宇宙戦艦ヤマトが地球に帰還。

宇宙戦艦ヤマトが地球に帰還は、劇場版が2200年09月05日。テレビアニメ版が、2200年09月06日になっている。

2190年に、遊星爆弾の落下が始まり、2192年04月20日に初めて日本にも、遊星爆弾が落ちた。

2199年08月21日に、冥王星宙域で地球防衛艦隊がガミラス帝国艦隊と交戦し壊滅。この交戦の中に古代守が行方不明になった。2199年10月08日に、ヤマトが地球を発進した。

100万分の3の確立で、小惑星「Apophis」が地球に激突する。

NASAは2009年10月7日に、サッカー場の2.5倍の大きさがある小惑星「Apophis」の新しいデータをNASAのカリフォルニア州パサディナにあるJPL研究所(Jet Propulsion Laboratory in Pasadena, Calif.)で、地球接近小天体科学者(near-Earth object scientists)スティーブ・チェスリー(Steve Chesley)とポール・コダス(Paul Chodas)によって記録されたと報告した。

小惑星「Apophis」が、地球に激突する可能性。

NASAは2009年10月7日に、サッカー場の2.5倍の大きさがある小惑星「Apophis」の新しいデータをNASAのカリフォルニア州パサディナにあるJPL研究所(Jet Propulsion Laboratory in Pasadena, Calif.)で、地球接近小天体科学者(near-Earth object scientists)スティーブ・チェスリー(Steve Chesley)とポール・コダス(Paul Chodas)によって記録されたと報告した。

小惑星「99942Apophis」が地球に大接近する。

天体観測家が、小惑星「99942Apophis」が地球に大接近し、望遠鏡なしで岩石を見ることができる可能性があると報告した。

全国初、都営で燃料電池バス営業運行。

毎日新聞は2017年03月06日に、東京都が水素で走る燃料電池バス2台を2017年03月21日から都営バス路線に導入することになり、運行開始に先立って2017年03月06日に、小池百合子知事が試乗したと報告した。

都によると、実験用ではなく、メーカーが開発した市販の燃料電池バスが営業運行をするのは全国で初めてということになる。

日本で苦しんでいる東芝が、インドから飛び立つ!

The Economic Timesは2017年03月21日に、日本で苦しんでいる東芝が、『インドで作り』『インドから輸出する。』ことを約束した

東芝は2016年に、インドのTTDS(Toshiba Transmission & Distribution Systems)社に、30億円を投資していた。

そして、それを生かして、インドで作り、インドでから世界に飛び立つことを約束した。

米国では、自動運転車の技術を得ようと人材引き抜きや企業買収が相次ぐ!?

毎日新聞は、米国では市場拡大が見込まれる自動運転車の先端技術を得ようと、人材引き抜きや企業買収が相次いでおり、これにまつわる訴訟は開発競争の激化を浮き彫りにしていると報告した。

ないものは盗んでくるか誘拐するというのでは、中国の技術開発を非難できない。

開発思想が、ひもじ過ぎる。

360/バーチャル・リアリティーのモバイル世界議会2017。

GSMAは、Mobile World Liveはテクノロジー第一として、モバイル世界議会から、in 360! Look up, look down, look aroundとして、ハイライトを持ってきた。

クラウド時代のビッグ・データを使った「がん治療」や「脊椎損傷治療」!?

日本経済新聞 電子版は、京都大学や北海道大学など全国6大学の付属病院は、がん患者一人一人の遺伝情報をもとに最適な治療法を探る「個別化医療(Personalized Medicine/Individualized Medicine)」を2019年度にも始めると報告した。

先日、米国の大統領選で、ビッグ・データ処理をすることで、得票数が少なくても大統領になれることをトランプ大統領が証明し、いよいよビッグ・データ処理がビジネス以外でも生かされる時代が来たと思っていたら、今度は膨大な遺伝子情報を処理することで、一人ひとりの遺伝情報をもとに最適な治療法を探る「個別化医療」を提供できるように、生体の薬物応答性と遺伝子多型等の因果関係を明らかにするPGx(Pharmacogenomics/ゲノム薬理学)などで、新しい病気のデータ処理時代なったことを証明する。

PMC(Personalized Medicine Coalition)がまとめた報告書 [PMC, 2011]によれば、米国ではPGxの適切な利用によって、乳がんにおける化学療法の使用を34%減少させ、脳卒中の発症を年間17,000件予防し、大腸がんにおける医療費を年間US$6億以上節約するとされている。さらに、製薬企業におけるPGxの利用は、ゲノム情報等を用いた医薬品開発により個別化医療の実現を目指すものといえる。

「鉄腕アトム」が、本当のロボットになる日。

日本経済新聞 電子版は、部品を組み立てれば、鉄腕アトムが誕生――。
講談社やNTTドコモなどは2017年02月22日に、家庭用ロボット「鉄腕アトム」をつくれる「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」を創刊すると発表した。

AI(artificial intelligence/人工知能)を搭載し、顔を認識して家族ごとに話す内容を変えたり、ラジオ体操を踊ったりすることができる。毎週送られてくる部品を組み立てれば2018年9月に「鉄腕アトム」が、本当に完成する?

私も「鉄腕アトム懐中電灯」を一つ持っている。

ホンダの倒れないバイク!?

日本経済新聞 電子版は、2017年01月05日〜08日に米国のラスベガスで開かれた世界最大の家電見本市「CES 2017」でホンダが倒れないバイク「Honda Riding Assist」を公開したと報告した。

ASIMOなどのヒューマノイドロボット研究で培ったバランス制御技術を二輪車に応用、低速走行時や停止時のふらつきや転倒リスクを軽減し、バイクは倒れるという常識を否定した。

科学雑誌が、時代遅れになると、どうなるか?

日本経済新聞 電子版は、科学雑誌「Newton」の発行会社「ニュートンプレス」は2017年02月20日に、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日、保全命令を受けたと発表した。

「ニュートンプレス」を巡っては、学習教材の開発名目で許可なく定期購読者らから出資金を集めたとして、2017年02月17日に元社長ら2人が山口県警に出資法違反容疑で逮捕された。

自動車メーカー各社は、未来の車をゼロから問う。

これまでの自動車メーカーとは違う業界からの参入が盛んになり、従来の自動車メーカーが悩み始めている。

朝日新聞デジタルは、「未来の車、ゼロから問う 自動車各社、人材集め研究 AIなど技術革新に危機感」を公開し、未来の社会でも車は必要とされるのか?から追い直す必要はでてきている。

自動車メーカーが、ビジネスのあり方を根っこから問い直すための研究拠点を相次いで新設している。
車づくりでもAI(artificial intelligence人工知能)などIT(information technology/情報技術)の比重が増し、従来の発想にとらわれていては取り残されかねないとの危機感が背景にあると伝えている。

NTTと大阪ガスが、原発1基分の節電仲介。

日本経済新聞 電子版は、猛暑など電力需要のピーク時に節電に協力する企業をあからじめ募り、需要を抑え込む仕組みが動き出すと報告した。

大手電力は2017年度に原子力発電所1基分の協力を求める。

日本経済新聞の2020年の決済予測。

日本経済新聞は、日本の決済システムは、新技術や新サービスの登場で今後も変わっていく。

特に東京でオリンピックが開催される2020年は、多くの訪日外国人をカバーすべく大きな変化が起こっているはずである。そこで、3つのシナリオを描き、2020年の決済を予想すると報告した。

未来予測がいかに危険で、ほとんど当たることがない。

電気自動車なら、モーターということで日立自動車。

昔から、有名なモーターの日立が、自動車産業に参入!

日本経済新聞 電子版は、日立製作所とホンダは2017年02月07日に、EV(Electric Vehicle/電気自動車)などに使うモーター事業で提携すると発表したと報告している。

うちのお向かいの人はMiraiを買ったようです。

昨日、お向かいの家の車が、新しいブルーの車になっていたので、よく見たらトヨタの水素自動車Miraiでした。

ハイパーリアリスティック人間型彫刻。

ArtDailyは2017年02月05日に、コペンハーゲンのARKEN美術館(ARKEN museum in Copenhagen)で2017年02月04日から、髪の毛が逆立つような超リアル人間型彫刻(hyperrealistic humanoid sculptures)「GOSH! Is it Alive?」というタイトルで展示会を開始したと報告した。

技術の完璧さによって、作品が、現在のロボット・テクノロジーと人工知能からとして、人権があるようにそれが意味しているものについて、非常に話題の発行物を持ち上げるスケール、存在、およびユーモアの騒動が、根本的な方法で接地した。

量子コンピュータ実現へ、モジュール接続に新手法。

AFPは2017年02月02日に、大きさは最大でサッカー場のピッチほどになる可能性があるが、大規模な量子コンピューターの実現に向けた初の青写真を、世界各国の科学者からなるチームが1日、米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)」に発表した論文で示したと報告した。

ドイツのダイムラーとUberが「ロボットタクシー」実現で、提携。

日本経済新聞 電子版は2017年02月01日に、ドイツのダイムラー(Daimler AG)は、相乗り(ridesharing/ridesourcing/ライドシェア)大手の米国のウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies Inc.)と自動運転分野で提携すると発表した。ダイムラーの自動運転車を、ウーバーの相乗りサービスに供給する。

春節に、香港風水師の占う2017年は、「闘鶏」

AFPは、香港の(Hong Kong)風水師(feng shui expert)たちは今年を占い。
米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が、鶏のように騒がしく、ふんぞり返りながら、酉(とり)年の2017年を駆け抜けるだろう。
「闘鶏トランプ」が世界にけんかを売る酉年。と予測している。

目指せ!有人動力飛行機世界一周!かっこよすぎる高校生!

毎日新聞は、名古屋市中川区にある名古屋市立工業高校の飛行機同好会の生徒が1人乗り動力飛行機を作り、津市香良洲町の民営飛行場で2017年1月28日に、試験飛行に臨んだと報告した。

「日本の飛行機の父」と呼ばれる明治時代の航空機研究家二宮忠八が考案した機体を参考に製作したもので、1mほどの高さを約70m飛んだ。

高校生が有人の動力飛行機の飛行に成功するのは全国でも珍しいと伝えている。

安倍政権が主導する「情報銀行」構想。

毎日新聞は、個人情報を預かり、企業の商品開発や勧誘に活用してもらう仕組みの「情報銀行」構想の議論が今、政府主導で進んでいると報告した。

「情報銀行」は、購入履歴や金融資産、携帯電話の位置情報といった個人情報やデータを本人の同意を得て管理し、情報を求める企業に提供する民間の事業である。

任天堂新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を発表。

ロイターは2017年01月13日に、任天堂は新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を発表した。4年前に投入した据え置き型ゲーム機「Wii U」が事実上失敗しただけに、新型機にかける同社の期待は大きい。

発売時期は3月30日になる。

佐川身代わり出頭で、62人を立件!立法府の責任でもある。

毎日新聞は、東京都江東区の宅配大手「佐川急便」東京営業所で運転手の駐車違反を隠すため、身代わり出頭が行われていたとされる事件で、警視庁交通捜査課は2017年01月13日に、2013年12月〜2016年07月に同営業所で33件の身代わり出頭を確認し、27〜62歳の62人を立件して捜査を終結したと発表した。うち35人が同営業所の社員だったという。

宅配事業者は、現行法で、不可能になり始めているのかもしれない。

ヒューマノイド「佳佳」は、中国の未来を救う?

AFPは2017年01月10日に、簡単な会話ができ、頼まれれば一定の表情を作ることもできる人型ロボット「佳佳(ジアジア/Jia Jia)」。
この女性をかたどったヒューマノイドについて制作者たちは、中国の未来の労働力の到来を告げるものと位置付けている。

超高速交通システム「ハイパーループ」の試験走行候補地。

AFPは、世界最大級の家電見本市「CES(Consumer Electronics Show/国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」に出展している米国の新興企業ハイパーループ・ワン(Hyperloop One)は2017年01月06日に、超高速交通システム「ハイパーループ(Hyperloop)」の試験走行を行うために挙がっている世界の候補地一覧を公表した。

富国生命は、AI「ワトソン」を導入し、保険査定を代替。

日刊工業新聞は2016年12月28日に、富国生命保険は給付金支払い査定などに日本IBMのAI(Artificial Intelligence/人工知能)「ワトソン」を2017年1月から導入すると報告していたが、毎日新聞は2016年12月30日に、富国生命保険が、AIを活用した業務効率化で、医療保険などの給付金を査定する部署の人員を3割近く削減すると報告した。

日本は、宇宙開発民間企業元年か!?

日本経済新聞 電子版、朝日新聞デジタル、毎日新聞は、海外では宇宙産業で民間移転が進んでいるが、日本は政府やJAXA(Japan Aerospace Exploration Agency/宇宙航空研究開発機構)が主導で、3000億円とされる宇宙機器産業の売上高の約9割を官需が占めていると報告した。

しかし、旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)と航空大手のANAホールディングス(HD)は、宇宙船ベンチャーである名古屋市のPDエアロスペースと資本提携したと報告した。

HISが3,000万円、ANA HDが2,040万円を出資し、エンジンなどの開発を後押しする。

2社との資本提携を起爆剤に、開発を加速させる。

ベトナム、日露支援の大規模な原発計画を中止!

AFPは2016年11月23日に、ベトナム政府は、電力不足を補うと期待されていた数千億円規模の原子力発電所2か所の建設計画を中止したと報告した。

帝人、炭素繊維で目覚めた!

日本経済新聞 電子版は2016年11月04日に、帝人は2016年11月04日に、米国サウスカロライナ州で炭素繊維工場向けの用地を取得したと発表した。

2030年ころまでに最大約600億円を投じる。
炭素繊維の生産能力を最大2倍程度に引き上げる。
炭素繊維は金属と置き換えて、自動車や航空機の軽量化に貢献する素材として需要が拡大する見通しである。

Uber、次世代の「空飛ぶタクシー」の構想を発表。

日本経済新聞 電子版は、スマートフォン(スマホ)を利用した配車サービスを手掛ける米国のUber Technologies(ウーバー・テクノロジーズ)は2016年10月27日に、「空飛ぶタクシー」の構想を発表したと報告した。

今後10年以内に都市部でも気軽に利用できる自動運転の機体がつくられ、新たな交通手段のネットワークが生まれるという。

Uberは今後、官民で実用化に向けた協議を進めていく方針を発表した。

ドイツのBMW、「自動でバランス取る」コンセプトバイクを公開。

AFPは2016年10月12日に、ドイツの自動車大手BMWグループの二輪部門BMWモトラッド(BMW Motorrad)は11日、米カリフォルニア(California)州サンタモニカ(Santa Monica)で、同社の創業100周年を記念するコンセプトバイク「Vision Next 100」を公開した。

高価なレアメタルを回避したマグネシウムイオン電池で実用化へ!

日本経済新聞 電子版は、ホンダと競輪とオートレースの補助事業の一つSAITEC(SAitama Industrial TEchnology Center/埼玉県産業技術総合センター/埼玉県川口市)は、世界で初めて高価なレアメタルを回避して、マグネシウムを使い、繰り返し充電できる2次電池の実用化にメドを付けたと報告した。

スマートフォン(スマホ)などに使うリチウムイオン電池より材料コストが大幅に安く、大きさも半分程度になる。リチウムイオンに代わる次世代電池となる可能性もある。まずスマホなど小型電子機器用として、2018年の製品化を目指していると伝えている。

動画撮影カメラ付きサングラス、まもなく発売!

AFPは2016年09月25日に、米国の元スナップチャット(Snapchat)であるスナップ(Snap)は2016年09月24日に、写真や動画が撮影できるカメラを内蔵したサングラス「スペクタクルズ(Spectacles)」を発売すると発表した。

スペクタクルズは米国グーグル(Google)が1年以上前に販売終了した眼鏡型インターネット端末「グーグル・グラス(Google Glass)」を思わせるITサングラスであると報告した。

8歳の子が、スーパーマンになった時!

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、8歳のジョバンニ・スファーズ(Giovanni Suffers)に、医師が、シュワルツ・ヤンペル症候群(Schwartz-Jampel Syndrome)により、決して再び彼が歩くことができないと言った後、彼が歩き始めるために処置をした後、彼がくためのリハビリができる時に喜んでいるビデオを公開した。

ワシントンの新しいアフリカ系アメリカ人博物館がオープンした。

ArtDailyは2016年09月25日に、オバマ大統領(President Obama)は、ワシントンの新しいアフリカ系アメリカ人美術館(Washington's new African American Museum)をオープンしたと報告した。

その日の後で博物館が一般大衆にオープンされる前に、以前の国務長官コリン・パウエル(Former Secretary of State Colin Powell)は2016年9月24日に、オバマ大統領がワシントンDCのアフリカ系アメリカ人歴史と文化国立博物館(National Museum of African American History and Culture)に出席するのを見るために到着した。

厚生労働省、AI(人工知能)を使った新薬開発を支援。

日本経済新聞 電子版は、厚生労働省はAI(Artificial Intelligence/人工知能)を使い、高い効果の見込める画期的新薬の開発を後押しする。

抗がん剤といった新薬のもとになるシーズ(種)と呼ぶ新規物質を見つけ、数年内に研究者らに提案することを目指している。

グローバルに新薬開発競争が激しさを増す中、巨額の費用が必要で、成功率も低い新薬の開発に向けて国の支援を強化する。

AI活用で開発を効率化し、医療費全体の抑制につなげる狙いもあると報告した。

帝人、炭素繊維市場に再参入!

日本経済新聞 電子版は2016年09月13日に、帝人はl、これまで大きな買収をしていなかったが経営方針を変えたのか?2016年09月13日に、自動車向け部品を手掛ける米国のCSP(Continental Structural Plastics/コンチネンタル・ストラクチュラル・プラスチックス)社をUS$8億2500(約840億円)で買収すると発表した。

鈴木純社長は記者会見で「世界で自動車の環境規制が強まり、車体軽量化とコスト削減の需要が増える.」「今後も必要があれば買収はためらわない.」と語ったと報告した。

パナソニック、ソニー、NHKが共同で、8Kテレビ開発。

日本経済新聞 電子版は、2020年をめどに、現在のフルハイビジョンの約16倍となる約3300万画素の解像度を持つ次世代放送規格「8K」に対応したテレビの技術を開発すると報告した。

膨大な画像データを高速処理する技術を協力して手掛け、2020年をメドにそれぞれ製品にして発売する。

日本の電機メーカーは中韓勢の伸長でテレビのシェアを落とした。

放送技術を手掛けるNHKなども加わり、最先端の技術水準を確保して日本連合で生き残りを目指すことにした。

正午、 インドを大災害が襲った!?

これは、建築資料を探していて、出会った未来予測の文章。

まさに、今日の正午に起こると設定されている。

それはまさしくベスビオス山(Mount Vesuvius)の大噴火のように、2016年8月24日AD正午、インドのニューデリーの北フリンジのシムラ山(Mount Simla)が大爆発を起こし、パーニーパット(Panipat)とカルナール(Karnal)のように小さな町が消失した。

中国スマホ決済、200兆円市場。

日本経済新聞 電子版は、中国でスマートフォンを使った電子決済サービスが急拡大し、日本企業に商機を生み出していると報告した。

2016年の市場規模は前年から3割強増え、円換算で200兆円に迫る勢いであった。

世界最大規模になった中国の「スマホ決済圏」は訪日中国人が増える日本にも広がる。

アップルは、サムソンに独走の道を与えた!

日本経済新聞 電子版は2016年08月03日に、韓国のサムスン電子(Samsung Electronics)は、スマートフォン(スマホ)の新製品「ギャラクシーノート7(Galaxy Note 7)」を発表したと報告した。

大画面スマホの先駆けである「Note」シリーズ初の防水仕様で、虹彩認証や急速無線充電、外部メモリーにも対応した。

スマホの最新技術を惜しげもなく盛り込んだ「全部入り」ともいえる製品で、今秋登場する米国アップルの新型iPhoneを迎え撃つ態勢を整えた!

以前から、スマートフォンのバイオメトリクスに、指紋認証は無駄と感じていた。
スマートフォンが本来搭載しているデジカメと音声機能を生かすと、虹彩認証と音声認証になるはずで、指紋認証は無駄な行動を要求しているので時代遅れに感じていた。

10代にウケる商品はこれ 「U-19」ランキング

日本経済新聞 電子版は2016年08月07日に、日経MJ2016年07月29日付からの情報として、若者の消費に詳しい有識者や購買データ分析会社などから10代に人気の商品・サービスなどを聞き取り、200項目の候補リストを作成。調査会社のモニタスを通じ、14〜15日に都内の15〜19歳男女1000人にインターネットでアンケートした。
比較のため40〜50代男女100人にも同じ項目で調査し、認知度が50%を超えているものは原則としてランキングから除外。2016年07月14〜22日にかけて東京・原宿を中心に15〜19歳の男女100人超に聞き取り調査も実施した。

有識者と協力企業は以下の通り(敬称略、五十音順)。
雀部明日香(マイナビティーンズ編集長)
西井美保子(電通若者研究部・電通ギャルラボ研究員)
原田曜平(博報堂若者研究所リーダー)
カスタマー・コミュニケーションズ(東京・港)
ニールセン
モニタス(東京・港)

岸本まりみ、鷹巣有希、柴田奈々、長谷美幸、清水孝輔、千住貞保、河野真央、池下祐磨、下野裕太が担当した。

日本経済新聞の記者が、完全わからなくなってしまった市場調査。

ダラス銃撃で「爆弾ロボット」初使用。

AFPは、米国のテキサス(Texas)州ダラス(Dallas)で起きた警官の暴力に対する抗議デモ中に発生し、警官5人が死亡、警官と民間人合わせて9人が負傷した銃撃事件の容疑者が「爆弾ロボット」で爆殺された。

米国の警察が自動装置を使って人間を殺害した初めての例である可能性があり、警察における科学技術の役割拡大を示していると報告した。

未来学のグルとも言われたアルビン・トフラーが死去した。

BBC Newsは2016年06月30日に、「未来の衝撃(Future Shock)」および社会的、経済的、技術的な変化を予測している他の作品の作者アルビン・トフラー(Alvin Toffler)が87歳で死去したと報告した。

「未来の衝撃(Future Shock)」は1960年代に、1500万部の定義される人々の心配を社会的な変化のペースで売却した。

トフラーは、彼のアドバイスを求めるために世界的リーダーとビジネスモーグルを送る「情報オーバーロード(information overload)」などの用語で、彼の作品を大衆化した。

100年後のグリーン飛行機は、水素動力供給飛行機のハイブリッド。

BBC Newsは、1979年04月に、ソーラー・パワーで飛ぶ最初の人員を配置した航空機は、3分飛行で40ft(12m)および飛行0.5マイル(0.8km)に達するために出発した。

航空機のパイロットでクリエイターのラリー・マウロ(Larry Mauro)は、まもなく後に、プレスで、彼がオフを規則的な取り、このモデルを改善したいと言ったことをすることで、一日中太陽で発生した電気で飛行を私達が引き起こす。

Uberに、トヨタに続き、FCA提携交渉中。

朝日新聞デジタルは2016年06月10日に、欧米が拠点の自動車大手FCA(Fiat Chrysler Automobiles/フィアット・クライスラー・オートモービルズ)が、米国の配車サービス最大手Uberテクノロジーズと提携交渉を進めていることが016年06月08日わかったと、複数の米メディアが伝えたと報告した。Uberは最近、トヨタ自動車からの出資受け入れを決めたばかりで、他社との協業が活発化していると報告した。

生活費インフォグラフィック!物価の高いイギリスを逃げ出すか?

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年06月09日に、最近の物価高で悩むイギリス人のために、外国に動くことを考えるか?と言いながら、2015年01月18日に公開した最も安い生活費リストのトップ10を公開した。

このインフォグラフィックは、ニューヨーク(New York)で発見された価格に比べて、外の119の国に住み込むように、最も安いまたは、最も高価な場所を示している。

エアバス社、世界初の3Dプリンターで製作した航空機を公開。

AFPは2016年06月05日に、ヨーロッパ航空機大手のエアバス(Airbus)は、ドイツの首都ベルリン(Berlin)南郊にあるシェーネフェルト(Schoenefeld)空港で今月初め2016年06月03日に開催されたベルリン国際航空宇宙ショー(ILA Berlin Air Show 2016)で、世界初の3Dプリンターで製作された航空機を公開したと報告した。

超高速交通システム「ハイパーループ」の初公開試験。

AFPは2016年05月12日に、米国ネバダ(Nevada)州ラスベガス(Las Vegas)郊外の砂漠で2016年05月11日に、米国新興企業ハイパーループ・ワン(Hyperloop One)が超高速交通システム「ハイパーループ(Hyperloop)」の初の公開試験を行ったと報告した。

日本のトヨタと日産は、自動運転でのインテリジェントなマッピングを開発する!

Mobile World Liveは、伝えられるところによれば、日本の政府は、自動運転のためのテクノロジー・キーとして、2018年までに国のインテリジェントなマップを開発するために、トヨタと日産を含む国内の自動車メーカーと協力すると報告した。

日本経済新聞によると、規格化されたインテリジェントなマップを生成するために、ドライバーデータも含まれて、国内の自動車メーカー、地図制作会社、および政府がプロジェクトについて協力する。

世界最大の自動車メーカーが、自力でできないのか?
国の援助?何を考えているんだ!

大企業が補助金を受け、結果として税金を払っていないという。

ドバイは、自身のレコードより高いタワーを建てる。

アルジャジーラ(Al Jazeera)、イギリスの新聞「The Sun」は、ドバイは、自身のレコードより高いタワーを建てる。新しいタワーは、世界の最も高い摩天楼「ブルジュ・ドバイ(Burj Dubai/正式名:ブルジュ・ハリファ/Burj Khalifa))」より高い「ノッチ(a notch/高い鼻をへし折る)」ことであると、不動産開発業者Emaarは2016年04月10日日曜日に言ったと報告した。

日本のスカイツリー(Skytree)を見て、真似をするのだろう。
高い鼻をへし折る前に、猿まねから脱皮しろ!
例えば、馬鹿でかいバルーン・ビルで、宇宙エレベーターを使って、到達できる天空都市を作るような発想はないのか?
これでは、バビロンの空中庭園の発想に勝てない!

ナイジェリアの『魔』少年のような子は、8週間後に救われた。

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、少年を養子にした労働者は援助し、彼が外科を必要とするけれども、違った形で、『現在本当に、彼の人生を楽しむ』でことが明らかになったと報告した。

まさに2ヶ月以上前、ナイジェリアのワームでいっぱいであるの通りに住み、「魔(witch/魔物)」であった外観の飢餓とキャストのふちで彼のコミュニティから、「Hope」が告発した。

米国のドローン機の数は、2020年までに700万機になる。

AFPは2016年03月25日に、FAA(Federal Aviation Administration/米国連邦航空局)が2016年03月24日に発表した推計レポート「FAA Releases Updated UAS Sighting Reports」から、2020年までに米国内で飛行する小型無人機(ドローン)の数が、2016年末の予想台数の3倍近くに増え、約700万機に達すると予測した。

FAAは報告書で「無人機は航空業界の中で最も力強く成長する部門になるだろう」と述べた。FAAが推計した2016年末までのドローン数は約250万機と報告している。

水素車は、最長ドライブで、世界記録を樹立。

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、水素車で最も長い継続的なドライブのための世界レコードは破られたと報告した。

政府支援によるグループLHNE(The London Hydrogen Network Expansion project/ロンドン水素ネットワーク拡張プロジェクト)は、6日の間M25のまわりで水素車を動かした。

Greenglowと重力の戦いを計画。

BBC Newsは、1握りのleftfield科学者が重力のパワーを利用しようとしていると報告した。

ニック・ヤング(Nic Young)は、「Welcome to the world of Project Greenglow」と書いた。

科学において理論とエンジニアリングの間に独特の強力なパートナーシップが存在する。

それは、より多くのヘッドラインから、2、3例を挙げると私達に、原子力(atomic energy)、大きなハドロンコライダー(the Large Hadron Collider)、およびスペースフライト(space-flight)を与えたものである。

理論家は,「これは理論上可能である。」と言う。

今週末、長屋宏和が、ハロプロメンバーとファッションショー開催!

ピロレーシングの長屋宏和代表で、株式会社アトリエロングハウスの長屋宏和社長から、2016年03月19日13時からパシフィコ横浜展示ホールDで、2回目の開催になるハロプロメンバー、勇気の翼の皆様と、ハロプロの本物の衣装を着てファッションショーをご一緒させていただきます!と連絡があった。

ドミノ・ピザ、宅配ロボットをNZで試験的に導入。

AFPは、米国の宅配ピザ大手ドミノ・ピザ(Domino's Pizza)は2016年03月18日に、宅配ロボットによるピザの配達をニュージーランドで試験的に導入すると発表した。

ハイテク技術を駆使した完全自動運転の配達用ロボットで、世界初の試みだと言っていると報告した。

クロアチアの起業家が生んだ電動スーパーカーに、世界が絶賛。

AFPは、その全てはガレージでの趣味から始まった。
世界初の電動スーパーカーを開発して国際的に称賛された28歳のクロアチアのマテ・リマッツ(Mate Rimac)は、高校時代から熱烈な機械マニアだったという。乗り回しているうちにエンジンを壊してしまった古いBMWを電気自動車に改造しようと思い立ち、インターネットで部品を買い集め始めた。

その開発から10年後、リマッツの会社リマッツ・アウトモビリ(Rimac Automobili)は電気自動車技術で世界をリードする存在になった。

ウェアラブルは、「貴重」な商業機会を提供する。

Mobile World Liveは、ウェアラブル・テクノロジーショー2016:ウェアラブルな機器とのコンタクトレスの商業サービスの統合(WEARABLE TECHNOLOGY SHOW 2016: The integration of contactless commerce services with wearable devices)は、ハードウェア、アプリ/メーカーのために「非常に重要である」新規ビジネス機会であり、NXP半導体のビジネス・ディベロップメント・マネージャーであるペドロ・マルチネス(Pedro Martinez, business development manager at NXP Semiconductors)は言った。

エンジニアは次世代不相対物アンテナをデザイン。

Cellular-News.comは、テキサス大学オースティン校のエンジニアリングのクックレル学校の研究者(Researchers in the Cockrell School of Engineering at The University of Texas at Austin)が、および高価な電気コンポーネントの必要なしで、一般的にアンテナ・システムにおいて使われた別個のかさばっている受信と発信電波シグナルをより効率的に処理することができるアンテナをデザインしなかった。

ドイツのBMWは、第2次世界大戦中にナチの奴隷労働を使ったと認めた。

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、ドイツの自動車メーカーBMW(Bayerische Motoren Werke/Bavarian Motor Works)は、月曜日に、「巨大な苦しみ」を感じるため、「深い悔い」と認めた。
それは第二次世界大戦の間に、アドルフ・ヒトラーの殺人マシンに燃料を供給するために、ナチスの奴隷労働を用いて起こされたと報告した。

会社による、痛恨のステートメントによると、「1930年代と40年代の全国社会主義政権の下で、BMW AGは供給業者としてドイツの軍需産業界に独占的に動作した。」と、有名な自動車メーカーの100周年の誕生日のためのミュンヘンのお祝いの間に明らかにした。

心理学者が明らかにする9つの最も一般的な夢の意味。

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、多くの心理学者は、夢を解釈しようとすることをやめたけれども、インディペンデントは、それを続けた人と話した。

ウェアラブル機器ディスプレイ・ユニット出荷、2016年に3900万。

Cellular-News.comは、スマートウォッチ(smartwatches)、フィットネスモニタ(fitness monitors)、および他のウェアラブル・アプリケーションの成長人気は、これらの機器において2015年の3400万のユニットから、2016年に3900万まで、ディスプレイの出荷が上昇すると報告した。

IHSによると、2015年のウェアラブル機器において使われた10種類のディスプレイのうちの約6種類が、スマートウォッチにおいて使われたAMOLED(active-matrix organic light-emitting diode/アクティブ行列有機発光ダイオード)パネルであった。

Visaは、より安全な支払いをIoTに持って来る。

Cellular-News.comは、VisaはIoT(Internet of Things/物インターネット)を含むことは、そのVisa Ready programを拡張し、衣服、自動車、器具、公共交通網サービス、衣類、およびほとんどどのような他のメーカーなど機器を接続したと報告した。

Emerging IoT会社は、mPOS(mobile point of sale acceptance)プロバイダー、モバイルのNFC可能化機器メーカー、および他のテクノロジーパートナーのモバイルのポイントをビザ用意できプログラムに含めているモバイル機器メーカーに参加する。

Visa Ready programは、安全な支払いをそれらの製品とサービスに組み込むために、会社に1つのシームレスなパスを与える。

次の世界大戦は南シナ海である。

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年02月19日に、次の世界大戦は南シナ海である。
それは、私達が恐怖を感じている地球最後の核の夜明けであるか?といってきた。

南シナ海で、次の世界大戦が起これば、日本は当然真っ只中になる。
それが、核を使用すれば、福島第一やチェルノブイリ、広島、長崎どころではなくなることだけは、確実であり、今中国が主張していることは、その可能性があり、とくに次期アメリカ大統領が誰になるかも影響してくる。

残念ながら、世界大戦の可能性が最も高いのは、確かに南シナ海になる。

できたばかりのタイムマシンにもぐり込み、未来に2年飛行する。

Google、マシン・インテリジェンス・リンクのためのオープンソース・ライブラリを発表。

ブライアン・シャフィン(Bryan Chaffin)はMacObserverで、Googleは、2016年02月16日火曜日に、マシンに人工知能を採用するためのマシン・インテリジェンス・リンク(Machine Intelligence LINK)のためのオープンソース・ライブラリ「TensorFlow」を発表したと報告した。

「TensorFlow」は本来、会社のマシン・インテリジェンス・グループの下で、Google Brain Teamにより開発された。

東京で、世界で最も高い、1マイルの摩天楼が設定された。

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、東京で、Burj Khalifaの2倍の高さであり、1マイル(1609.34m)の世界で最も高い、摩天楼が設定されたと報告した。

そのビルは、高さ5,577ft(1.69987km)で、55,000人の人々へのホストである。

未来のジェット戦闘機は、スーパーボウルの間にアメリカで初公開される。

米国の新聞「ワシントンポスト(Washington Post)」は、それらは、3ジェット構成で、防衛関係の請負業者ノースロップ・グラマン(Northrop Grumman)の業績を宣伝している30秒コマーシャルの6秒幽霊の空を横切ってビュッと音を立てて、突進する。

現代のジェットF-22ラプター(F-22 Raptor)やF-16戦闘機(F-16 Fighting Falcon)などと違って、それらは尾部を全然持たず、SF小説映画の外でまっすぐなレーザーによって武装しそうであると報告した。

終戦の月、ナチスが戦闘機をテストした、それは航空機と言うより宇宙船であった。

BBC Futureは、飛行で最も未来的なデザインのうちの1つHorten Ho 229を見る。

米国航空機メーカーノースロップ・グラマン(Northrop Grumman)は2015年12月に、次の世紀の戦争ゾーンの上を理論上飛ぶことができる未来の戦闘機のための革命のデザインを初公開した。

それらの概念は戦闘機というより、空飛ぶ円盤のように見える。それは、どんな飛行エキスパートが、後ろの『飛行翼』で、伝統的な尾部垂直安定板に溝を掘るデザインと呼ぶかである。

アップルは、バーチャル/リアリティ端末を極秘開発か?

AFPは2016年01月30日に、イギリスのFT(フィナンシャル・タイムズ/Financial Times)からの2016年01月29日の情報として、アップルが、Facebook傘下オキュラスVR(Oculus VR)の「オキュラス・リフト(Oculus Rift)」マイクロソフト(Microsoft)の「ホロレンズ(HoloLens)」に対抗して、VR(Virtual Realityバーチャル・リアリティ/仮想現実)や拡張現実(AR)端末の開発を極秘で進めていると報じたと報告した。

リニア中央新幹線品川駅で起工式。なぜ「鉄男」は、品川駅にこだわるか!

日本経済新聞 電子版とNHKは、JR東海が2016年01月27日に、東京と名古屋間で11年後の2027年に開業を目指すリニア中央新幹線の始発/終着駅となる品川駅の本格的な建設工事に着手したと報告した。

これまでに山梨県で2015年12月にトンネル工事は始まっているが、駅の着工は初めてになる。

ダボス会議で科学者ら、殺人AIロボット開発阻止を訴えた。

AFPは、AI(Artificial Intelligence/人工知能)を備えた自律型ロボットが人間を殺しながら戦場をさまよう。
そんな未来を回避するために世界は今すぐ行動する必要があると、「WEF(World Economic Forum世界経済フォーラム)」年次総会(ダボス会議)に集った政財界の有力者や科学者、軍事専門家らが警鐘を鳴らしたと報告した。

科学者らは自律型兵器の配備が、戦争行為の危険な新時代を象徴するようになると述べ、そうした兵器の開発を阻止するための合意が必要だと主張した。

アップル・カー・プロジェクト

ジェフ・ガメット(Jeff Gamet)はMacObserverで、WSJ(Wall Street Journal/ウォールストリート・ジャーナル)に引用された無名のソースによると、アップル・カー(Apple Car)のスティーブ・ザデスキー(Steve Zadesky)は、iPodとiPhoneに取り組んだ16年アップル・ベテランであるけれども、アップルを去ると報告した。

スティーブ・ザデスキーは、2014年以来、彼の出発を会社のための可能な妨げにして、アップルの電気自動車努力「プロジェクト・タイタン(Project Titan)」に向けている。

2020年までに、主要な新しいビジネス・プロセスの半分以上はIoTを含む。

Cellular-News.comは、ガートナー(Gartner)からの情報として、主要な新しいビジネス・プロセスとシステムの半分より多くは、2020年までにIoT(Internet of Things/物インターネット)のある要素を含むと報告した。

IoTの消費者の生活よ企業のビジネス・モデルへのインパクトが、センサーで「instrumenting」として、物質的な物のコストとして急速に増大し、それらを他の物と機器、システム、および人々と接続し続ける。

ビルディング間モバイルデータ交通量は、2020年までの600%より多く増大。

Cellular-News.comは、モバイルのトラフィックの大多数は起こるか、または今日の屋内でのターミネート(terminating indoors today)とWi-Fiは、現在モバイルのデータ荷下しのための頑強なアクセス・テクノロジーであると報告した。

2015年に、モバイル機器からのWi-Fiトラフィックは4Gモバイル・トラフィックを越え続けて、2018年までに、WiFiトラフィックは、結合されたすべての2G、3G、および4G携帯電話トラフィックを越えるように設定される。

中国のオンラインの支払いの65%をモバイルが占めている。

Mobile World Liveは、Alipayによる研究調査によると、中国の昨年のオンラインの支払いトランザクションの約65%は、モバイル機器においてe-コマース巨人Alibabaのモバイル支払いユニットでされた。

そのパーセンテージは2014年に49%から上がっている。

いくつかは、現在の成長率が与えられるのでスマートフォンが多くの人々のための財布を取り替えそうであることを思索する。

19州を横切る124の都市の1億人を超える人々が、Alipayを使うと、会社は言ったと報告した。

IoTは消費者テク産業で、収益US$2870億まで動かす?!

Cellular-News.comは、CTA(Consumer Technology Association/消費者テクノロジー協会)によると、IoT(Internet of Things/物のインターネット)から成っている革新のずっと拡大採用および続けられた成長は、2016年に、米国消費者テクノロジー産業で、小売りの収益として、卸売でUS$2240億の記録をセットし、US$2870億に導くのに役立つと報告した。

スマートフォン、テレビ、およびラップトップを含む確立したテクノロジーは、米国小売り収益を動かし続けて、2016年に業界の成長を1%もたらす。

トップ100グローバル革新者。

トムソンロイター(Thomson Reuters)は、世界の革新的な会社トップ100リスト「THOMSON REUTERS 2015 TOP 100 GLOBAL INNOVATORS(トムソンロイター2015 トップ100グローバル革新者)」を公開した。

このリストでは、どこが高いグレードを得たかを明らかにしている。

ついに二輪車も燃料電池で実用化、スズキは2016年に公道実験。

日本経済新聞 電子版は、スズキは燃料電池を動力源とする二輪車の実用化に乗り出すと報告した。

国土交通省が2016年01月にも世界初となる燃料電池二輪車の保安基準を策定する計画で、スズキは国土交通省の認定を得て2016年に公道走行実験を始める。燃料電池は環境対応の切り札とされ、トヨタ自動車の四輪車「ミライ」などに注目が集まる中、スズキは燃料電池二輪車を新たな事業基盤とすることを計画している。

恐ろしい!夢を破壊するトナカイ・ロボットが、悪夢を運ぶ!

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、Googleが買収したBoston Dynamicsが、恐怖を与える最悪のトナカイ・ロボットで魔女のようなサンタを運ぶビデオを公開したと報告した。

スマートウォッチに動かされ、ウェアラブルは2019年2億を凌ぐと予測!

Cellular-News.comは、世界的なウェアラブル機器市場は、続けられた成長を、2番目および3番目の世代繰返しが市場に到着すると考える。

これらの新しい機器はハードウェアを基にし、それらの前任者のソフトウェアおよび今日潜在的な顧客が持っている欠点と懸念のうちのいくつかに答える。

2018年までに、消費者の半分は、モバイル支払いのためスマートフォン、ウェアラブルを使う。

Cellular-News.comは、ガートナー(Gartner)からの情報として、モバイルの支払いにより、西ヨーロッパの北アメリカ、日本、およびいくつかの国の消費者の間の受容が、2018年までにモバイル支払いのためのスマートフォンまたはウェアラブルを使うことが期待され、円熟している市場の消費者の半分によって得られていると予想区していると報告した。

これは、個人的なテクノロジー市場の顧客選好に影響を与える多くの革新のうちの1つである。

中国のウエアラブル市場は、性能によって成長し続ける。

Cellular-News.comは、IDCPRC季刊ウエアラブル機器追跡(International Data Corporation PRC Quarterly Wearable Device Tracker)によると、中国のウエアラブル機器出荷は、前の四半期からの40.1%の上昇で2015年第3四半期(Q32015)の737万のユニットに達したと報告した。

Q32015にわたって、ウエアラブル機器市場のいくつかのハイライトが、子供用時計の販売で爆発的な成長があり、アンドロイドウェアについてスマートな時計の連続した市場販売開始し、ウエアラブル支払い機器の出現、スポーツ・ウエアラブル機器の目立った性能などが目立った。

中国人にとって、ウエアラブル機器は未来の夢の機器かもしれない。

消費者信用メディアサービスの数を育てることは2025年までに無料になる。

Cellular-News.comは、新しいゼロックス調査(new Xerox survey)は、もし彼らがフィルムなどの伝統的なメディア(48%)を好むなら、ほとんど、消費者の半分(49%)が、2025年までにそれらのメディア・サービスの代金を、テレビ、音楽、ラジオ、ニュース、およびオンラインで独占的に存在するソーシャル・メディアなどのプレインターネット時代に設立されたスポーツのアウトレット、または新しいデジタル・メディア(47%)を何としても払う必要がないと信じることを明らかにした。

現在、消費者の43%は、それらの好きなメディアアウトレットにアクセスするために支払っている。

支出として、2019年に物がインターネットで届く範囲約US$1兆3000億と予測。

Cellular-News.comは2015年12月17日に、新しいIDC社(International Data Corporation)支出ガイドによると、IoT(Internet of Things/物のインターネット)の世界的な支出は、2019年に合計CAGR(compound annual growth rate/物年間成長率)17.0%で2015年のUS$6986億から約US$1兆3000億まで成長すると報告した。

地理基礎では、それが、2015年に世界的な総到来の40%より多くによってアジア/太平洋領域からIoTを費やして来るクリアなリーダーである。

円熟している市場で、消費者は2018年までに3〜4台まで機器を所有。

Cellular-News.comは、ガートナー(Gartner)空の情報によると、次の5年の間に、消費者はそれを統合するというよりもより多くの機器をそれらの個人的なポートフォリオに追加すると予測した。

2018年までに、円熟している市場の消費者は3台を超える個人的な機器を使い、所有する。

2018年までに消費者半分が、モバイル・マネーで支払うと予測。

Mobile World Liveは2、ガートナー(Gartner)からの情報として、円熟している市場の消費者の半分は、2018年までにスマートフォンまたはウェアラブルを使って支払いをしているであろうと予測した。

研究会社は、モバイルの支払いにより、西ヨーロッパと北アメリカ、日本、およびいくつかの国の受容が得られていることに注意する。

ケニアの法廷は、Safaricom/Bitpesa事件を支配する。

Mobile World Liveは、新聞Daily Nationによると、ケニアの法廷は、国の主要なオペレータSafaricomが、そのM-Pesaモバイル・マネー・サービスへのBitpesaのアクセスで、スタートアップを中断することがもっともであると判決した。

Bitcoin、およびLipishaを使って伝統的な送金支払いの下を切り取ることをめざすBitpesaの別の支払いは、それらがM-Pesaにアクセスすることを防止するために、Safaricomを訴えた。

インドソフトウェア市場、2016年に12.8%成長すると予測。

Cellular-News.comは、ガートナー(Gartner)によると、インドソフトウェア市場は、2015年から2016年に12.8%の増加においてUS$53億に達すると予測した。

「企業ソフトウェア市場は動的で、絶えず変化する。

ドイツで、核融合装置によるプラズマ持続に初成功!

AFPは2015年12月11日に、ドイツの科学者チームは、核融合反応からエネルギーを取り出すための探求で、重要な節目に到達したと発表したと報告した。

核融合は、安全で安価な無限のエネルギー源となる可能性を秘めているとされる。

核融合では、太陽の中で起きているのと類似した反応過程で、エネルギーを生成するために原子同士を融合させる。
対照的に、原子が分裂する反応の核分裂は、安全性や長期的な廃棄物などをめぐる懸念が伴う。

青きドナウの流れで発電!

AFPは、オーストリア北部を流れるドナウ(Danube)川流域に広がる風光明媚(めいび)なワッハウ(Wachau)渓谷では、多くのワインが生産されている。間もなくこの地では、美しい風景はそのままに、電力も生産されることになりそうだと報告した。

「風力タービンは論外。太陽光パネルも厳しく規制されている」と、ドナウ川岸に位置する美しい街シュピッツ(Spitz an der Donau)のアンドレアス・ニュンザー(Andreas Nunzer)市長は説明し、「それでも、生活の質を損ねることなく地球温暖化対策に貢献できる方法を、われわれは見つけたのです」と述べた。

それが、川の流れを利用した発電だった。

盲目の神秘家ババ・バンガは、ISの上昇を予言した。

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、盲目のブルガリア神秘家は、うわさによれば数十年前に、IS(Islamic State/イスラム国家)の上昇を警告して、ヘッドラインを作った。

ババ・バンガ(Baba Vanga)たぶん警告イスラム教徒は、2043年までに『大きいイスラム教戦争』においてヨーロッパを侵略する。その震源地としてのローマとイスラムのカリフの地位の設立によって終わる。

2020年までに、あなたのスマートフォンのAppsを忘れなさい。

he Motley Foolは、Siriおよび他のアシスタントは、たぶん、近い未来の私達の生活のずっと多くを管理する。

スマートフォン・ユーザーはそれらのapps.を愛し、ニールセン(Nielsen, U.S.)は、米国消費者は平均26.7アプリを持って、1月ごとに平均37.5時間をそれらに費やす。

しかし、ガートナーは研究会社からの最近のリポートは、2020年を予測し、現在のアップルのSiri、マイクロソフトのコルタナ(Cortana)、およアルファベットのびGoogle Now(Alphabet's Google Now)のように私達のモバイルのインタラクションの半分がバーチャルな個人的なアシスタントを通してされる。

ここで言うために、ガートナー(Gartner)が持っていたものがある。

2020年までに、スマート・エージェントはモバイルのインタラクションで40%を容易にし、ポストアプリ時代を支配しはじめる。

テキサスの新幹線プロジェクトは、US$40億。

日経新聞英語版Nikkei Asian Reviewは、問題に精通した人々によると、JR東海の技術的な財産を基にし、米国のテキサス州で高速な鉄道を開発するプロジェクトは、約US$40億プロジェクトとして、ローカルなビジネスを実現しようとしていると報告した。

募金キャンペーンを通じて、プロジェクトは、仮定された全体の建設費のUS$120億の3番目について守る。JR東海として知られているCentral Japan Railwayは数百万以上を投資できた。

椅子デザインを選ぶことで判るパーソナル占い。

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、椅子の選び方で判る心理と性格テスト「レッドストーン・プレスのため椅子親交テスト(The Chair Friendship Test by Redstone Press)」から適応させたパーソナル・クイズを公開した。

椅子はなぜ個性を呈しているようであるか?
漠然と人であること、および確かにそれらが、私達が他の人々について、私達の感情と結び付ける特徴を持っていることで、それは、部分的に、どのようにそれを見るかの問題である。

国産初のジェット旅客機「MRJ」の初飛行に成功。

日本経済新聞 電子版は、2015年11月11日午前に、三菱航空機の国産ジェット旅客機「MRJ(Mitsubishi Regional Jet/三菱リージョナルジェット)」の試験機が愛知県営名古屋空港から飛び立ち、太平洋側の遠州灘の上空を航行して、名古屋空港に着陸し、初飛行に成功したと報告した。

日本メーカーが民間旅客機の主翼や胴体まで丸ごと開発するのは1962年に初飛行した「YS―11」以来、半世紀ぶりとなる。

2065年の世界。社会科学者は何を考えて、未来を描くか?

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、ESRC(Economic and Social Research Council/経済社会研究委員会)が、50年後の未来と考えられることについて、頼んだ哲学博士号取得学生により保持された書き込み競技会での断片を紹介した。

ESRCの50周年記念日を祝福している学究的な出版社と連携して保持された競争招待は、それらの創造的で分析的なスキルを使い、社会科学をインパクトの予測に書くために、ESRC-UK側から博士号学生に出資し、実施された。

科学通信は一般に、学界でうなり声が起こった。

人工知能。ヒトは少数の神と残りを私たちに分けられる。

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、新しいリポートは、AIとロボット工学の結婚によりそんなに多くの仕事が取り替えられえたので大量の雇用の時代が端に来ることができたことを示唆する

もしあなたが、閉まっているタイヤ工場とスチールプラントについての物語からリリーフを望んでいるなら、あなたは、新しい300ページリポートによって、ロボット革命のありそうな効果を見るアメリカ銀行メリルリンチからリラックスしてみることができる。

しかし、あなたは終わらないかもしれず、保証される。それは高齢化人口のためのロボット介護人を約束するけれども、拭き取られることは莫大な多くの仕事も予測する。それらの生計がマシンにより、ホワイトカラーの仕事を含め、UKの労働者の最高35%および米国のそれらの47%のすべてが取り除かれるのを見ている。

総件数:820最初123456789最後