gaYa広告

宇宙戦艦ヤマトが地球に帰還。

宇宙戦艦ヤマトが地球に帰還は、劇場版が2200年09月05日。テレビアニメ版が、2200年09月06日になっている。

2190年に、遊星爆弾の落下が始まり、2192年04月20日に初めて日本にも、遊星爆弾が落ちた。

2199年08月21日に、冥王星宙域で地球防衛艦隊がガミラス帝国艦隊と交戦し壊滅。この交戦の中に古代守が行方不明になった。2199年10月08日に、ヤマトが地球を発進した。

100万分の3の確立で、小惑星「Apophis」が地球に激突する。

NASAは2009年10月7日に、サッカー場の2.5倍の大きさがある小惑星「Apophis」の新しいデータをNASAのカリフォルニア州パサディナにあるJPL研究所(Jet Propulsion Laboratory in Pasadena, Calif.)で、地球接近小天体科学者(near-Earth object scientists)スティーブ・チェスリー(Steve Chesley)とポール・コダス(Paul Chodas)によって記録されたと報告した。

小惑星「Apophis」が、地球に激突する可能性。

NASAは2009年10月7日に、サッカー場の2.5倍の大きさがある小惑星「Apophis」の新しいデータをNASAのカリフォルニア州パサディナにあるJPL研究所(Jet Propulsion Laboratory in Pasadena, Calif.)で、地球接近小天体科学者(near-Earth object scientists)スティーブ・チェスリー(Steve Chesley)とポール・コダス(Paul Chodas)によって記録されたと報告した。

小惑星「99942Apophis」が地球に大接近する。

天体観測家が、小惑星「99942Apophis」が地球に大接近し、望遠鏡なしで岩石を見ることができる可能性があると報告した。

「IoE」に向け、大きなチャンスを迎える中国!?

AFPは、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳した情報として、新たな科学技術革命と新たな産業革命が全世界を席巻し、技術の壁を次々と突破していく。業界の垣根を越えて結びつくIoT(Internet of Things/モノのインターネット)を一歩進めた、「IoE(Internet of Everything/インターネットですべてがデジタルにつながる)」時代が今まさにやってこようとしていると報告した。

業界はいかにして好機をつかみ取るのか? この競争の輪の中からどうやって頭一つ抜けようか?

そのヒントは、2017年09月10日に中国の江蘇省(Jiangsu)無錫市(Wuxi)で開催された世界物聯綱博覧会(2017 World Internet of Things Exposition)があった。

国内外の専門家や学者、行政や企業、各界の著名人が参加したと伝えている。

サムスン、次世代車技術の確保でファンドを立ち上げた。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月15日に、サムスン電子(Samsung Electronics)がUGV(unmanned ground vehicle/autonomous car自動運転車)やつながる車コネクテッドカー(Connected Car)の技術力確保に乗り出すため、2017年09月14日に、US$3億(約331億円)規模のファンドを立ち上げ、創業間もないスタートアップや有望技術に初期投資すると発表した。

東急のベトナム一戸建て事業、1期42戸が完成。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年08月30日に、東京急行電鉄の現地合弁会社ベカメックス東急(Becamex Tokyu)は、南部ビンズオン省で分譲一戸建てプロジェクト「ミドリ・パーク(Midori Park)」の第1期42戸を完成させ、2017年08月25日には完成を記念して、ミドリ・パークの「街開き」イベントを開催したと報告した。

日本各地で、ネット障害発生!

毎日新聞は、2017年08月25日正午過ぎから、国内各地でインターネットの回線に接続できない障害が相次いで起きている模様だと報告した。

障害発生エリアは、NTT系のようである。

タイの資産運用会社、投資信託「ASP-ROBOT」を設立。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年08月22日に、タイの資産運用会社アセットプラス・ファンド・マネジメント(Asset plus fund management)は、ロボットAI(artificial intelligence/人工知能)を開発、活用する企業に投資する投資信託「ASP-ROBOTアセットプラス・ロボティクス・ファンド(Asset plus robotics fund)」を設立し、2017年08月21日に募集を開始したと報告した。

小麦、米、トウモロコシなどの主要農作物の収穫量が減る!?

AFPは2017年08月16日に、これまでに行われた地球温暖化と農業に関する研究70件を再検証した結果として、気候変動によって、小麦、米、トウモロコシなどの主要農作物の収穫量が減るのは避けられないとする研究結果が2017年08月15日に、米国のPNAS(Proceedings of the National Academy of Sciences/米科学アカデミー紀要)で発表されたと報告した。

中国の深圳市のドローン輸出額、上期は倍増!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年08月10日に、中国の深圳市の税関によると、上半期(1〜6月)の深圳市のドローン(小型無人機)の輸出額は前年同期比97.1%増の46億9,000万元(約771億7,400万円)で、高い伸びを示したと報告した。

とくに6月単月は2.1倍の9億2,000万元と好調だった。

マレーシアで、688kmの東海岸鉄道着工セレモニー!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年08月02日に、マレーシア(Malaysia)の国営ベルナマ通信(National News Agency of Malaysia/BERNAMA)は2017年08月01日に、マレーシア首都圏と半島東海岸を縦断するECRL(East Coast Rail Line/東海岸鉄道)建設事業の着工セレモニーが2017年08月09日に、ナジブ(Prime Minister Datuk Seri Najib)首相も参加して、パハン州クアンタン(Kuantan, Pahang)で行われると報告した。

中国のIT大手の騰訊の人工知能、共産党を「堕落」「無能」と批判。

毎日新聞は、香港の新聞「明報」は2017年08月02日に、中国のIT大手の騰訊(テンセント/Tencent)が提供するAI(artificial intelligence/人工知能)を活用した対話プログラムがチャットで、共産党を「堕落(corrupt)」「無能(incompetent)」と批判を展開したため、無料で始めたサービスが急きょ停止されたと伝えたと報告した。

NHK Worldで紹介された時、最初は、プログラムは各種のトピックにおいて話すことができて、それがユーザーと対話するので、よりスマートになったと伝えていた。

温暖化でコメや小麦などのタンパク質含有量が低下。

AFPは、地球温暖化で二酸化炭素(CO2)排出量が上昇することによって、コメや小麦などの主要生産物に含まれるタンパク質の量が大幅に減少し、社会的弱者が発育阻害や早死にの危険性にさられる恐れがあるとする論文が2017年08月02日に、発表されたと報告した。

執筆者である米国のハーバード大学の公共健康T. H. チャン・スクール(Harvard University's T. H. Chan School of Public Health)の研究者サムエル・マイヤー(Samuel Myers)らがイギリスの学術誌「ERL(Environmental Research Letters/エンバイロメンタル・リサーチ・レターズ)」に発表したこの研究は、初の試みとして、温暖化が作物のタンパク質含有量に与える影響を数値化した。

素人が作ったアメ車「テスラの量産型新EV」売れるか?

日本経済新聞 電子版は2017年07月04日に、米国のテスラモーターズ(Tesla Motors)のイーロン・マスク(Elon Musk)最高経営責任者(CEO)は、新モデルの量産型EV(Electric Vehicle/電気自動車)「モデル3(Model 3)」の最初の30台を2017年07月28日に納車すると公表した。

既に規制当局から生産の承認は下りたという。

膵臓がんとの闘いで、カギ握るのは「緑の海綿」か!?

AFPは、米国のアラスカ(Alaska)州沖の太平洋(Pacific Ocean)の暗く冷たい海底で発見された小さな緑色の海綿動物が、膵臓(すいぞう)がんの治療に有効な「新兵器」になり得ると、米国研究チームが2017年07月26日に発表したと報告した。

膵臓がんは侵襲性の特に強い腫瘍で、治療が難しいことで知られる。初期症状が出にくく、診断されたときには治療法が限られてしまっている場合が少なくない。

アリババのマー君!アフリカ訪問、起業ファンド創設。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年07月25日に、浙江省に本拠を置く電子商取引(EC)中国最大手の阿里巴巴集団(アリババ)の創業者で、英語の先生だった馬雲(Jack Ma/ジャック・マー)会長は、訪問先のルワンダで、アフリカの青年による起業を支援する投資ファンドを創設すると表明したと、中国の新聞「チャイナ・デーリー(China Daily)」などが伝えたと報告した。

インド、列車の屋根に太陽光パネル設置!

AFPは、インドは二酸化炭素(CO2)排出量の削減に向け、列車の屋根に太陽光パネルの設置を開始した。

イギリス植民地時代に整備された鉄道網を近代化する狙いもある。

超高速交通「ハイパーループ」建設、承認得る?

AFPは2017年07月21日に、超高速交通システム「ハイパーループ」の開発を進める米国の起業家イーロン・マスク(Elon Musk)は、ニューヨーク(New York)とワシントン(Washington D.C.)の間を同システムで結ぶ地下鉄の建設をめぐり、米国政府から暫定的な承認を得たと明かした。ハイパーループは「ポッド」と呼ぶ車両が筒状の低圧チューブの中を時速1200kmという音速に近い速度で移動するシステムで、イーロン・マスクは両都市間を29分で移動することが可能になると主張している。

フィリピンで、ジプニー5千台の電動化。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年07月20日に、フィリピン政府が推進するフィリピン式乗り合いバスジプニー(Jeepney)の電動化事業について、フィリピンとスペインの実業家が運営する出資会社QEV Capital Pte. Ltd.と技術会社QEV Technologiesによるローカル・ユニットのQEVフィリピン(QEV Pilipinas)は、既存の約5万台を電動ジプニー(eジプニー/eJeepney)に置き換える計画を政府に提案したと報告した。

ロボットが、「人類の将来」を議論。

大きなお世話!

AFPは2017年07月13日に、香港(Hong Kong)で開催されているテクノロジー・カンファレンス「RISE」のプレゼンテーションで2017年07月12日に、人間にそっくりな上半身だけのロボット2体が登場した。
と報告した
ステージ上で人類の長所と短所について議論するAI(artificial intelligence/人工知能)搭載のロボットを見ていた観客たちからは、時折、緊張感を帯びた忍び笑いの声が漏れたと伝えている。

テスラ、オーストラリア南部に世界最大のリチウムイオン蓄電施設建設。

AFPは、実業家イーロン・マスク(Elon Musk)が率いる米国のEV(Electric Vehicle/電気自動車)大手テスラモーターズ(Tesla Motors)は、電力問題に悩むオーストラリア南部にリチウムイオンバッテリーによる世界最大の蓄電施設を100日以内に建設すると発表したと報告した。

台湾の「UBERの違反41件」、タクシー業界が告発!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年07月06日に、台湾の交通部公路総局(公路局)は、2017年04月13日からサービスを再開した配車サービス「UBER(ウーバー)」を展開する米ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies)の台湾法人、台湾宇博数位服務(ウーバー台湾)に対し、56件の法令違反があったと明らかにした。

タクシー業界からの告発を受けたもので、罰金額は1件当たり9,000〜9万台湾元(約3万3,000〜33万円)に上ると、2017年07月05日付聯合報など台湾各紙が伝えたと報告した。

ボルボ、内燃エンジンのみ搭載の車を廃止へ

AFPは、スウェーデンの自動車大手ボルボ(Volvo)は2017年07月05日に、ガソリン車およびディーゼル車の生産を段階的に廃止し、2019年以降に発売する新たな車種はすべてEV(Electric Vehicle電気自動車)またはHV(Hybrid Vehicle/ハイブリッド車)に移行すると発表したと報告した。

パリで、電動の自動運転シャトルバスの試験運転開始。

AFPは、フランスの首都パリ(Paris)北西部郊外のビジネス地区ラ・デファンス(La Defense)で先週、自動運転の電動シャトルバス3台の試験運転が始まったと報告した。

台湾で、銀行貸出が2016年を上回る伸び!

アジア経済ニュースNNA ASIAは、大手会計事務所KPMGの金融サービスパートナーを務める李暁峰はこのほど、香港の今年の銀行貸出が昨年(6.5%)を上回る伸び率になるとの見通しを示したと、大公報などが伝えた。

核合意後初、大型ガス田開発でフランス大手、イランに投資!

毎日新聞は2017年07月03日に、WSJ(Wall Street Journal/ウォールストリート・ジャーナル)からの2017年07月02日の情報として、国際石油大手のフランスのトタル(Total S.A.)が、イランと大型ガス田開発に合意したと伝えたと報告した。

2017年07月03日に調印する。イランへの大型投資が実現するのは、米仏など主要6カ国が2015年7月にイランと結んだ核合意以後、初めて、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米国大統領の政権がイランに対して強硬姿勢を示す中、他のヨーロッパ企業が続くのかが注目される。

自動運転時代の「車載Ethernet」

日経テクノロジーオンライン通信 号外 2017年06月27日号で、自動運転時代を迎えるに当たり、自動車業界が「車載Ethernet」の採用に舵を切っていると報告した。

以前は、このようなシステムに無線LANを採用しようとしたが、スピード、容量、セキュリティなどの問題で、車載Ethernetに移動して来た。

Ethernetはこれまで、オフィスや家庭の通信機器やパソコンなどを接続するネットワークで利用されてきた。今後は、自動車内のECUや電装品同士をつなぐ車載LANにEthernetが広がってい区と予測されている。

自動運転では、「走る」「曲がる」「止まる」といった「制御系」、ADASなどの「安全系」、シートやパワーウインドーなどの「ボディー系」、カーナビやリアシート用ディスプレーなどの「情報系」といった系統(ドメイン)をまたぐかたちでの協調制御が必要になりる。すると、バックボーンなどで扱うデータ量が増える。そこで出番となるのが、100Mbps、1Gbps、10Gbpsと高速な車載Ethernetになる。

フィリピン、マニラ―クラーク鉄道整備、全線を円借款で建設!

大丈夫?

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年06月27日に、フィリピン政府は2017年06月26日に、PNR(Philippine National Railways/フィリピン国有鉄道)マニラ市トゥトゥバン(Tutuban)と中ルソン地方パンパンガ州クラーク(Clark, Province of Pampanga)を結ぶ総延長106キkmの鉄道計画で5駅の設置場所を公開した。

Facebook、交渉し、妥協もできるAIボット・ツール開発。

AFPは2017年06月15日に、米国フェイスブック(Facebook)AI(artificial intelligence/人工知能)研究チームは、人間と交渉ができ、妥協点も見いだせるAIボット・ツールを開発したと発表した。

FAIR(Facebook's Artificial Intelligence Researchers)のマイク・ルイス(Mike Lewis)とドゥルブ・バトラ(Dhruv Batra)はブログへの投稿で、この新技術について、パーソナル・デジタル・アシスタント開発のカギを握る「論理的な思考、会話、交渉」を可能にするボットの作成技術を前進させるものだと説明している。

世界初? 「走る航空機」チェコ開発。

AFPは、世界の自動車メーカーが空飛ぶ車をいち早く市場に出そうとしのぎを削る中、51歳のチェコ人のパベル・ブレジナ(Pavel Brezina)は別の方針をとった。空飛ぶ車ではなく、陸上を走る航空機、「ジャイロドライブ(GyroDrive)」を開発したと報告した。

つまり、飛べない飛行機?

それなら聞いたことがなんどもある。

小売店のUberを目指す!自動で動く移動型スーパーマーケット「Wheelys 247」

Social Design Newsは、世界を席巻している三輪自転車のモバイルカフェ「WheelysCafe」が、新たな一手を放ったと報告した。

中国初の国産中型ジェット旅客機「C919」、600機受注。

アジア経済ニュースNNA ASIAは、上海市に本拠を置く中国旅客機メーカーのCOMAC(Commercial Aircraft Corporation of China/中国商用飛機有限責任公司/中国商用飞机有限责任公司/简称中国商飞/中国商用飛機)は、公司以中国光大银行が90%の株式を持っている国営企業の光大金融祖賃(光大金融租赁有限公司)との間で中国初の国産中型ジェット旅客機「C919」30機の売買契約を交わしたと報告した。

C919の受注機数はこれにより600機に達した。新華社電が伝えた。

マイクロソフト「Xbox One X」発表。

AFPは2017年06月12日に、米国のマイクロソフト(Microsoft)は、過去最強の家庭用ゲーム機とうたう「Xbox One X」を発表したと報告した。

同機の登場で、トップシェアを誇るソニー(Sony)の「プレイステーション(PlayStation)」との競争は、一段と激しさを増しそうだと伝えている。

人型ロボットが語る人工知能の未来。

AFPは2017年06月09日に、ソフィア(Sofia)はいたずらっぽくほほ笑み、まばたきをし、冗談も言う。後頭部に埋め込まれた大量の配線がなければ、人間と見間違うかもしれない。

ハンソン・ロボティクス(Hanson Robotics)社が制作したこの人型ロボットは、スイスのジュネーブ(Geneva)で、UN ITUI(nternational Telecommunications Union)とthe XPRIZE Foundation,開催中の、AI(artificial intelligence/人工知能)を人間にどう役立たせるかをテーマにしたUN(United Nation/国連)主催の会議「AI for Good Global Summit」の目玉となっていると報告した。

小池百合子知事、国際金融都市構想を正式発表。

日本経済新聞 電子版、時事通信は、東京都の小池百合子知事は9日の定例記者会見で、アジアの金融ハブを目指し、東京の金融市場活性化に向け、2020年度までに先端ITを用いた金融サービス「フィンテック」や資産運用関連の外資40社を誘致する目標などを掲げた「国際金融都市・東京」構想の骨子を正式に発表したと報告した。

ホンダ、EV専用車を開発。

日本経済新聞 電子版は、ホンダは2017年06月08日に、PHV(Plug-in Hybrid Vehicle/プラグインハイブリッド車)とFCV(Fuel Cell Vehicle/燃料電池車)に加え、EV(Electric Vehicle/電気自動車)開発にも力を入れ、EV専用の車種を開発すると発表した。

安全技術では2025年をめどに一般道での自動運転技術を確立する。
八郷隆弘社長は、「先進安全と電動化の導入を最重要項目とする」として、次世代技術に重点を置く。

500年の本当のニュースは、歴史がどのように新聞において広げられたか?

ArtDailyは、ビデオ「500 years of real news: how history unfolds on paper」を公開した。

私は、新聞という紙メディアに興味を示して、すでに数10年を過ごしてきた。

トヨタとテスラ、協力から競争に変わっていた。

朝日新聞デジタルは、トヨタ自動車が、米国のEV(Electric Vehicle/電気自動車)に載せる発電用エンジンや、水素を燃料とする新型エンジンとしての「復活」が期待されていると報告した。

トヨタ自動車は、EVメーカーのテスラ(TESLR)との提携を解消していたことが分かった。

一時3.15%保有していたテスラ株をすべて売却した。
同時にEVの共同開発も終えた。
トヨタは量産EVの自前での開発に乗り出しており、両社の関係は協力から競争に変わっていたと伝えている。

中国で、エコカー生産の認可続々!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年06月05日に、発改委(中国国家発展改革委員会/中华人民共和国国家发展和改革委员会)がエコカー生産の認可を加速している。2017年に入り新たに認められたプロジェクトは2017年05月24日までに8件に上り、2016年通年の7件を上回った。業界関係者からは過剰生産を懸念する声も出ていると、2017年06月02日付証券日報(证券日报)が伝えたと報告した。

富士山登山の時代は終わる!富士山3分で頂上!エベレスト7分。

日本経済新聞 電子版は、中国の広州市の超高層複合ビル「広州周大福金融中心」向けに納入する超高速エレベーターの速度試験で、分速1260m(時速75.6km)を計測したと発表した。

分速1260mは世界最高速度になる。単純計算で富士山なら約3分、高尾山なら約30秒で登ることができるスピードになる。

世界最高峰標高: 8,848 mのエベレストなら約7分。

ロケットを空中発射させる、世界最大の飛行機登場。

AFPは2017年06月01日に、飛行しながら人工衛星搭載ロケットを空中発射できる巨大航空機が、米国のカリフォルニア(California)州のモハベ砂漠(Mojave Desert)でお披露目された。

2019年にも発射実証試験を行う計画だという。
開発元の米国のストラトローンチ・システムズ(Stratolaunch Systems Corporation)のジーン・フロイド(Jean Floyd)社長が、2017年05月31日にブログで明らかにした。

NTTドコモ「浮遊球体ドローンディスプレイ」のデモ飛行を公開。

AFPは2017年05月30日に、通信大手NTTドコモ(NTT Docomo)が2017年04月17日に発表した、自社が開発を手掛けた映像が空中を浮かんでいるように見える世界初の「浮遊球体ドローンディスプレイ(spherical drone display)」のデモ飛行ビデオを2017年05月29日に公開した。

ドローン(小型無人機)の飛行中、全方位にLEDの映像を表示する。

阪急阪神、シンガポール西部に大型物流倉庫をオープン。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年05月26日に、阪急阪神ホールディングス(hankyu-hanshin HD)グループは2017年05月25日、シンガポール西部に大型物流倉庫「阪急阪神ロジスティクスセンター(Hankyu Hanshin Logistics Centre)」をオープンすると発表した。

2017年05月29日に営業を開始する。

ジャランブロー(Jalan Buroh)地区にある新倉庫は9階建てで、延べ床面積は4万7,885平方m。阪急電鉄と阪神電気鉄道が共同で設立した現地法人、阪急阪神プロパティーズ・シンガポール(Hankyu Hanshin Properties)が、2015年9月から建設を進めていた。国際輸送事業を手掛ける阪急阪神エクスプレス・シンガポール(Hankyu Hanshin Express Singapore)が運営主体となる。

巨額の損益で、日本が撤退したアザデガン油田、近く入札。

毎日新聞は2017年05月29日に、2010年に日本が米国の制裁強化を受けて撤退したイラン南西部の巨大油田アザデガン油田(میدان آزادگان/Azadegan oil field)の開発について、国営イラン石油公社の幹部は、近日中に国際競争入札が実施されるとの見通しを示し、関心を寄せている外国企業に招待状を送る予定だと明らかにしたと、イラン国営テレビが2017年05月28日に報じたと報告した。

1999年にイラン国営石油会社によって発見された260億バレルという世界最大級の確認埋蔵量を誇るイラン最大の油田アザデガン油田を巡っては、2000年夏から通産省(現経済産業省)がイランとの交渉を開始し、2004年02月に日本企業グループが開発権益を取得した。総事業費は20億ドル(約2200億円)とされかつて権益を持っていた。今回はINPEX(国際石油開発帝石)が交渉を進めていることが既に判明した。石油公社とは覚書に基づき、現地調査を行った上で開発計画案も提出しており、入札に参加するかの最終判断が注目される。

「Gogoro2」絶好調、3日間で購入予約1,000台突破!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年05月01日に、電動スクーター「Gogoro Smartscooter(ゴゴロ・スマートスクーター)」を手掛けるベンチャー、睿能創意(ゴゴロ)の新モデル「Gogoro2」シリーズの購入予約台数が、受付開始から3日間で1,000台を超えたことが分かったと報告した。

2017年05月31日付経済日報がゴゴロは2017年05月25日に台北市内で「Gogoro2」シリーズを発表した。同日から購入予約の受付を開始した。「3日で1,000台超」は台湾での電動スクーター販売台数で過去最多となると伝えた。ゴゴロは2017年06月末までに1万台の受注目標を掲げており、達成は可能とみている。納車は7月から。

ブリヂストン、パンクしない自転車タイヤ開発中!

朝日新聞デジタルは、「パンクしたらどうしよう」という心配を払拭する「パンクしないタイヤ」をブリヂストンとブリヂストンサイクルが開発中と報告した。

2019年の実用化を目指して改良を続けているというが、それまで待ってはいられないということで、開発を担う東京都小平市のブリヂストンの技術センターを野口陽記者が訪ねたと伝えている。

日立、メインフレームのハード開発から撤退。

日本経済新聞 電子版は、日立製作所はメインフレームのハードウェア開発から撤退すると発表したと報告した。

今後のメインフレームのハードウェアは米国のIBMから供給を受ける。

芝浦工業大の大宮キャンパスで21日に学園祭で、ロボットやロケット展示。

毎日新聞は2017年05月15日に、芝浦工業大学は、二足歩行ロボットやハイブリッドロケットから宇宙エレベーターまで、技術系の大学ならではの個性的な製作活動を紹介する学園祭「大宮祭」が2017年05月21日から、さいたま市見沼区芝浦工業大大宮キャンパスで開かれると報告した。

ロボットサークルSRDC(Shibaura Robotics Development Circle)は、「ロボットの魅力にあなたも触れてみませんか?」。こんなキャッチフレーズで誘う。

旭化成が自動車メーカー?

自動車は、自動車メーカーという固定概念が消え始めている。

日本経済新聞 電子版は、旭化成は自社の樹脂材料などを採用したEV(Electric Vehicle/電気自動車)のコンセプトカー「AKXY(アクシー)」を2017年05月17日に、公開したと報告した。

旭化成は自らの高機能素材を売り込むための『先兵』としてAKXYを位置づける。

原子力規制委員会、日本原燃のサイクル施設でウラン濃縮工場を正式合格。

日本経済新聞 電子版は、原子力規制委員会は2017年05月17日に、青森県六ケ所村にある日本原燃のウラン濃縮工場について、新規制基準に基づく安全審査に合格したとする「審査書」の発行を正式決定したと報告した。

使用済み核燃料を再利用する核燃料サイクルの原燃の施設で、初めて合格した。

世界初の電気自動貨物船の就航計画。

AFPは2017年05月11日に、ノルウェーの企業が2017年05月10日に、世界初となる電気自動貨物船を来年就航させることを計画していると発表したと報告した。

計画の協力者らによると、この貨物船は1年間でトラックによる輸送4万回分に相当する二酸化炭素(CO2)を削減できるという。

トヨタは自動運転で、米国のNVIDIAと提携。

日本経済新聞 電子版は2017年05月11日に、米国のGPU(Graphics Processing Unit/画像処理半導体)大手のNVIDIA(エヌビディア)は、トヨタ自動車と自動運転車の開発で提携すると発表したと報告した。

トヨタ仕様にした自動運転プラットフォーム「NVIDIA DRIVE PX」を搭載した車両を共同開発する。

アルミ対炭素繊維の素材間競争が激化!?

日本経済新聞 電子版と時事通信は、神戸製鋼所はアルミ素材世界2位の米国のノベリス(Novelis)と提携し、車向け素材の供給体制を拡充すると報告した。

神戸製鋼所が、ノベリスの韓国工場に出資し、国内工場でも新ラインを設ける。

総投資額は500億〜600億円となる見込みで。車体を軽くできるアルミの需要は世界で年5%以上増加する見通しで、日米大手が組んで市場開拓に乗り出すことで、炭素繊維など車向けの素材間競争が激化させる。

イギリスの発明家、空飛ぶ「アイアンマン」スーツを公開!

AFPは2017年04月28日に、米国のコミック「アイアンマン(Iron Man)」のような「空飛ぶスーツ」が2017年04月27日に、カナダ・バンクーバー(Vancouver)のバンクーバー・ハーバー(Vancouver Harbor)で公開されたと報告している。

Google系ウェイモ、米国西部で自動運転タクシー試験サービス開始。

日本経済新聞 電子版は2017年04月26日に、米国のGoogleの持ち株会社アルファベットの自動運転車開発部門が独立したウェイモ(Waymo)は自動運転車を使ったタクシーの試験サービスを始めると報告した。

米国西部のアリゾナ州フェニックス(phoenix, Arizona)の住民が対象で、料金は無料。同社はこれまでもフェニックスで公道試験を重ねてきたが、一般市民が試乗する機会はほとんどなかった。
幅広い市民の声を拾い、商用化の準備を加速する。

主要国最大!日本は約50%をロボットに置き換える。

日本経済新聞 電子版は、AI(artificial intelligence/人工知能)の登場でロボットの存在感が世界で増している。

日本経済新聞とイギリスのFT(フィナンシャル・タイムズ/Financial Times)は、が実施した共同の調査研究では、人が携わる約2,000種類の仕事(業務)のうち3割はロボットへの置き換えが可能なことが分かった。焦点を日本に絞ると主要国で最大となる5割強の業務を自動化できることも明らかになった。

人とロボットが仕事を競い合う時代はすでに始まっている。

2067年に残ってるのは、Facebook、Google、Apple、Microsoft、Amazon?

ジョン・マテラーロ(John Martellaro)はMacObserverで、2010年1月から6月までの「未来年表」と2010年7月から12月までの「未来年表」で大恥をかいたにもかかわらず、BBC Newsが2011年01月18日に放送した「Can Apple Prosper Without Steve Jobs?(アップルはスティーブ・ジョブスなしで繁栄できますか?)」と言う番組に、ジョン・マテーロ(John Martellaro)が登場し、未来を話して、大恥の上塗りをしたが、またまたジョン・マテラーロのアップル2012年予測!を公開し、泥沼に落ち込んだ!そこで今度は、アップルごますり未来予測を公開している。

それでも懲りないジョン・マテラーロは、予測不能な未来として、Macの30年後まで書いてしまった。

もう懲りただろうと思っていたが、今度はさらにその先、2067年の予測を占い師とともに予測した。

どうも、ジョン・マテラーロのファンは、騙されることでの快感を楽しんでいることだろう。

ところで、ジョン・マテラーロは2067年まで生きている気なのだろうか?

50年後に、私は完全に死んでいる!

京大初の和製テスラ電動スーパーカー、4,000万円。

日本経済新聞 電子版は、京都大学発のEV(Electric Vehicle/電気自動車)ベンチャーの京都市のGLMは2017年04月18日に、開発中の高級ス―パーカー「GLM G4」を海外でも販売すると、小間裕康社長が発表した。

国内外で1000台の販売を目指す。
4,000万円×1,000台=400億円。

2019年から量産をはじめ、国内に加え欧州や中国などで発売する。「GLM G4」はGLMにとって2モデル目で、現行の「トミーカイラZZ」は国内での販売にとどまっていた。小間裕康社長は「日本の技術を発信するショーケースとして広く売り出したい」と話している。

無人レジ、2025年までに国内全店舗に導入!?

日本経済新聞 電子版は、セブン-イレブン・ジャパンやファミリーマートなど大手コンビニエンスストア5社は消費者が自分で会計するセルフレジを2025年までに国内全店舗に導入すると報告した。

カゴに入れた商品の情報を一括して読み取るICタグを使い、販売状況をメーカーや物流事業者と共有する。
深刻化する人手不足の解消を狙うとともに、流通業界の生産性向上につなげる。

日本一の高層ビル高さ390mの計画、建設開始。

日本経済新聞 電子版は、三菱地所が東京駅北側の常盤橋街区で計画している高さ約390mに及ぶ日本一の高層ビルの建設プロジェクトが始動したと報告した。

2017年04月17日に、計画する4棟の建物のうち、下水ポンプ所などを備えた最初の1棟の新築工事が着工した。

東京都が東京駅周辺を世界的な金融集積地域とする構想を掲げる中、その一翼を担うと期待されている同プロジェクトの10年に及ぶ再開発計画が本格的に始まったことになる。

「ロボネコヤマト」の実用実験開始。

毎日新聞は2017年04月16日に、ヤマト運輸とDeNAが17日から神奈川県藤沢市で2017年04月16日に、宅配便の配達に自動運転技術を活用する「ロボネコヤマト」プロジェクトの実用実験を2017年04月17日から、神奈川県藤沢市で始めると発表したと報告した。

運転手の人手不足や再配達の解消が狙い。1年かけて実験を進め、将来は完全な自動運転での配達を目指すと伝えている。

Facebook、AIアシスタント「M」の提供開始!

AFPは2017年04月07日に、ソーシャルメディアのFacebookは2017年04月06日に、AI(Artificial intelligence/人工知能)技術を応用したパーソナルアシスタント「M」のサービス提供を開始した。

「M」は、テキストメッセージApp「メッセンジャー(Messenger)」内で使用でき、Appを開くとチャット画面にMが現れて「有益な行動」を提案してくれる。

日本で苦しんでいる東芝が、インドから飛び立つ!

The Economic Timesは2017年03月21日に、日本で苦しんでいる東芝が、『インドで作り』『インドから輸出する。』ことを約束した

東芝は2016年に、インドのTTDS(Toshiba Transmission & Distribution Systems)社に、30億円を投資していた。

そして、それを生かして、インドで作り、インドでから世界に飛び立つことを約束した。

全国初、都営で燃料電池バス営業運行。

毎日新聞は2017年03月06日に、東京都が水素で走る燃料電池バス2台を2017年03月21日から都営バス路線に導入することになり、運行開始に先立って2017年03月06日に、小池百合子知事が試乗したと報告した。

都によると、実験用ではなく、メーカーが開発した市販の燃料電池バスが営業運行をするのは全国で初めてということになる。

米国では、自動運転車の技術を得ようと人材引き抜きや企業買収が相次ぐ!?

毎日新聞は、米国では市場拡大が見込まれる自動運転車の先端技術を得ようと、人材引き抜きや企業買収が相次いでおり、これにまつわる訴訟は開発競争の激化を浮き彫りにしていると報告した。

ないものは盗んでくるか誘拐するというのでは、中国の技術開発を非難できない。

開発思想が、ひもじ過ぎる。

360/バーチャル・リアリティーのモバイル世界議会2017。

GSMAは、Mobile World Liveはテクノロジー第一として、モバイル世界議会から、in 360! Look up, look down, look aroundとして、ハイライトを持ってきた。

クラウド時代のビッグ・データを使った「がん治療」や「脊椎損傷治療」!?

日本経済新聞 電子版は、京都大学や北海道大学など全国6大学の付属病院は、がん患者一人一人の遺伝情報をもとに最適な治療法を探る「個別化医療(Personalized Medicine/Individualized Medicine)」を2019年度にも始めると報告した。

先日、米国の大統領選で、ビッグ・データ処理をすることで、得票数が少なくても大統領になれることをトランプ大統領が証明し、いよいよビッグ・データ処理がビジネス以外でも生かされる時代が来たと思っていたら、今度は膨大な遺伝子情報を処理することで、一人ひとりの遺伝情報をもとに最適な治療法を探る「個別化医療」を提供できるように、生体の薬物応答性と遺伝子多型等の因果関係を明らかにするPGx(Pharmacogenomics/ゲノム薬理学)などで、新しい病気のデータ処理時代なったことを証明する。

PMC(Personalized Medicine Coalition)がまとめた報告書 [PMC, 2011]によれば、米国ではPGxの適切な利用によって、乳がんにおける化学療法の使用を34%減少させ、脳卒中の発症を年間17,000件予防し、大腸がんにおける医療費を年間US$6億以上節約するとされている。さらに、製薬企業におけるPGxの利用は、ゲノム情報等を用いた医薬品開発により個別化医療の実現を目指すものといえる。

「鉄腕アトム」が、本当のロボットになる日。

日本経済新聞 電子版は、部品を組み立てれば、鉄腕アトムが誕生――。
講談社やNTTドコモなどは2017年02月22日に、家庭用ロボット「鉄腕アトム」をつくれる「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」を創刊すると発表した。

AI(artificial intelligence/人工知能)を搭載し、顔を認識して家族ごとに話す内容を変えたり、ラジオ体操を踊ったりすることができる。毎週送られてくる部品を組み立てれば2018年9月に「鉄腕アトム」が、本当に完成する?

私も「鉄腕アトム懐中電灯」を一つ持っている。

ホンダの倒れないバイク!?

日本経済新聞 電子版は、2017年01月05日〜08日に米国のラスベガスで開かれた世界最大の家電見本市「CES 2017」でホンダが倒れないバイク「Honda Riding Assist」を公開したと報告した。

ASIMOなどのヒューマノイドロボット研究で培ったバランス制御技術を二輪車に応用、低速走行時や停止時のふらつきや転倒リスクを軽減し、バイクは倒れるという常識を否定した。

科学雑誌が、時代遅れになると、どうなるか?

日本経済新聞 電子版は、科学雑誌「Newton」の発行会社「ニュートンプレス」は2017年02月20日に、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日、保全命令を受けたと発表した。

「ニュートンプレス」を巡っては、学習教材の開発名目で許可なく定期購読者らから出資金を集めたとして、2017年02月17日に元社長ら2人が山口県警に出資法違反容疑で逮捕された。

自動車メーカー各社は、未来の車をゼロから問う。

これまでの自動車メーカーとは違う業界からの参入が盛んになり、従来の自動車メーカーが悩み始めている。

朝日新聞デジタルは、「未来の車、ゼロから問う 自動車各社、人材集め研究 AIなど技術革新に危機感」を公開し、未来の社会でも車は必要とされるのか?から追い直す必要はでてきている。

自動車メーカーが、ビジネスのあり方を根っこから問い直すための研究拠点を相次いで新設している。
車づくりでもAI(artificial intelligence人工知能)などIT(information technology/情報技術)の比重が増し、従来の発想にとらわれていては取り残されかねないとの危機感が背景にあると伝えている。

NTTと大阪ガスが、原発1基分の節電仲介。

日本経済新聞 電子版は、猛暑など電力需要のピーク時に節電に協力する企業をあからじめ募り、需要を抑え込む仕組みが動き出すと報告した。

大手電力は2017年度に原子力発電所1基分の協力を求める。

日本経済新聞の2020年の決済予測。

日本経済新聞は、日本の決済システムは、新技術や新サービスの登場で今後も変わっていく。

特に東京でオリンピックが開催される2020年は、多くの訪日外国人をカバーすべく大きな変化が起こっているはずである。そこで、3つのシナリオを描き、2020年の決済を予想すると報告した。

未来予測がいかに危険で、ほとんど当たることがない。

電気自動車なら、モーターということで日立自動車。

昔から、有名なモーターの日立が、自動車産業に参入!

日本経済新聞 電子版は、日立製作所とホンダは2017年02月07日に、EV(Electric Vehicle/電気自動車)などに使うモーター事業で提携すると発表したと報告している。

うちのお向かいの人はMiraiを買ったようです。

昨日、お向かいの家の車が、新しいブルーの車になっていたので、よく見たらトヨタの水素自動車Miraiでした。

ハイパーリアリスティック人間型彫刻。

ArtDailyは2017年02月05日に、コペンハーゲンのARKEN美術館(ARKEN museum in Copenhagen)で2017年02月04日から、髪の毛が逆立つような超リアル人間型彫刻(hyperrealistic humanoid sculptures)「GOSH! Is it Alive?」というタイトルで展示会を開始したと報告した。

技術の完璧さによって、作品が、現在のロボット・テクノロジーと人工知能からとして、人権があるようにそれが意味しているものについて、非常に話題の発行物を持ち上げるスケール、存在、およびユーモアの騒動が、根本的な方法で接地した。

量子コンピュータ実現へ、モジュール接続に新手法。

AFPは2017年02月02日に、大きさは最大でサッカー場のピッチほどになる可能性があるが、大規模な量子コンピューターの実現に向けた初の青写真を、世界各国の科学者からなるチームが1日、米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)」に発表した論文で示したと報告した。

ドイツのダイムラーとUberが「ロボットタクシー」実現で、提携。

日本経済新聞 電子版は2017年02月01日に、ドイツのダイムラー(Daimler AG)は、相乗り(ridesharing/ridesourcing/ライドシェア)大手の米国のウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies Inc.)と自動運転分野で提携すると発表した。ダイムラーの自動運転車を、ウーバーの相乗りサービスに供給する。

春節に、香港風水師の占う2017年は、「闘鶏」

AFPは、香港の(Hong Kong)風水師(feng shui expert)たちは今年を占い。
米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が、鶏のように騒がしく、ふんぞり返りながら、酉(とり)年の2017年を駆け抜けるだろう。
「闘鶏トランプ」が世界にけんかを売る酉年。と予測している。

目指せ!有人動力飛行機世界一周!かっこよすぎる高校生!

毎日新聞は、名古屋市中川区にある名古屋市立工業高校の飛行機同好会の生徒が1人乗り動力飛行機を作り、津市香良洲町の民営飛行場で2017年1月28日に、試験飛行に臨んだと報告した。

「日本の飛行機の父」と呼ばれる明治時代の航空機研究家二宮忠八が考案した機体を参考に製作したもので、1mほどの高さを約70m飛んだ。

高校生が有人の動力飛行機の飛行に成功するのは全国でも珍しいと伝えている。

安倍政権が主導する「情報銀行」構想。

毎日新聞は、個人情報を預かり、企業の商品開発や勧誘に活用してもらう仕組みの「情報銀行」構想の議論が今、政府主導で進んでいると報告した。

「情報銀行」は、購入履歴や金融資産、携帯電話の位置情報といった個人情報やデータを本人の同意を得て管理し、情報を求める企業に提供する民間の事業である。

佐川身代わり出頭で、62人を立件!立法府の責任でもある。

毎日新聞は、東京都江東区の宅配大手「佐川急便」東京営業所で運転手の駐車違反を隠すため、身代わり出頭が行われていたとされる事件で、警視庁交通捜査課は2017年01月13日に、2013年12月〜2016年07月に同営業所で33件の身代わり出頭を確認し、27〜62歳の62人を立件して捜査を終結したと発表した。うち35人が同営業所の社員だったという。

宅配事業者は、現行法で、不可能になり始めているのかもしれない。

任天堂新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を発表。

ロイターは2017年01月13日に、任天堂は新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を発表した。4年前に投入した据え置き型ゲーム機「Wii U」が事実上失敗しただけに、新型機にかける同社の期待は大きい。

発売時期は3月30日になる。

ヒューマノイド「佳佳」は、中国の未来を救う?

AFPは2017年01月10日に、簡単な会話ができ、頼まれれば一定の表情を作ることもできる人型ロボット「佳佳(ジアジア/Jia Jia)」。
この女性をかたどったヒューマノイドについて制作者たちは、中国の未来の労働力の到来を告げるものと位置付けている。

超高速交通システム「ハイパーループ」の試験走行候補地。

AFPは、世界最大級の家電見本市「CES(Consumer Electronics Show/国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」に出展している米国の新興企業ハイパーループ・ワン(Hyperloop One)は2017年01月06日に、超高速交通システム「ハイパーループ(Hyperloop)」の試験走行を行うために挙がっている世界の候補地一覧を公表した。

富国生命は、AI「ワトソン」を導入し、保険査定を代替。

日刊工業新聞は2016年12月28日に、富国生命保険は給付金支払い査定などに日本IBMのAI(Artificial Intelligence/人工知能)「ワトソン」を2017年1月から導入すると報告していたが、毎日新聞は2016年12月30日に、富国生命保険が、AIを活用した業務効率化で、医療保険などの給付金を査定する部署の人員を3割近く削減すると報告した。

日本は、宇宙開発民間企業元年か!?

日本経済新聞 電子版、朝日新聞デジタル、毎日新聞は、海外では宇宙産業で民間移転が進んでいるが、日本は政府やJAXA(Japan Aerospace Exploration Agency/宇宙航空研究開発機構)が主導で、3000億円とされる宇宙機器産業の売上高の約9割を官需が占めていると報告した。

しかし、旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)と航空大手のANAホールディングス(HD)は、宇宙船ベンチャーである名古屋市のPDエアロスペースと資本提携したと報告した。

HISが3,000万円、ANA HDが2,040万円を出資し、エンジンなどの開発を後押しする。

2社との資本提携を起爆剤に、開発を加速させる。

ベトナム、日露支援の大規模な原発計画を中止!

AFPは2016年11月23日に、ベトナム政府は、電力不足を補うと期待されていた数千億円規模の原子力発電所2か所の建設計画を中止したと報告した。

帝人、炭素繊維で目覚めた!

日本経済新聞 電子版は2016年11月04日に、帝人は2016年11月04日に、米国サウスカロライナ州で炭素繊維工場向けの用地を取得したと発表した。

2030年ころまでに最大約600億円を投じる。
炭素繊維の生産能力を最大2倍程度に引き上げる。
炭素繊維は金属と置き換えて、自動車や航空機の軽量化に貢献する素材として需要が拡大する見通しである。

Uber、次世代の「空飛ぶタクシー」の構想を発表。

日本経済新聞 電子版は、スマートフォン(スマホ)を利用した配車サービスを手掛ける米国のUber Technologies(ウーバー・テクノロジーズ)は2016年10月27日に、「空飛ぶタクシー」の構想を発表したと報告した。

今後10年以内に都市部でも気軽に利用できる自動運転の機体がつくられ、新たな交通手段のネットワークが生まれるという。

Uberは今後、官民で実用化に向けた協議を進めていく方針を発表した。

ドイツのBMW、「自動でバランス取る」コンセプトバイクを公開。

AFPは2016年10月12日に、ドイツの自動車大手BMWグループの二輪部門BMWモトラッド(BMW Motorrad)は11日、米カリフォルニア(California)州サンタモニカ(Santa Monica)で、同社の創業100周年を記念するコンセプトバイク「Vision Next 100」を公開した。

高価なレアメタルを回避したマグネシウムイオン電池で実用化へ!

日本経済新聞 電子版は、ホンダと競輪とオートレースの補助事業の一つSAITEC(SAitama Industrial TEchnology Center/埼玉県産業技術総合センター/埼玉県川口市)は、世界で初めて高価なレアメタルを回避して、マグネシウムを使い、繰り返し充電できる2次電池の実用化にメドを付けたと報告した。

スマートフォン(スマホ)などに使うリチウムイオン電池より材料コストが大幅に安く、大きさも半分程度になる。リチウムイオンに代わる次世代電池となる可能性もある。まずスマホなど小型電子機器用として、2018年の製品化を目指していると伝えている。

ワシントンの新しいアフリカ系アメリカ人博物館がオープンした。

ArtDailyは2016年09月25日に、オバマ大統領(President Obama)は、ワシントンの新しいアフリカ系アメリカ人美術館(Washington's new African American Museum)をオープンしたと報告した。

その日の後で博物館が一般大衆にオープンされる前に、以前の国務長官コリン・パウエル(Former Secretary of State Colin Powell)は2016年9月24日に、オバマ大統領がワシントンDCのアフリカ系アメリカ人歴史と文化国立博物館(National Museum of African American History and Culture)に出席するのを見るために到着した。

8歳の子が、スーパーマンになった時!

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、8歳のジョバンニ・スファーズ(Giovanni Suffers)に、医師が、シュワルツ・ヤンペル症候群(Schwartz-Jampel Syndrome)により、決して再び彼が歩くことができないと言った後、彼が歩き始めるために処置をした後、彼がくためのリハビリができる時に喜んでいるビデオを公開した。

動画撮影カメラ付きサングラス、まもなく発売!

AFPは2016年09月25日に、米国の元スナップチャット(Snapchat)であるスナップ(Snap)は2016年09月24日に、写真や動画が撮影できるカメラを内蔵したサングラス「スペクタクルズ(Spectacles)」を発売すると発表した。

スペクタクルズは米国グーグル(Google)が1年以上前に販売終了した眼鏡型インターネット端末「グーグル・グラス(Google Glass)」を思わせるITサングラスであると報告した。

厚生労働省、AI(人工知能)を使った新薬開発を支援。

日本経済新聞 電子版は、厚生労働省はAI(Artificial Intelligence/人工知能)を使い、高い効果の見込める画期的新薬の開発を後押しする。

抗がん剤といった新薬のもとになるシーズ(種)と呼ぶ新規物質を見つけ、数年内に研究者らに提案することを目指している。

グローバルに新薬開発競争が激しさを増す中、巨額の費用が必要で、成功率も低い新薬の開発に向けて国の支援を強化する。

AI活用で開発を効率化し、医療費全体の抑制につなげる狙いもあると報告した。

帝人、炭素繊維市場に再参入!

日本経済新聞 電子版は2016年09月13日に、帝人はl、これまで大きな買収をしていなかったが経営方針を変えたのか?2016年09月13日に、自動車向け部品を手掛ける米国のCSP(Continental Structural Plastics/コンチネンタル・ストラクチュラル・プラスチックス)社をUS$8億2500(約840億円)で買収すると発表した。

鈴木純社長は記者会見で「世界で自動車の環境規制が強まり、車体軽量化とコスト削減の需要が増える.」「今後も必要があれば買収はためらわない.」と語ったと報告した。

パナソニック、ソニー、NHKが共同で、8Kテレビ開発。

日本経済新聞 電子版は、2020年をめどに、現在のフルハイビジョンの約16倍となる約3300万画素の解像度を持つ次世代放送規格「8K」に対応したテレビの技術を開発すると報告した。

膨大な画像データを高速処理する技術を協力して手掛け、2020年をメドにそれぞれ製品にして発売する。

日本の電機メーカーは中韓勢の伸長でテレビのシェアを落とした。

放送技術を手掛けるNHKなども加わり、最先端の技術水準を確保して日本連合で生き残りを目指すことにした。

中国スマホ決済、200兆円市場。

日本経済新聞 電子版は、中国でスマートフォンを使った電子決済サービスが急拡大し、日本企業に商機を生み出していると報告した。

2016年の市場規模は前年から3割強増え、円換算で200兆円に迫る勢いであった。

世界最大規模になった中国の「スマホ決済圏」は訪日中国人が増える日本にも広がる。

総件数:880最初123456789最後