gaYa広告

マレーシアのヒジャブ製造、英EC出資で海外展開を加速!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月20日に、マレーシアの経済新聞「ビジネス・タイムズ(Business Times)」が2018年02月19日に、ヒジャブ(Hijab/حجاب/イスラム教徒の女性が着用するスカーフ)を「アイディジュマ(Aidijuma)」ブランドで製造・販売するマレーシアのカラーズ・グループ(Aidijuma Colors Group)は、イギリスでEC(E-Commerce/電子商取引)を手掛けるハウテ・エラン(Haute Elan)の大株主となり、海外展開を加速させると伝えたと報告した。

マレーシアのホテル従業員のヒジャブ着用、業界団体承認。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月12日に、マレーシアのUMNO(United Malays National Organization/ertubuhan Kebangsaan Melayu Bersatu/統一マレー国民組織)系のマレー語新聞「ウトゥサン・マレーシア(Utusan Malaysia/اوتوسن مليسيا)」は2018年02月09日に、マレーシアのホテル関連業界団体は、イスラム教徒(ムスリム)の女性従業員が勤務中にムスリム女性が着用するスカーフであるヒジャブ(Hijab/حجاب)の着用を申し出た場合は承認することで合意したと報告した。

3団体に加盟するホテル数は3,000軒に上ると伝えた。

AirAsia、アチェ発着便の乗務員は男性のみ。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月02日に、マレーシアの新聞「スター(Star)」は、マレーシアのLCC(Lightbridge Communications Corporation/格安航空会社)のAirAsia(エアアジア)が、インドネシアのスマトラ島北部アチェ(Aceh)州を発着する便については、客室乗務員を全て男性にする方針を明らかにしたと報告した。

アチェ州政府が2018年01月31日に、州内の空港に着陸する際、女性の客室乗務員に対し、イスラム教徒の女性が髪などを覆う「ヒジャブ(حجاب/Hijab)」の着用を原則義務付けたための当座の措置と伝えている。

マレーシアンのハラル飲食マリーブラウン、2020年までに日本1号店を計画。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月30日に、マレーシアの経済紙「マレーシアン・リザーブ(Malaysian Reserve)」は2018年01月29日に、地場系ファストフード・チェーンのマリーブラウン(Marrybrawn)は、2020年の東京オリンピック開催に合わせ、日本1号店を開業する計画で、既に出店候補地の調査に入っていると伝えたと報告した。

ミャンマーの古都ミャウー遺跡、遺産登録準備の会合延期。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月23日に、電子メディアのイラワジ(Irrawaddy)は2018年01月22日に、がミャンマー西部ラカイン州の古都ミャウー(Mrauk U)で、国連の文化的機関ユネスコ(UNESCO/United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization/国際連合教育科学文化機関)の世界文化遺産(World Cultural Heritage)の登録に向けて2018年01月26〜27日に開催予定だった準備会合が延期されたと伝えたと、報告した。

G20で、ドイツとフランスが仮想通貨の規制を提案?

朝日新聞デジタルは2018年01月20日に、仮想通貨「Bitcoin」で規制強化の動きが相次いでいる。
金融緩和であふれたマネーが投機的な取引に流れ、過熱ぶりに中国や韓国が規制強化に動いて相場急落につながった。

2018年01月18日に、ドイツとフランスの経済閣僚が共同で記者会見し、「Bitcoin」の国際規制を呼びかけた。
価格の乱高下が続いていることを踏まえ、取引リスクを分析し、2018年03月にアルゼンチンであるG20財務相・中央銀行総裁会議に規制案を提案するという。

主要国でも「Bitcoin」の取引リスクへの懸念が出ており、2018年03月の主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議ではドイツとフランスが国際的な規制を提案し、議論される見通しだと報告した。

最高裁が、高橋克也被告の上告棄却し、オウム裁判が終結した。

毎日新聞、日本経済新聞 電子版は2018年01月19日に、1995年の地下鉄サリン事件などオウム真理教による5事件に関与したとして殺人罪などに問われた59歳の元信者の高橋克也被告に対し、最高裁第2小法廷で、菅野博之裁判長は2018年01月18日付で、上告を棄却する決定を出したと報告した。

これにより、被告を無期懲役とした1、2審判決が確定する。

UAE、カタール軍戦闘機が民間機の「妨害」をしたと非難!

AFPは、UAE(United Arab Emirates/الإمارات العربية المتحدة/アラブ首長国連邦)の航空当局は2018年01月15日に、バーレーン(Baḥrayn)に向かっていたUAEの無防備旅客機をカタール(Qatar)の戦闘機が「妨害した」と非難する声明を発表した。ただ、これまでのところ詳細はわかっていない。

チャイティーヨー・パゴダのケーブルカー、6万人が利用。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月10日に、ミャンマー政府系英字紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(The Global New Light Of Myanmar)が2018年01月09日に、ミャンマー東部モン州の観光名所仏塔チャイティーヨー・パゴダ(Kyaiktiyo Pagoda/ကျိုက်ထီးရိုးဘုရား)または、ゴールデン・ロック(Golden Rock)で、2017年12月に開業したケーブルカーの利用者が、運営会社の話として、年末までに6万人を超えたと言ったと、報告した。

中国IT、株時価総額でサムスン抜く!

日本経済新聞 電子版は2018年01月09日に、中国企業がアジアの株式市場で存在感を高めていると報告した。

日本経済新聞 電子版が、2017年末時点で企業価値を示す時価総額を算出したところ中国のIT(情報技術)2社が韓国サムスン電子を抜き1、2位を占めた。

さて、中国の騰訊控股(腾讯控股/Tencent/テンセント)やアリババ集団(Alibaba/阿里巴巴集团)をIT(情報技術)会社というのか?少し疑問である。

鉄道神社!

毎日新聞、産経ニュースは2018年01月04日に、茨城県ひたちなか市のローカル線で半世紀近く活躍した引退車両をご神体にした「鉄道神社」を建立しようと市民らが奔走していると報告した。

町おこしの起爆剤にと、車両を所有する市の第三セクター「ひたちなか海浜鉄道」も全面協力し、2018年中の実現を目指している。

ご神体に検討されているのは1962年製造のディーゼルの気動車「キハ222」。

退職者向け保養地、マレーシアが世界で5位!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月16日に、海外移住情報サイト「インターナショナルリビング・ドット・コム(Internationalliving.com)」が2018年01月01日に「The World’s Best Places to Retire in 2018」を公開し、各国の生活費、医療状況、気候などを総合評価し、選出した退職者向け保養地で、コスタリカ、メキシコ、パナマ、エクアドルに次ぎ、マレーシアがランクインしたと報告した。

Bitcoinのお年玉。

Bitcoinが2018年01月01日00時10分から11分の155万3,179円から2018年01月01日01時45分から45分に169万2,905円まで高騰し、13万9,726円のお年玉になった。

その後、2018年01月01日05時46分から47分にチャート上で170万2,395円(記録上で170万3,980円)まで高騰した。

このような高騰をどうコントロールして収入にするかという新しい次元にBitcoin取引が変化してきた。

そして、その利益をどのようにモバイル・マネーとして活用するか?

ミャンマー裁判所。ロイター記者2人の勾留を2週間延長。

AFPは2017年12月27日に、ミャンマーの裁判所は27日、国家機密法に基づき逮捕されていたロイター通信(Reuters)のミャンマー人記者2人の勾留期間をさらに2週間延長することを決定したと報告した。

この記事を見た時、アウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)国家顧問兼外相が抑留されていた頃を思い出した。

勾留されているのは、ワー・ロー(Wa Lone)記者とチョウ・ソウ・ウー(Kyaw Soe Oo)記者。

10カ国以上が大使館をテルアビブからエルサレムに移転考慮!?

毎日新聞は2017年12月26日に、米国に続き中米グアテマラが、在イスラエル大使館を商都テルアビブからエルサレムに移転する考えを示したことに関連し、イスラエルのメディアが、イスラエルのツィピ・ホトベリ(Tzipi Hotovely)副外相は2017年12月25日に、他にも10カ国以上が大使館移転を検討していると述べた。具体的な国名は明らかにしていないと、伝えたと報告した。

毎年恒例、法王のクリスマスメッセージ!

AFPは、81歳のローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王は2017年12月25日に、バチカン(Vatican)から、毎年恒例のクリスマスメッセージ「ウルビ・エト・オルビ(Urbi et Orb/ローマと全世界へ)」を発表し、エルサレムの平和を求めるとともに、紛争で傷を負った子どもたちの窮状に目を向けるよう訴えた。

また、メッセージでは朝鮮半島にも言及したと報告した。

国連が、「エルサレムをイスラエルの首都」撤回。

日本経済新聞 電子版は2017年12月22日に、2017年12月21日に国連総会が緊急特別会合を開催し、エルサレムをイスラエルの首都と認定した米国の決定撤回を求める決議を賛成多数で採択したと報告した。

これは、パフォーマンスであって、およそ初めから無理である。
何がテロに反対だ!というあからさまな意見が沸騰した。

アラブ世界が全て反対している。

ダライ・ラマ、iTunesで無料の新App提供開始。

AFPは2017年12月15日に、82歳になったチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世は2017年12月14日に、米国のアップル(Apple)のiPhone向けアプリの提供を開始した。

雅子さまの54歳誕生日。2019年05月01日に皇后。

毎日新聞は2017年12月08日に、政府は2017年12月08日の閣議で、天皇陛下が退位される日を2019年04月30日とする政令を決定した。

皇太子さまが翌2019年05月01日に新天皇に即位され、新元号となると報告した。

富岡八幡宮、殺人事件!

朝日新聞デジタル、毎日新聞、日本経済新聞 電子版は2017年12月08日に、もうすぐ正月という師走に、江戸三大祭りの一つ「深川八幡祭り」で知られる東京都江東区富岡1の富岡八幡宮の近くの路上で2017年12月07日夜、男女4人が切られるなどした事件が発生し、宮司で58歳の富岡長子ら男女3人の死亡が確認されたと報告した。

ほかに運転手で33歳の男性が負傷した。

トランプ大統領、イスラエルの首都をエルサレムと承認。

毎日新聞、朝日新聞デジタル、日本経済新聞 電子版を始め、世界中のメディアは2017年12月06日に、米国のホワイトハウスは2017年12月05日に、米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領はエルサレム(Jerusalem)をイスラエル(מְדִינַת יִשְׂרָאֵל /دولة إسرائيل/State of Israel)の首都と承認し、商都テルアビブ(תֵּל־אָבִיב/Tel Aviv)にある米国大使館をエルサレムに移転すると決めたことを明らかにした。

東エルサレムを首都とする国家樹立を目指すパレスチナ自治政府やアラブ諸国は一斉に反発した。
ヨーロッパや国連も、米国の一方的な行動だとして懸念を強めていると報告した。

カンボジアのアンコール遺跡入域料、01〜11月は72%増!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月04日に、カンボジア北西部シエムレアプ州の観光地であるアンコール遺跡群(Angkor Wat)で、外国人に課される入域料収入が2017年01〜11月に前年同期比72.6%増のUS$9,566万(約107億2,000万円)と大幅に伸びた。今年に入って2桁増が続いていると報告した。

入域券を販売する政府系アンコール協会が2017年12月01日に発表した。

スコットランド司祭、ジョージ王子に同性愛者に育って欲しい。

AFPは2017年12月02日に、同性愛者であることを公言しているイギリスのスコットランド・グラスゴーの司祭が、英国国教会(Church of England)に同性婚を受け入れてもらうため、イギリス王室の4歳になったジョージ王子(Prince George)には同性愛者に育って欲しいいとツイートし、イギリス中で騒然となっていると報告した。

セコム、ローマ法王のミサにセキュリティー提供!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月08日に、セコムは2017年12月06日に、ミャンマーの合弁会社ミャンマーセコムが2017年11月29日に最大都市ヤンゴンで行われたローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王による大規模ミサ会場に仮設監視カメラや警備員を提供し、ミャンマー警察と合同で安全運営に貢献したと発表したと報告した。

「ポケモンGO」鳥取砂丘を鳥取県東部全域に範囲拡大!

毎日新聞は2017年11月25日に、鳥取市の鳥取砂丘で2017年11月24日から開催中のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」のイベントで、主催する鳥取県は2017年11月25日に、イベントの範囲を当初の砂丘のみから県東部全域に拡大すると発表した。

初日だけで全国から約1万5000人が集まり、混雑緩和のためという。

JICA、マレーシアでハラル対応鮭皮チップ事業を支援。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月27日に、水産物加工を手掛ける北海道帯広市の江戸屋とクダ(Kedah)州の地場食品加工ジャビ・ライス(Jabi Rice)は2017年11月24日に、イスラム教の戒律で許されたハラル(Halal)対応鮭皮チップのOEM(相手先ブランドでの製造)契約に調印した。

マレーシアで生産した製品は、日本に逆輸入して販売する。

1万5000人が、鳥取砂丘で「ポケモンGO」

毎日新聞は、鳥取市の鳥取砂丘で2017年11月24日から26日まで、スマートフォンの位置情報を利用したゲーム「ポケモンGO(ゴー)」を楽しむイベントが始まった。2017年11月24日午後3時までに約1万5000人が訪れ、広大な砂丘を埋め尽くしたと報告している。

ポケモンGOは運転中の利用で事故を起こす例が相次ぎ、鳥取県の平井伸治知事が砂丘を「スナホ・ゲーム解放区」として安全に楽しむようPRし、イベントは鳥取県がゲーム運営会社の協力で主催した。

ハラルの壁を超え、日本の黒毛和牛をインドネシアで売り込む大作戦!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月23日に、インドネシア最大のBtoB(企業間取引)の食品展示会「シアル・インターフード・ジャカルタ2017(SIAL Interfood - food exhibition in Jakarta 2017)」が2017年11月22日から中央ジャカルタ・クマヨランの国際展示場ジャカルタ・インターナショナル・エキスポ(the Jakarta International Expo, Kemayoran, Indonesia)で開幕したと報告した。

イラク最高裁、クルドの独立めぐる住民投票を違憲判断!

AFPは、イラク北部のクルド人自治区で2017年09月に実施された独立の是非を問う住民投票について、イラク最高裁判所は2017年11月20日に、違憲であると宣言した。

モスルで拘束の外国人戦闘員の家族ら、イラク首都へ移送!

AFPは、イラク当局が2017年11月20日に、イラク北部モスル(Mosul)で拘束されたイスラム過激派の外国人戦闘員の妻や子どもたち約300人が、「母国への強制送還」のため首都バグダッドへと移送されたと、AFPに対して明らかにしたと報告した。

北部ニナワ(Nineveh)州議会のヌリディン・カバラン(Nureddin Qablan)副議長は、「これは国外追放の第2陣であり、今後さらに2、3の波が続くだろう」との見解を示した。

2016年、テロによる世界全体の死者数は減少。

イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」が、あれだけ話題になった2016年であったが、AFPは、イギリスのシンクタンクIEP(the Institute for Economics and Peace/経済平和研究所)が2017年11月15日に発表した「GTI(Global Terrorism Index/世界テロリズム指数)報告書」で、過激派の攻撃による2016年の死者数は前年に続いて減少した一方、攻撃を受けた国の数は増えたことが明らかになったと報告した。

聖書の歴史、物語、およびインパクトが専門の美術館。

ArtDailyは2017年11月15日に、米国のWashington, DCで、新しい美術館として、聖書の歴史、物語、およびインパクトが専門の聖書美術館(Museum of the Bible, a museum dedicated to the history, narrative and impact of the Bible)ができたと報告した。

チャイティーヨー・パゴダのケーブルカー、年明けから運行!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月14日に、ミャンマー政府系英字紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(The Global New Light Of Myanmar)が2017年11月11日に、ミャンマー東部モン州の観光名所仏塔チャイティーヨー・パゴダ(Kyaiktiyo Pagoda/ကျိုက်ထီးရိုးဘုရား)または、ゴールデン・ロック(Golden Rock)で、2017年10月から試験運行を始めていたパゴダのある山を登るケーブルカーの運行が2018年01月に始まる見通しになったと伝えた。

ミャンマーの国境貿易、2017年04〜10月でUS$2億6,000万減。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月10日に、ミャンマー政府系英字紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(The Global New Light Of Myanmar)が2017年11月09日に伝えた情報として、ミャンマー商業省によると、2017年04月1日から10月27日までの国境貿易額はでUS$41億5,000万(約4,731億円)で、前年同期よりでUS$2億6,000万減少したと報告した。

トランプ大統領、11分間Twitter使えず!

毎日新聞は2017年11月03日に、Twitterを頻繁に使うことで知られる米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の個人的なTwitterアカウント@realDonaldTrumpが、11分間使えなくなったと報告した。

ニューヨーク。車暴走テロで8人死亡。

毎日新聞2017年11月01日に、ハロウィーンの街ニューヨーク中心部マンハッタン南部(downtown Manhattan)で2017年10月31日午後3時(日本時間1日午前4時)ごろ、小型トラックが自転車専用レーンに突っ込み、自転車利用者らを次々にはねた。

ニューヨーク市当局によると、8人が死亡、子どもを含む少なくとも11人が負傷したと報告した。

宗教改革500周年。ドイツで、両宗派が合同礼拝。

朝日新聞デジタルは2017年11月1日に、キリスト教の宗派プロテスタントが生まれるきっかけとなった宗教改革の始まりから500年となるは2017年10月31日に、ドイツ北東部ウィッテンベルク(Wittenberg)で記念式典があった。

プロテスタントの牧師とカトリックの神父が合同で礼拝をし、両宗派の対立を克服して絆を深めていくことを誓い合ったと報告した。

ローマ法王、ISS飛行士と「宇宙における人間の存在」 について問答!?

AFPと毎日新聞は2017年10月27日に、ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王が2017年10月26日に、ISS(International Space Station/国際宇宙ステーション)に滞在中の宇宙飛行士6人と映像中継で交信し、「宇宙における人間の存在」などの問答を行ったと報告した。

こういう時に、すぐて哲学的というが、私は宗教と哲学を混同するのが嫌いで、「哲学」という単語を外した。

クルド自治政府、独立問う住民投票の結果を「凍結」すると表明。

AFPは、イラクのクルド自治政府トップのマスード・バルザニ(Massud Barzani)議長は2017年10月25日に、独立の是非を問う住民投票の結果を「凍結」する意向を示したと報告した。

イラク北部のKRG(Kurdistan Regional Government/クルド自治政府当局)は住民投票を実施したことで、イラク中央政府との関係において危機的な状況に陥っている。

米国のシンクタンク、IS戦闘員5600人が母国に帰還!と警告。

AFPは2017年10月25に、安全保障分析を専門とする米国のシンクタンク「ソウファン・センター(Soufan Center)」は2017年10月24日に、イラクとシリアのイスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」の支配下領域から脱出した外国人戦闘員が5,000人以上に上ることを明らかにし、これら戦闘員の帰国によって治安上の大きな問題が生じる可能性があると警告した。

実は、テロリストが世界に5,000人以上散ったということである。

アメリカの戦争は、スーダン、アフガニスタンでも多くのテロリストを生んだ!

散らかすだけのアメリカのやり方は、間違っている。

子供の名前に、「ジハード」ちゃんは是か?非か?

AFPは2017年10月24日に、イスラム過激派の関与が疑われる事件が相次ぐフランスで、ある家族が「聖戦」という意味でも使われる「ジハード(Jihad)」を子どもの名前として届け出たところ、地元当局から待ったがかかった。

近く、家庭裁判所で判断が示される見通しという。

道教の道士、マレーシアで「人間蒸し」の儀式で死亡!

AFPは2017年10月30日に、マレーシア北部の寺院で、道教の道士が火をたいた大釜の上に座って巨大な金属製のふたをかぶせる、通称「人間蒸し」と呼ばれる儀式に臨み、75分間中にいたが、死亡したと、警察が先週、発表したと報告した。

フィリピン、過激派との紛争終結宣言。

日本経済新聞 電子版は、フィリピンのロレンザーナ国防相は2017年10月23日に、南部ミンダナオ(Mindanao)島マラウイ(Marawi)市で、5ヶ月に渡って続いていたイスラム過激派との紛争について、「すべての掃討作戦を終えた」と述べ、終結を宣言した。

戦闘員は残っておらず、人質も全員救出したという。

マラウイ市の紛争では5月の発生から5カ月が経過し、市民を含め1000人を超える死者を出した。

イスラム過激派920人、政府側兵士165人、一般市民45人が死亡した。

なぜ「達磨院」と名付けたか?

AFPは2017年10月17日に、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳した情報として、阿里巴巴(アリババ/Alibaba)集団が科学研究実験室「達磨院(达磨院/Damo)」の設立を発表した。

中国人の多くは、少林武術ゆかりの地を思い浮かべる。まさか、「掃地僧(扫地僧)」と呼ばれる修道僧たちが、インテル(Intel)や、マイクロソフト(Microsoft)、IBMといった巨大なライバルたちを超越する手助けになるというのだろうか?と報告した。

ロヒンギャ問題で荒れたラカイン再建へ!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月11日に、電子版ミャンマー・タイムズ(Myanmar Times)が2017年10月09日に、ミャンマー国内で特に発展が遅れ、ロヒンギャ(Rohingya)問題で荒れたラカイン州(Rakhine State)の開発に向け、最大都市を管轄するヤンゴン(ရန်ကုန်/Yangon)管区政府のピョー・ミン・テイン首相(Phyo Min Thein, Chief Minister for Yangon Region)は2017年10月08日に、UMFCCI(The Republic of the Union of Myanmar Federation of Chambers of Commerce and Industry/ミャンマー商工会議所連盟)に対し、州経済の再建へ協力を求めたことを明らかにしたと伝えたと報告した。

善光寺落書き100カ所以上!防犯カメラに女性の姿!?

毎日新聞は2017年10月10日に、長野市の善光寺で国宝の本堂や国指定重要文化財の三門(山門)などで落書きが見つかった事件で、落書きは善光寺のほか、周辺の寺や神社、商業ビルの計100カ所以上で見つかっていたことが2017年10月09日に、県警などへの取材で分かったと報告している。

アサヒ・グループ、マレーシアでハラル乳製品工場に拡張。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月09日に、マレーシアの新聞「The Star」からの情報として、アサヒ・グループ・ホールディングス傘下で、マレーシアで飲料製造を手掛けるエチカ・グループ・オブ・カンパニーズ(Etika Group of Companies)は、スランゴール州(Selangor/سلنجور)メル(Meru)の乳製品工場に過去2年で1億リンギ(約26億6,700万円)を投じたことを明かした。設備拡張で、乳製品需要の拡大に備える構えと報告した。

長野の善光寺で、落書き!

毎日新聞は、日本経済新聞 電子版、朝日新聞デジタル、NHK、産経ニュースは、は、1400年前の644年飛鳥時代に建立されたと伝えられる長野市の善光寺で2017年10月08日に、国宝の本堂や国指定重要文化財の三門(山門)など、寺の境内5施設で落書きが見つかったと報告した。

シリアでIS系組織に参加の息子を支援したフランスの「聖戦の母」に禁錮10年。

AFPは2017年10月07日に、フランスの裁判所は2017年10月06日に、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」系の戦闘員となった息子を支援する目的でシリアに3回渡航した女性に対し、テロリストの陰謀に関与した罪で禁錮10年の判決を言い渡したと報告した。

裁判所は判決理由として、51歳のクリスティーヌ・リビエール(Christine Riviere)被告のジハード(جهاد‎/jihād/聖戦)への「確かな関与」と、自身の息子を含む戦闘員の花嫁とするために多数のフランス人女性をシリアに渡航させるのを支援したためとしている。

禁錮10年はこの罪状に対する最高刑で、リビエール被告には7年間、仮釈放も認められない。

平等院の聖観音菩薩立像は、当初「来迎菩薩像」であった可能性。

毎日新聞、京都新聞、日本経済新聞 電子版、産経ニュースは、京都府宇治市の世界遺産である平等院は2017年10月06日に、塔頭(たっちゅう)の浄土院に伝わる高さ109cm「木造聖観音菩薩立像」が、極楽浄土から雲に乗って死者を迎えに来る「来迎菩薩像」として当初造られた可能性が高いと発表したと報告した。

もしそれが事実なら、立ち姿の来迎菩薩像では国内最古級という。

シンガポールと香港向けに熊本県産フルーツの販売を開始。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月05日に、JTBとカード大手JCBの合弁会社、東京都港区のJ&J事業創造(J&J Business Development Corp.)は2017年10月04日に、同社が運営する外国人向け観光農園紹介サイト「ジャパン・フルーツ」で、シンガポールと香港向けに熊本県産フルーツの販売を開始したと報告した。

農業ベンチャー、タイへ青森産リンゴ9トン輸出。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月03日に、日本産農産物の輸出事業を手掛ける東京都品川区の日本農業インコーポレイテッド(Nihon Agri, Inc.)は2017年10月01日に、10月からタイ向けに青森県産のリンゴ9トンを輸出すると発表した。
今期のタイ向けのリンゴ輸出額で1億円を目指すと報告している。

輸出するのは青森県弘前市にあるりんごの青研の「トキ」と「弘前ふじ」を輸出する。小玉を中心に、10月中旬から国内のスーパーマーケット約50店で販売する。

ミャンマー沿岸部、1週間だけで新たに2,000人超のロヒンギャ。

AFPは、ミャンマー西部ラカイン(Rakhine)州の沿岸部で、隣国バングラデシュに逃れようと同州内陸部の村々から避難し、集まったイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)の数が1週間だけで2000人を上回ったと国営メディアが2017年09月30日に報じたと報告した。

アラブ世界研究所は、アラブ世界に残るキリスト教コミュニテを展示。

ArtDaily、福音がキリストへの説教に置いたのはパレスチナであり、ナイル川に沿って、およびボスポラス海峡の岸の地中海とユーフラテスの間に、新しい宗教が発展したこと、および広がる前の根が設定された下がある。

現在、古代および同時代の歴史の栄枯盛衰のうちのすべてで、中東のキリスト教徒にもかかわらず、過ぎる消滅の残りの跡ではない。けれどもアラブの世界の本当のステークホルダーは、それらは構造物が非常に多くを寄付した。

サウジアラビア、女性の運転容認!

日本経済新聞 電子版は2017年09月27日に、サウジアラビア(المملكة العربية السعودية/Kingdom of Saudi Arabia)のサルマン国王(King Salman)は2017年09月26日に、国内で禁じている女性の自動車運転を認める方針を発表したと報告した。

禁止しても自動車に乗る女性が多く、困惑してきた。

世界初のハラルめんたいこ。開発に成功!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月26日に、兼松グループは2017年09月25日に、イスラム教の戒律に従ったことを示すハラル認証を取得しためんたいこをインドネシアで開発したと発表した。

インドネシアのMUI(Majelis Ulama Indonesia/イスラム指導者会議)からハラル認証を取得しためんたいこは世界で初めて、今月末から日系量販店で販売、外食チェーン店などにも供給すると報告している。

もう常識は通じない!ハラルの人形焼、手焼きせんべい!

ハラルで使っては行けないものを除けば、なんでも作れる!

バングラデシュ、ロヒンギャの携帯電話使用を禁止!

AFPは2017年09月24日に、バングラデシュ当局は2017年09月24日に、治安への懸念を理由に、国内の携帯電話事業者に対し、隣国ミャンマーから避難してきたイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)に携帯電話サービスの販売を2017年09月23日から禁じたことを明らかにした。

ドイツ総選挙。戦後初めて連邦議会にナチスが立つ!?

毎日新聞は、ドイツ連邦議会総選挙が2017年09月24日、投開票される。

政権3期の実績を掲げるアンゲラ・メルケル(Angela Dorothea Merkel/1954 - )首相率いる中道右派のCDU(Christlich Demokratische Union Deutschlands/キリスト教民主同盟)・バイエルン州の姉妹党CSU(Christlich-Soziale Union in Bayern e.V./キリスト教社会的組合)が選挙戦を優位に進めており、首相の続投が確実視されている。イスラム教徒に対する排外的な主張を強める新興右派「AfD(Alternative für Deutschland/ドイツのための選択肢)」も国政に初進出する見通しで、中道左派・社会民主党に続く第3会派になる可能性が出ている。

スー・チー、ロヒンギャ問題で世界中から非難受け、「平和的解決」

毎日新聞、日本経済新聞 電子版は、治安部隊の掃討作戦で、ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ(Rohingya)」が隣国バングラデシュ南東部の国境の町コックスバザール(Cox's Bazar)などに逃れて、40万人以上が難民化している問題を巡り、ミャンマーの実質的トップ、アウン・サン・スー・チーアウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)国家顧問兼外相はが2017年09月19日に、首都ネピドー(Naypyidaw)で演説し、西部ラカイン(Rakhine)州のイスラム系少数民族ロヒンギャの難民について「帰還を希望する人の身元確認手続きをいつでも始める用意がある」と述べ、国内への帰還を受け入れる考えを示した。

ロヒンギャ迫害に対する国際社会からの批判が高まる一方、「ロヒンギャ」に対するミャンマー国民の反感は根強く、帰還を受け入れるか否かが難民問題解決の焦点の1つとなっていた。

ロヒンギャ難民の老人2人、就寝中ゾウに踏まれ死亡。

AFPは、バングラデシュで2017年09月18日に、プラスチックのシートで森の近くに組み立てたテントの中で野宿して寝ていたイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)の難民の老人2人が野生のゾウに踏まれ、死亡したと、地元警察が明らかにしたと報告した。

疲れ果てて寝ていたのだろう。

バングラデシュに豪雨、ロヒンギャ難民40万人超に追い打ち!

AFPは2017年09月18日に、ミャンマーから暴力を逃れて隣国バングラデシュに避難し仮設キャンプに身を寄せた数十万のイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)の人々は2017年09月17日に、モンスーンの豪雨による新たな苦難に見舞われたと報告した。

多くのロヒンギャが越境しているバングラデシュ南東部の国境の町コックスバザール(Cox's Bazar)では、食料や水が不足して人々が悲惨な生活を送っているが、それに追い打ちをかけるように豪雨によって多くの地域が沼地と化した。

タイ前国王の葬儀で、火葬用のまきの頂上に設置される愛犬の像が完成!

AFPは、タイのプミポン・アドゥンヤデート(Bhumibol Adulyadej)前国王の葬儀を前に、首都バンコク(Bangkok)近郊のスタジオでは、前国王が飼っていた愛犬の大きな像が完成間近と報告した。

前国王が生前愛した犬「トーンデーン(Tongdaeng)」と「カオカオ(Cao Cao)」の像を、3人の彫刻家が8か月かけて制作してきた。

プミポン・アドゥンヤデート前国王は、犬とカメラが大好きだった。

バングラデシュ、ロヒンギャ問題でミャンマーへの軍事行動呼び掛け!?

AFPは2017年09月17日に、私が一番恐れたことが起こりかけていると報告した。

バングラデシュの首都ダッカ(Dhaka)で2017年09月15日に、隣国ミャンマーがイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)を「大量虐殺」しているとして、イスラム団体のメンバーや支持者らが金曜礼拝の後に、大規模な抗議集会を行い、バングラデシュ政府にミャンマーへの軍事行動を呼び掛けた。

マレーシアのイスラム神学校で火災。生徒21人と教師2人が死亡!

AFPは、マレーシアの首都クアラルンプール(Kuala Lumpur)にあるイスラム神学校で2017年9月14日に、火災が発生し、生徒21人と教師2人が死亡した。

当局は「過去20年で国内最悪規模の火災」と話している。

ロヒンギャ問題?ミャンマーのスー・チーは、国連総会を欠席。

AFPは、ミャンマーの事実上の指導者であるアウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)国家顧問が、今月予定されている国連総会(UN General Assembly)への出席の予定をキャンセルしたと、スー・チーの報道官が2017年09月13日に、明らかにした。

日本で2015年に行われた体外受精は、42万4151件。

毎日新聞は、日本で2015年に行われた体外受精は42万4151件で、赤ちゃんの約20人に1人に当たる5万1001人が生まれたとの調査結果を日本産科婦人科学会が2017年9月11日までにまとめたと報告した。

不妊治療件数も出生数も過去最多を更新した。

イスラム過激派組織ISの家族には「日本から来た人もいる。」

毎日新聞は2017年09月11日に、AP通信が2017年09月10日に報告した情報として、イラク治安当局関係者は、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」に参加した外国人戦闘員の妻や子供ら約1300人の中に、「遠く日本や韓国から来た人も含まれる」と伝えた。

こうした家族は現在、イラク北部の避難民キャンプに収容されており、本国に送還される見通しという。

興福寺の国宝阿修羅像の隠された秘密の素顔。

朝日新聞デジタルは2017年09月09日に、奈良の興福寺にある天平彫刻の傑作と言われる734年作の国宝阿修羅像には正面と左右に顔があり、右の顔は少年が下唇をかんで、何かを悔しがっているようにみえるが、X線CTスキャンの画像を解析した研究チームによると、原型の段階では口を開き、やや穏やかな表情だったことが分かり、完成前に今の表情に変更したとみられると報告した。

2009年に東京と福岡で開催された「国宝 阿修羅展」に合わせCT撮影された。

長崎・諫早の天正遣欧少年使節ミゲルの墓?からガラス玉発掘。

毎日新聞は、キリシタン大名が派遣した16世紀の天正遣欧少年使節の一人、千々石ミゲル(Miguel/1569年(永禄12年)ごろ - 1633年1月23日(寛永9年12月14日?/千々石紀員、千々石清左衛門)の墓とされる長崎県諫早市伊木力(現在の諫早市多良見地区の一部)の石碑の発掘調査が実施されていると報告した。

調査は2014年から始まり、今夏の調査でガラス玉やガラス片などが出土した。

ロシアは、シリア東部の空爆でISの「戦争大臣」らを殺害と発表!?

AFPは、シリアでシリア国政府軍と大規模なイスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」掃討作戦を展開しているロシアは2017年09月08日に、東部デリゾール(Deir Ezzor)近郊への空爆で、IS の「戦争大臣」を含む、同組織の最高司令官ら数人を殺害したとの声明を発表したと報告した。

ロシア国防省(Министерство обороны Российской Федерации/略称:Минобороны/МО/Russian Defence Ministry)はFacebook上に、「デリゾール近郊でロシア空軍が実施した空爆により、(ISの)戦闘司令部と情報施設が破壊され、約40人の戦闘員が死亡した。」との声明を発表した。

イオン、マレーシア内27カ所目、ジョホール州で新モール開業。

国内で苦戦しているイオンは、東南アジアでものすごい勢いで拡大している。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月08日に、イオン・マレーシアは2017年09月07日、ジョホール州ケンパス(Johor Bahru, Malaysia)に、同州6店舗目となる「Quality Time Spending Place」をコンセプトに、「イオンモール バンダーダトーオン(AEON MALL BANDAR DATO’ ONN)」を開業した。総合スーパーのイオンを核に、ジョホールバル地域初出店の17店舗を含む、専門店約150店を配置する。国内のモール型店舗はこれで27カ所となった。

Masjid Sultan Iskandarというモスクができるところである。

ロヒンギャ危機で、スー・チーは「大量Fake News」が実態を歪曲!?

AFPは2017年09月06日に、ミャンマーの事実上の指導者であるアウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)国家顧問は2017年09月06日に、イスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)の難民ら12万5000人が隣国バングラデシュへの避難を余儀なくされていることをめぐり、「大量の偽情報(Fake News)」が危機の実態をゆがめていると非難したと報告した。

いよいよ国際e-Commerce時代が、本格化!

これまでは楽天やYahooなど、国内向けとして、一部のe-Commerceに集約されてきたが、電子マネーと国際宅配便普及により、一気に拡散を始めた!

海外進出が容易になった!

ロヒンギャ、バングラへの避難者数が12万人超え。

AFPは、UN(United Nation/国連)が2017年09月05日に、ミャンマーでイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)の武装集団とミャンマーの治安部隊が衝突したことを受け、主にロヒンギャ難民ら12万5000人近くが隣国バングラデシュ(গণপ্রজাতন্ত্রী বাংলাদেশ/Bangladesh)へこれまでに流入したことが分かったと発表したと報告した。

滞在する避難民の規模が拡大したことで、現地では人道危機の恐れもささやかれている。

バングラデシュ当局、避難先の島からロヒンギャ2000人超を強制退去!

AFPは、ミャンマーで発生した治安部隊と武装集団の衝突を逃れてバングラデシュへ流入したイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)2000人以上が、バングラデシュ(গণপ্রজাতন্ত্রী বাংলাদেশ/People's Republic of Bangladesh)当局によって避難先の島から強制的に退去させられていたことが分かった。バングラデシュの当局者が2017年09月04日に、明らかにした。

国家としては、不法入国に相当する。
しかし、彼らはパスポートを持っていないだろう。
それに、ロヒンギャはもともとバングラデシュの政情不安定で脱出した人たちである。

オランダの研究チームは、人の寿命の「上限」を発見した。

AFPは2017年09月01日に、栄養、生活、医療などの向上で人の平均寿命は延び続けているにもかかわらず、人の最高寿命の「上限」を発見したとする研究結果が2017年08月31日に、オランダの研究チームから発表されたと報告した。

オランダのティルブルフ大学(Tilburg University)とエラスムス大学ロッテルダム(Erasmus University Rotterdam)の研究チームは、死亡時の正確な年齢の記録が残っているオランダ人約7万5,000人のデータを分析し、女性の寿命の最高上限が115.7歳であると断定した。

過去30年間に及ぶデータから抽出したサンプルを調べた結果、男性の寿命の上限は女性よりやや短く、114.1歳だった。

ビザンチン帝国時代の「希少な」モザイク碑文をエルサレム旧市街で発見!

AFP、ArtDailyは2017年08月24日に、イスラエルの考古学者チームは2017年08月23日に、ビザンチン(Byzantine)帝国のユスティニアヌス帝(Justinian)と正教会の高位聖職者の名前が記された1500年前のモザイク床の一部を公開したと報告した。

東エルサレム(East Jerusalem)の城壁に囲まれた旧市街で行われた発掘調査を率いたダビド・ゲルマン(David Gellman)によると、同地域では考古学的発見が数多くなされているが、このような碑文はほとんど見つかったことがいないという。

スペイン・テロ、「サグラダ・ファミリア」も爆破計画の標的。

毎日新聞は2017年08月21日に、スペイン第2の都市バルセロナ(Barcelona)とカンブリス(Cambrils)で相次いだテロ事件で、スペイン捜査当局は2017年08月20日に、計12人の犯行グループがレンタカーのワゴン車3台に爆発物を搭載し、多発テロを計画していたとの見方を発表したと報告した。

地元メディアは、こうした車両を使い、容疑者が建築家ガウディの設計した世界遺産「サグラダ・ファミリア大聖堂(Sagrada Família)」の爆破も計画していた疑いがあると、捜査関係者の話として報じ、国内外の観光客が集う観光地で多発テロを狙った可能性が浮上した。

暴走車を運転した容疑者で、連続テロ指導者は爆死か!?

時事通信社は、スペイン東部カタルーニャ自治州(Generalitat de Catalunya)で相次いだ車突入テロをめぐり、実行グループの過激化を進めた中心人物とみられるイスラム教指導者がカタルーニャ自治南部アルカナール(Alcanar)の爆発で死亡した可能性が2017年08月20日に、浮上した。

捜査当局は2017年08月19日に、カタルーニャ自治北部リポルでこの指導者の自宅を捜索。押収物を分析するなどして全容解明を急いでいる。

チベット医学、代替医療として脚光。

チベット医学といえば、薬草学が有名であるが、AFPは、インドのヒマラヤ(Himalayas)山麓で夜明け前、チベット人の僧イシェ・ドンデン(Yeshi Dhonden)師に診てもらおうと、大勢の患者たちが尿の入った小瓶を手に辛抱強く並んでいると報告した。

イシェ・ドンデン師は、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世のかかりつけの療法家として有名になった人物である。

大坂七墓巡り」の1カ所、「梅田墓」で物証の人骨200体。

毎日新聞は、江戸期に庶民の間で流行した盆行事「大坂七墓巡り」の1カ所に数えられ、近松門左衛門の「曽根崎心中」や井原西鶴の「好色二代男」にも登場する江戸〜明治時代にかけてあった「梅田墓(ばか)」の発掘調査で、200体以上の埋葬人骨が見つかったと報告した。

発掘調査は。JR大阪駅北側の再開発区域「うめきた」(大阪市北区)で行われた。

当時の面影を知るものとして、伝えられて来た遺物はなく、実態はよくわかっていなかった。過去の工事で墓石などが出土した例はあるが、学術的な発掘調査で墓の一端が明らかになるのは初めてで、当時の大阪の都市の様相や葬送文化を知る上で貴重な発見と伝えている。

京都の曼殊院「黄不動」に、香水で描かれた小さな不動明王が隠れていた。

毎日新聞と時事通信、産経ニュースは、京都市左京区の曼殊院(まんしゅいん)に伝わる12世紀の制作とみられ、縦約1.7m、横約0.8mの絹地に高さ約1.3mで描かれている平安時代の国宝仏画「不動明王像(黄不動=きふどう)」腹部に、小さなもう一つの不動明王が描かれていることが分かったと、京都国立博物館(京都市東山区)が2017年08月07日に、発表したと報告した。

発表は、京都市東山区の京都国立博物館で行われ、岡岩太郎(岡墨光堂社長)、伊加田剛史(岡墨光堂主任技師)、松景崇誓(曼殊院門跡執事長)、大原嘉豊(京都国立博物館保存修理指導室長)が立ち会ったと産経Westが報告している。

タリバンとISの合同勢力?アフガンの村で民間人50人以上虐殺。

AFPは、アフガニスタン北部の村で、旧支配勢力タリバン(Taliban)とイスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」が合同で民間人50人以上を殺害したと、地元当局が2017年08月07日にに明らかにしたと報告した。

実は、アフガニスタンのタリバンや、ISという組織は、きちんとした組織ではなく、族長を中心とした組織で宣言しなくても、いつでも過激化する。

エルサレムのバビロニアによる破壊の証拠を、ダビデの町で見つけた!

ArtDailyは、エルサレム旧市街の近く、ダビデの町考古学公園(the City of David archeological park near Jerusalem's Old City)のサイトで、発掘プロジェクトのディレクターであるIAA(the Israel Antiquities Authorityイスラエル古代遺跡権限)のジョー・ウジール(Joe Uziel)は、陶器でできた数個の頭を発掘し、最近バビロニア人によるエルサレムの破壊の証拠として、確実にしたと報告した。

台湾も線香で大気汚染?浅草、巣鴨は、どうする!?

AFPは2017年07月24日に、仏教の寺や道教の廟(びょう)が多い台湾で、線香の煙が大気汚染の原因となっているとして当局が使用を控えるよう呼び掛けていることに宗教関係者らが反発し、台北(Taipei)中心部で2017年07月23日に、抗議デモを行った。地元警察によると1万人以上が参加した。

道教と仏教は台湾で広く信仰され、それぞれ多くの人が寺院や廟を参拝したり、行事を行ったりする。

フィリピン大統領の警備隊車列を待ち伏せ攻撃!

AFPは、フィリピン南部ミンダナオ(Mindanao)島の幹線道路で2017年07月19日に、ロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領の警護隊(presidential guards)車列が待ち伏せ攻撃を受け、銃撃された隊員4人が負傷したと、当局が明らかにした。

2017年07月18日に襲撃予告を出していた共産党系の反政府武装勢力の犯行とみられている。

世界文化遺産になった沖ノ島の現地大祭を中止。

毎日新聞は、福岡県宗像市の宗像大社は、毎年5月に沖ノ島で開いている現地大祭を中止する方針を固めたと報告した。

国連の文化的機関ユネスコ(UNESCO/United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization/国際連合教育科学文化機関)の世界文化遺産に登録が決まった沖ノ島を保護するための措置として、現地大祭は一般の上陸を認めている年に1度の機会だが、規制強化を優先させると伝えている。

ISの最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者の死亡を確認!?

毎日新聞は、米は否定的な見解。ロシアは「死亡の可能性」発表し、米ロで対照的な見解が分かれていたが、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」で、もっとも信頼できる情報を配信してきた在イギリスのNGO「SOHR(Syrian Observatory for Human Rights/シリア人権監視団)」は2017年07月11日に、ISの最高指導者アブバクル・バグダディ(Abu Bakr al-Baghdadi)容疑者の死亡を確認したと発表した。

すでに、後継者選びが始まっているとも伝えている。

カシミールで巡礼中のヒンズー教徒、襲撃受けて7人死亡!

AFPは2017年07月11日に、カシミール(Kashmir)地方のインド実効支配地域で2017年07月10日に、ヒンズー教徒の巡礼者らが乗っていたバスが武装勢力による攻撃を受け、7人が死亡、14人が負傷したと、警察がAFPに明らかにしたと報告した。

フィリピンのIS系武装勢力、子どもや人質に戦闘参加を強要。

AFPは、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」に触発された武装勢力とAFP(Armed Forces of the Philippines/フィリピン軍)が7週間にわたって戦闘を続けているフィリピン南部ミンダナオ(Mindanao)島のマラウィ(Marawi)で、子どもや人質が強制され戦闘に参加していると、フィリピン国軍が2017年07月10日に発表したと報告した。

構成資産8件一括で、「沖ノ島」世界遺産に登録決定!

毎日新聞は、ポーランドのクラクフで開かれている国連の文化的機関ユネスコ(UNESCO/United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization/国際連合教育科学文化機関)の諮問機関ICOMOS(International Council on Monuments and Sites/イコモス/国際記念物遺跡会議)の世界遺産委員会は2017年07月09日に、福岡県の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」を世界文化遺産に登録することを決めた。

ユネスコの諮問機関ICOMOSは、日本政府が推薦した構成資産8件のうち4件を除外するよう勧告したが、逆転で一括登録が認められた。これで国内の世界遺産は文化遺産17件、自然遺産4件の計21件となる。

よかった!
ユネスコやICOMOSの世界遺産委員会が罰当たりにならなかった!

ミャンマーの3大パゴダへの寄付金が増加。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年07月07日に、ミャンマー(Myanmar)の宗教・文化省(Ministry of Religious Affairs and Culture)は、国内で有名な3大パゴダ(仏塔)への寄付金が増加傾向にあると明かしたと、電子メディアのイラワジ(The Irrawaddy)が2017年07月05日に伝えたと報告した。

フィリピン南部マラウィとその周辺からの避難者、約40万人。

AFPは2017年07月02日に、フィリピン当局は、イスラム過激派武装勢力が一部を占拠している南部ミンダナオ(Mindanao)島のマラウィ(Marawi)とその周辺から避難した人が40万人近くに上ったと発表した。

避難所では病気の発生や心理的トラウマへの懸念が高まっている。

カトリック教徒が多数を占めるフィリピンにあってイスラム教徒を中心とした都市とされるマラウィは、2017年05月23日にイスラム過激派武装勢力に襲撃され、ゴーストタウンと化した。

IS、シリアのアレッポから撤退。

AFPは2017年07月01日に、在イギリスのNGO「SOHR(Syrian Observatory for Human Rights/シリア人権監視団)」からの2017年06月30日の情報として、シリアのイスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」は、シリア政府軍の進攻を受け、北部アレッポ(Aleppo)県から撤退し、もはや北部アレッポ県内にはいないと発表したと報告した。

ローマ法王側近、オーストラリア当局が性的虐待で訴追。

AFPは、ローマ法王庁(Vatican/バチカン)の財務局長官(財務相)を務める76歳のジョージ・ペル枢機卿(Cardinal George Pell)が2017年06月29日に、オーストラリアで複数の性的虐待罪で訴追されたと、オーストラリア警察が発表したと報告した。

一旦消えかけた火が、燃え上がった!
新しい証拠が見つかったか?

ジョージ・ペル枢機卿の写真の中に、ときどき悪魔のような顔が見つかる。

どちらが、本当の顔か?

IS最高指導者が、「カリフ制国家」の樹立を宣言したモスクを爆破。

AFPは2017年06月22日に、イラク軍の指揮官は、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」が、イラク北部モスル(Mosul)を象徴する建造物である傾いたミナレット(塔)と、隣接するヌーリ・モスク(Al-Nuri Mosque/جامع النوري)を爆破したと発表した。

ヌーリ・モスクは、IS最高指導者のアブバクル・バグダディ(Abu Bakr al-Baghdadi)容疑者が2014年に「カリフ制国家」の樹立を宣言した場所である。

「IS最後のとりで」に突入=奪還大詰め!

時事通信社は2017年06月18日に、イラク軍や治安部隊は2017年06月18日に、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」のイラク最大拠点となっていた北部モスルの西部にある旧市街に突入を始めたと報告した。

旧市街はIS最高指導者バグダディ容疑者が2014年06月に「国家樹立」を宣言したモスク(イスラム礼拝所)がある象徴的な場所で、ISにとってもモスルが「最後のとりで」となっている。

ロシアが、ISの最高指導者バグダディを殺害した可能性がある。

日本経済新聞 電子版は、未確認情報であるが、ロシア国防省は2017年06月16日に、ロシア軍によるシリア北部ラッカ郊外への空爆により、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」の最高指導者アブバクル・バグダディ(Abu Bakr al-Baghdadi)容疑者を殺害した可能性があると発表したと報告した。

オーストラリアのジャーナリストは、首に銃弾を受けたが生き残った。

AFPは、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」とフィリピン国軍の間で激しい戦闘を繰り広げているフィリピン南部ミンダナオ(Mindanao)島のマラウィ(Marawi)で取材中のオーストラリア人ジャーナリストが2017年06月15日に、首に銃弾を受けたが、幸い大事には至らなかった。

イラクのモスル郊外避難民キャンプで大規模な集団食中毒!

AFPは、イラク第2の都市モスル(Mosul)郊外にある国内避難民用キャンプで集団食中毒が発生し、2人が死亡、数百人が緊急の手当てを受けたと、当局が2017年06月13日に、明らかにしたと報告している。

モスルではイラク政府軍などが、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」と激しい戦闘を繰り広げている真っ只中である。

食中毒が発生したのはハサンシャム(Hasansham)国内避難民キャンプ。

総件数:1187最初123456789101112最後