテネの僭主(せんしゅ)になろうと反乱を起した貴族キュロン(Cylon)の追随者らのものである可能性があると伝えている。

ISは、モスルの近く、古代の都市ニネベの門を破壊。

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」はモスル(Mosul)の近くでニネベ(Nineveh)の古代の都市にゲートを破壊した。グループは2014年以来モスルをコントロールし、多い文化的な人工物を破壊した.

このゲートは、Mashqiゲート(Mashqi Gate)、また神のゲートとして知られ、ニネベの古代アッシリア都市をガードした多くの雄大なゲートのうちの1つであった。

バイブルにおいて参照されるBC7世紀のニネベは、当時、世界の中で最も大きい都市であった。

聖書が書かれた時の新しい証拠を提供する陶器発見。

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年04月12日に、バイブルが書かれた時の新しい証拠を提供する陶器発見し、陶器において書かれた軍隊の記録を分析することにより、リテラシーがエルサレム・エリートのためではなかったことだけが示唆されると報告した。

2,500年前の粘土に書かれたレターのコレクションは、聖書についての年齢数世紀の疑問に答えるのに役立っているかもしれない。

破壊前のパルミラと、ISから奪回後のパルミラの写真比較。

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」から奪回された1週後に、前後のシリーズは、ISにより起こされた破壊の範囲を示しているパルミラ(Palymra)の古代シリアサイトで起きたことが明らかになったと報告した。

ISグループは、イースターの日曜日にサイトから追放されて、政府軍が引き継いで以来、ジャーナリストは初めて中に入ることが許された。
写真は、そのいくつかが数1000年の歴史がある寺院と彫像をISが破壊する行為を示した。

特報!シリア国軍が、古代の都市パルミラを完全に奪還!

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年03月27日に特報として、シリアのメディアリポートによると、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」のジハーディスト・グループ(The Isis jihadist group)は古代シリア都市のパルミラ(ancient Syrian city of Palmyra)から追放されて、政府軍は「完全なコントロール」を取り戻したと報告した。

交戦するグループの上の主要な象徴的な勝利であるものにおいて、シリアの国営TVリポートは、軍隊のソースを引用し、軍隊が民兵組織同盟国の助けによって都市を取り戻したと伝えている。

バシャー大統領アル・アサドに忠実な軍隊(Forces loyal to President Bashar al-Assad)は、2016年03月27日日曜日の朝.「パルミラの都市の上の完全なコントロール」を奪還したと、 軍隊のソースは言った。

紀元前約1万500年頃からアイルランドに人間が存在していた。

AFPは2016年03月21日に、アイルランドの洞窟で発見されたクマの骨を分析した結果、これまで考えられていたより2500年早い紀元前約1万500年頃からアイルランドに人間が存在していたことが分かったと、研究者らが2016年03月20日に、明らかにした。

ツタンカーメンの墓が、複数の秘密の室を持っている。

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、日本の研究調査が、ネフェルティティの休息場所(Nefertiti's resting place)に光を当てることができた後に、、エジプトの役員は、ツタンカーメン墓(Tutankhamun tomb)が、複数の室を持っていると言ったと報告した。

3万5000年前の石で、「Twitterの鳥の彫刻」を発見!

AFPは2016年03月16日に、フランスのボルドー(Bordeaux)の近く、ドルドーニュ(Dordogne)県で、Twitterのロゴに似た鳥の図柄が彫り込まれた3万5000年前の石が見つかり、INRAP( Institut de recherches archéologiques préventives/フランス国立予防考古学研究所)が2016年03月15日に、写真を公開したと報告した。

遺伝子操作で「先祖返り」、恐竜の脚持つニワトリ胚を作成。

AFPは2016年03月16日に、遺伝子操作によって、恐竜のような脚を形成するニワトリの胚を作成したとする研究が今月、学術誌エボリューション(Evolution)に掲載されたと報告した。

人類の進化、古代の調理器具。

食は文化というが、AFPは2016年03月10日に、食物を薄切りにしたり、細かく砕いたりするのに使う道具の制作は、現生人類の祖先が食物をそしゃくする回数を減らす必要性があったことを意味するとすると、進化科学者らの研究結果が2016年03月09日に、発表されたと報告した。

その結果、言語といった、その他の口を使う技能を磨くための時間が増えたのだと分析している。

パキスタンで、「110万年前のステゴドンの牙」発見!

AFPは、パキスタンの研究チームは、パキスタンのパンジャブ(Punjab)州で、110万年前のステゴドン(Stegodon)の牙を見つけたと発表した。この哺乳動物がたどった進化の旅路の解明向けた新たな手掛かりをもたらす可能性のある発見だと言っている。

現代のゾウの遠い親戚に当たる種のステゴドンは、約1100万年前に現れ、約1万1700年前の最終氷期の終わりまで続いた後期更新世まで、地上に存在したと考えられている。

ネアンデルタール人のDNAは、人類大移動の年表を書き換える。

AFPは2016年02月18日に、DNA分析に基づき、現生人類の集団は、これまで考えられてきたよりもはるかに早い時期にユーラシア(Eurasia)大陸に到達し、ネアンデルタール人(Neanderthals)と性交渉を持っていたとする研究結果が2016年02月17日に発表されたと報告した。

これにより、人類大移動の年表が書き換えられることになると伝えている。

現実世界の「インディ・ジョーンズ」

AFPは2016年02月17日に、実世界の「インディ・ジョーンズ(Indiana Jones)」と称されるサラ・パーキャック(Sarah Parcak)は、テクノロジーを駆使する考古学者が、未発見の秘宝を探し出したり、目を見張るような古代の文化財を守ったりするためのオンラインプラットホームへの参加を人々に呼び掛けたと報告した。

サラ・パーキャック(Sarah Parcak)は、世界の古代文化財を破壊と略奪から守るために、21世紀の市民科学者集団の構想を描いてきた。

2016年に、価値のあるアイデアを世界中に広めることを目指す米非営利団体TEDからTEDプライズ(TED Prize)を受賞したことで、構想実現の可能性が出てきた。

インドネシアの「ホビット」は、ホモ・サピエンスではない。

AFPは2016年02月16日に、インドネシアの島で約1万5000年前に絶滅したとされる小型のヒト属ホモ・フロレシエンシス(Homo floresiensis/フローレス原人)は、現生人類としても知られるホモ・サピエンス(Homo sapiens)ではなく、まったく別の種だったとする研究論文が2016年02月15日に、発表されたと報告した。

ホモ・フロレシエンシスの扱いをめぐっては、専門家の間で意見が割れている。

身長が極端に低いことから「ホビット」との愛称をもつホモ・フロレシエンシスの化石は、2003年にインドネシアのフロレス(Flores)島で発見された。

歴史上、最初に登場した、私達が確かに知ることができる人の名前は誰か?

だれもが、すぐに答えるのは、アダム&イブ、ノアなどの名前であるが、そのような不確実性ではなく。名前を私達が知ることができる最も古いの人は誰であるか?

Quoraは2016年02月14日に、古代学者スティーブ・テオドール(Steve Theodore, Antiquarian)が2015年11月22日に公開した意見を紹介した。

地球は、45億年前にTheiaとの『激しい衝突』で誕生した!?

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、UCLA科学者は地球が、45億年前、Theiaとの『激しい衝突』の後、2つの惑星から成り立った、と理論づけたと報告した。

また、UCLAが率いるチームは、この現象で月を作ったことも明らかにした。

古代バビロニア天文学者。

Quoraは2016年02月02日に、科学雑誌「Science」が2016年01月29日に公開した記事「Babylonian astronomers tracked Jupiter」を紹介し、古代バビロニア天文学者は、時間との速度グラフの下で木星のエリアからのポジションを計算したと報告した。

観光客は、違法にエジプトのギーザで、ピラミッドに登頂!

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、ドイツのミュンヘンから来ていた18歳の観光客アンドレイ・シエシエスキー(Andrej Ciesielski)は、カイロ郊外ギーザにある世界でもっとも有名な4,500年の歴史があるピラミッドに、違法に登頂したと報告した。

実は、私もピラミッドに、登頂した。
下から護衛兵がライフルで私に照準を当て、降りてくるように命令した。
しかし、よく見ると、前日にカイロ市内で会ったエジプト人であった。

地上を歩いた最大の動物ティタノサウルス。

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、あなたは、どのように、ずっとかまずに毎日食物でいっぱいのスキップを食べるか?
あなたが4台のロンドンバスの長さである時に、あなたはどのようにつま先を歩くか?
あなたに70トンの重さがある時に、あなたはどのようにセックスするか?
たぶんこれらの3つの質問への返答が「大きい困難に」である間、科学者は、疑いなくすべての時間の中で最も大きい恐竜発掘のをむきだしにした後に、そのようなありそうにない質問に取り組んでいると報告した。

インダス文明は、なぜエジプト文明とメソポタミア文明と同じくらい重要か?

Quoraは、2014年02月24日に公開した「Why is the Indus Valley Civilization not considered as significant as the Egyptian and Mesopotamian Civilizations?」を再度公開した。

学界が歴史本を書き直すことに不十分な動機となる。

しかし、はインダス・バレー文化(Indus Valley culture)について本当に書き直す必要がある。

何によって、ローマ人はローマを作ったか?

Quoraは、ローマ帝国のほとんど展望作家であるマクシミリアン・シンガー(Maximilian Singer)は、クラウディウス皇帝(Emperor Claudius)が、ガリア)Gaul)から地方民を含むことを上院に納得させたかった時に、彼はこのまさしくそのトピックについて、スピーチしている文献があると報告した。

「私は、最初に、私が、私の方法で立っている非常に最初の物であると私が確信している最初の考えを拒絶すると言うべきである。すなわち、まるで私がいくらかの革命の革新を導入するかのようにあなたは私の提案から後退する。

数年この状態といくつ形、および私達の状態が持っていた構成の間で、そのまさしく基礎の時から、いくつかの変化が起こったかについて代わりに考えなさい。

1回で、彼らは一緒に彼ら自身の家族からそれを後継者に手渡さなかったけれども、この都市は王により持たれていた。

古代のギリシャとローマが、南のインド王国と取引があった。

Quoraは、2015年07月08日に公開した「I have heard that ancient Greece and Rome were having trades with south Indian kingdoms. But in history, why weren't these given much importance and not talked about?」を再度紹介し、私は、古代のギリシャとローマが、南にあるインド王国と取引にあっていたと耳にした。しかし、これらが歴史でなぜなく、多くの重要性が与えられて、まわりで話さないか?といってきた。

それは専門家のためにかなり重要であるけれども、一般読者から少ない注目を得る傾向がある。

1万年以上前に絶滅のキリンの仲間「シバテリウム・ギガンテウム」

AFPは、1万年以上前に絶滅したキリンの仲間は、太い脚、平たい顔、頭蓋骨からカール状に広がる角を持った大きな重量級の生物だったと、2016年01月13に発表された研究論文で明らかになったと報告した。

インドネシアで、11万8000年以上前の石器発見!

AFPは2016年01月14日に、インドネシアのスラウェシ(Sulawesi)島のカベンゲ(Cabenge)で、11万8000年以上前の石器が発見されたと報告した。

もし、あなたの先祖が、ネアンデルタールとセックスしていたら---

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は大昔、ヒトはネアンデルタールとセックスしていた。

それは、同じ猫属でライオンと虎がセックスをしているのと同じようなものである。または、シマウマと馬が情熱的に繁殖しているのに似ているとも言える。

アルゼンチンで、巨大「アルマジロ」の甲羅化石を発見。

AFPは2015年12月30日に、アルゼンチンでクリスマスの2015年12月25日に、アルマジロに近い古代生物グリプトドン(glyptodont)のものと思われる直径mの甲羅の化石が見つかったと、専門家が2015年12月29日に、明らかにしたと報告した。

化石が見つかったのは首都ブエノスアイレス(Buenos Aires)の南約40kmのカルロス・スペガスシニ(Carlos Spegazzini)の川岸であった。

原始人類は、最終氷期末まで存在か?

AFPは2015年12月18日に、20年以上前に中国の洞窟で見つかった大腿(だいたい)骨の化石の謎を解く数年に及ぶ調査から、これまで考えられていたより、はるかに遅い時代まで原始人類が存在していたことを示唆する研究結果が2015年12月17日に、発表された。

約1万4000年前のものとされる大腿骨の一部の化石は1989年に中国・雲南(Yunnan)省の馬鹿洞(Maludong/Red Deer Cave)で発見されたもので、「赤鹿人」などと呼ばれている。
馬鹿洞では当初、この骨とともに一群の化石が見つかったが、2012年まで分析はされてこなかった。

スペインで、背に「帆」持つ新種恐竜の化石を発見。

AFPは2015年12月17日に、スペインの古生物学者チームが2015年12月16日に、中に大きく張り出した帆のような突起構造を持つ新種恐竜の骨格の一部が見つかったと報告した。

米国オンライン科学誌プロス・ワン(PLOS ONE)に掲載された研究論文によると、「モレラドン・ベルトラニ(Morelladon beltrani)」と命名されたこの新種恐竜は、草食恐竜イグアノドンの仲間で、約1億2500万年前に生息していたと伝えている。

ストーンヘンジが、『中古の記念碑』と言う理論。

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、証拠は。ストーンヘンジ(Stonehenge)が最初、ウェール(Wales)で組み立てられるかもしれないと、示唆すると報告した。

ストーンヘンジが『中古の記念碑』であるというウィルトシャープロンプト理論(Wiltshire prompts theory)において、それらが500年前にウェールで、硫酸銅が採石されたという証拠を示される。

ストーンヘンジの硫酸銅のために採石している証拠は、考古学者を、最初、ウェールズでイギリスの最も大きい先史時代記念碑が建設されたかもしれないと想定する気にさせているドラマチックな発見物の間にある。

ツタンカーメン王の金マスクは、ネフェルティティのために作られた!?

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、イギリスのエジプト学者は、新しい証拠が、彼のために古代エジプト王ツタンカーメン(Egyptian king Tutankhamun)のデスマスクが作られなかったことを示唆していることを発見した。実のところ、それは彼の継母、女王ネフェルティティ(Queen Nefertiti)のために作られた。

エジプト学者ニコラス・リーブズ(Egyptologist Nicholas Reeves)は、実のところ決して彼のためにツタンカーメンの有名な金デスマスクが意図されなかったと、エジプトのニュースサービスのAhram Onlineに話したと報告した。

「Gods of Egypt」のポスターは、Twitterで混乱!

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、エジプトの神(Gods of Egypt)のポスターは、『白く塗られたキャスト』によって怒りを引き起こしたと報告した。

叙事詩の効果を詰め込まれた最初の表情は、リドリー・スコット(Ridley Scott)で、論争の出エジプト記への神と王で、多くの比較鋳造物でTwitterの混乱を起こした。

エジプトは、ベン・カーソンへ、ピラミッドは、穀物貯蔵に向かないと言った!

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、頭の悪い、思いつきとしか考えられない共和党大統領選挙指名で戦っているベン・カーソン(Ben Carson)へ、エジプトの古代遺跡大臣(Antiquities minister)は、ベン・カーソンの主張が反応に値していないと言う一方、別の役員は、『この人は考古学者ではない』を指摘したと報告した。

エジプトの古代のピラミッドはファラオの墓として築かれないけれども、穀物を蓄えたものであったに対し、エジプトの古代遺跡役員は共和党の大統領指名候補ベン・カーソンによる主張を、あざ笑った。

エジプトのピラミッドで、内部で未知の空間を見つけた。

AP通信は2015年11月10日に、エジプトのギザ(Egypt's Giza)にあるもっとも有名な4500年前に作られたピラミッド(pyramids)で、2週間前から行われているサーモグラフィー調査で、クフ(Khufu)王のピラミッドを含む複数のピラミッドで「温度の異常」が見つかったと研究チームが2015年11月09日月曜日に発見したと、古代遺跡省(Antiquities Ministry)が発表したと報告した。

2015年10月25日に始まった調査プロジェクト「スキャン・ピラミッド(Scan Pyramids)」は、ピラミッド内部の未知の部屋の発見を目的としている。
調査対象はギザの大ピラミッド(Great pyramid of Giza)として知られる最も高いクフ王のピラミッドを含む4基のピラミッドである。

NASAは、不可解な古代の遺跡土塁の証拠を増す。

米国の新聞「ニューヨーク・タイムズ(New York Times)」は、カザフスタン(Kazakhstan)上空から、宇宙時代のテクノロジーは地上での古代のミステリーを明らかにしたと報告した。

リモートで、樹木がない北ステップの衛星写真は、巨大な土塁を明らかにする。四角形、十字、ライン、およびリングの幾何学の数値は、航空だけから認識可能で、8,000何前と見積もられるので最も古いいくつかのフットボールフィールドのサイズである。

3,500年前の宝石は、先史時代ギリシャ埋葬の豊かさを示す。

ロイターは、南ギリシャの考古学者が、紀元前1500年と考えられる墓で、金印リングとチェーン、金と銀のゴブレット、1つ以上の剣、1,000を超えるジェムストーン(semi-precious stones)の破片を発見したと、ギリシャ文化省(Greek Culture Ministry)は言ったと報告した。

「それは、本土過去の65年において明るみに出たギリシャの先史時代葬式が、富の中で最も印象的なディスプレイである」と、2015年10月26日月曜日に言った。

世界独占記事!1万年前に絶滅した洞窟ライオンを永久凍土層で発見!

National Geographic日本語版は、2015年10月26日のSiberian Timesからの情報として2015年11月02日に、ロシアのシベリアにある氷河期の永久凍土層ヤクート共和国(Yakutia Republic)として知られているサハ共和国(Sakha Republic)から、凍った状態洞窟ライオン(cave lion)の子どもが複数体発見されたと報告した。

洞窟ライオンは永久凍土層にほとんど完全に守られて、これほどの保存状態で発見されたのは、同種としては前例がないと報告している。

The Siberian Timesha,2015年11月遅くにプレゼンテーションとしてロシアおよび国際メディアに、適切に導入するヤクート共和国の科学アカデミー(Academy of Sciences of Yakutia)と働いている。

2頭のライオンとともに、古生物学者は、ロシア連邦の中で最も大きいこの広大な領域で、最も冷たい氷により守られた他の洪積世の動物も見つかっている。

イヌ家畜化は、どこで始まったか?

AFPは2015年10月20日に、イヌが人間にとって、「最良の友」となった場所は、中央アジア、特に現在のネパールとモンゴルにあたる地域の可能性が高いとする研究結果が2015年10月19日に発表されたと報告した。

1万5000年以上前にユーラシア(Eurasia)大陸のハイイロオオカミから進化したイヌが、群れをなして放浪していた野生から、人間の主人の前でおすわりをする家畜へと歴史的飛躍を遂げた場所とそのプロセスをめぐっては、幾度となく議論が繰り返されてきた。

ユネスコが、軍隊派遣を承認。

AFPは2015年10月18日に、イタリア政府は2015年10月17日に、イスラム武装組織から遺跡を保護するためにイタリアがUN(Unitd Nation/国連)に提案した、国連平和維持軍の派遣を国連の文化的機関ユネスコ(UNESCO/United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization/国際連合教育科学文化機関)に承認されたと発表したと報告した。

もっとも軍隊が似つかわしくない組織までが軍隊を承認したことになる。

ジンバブエで、「国宝級」巨大ゾウ、ドイツ人観光客が射殺。

AFPは2015年10月17日に、ジンバブエ最大規模の50歳を超えた雄ゾウ1頭をドイツ人の観光客に射殺されたと、地元の野生動物保護団体が2015年10月16日に、明らかにしたと報告した。

ジンバブエでは観光客に人気の雄ライオン「セシル(Cecil)」が狩猟愛好家に殺され問題となったばかりで、トロフィーハンティングと呼ばれる愛好家の狩猟をめぐる議論が再燃している。

考古学者は、聖書の都市ソドムをヨルダンで発見されたかも!?

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、古代聖書(ancient Biblical)の「罪の都市(city of sin)」ソドム(Sodom)は、ヨルダンのサイトに取り組んでいる考古学者のチームにより発見されたかもしれないと報告した。

聖書の研究の教授、およびトリニティ・サウスウエスト大学の弁証学のスティーブン・コリンズ博士(Dr Steven Collins, a professor of Biblical studies and apologetics at Trinity Southwest University)は、死海の北東に8マイル横たわり、南のヨルダン谷の「奇怪な」Tall el-Hammamサイトは、青銅器時代の都市国家の説明とマッチしているという。

中国南部に8万年以上前のヒトの歯を多数発見!

AFPは2015年10月15日に、中国南部で発見されたヒトの歯により、現生人類がアフリカ大陸を離れた時期が、通説より最大で7万年早かったことの証拠が得られたとする研究結果が2015年10月14日に、発表されたと報告した。

赤ちゃん恐竜と卵の殻の化石をゴビ砂漠で発見!

AFPは2015年10月15日に、モンゴルのゴビ砂漠(Gobi Desert)で、恐竜の赤ちゃん数匹の化石が卵の殻とともに見つかったという研究論文が2015年10月14日に、発表されたと報告した。

ホモ・ナレディの手、足は、地上を歩き、木に登った。

BBC Newsは、人類の先祖ホモ・ナレディ(Homo naledi)は、地上で効率的に動くことができるけれども、また木に登ることに熟達している万能選手であったと報告した。

科学者は、たった今、化石が南アフリカの洞窟(South African cave)の中深くでセンセーショナルに見つけられた生き物の書類の2番目を出版したところである。

学者的な記事はホモ・ナレディの手と足を中心に完全に行っている。

枝を握り、保持するために手が指を曲げた間、その足ははっきりと歩行者できた。

ISによるパルミラの破壊状態。

BBC Newsは、シリアのパルミラ(Palmyra in Syria)の古代の廃墟の衛星イメージは、IS(Islamic State/イスラム国家)武装勢力によりそこで起こされた破壊の範囲を明らかにした。

寺院、埋葬タワー、および現在より2,000年以上の歴史がある砂漠のオアシスでの勝利のアーチは、爆発物に意図的に設定されて、ジハーディルトにより破壊された。

その人は、神社または彫像が崇拝すると信じる。

ミシガンの農夫は、大豆畑で、巨大なマンモスを発掘!

米国の新聞「ワシントンポスト(Washington Post)」は、ミシガン大学の古生物学者(paleontologists from the University of Michigan)によると、 1人のローカルな農夫が巨大なな化石に見つけたかもしれないと報告した。

彼と彼の友人が最初、彼らが考えたものを引き上げた時に、リマ郡区のジェームズ・ブリストル(James Bristle of Lima Township)は月曜日にぬかるみ古フェンスポスト(muddy old fence post)であった大豆畑を掘って埋めていた。

慣れているスマトラ島ゾウの死で憤慨。

BBC Newsは、インドネシアの危険にさらされたスマトラ自然保護プロジェクト(wildlife conservation projects in Sumatra)に取り組んだスマトラ島のゾウYongkiが、殺されたのが発見されたと報告した。

Yongkiは、「友好的な自然」を持つために、ローカルによって野生のゾウが西の島の村を破壊するのをやめさせるために管理者と活動させられた。」と言った。

35歳ゾウの遺体は、金曜日彼が住んでいた国立公園のキャンプに近いところで見つけられた。

彼の死は、ソーシャル・メディアで、悲嘆と怒りの流出を引き起こした。

100年前、ストーンヘンジがオークションで売り出された。

BBC Newsは2015年09月21日に、現在、ストーンヘンジ(Stonehenge)はイギリスの最も重要な記念碑であるけれども、100年前、それは販売用に売りに出されたと報告した。

それを買った人は、その運命を封印することを手伝った。

ソールズベリー平原(Salisbury Plain)に立ち、遠くから明らかなその石、ストーンヘンジは、1986年以来ユネスコ世界遺産サイト(Unesco World Heritage Site)であり、1年あたり100万人の訪問者を引き付ける。

総件数:870最初123456789最後
広告募集中