証券業界が、ブロックチェーンの実証実験へ。

毎日新聞は2018年01月19日に、「Bitcoin」のような仮想通貨取引などに用いられる「ブロックチェーン(Blockchain)」と呼ばれる情報管理技術を、株式取引に導入するため、国内の証券・資産運用などの業界各社が今春、実証実験を始めると報告した。

手続きが効率化し、コストが削減されるため、投資家は手数料の引き下げなどを期待できる。

海外の株式市場も導入に動いており、取引の場としての競争力強化のため日本でも検討を本格化する。

Alipayは米国小売り拡張計画を推し進める。

Mobile World Liveは2018年01月18日に、米国でに支払いの数を押し上げるそれステップ上の試みとして、Alipayは2の新しい小売りにサインした。それにより、毎年国を訪問する400万人の中国の観光客を処理すると報告した。

MTNは、ガーナのモバイル・マネー・サービスの範囲を拡張。

Mobile World Liveは2018年01月17日に、MTNガーナ(MTN Ghana)は、キャリア請求会社バンゴ(Bango)と組んで、オペレータのモバイル・マネー顧客に、Google Play storeから直接購入品を許すようにしたと報告した。

Grab、インドのモバイル支払いプレーヤーiKaazを買収。

Mobile World Liveは2018年01月17日に,タクシー予約会社Grabは、東南アジアの一般的な支払いプラットフォームになる目的のため、インドを基盤にしたモバイル支払い起動のiKaazを買収したと報告した。

Bitcoin、US$1万割れで、証拠金取引で損膨張。

日本経済新聞 電子版は2018年01月17日に、仮想通貨相場が全面安となり投資家の損失が膨らんでいる。代表的なBitcoinの価格は17日夜に一時、1カ月半ぶりにUS$1万(約110万円)を下回った。

2018年12月17日につけた最高値のほぼ半値だ。他の仮想通貨も軒並み下落し、仮想通貨全体の時価総額は10日間で4割減った。

下落が加速した背景には元手を上回る取引ができるFXや先物など証拠金取引の広がりがある。

Bitcoinが、Coincheckで100万円割れ?!

毎日新聞は2018年01月18日に、「Bitcoin」の価格が2018年01月17日に、主要な国内取引所で急落した。一時、2017年12月に付けた最高値の230万円超から半値以下となった。

仮想通貨の規制を強化する動きが、中国や韓国など世界的に広がっている流れを不安視して売られたと報告した。

取引所を運営する「コインチェック(Coincheck)」によると、2018年01月17日午前に99万7000円まで下落し、約2カ月ぶりに1Bitcoin=100万円を割り込んだと伝えている。

Bitcoinの昨日の続きは、最終的に102万9,555円まで落ちた。

昨日の続きは、2018年01月16日21時18分から19分に、チャート上で151万9,877円(記録上で152万1,527円)まで戻したが、2018年01月17日の朝07時28分から29分に、チャート上で103万0521円(記録上で102万9,555円)まで落ちた。

Bitcoinは、50万円以上落ちた。

Bitcoinは2018年01月09日21時15分から29分に190万136円から、2018年01月12日09時15分から29分に163万7,278円まで落ち、それからしばらく持ち直したが、2018年01月14日10時30分から44分に176万9,828円まで持ち直してから、だらだらと落ち、2018年01月15日23時15分から29分のチャート上172万8,400円(記録上173万2,297円)から、再度だらだら落ち始め、2018年01月16日16時00分から14分から急激に落ち始め、2018年01月16日17時30分から17時44分に149万8,682前落ち、底かと思ったら、少し戻して、再度落ち始め、チャート上139万8,393円(記録上137万4,414円)まで落ちた。

再度少し戻したが、先はわからない。

エジプト。「イスラム教義に反する」として、Bitcoin禁止。

毎日新聞は2018年1月14日に、政府系紙アルアハラム(الأهرام/al-Ahram)などが、エジプトのイスラム教最高指導者シャウキー・アラム(مفتي الجمهورية/Shawki Allam)師は今月に入り、仮想通貨の代表格としてインターネット上でやり取りされる「Bitcoin」について、「投機性が高く、イスラム教で禁じる賭博に似ている」として取引を禁じるファトワ(فتوا/fatwā/宗教令)を出したと報告した。

確か。ポケモンも禁止されている。

Bitcoin取引所の方が利益が多い暴落チャートのパラドックス。

Coincheckから2018年01月14日に、価格が15分以内に 1.5%以上動いた際に送信されメールが届いていた。

2018年01月14日14時18分に、
BTC_JPY が -1.64% 下落しました。
現在の価格は 1691738.0 BTC_JPY です。

そこで、bitFlyerのチャートを見て見た2018年01月14日のチャートでは、一見大暴落のようだが、

韓国での「仮想通貨取引所の閉鎖」方針に文在寅支持層の若者が大反発!

毎日新聞、日本経済新聞 電子版は2018年01月12日に、韓国政府が仮想通貨投資ブームの過熱や犯罪への利用を警戒する一方、仮想通貨保有者には20〜30代の若者が多く、彼らが、文在寅(ムン・ジェイン)政権の主要な支持層と重なっていることから、仮想通貨を巡り、いったんは取引所の閉鎖方針を出したものの韓国政府の対応が右往左往していると報告した。

朴相基(パク・サンギ)法相(박상기 법무, 선긋기)が2018年01月11日午前、「仮想通貨取引所の閉鎖を目標とする『仮想通貨取引禁止特別法』を準備している」と明らかにしたことで、反発した市民が大統領府のサイトに閉鎖に反対する請願を相次いで送付した。韓国紙によると2018年01月11日午後には6万件以上が集まったという。

大統領府ホームページの掲示板には、「庶民の夢をぶちこわすのか!」と言った政府の規制に反対する書き込みが殺到し、その数は11万人に達した。
熱狂を支えるのが20〜30歳代の投資家で、文在寅(ムン・ジェイン)政権の支持層とも重なる。

麻生金融相、仮想通貨「何でも規制すればいいとは思わない!」

日本経済新聞 電子版は2018年01月12日に、麻生太郎財務・金融相は2018年01月12日午前の閣議後の記者会見で、価格の乱高下が続くBitcoinなどの仮想通貨に関し「何でもかんでも規制すればいいとは思わない」と語ったと報告した。

「利用者保護とイノベーションのバランスを注意しながらやっていかなければいけない」と述べ、当面は状況を見極める姿勢を示した。

顧客データ規則を破っていたAlipayに改善命令の警告!

Mobile World Liveは、中国のインターネット権限(China’s internet authority)は、中国の電子商取引大手アリババ(阿里巴巴/Alibaba)が展開する中国の主要なスマホ決済システム「支付宝(Alipay/アリペイ)」が、自動で、売掛金管理系列会社から提供されたサービスに顧客を登録して情報セキュリティ規則を破った後に、Alipayがそのプロセスを改善しなければならないと警告したと報告した。

韓国法務省、仮想通貨取引禁止法案準備中。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月12日に、韓国法務省がビットコインなどの仮想通貨の取引を禁止する法案を準備していることが分かったと報告した。

投機マネーが殺到し、バブルが起きていることが背景にある。

韓国法務省関係者はNNAに対し、「すでに関連省庁と協議に入った」と話した。

「メルカリ」、2018年内にも仮想通貨決済を導入。

日本経済新聞 電子版は2018年01月11日に、フリーマーケットアプリ大手の「メルカリ(mercari)」は、2018年内にも仮想通貨での決済を導入する。子会社が金融庁に仮想通貨交換業の登録を申請し、「Bitcoin」など主な仮想通貨で支払えるようにする。

さらに、資産運用や融資といった金融関連サービスの提供も検討する。

LINEは、Bitcoinなど仮想通貨の決済導入を検討。

日刊工業新聞は、米国の新聞「ブルームバーグ(Bloomberg)」からの情報として、無料通話・無料メールアプリ大手のLINEは、Bitcoinなどの仮想通貨を自社の電子マネーに組み込むことなどにより、LINEを通じた決済や支払いを可能にするようなサービスの導入を検討していると、複数の関係者が明らかにしたと報告した。

インドのPaytmは、金融サービスでより深く動く。

Mobile World Liveは、インド本部を置いたモバイルの支払い会社Paytmは、投資サービスPaytm Moneyによって国の伝統的な金融サービスセクタに新鮮な挑戦を準備していると報告した。

コートジボアールは、モバイル・マネー税を初公開。

Mobile World Liveは2018年01月09日に、コートジボアール当局(Authorities in Ivory Coast)は、モバイル・マネー・サービス上の現金転送についての0.5%税「モバイル・マネー税(mobile money tax)」として、 国の政府のために全体でXOF100億(US$1820万)と見積もられている動きを課したと報告した。

ニュースワイアーAgence de Presse Africaineからのレポートは、税金が、支払いを利用している会社または個人に課されて、トランザクション・プロセッサにより徴収されなければならないと伝えていた。

中国IT、株時価総額でサムスン抜く!

日本経済新聞 電子版は2018年01月09日に、中国企業がアジアの株式市場で存在感を高めていると報告した。

日本経済新聞 電子版が、2017年末時点で企業価値を示す時価総額を算出したところ中国のIT(情報技術)2社が韓国サムスン電子を抜き1、2位を占めた。

さて、中国の騰訊控股(腾讯控股/Tencent/テンセント)やアリババ集団(Alibaba/阿里巴巴集团)をIT(情報技術)会社というのか?少し疑問である。

Bitcoinは、値動きを読んでいたのに焦った!

Bitcoinは2018年01月07日09時45分から49分に、チャート上は202万0,005円(記録上は202万2,471円)になり、一旦落ちて、再度上昇した後、予測していたように2018年01月07日21時00分から04分に下がり始め、2018年01月08日02時50分から54分に、チャート上は191万7,239円(記録上は191万4,230円)にまで落ちた。

Bitcoinは、200万円台で安定か?

2018年01月06日11時05分から09分に201万8,386円を記録してから、落ち始め、2018年01月06日23時05分から09分にチャート上で193万7,151円(記録上で193万6,846円)を記録して、前回のようにさらに落ちると思ったら、高騰を始めた。

2018年01月07日03時15分から19分には、6回目の200万突破して、202万2,475円を記録し、それから一旦落ちたが、2018年01月07日07時05分から09分には、200万5,393円を記録して、200万円台で安定した。

200万円の壁は、厚かった!

ヘッジファンドからの攻撃を交わしたのかもしれない。

仮想通貨ファンドが世界で急増。

日本経済新聞 電子版は2018年01月06日に、仮想通貨(Virtual currency)に投資するファンドが世界で急増している。

2017年末時点で175本に達し、2016年末に比べて約5倍に増えた。
代表的な仮想通貨Bitcoinの価格は2017年の年初から一時約20倍の水準まで急騰した。

仮想通貨投資のニーズが高まっており、株や債券と同じような形で複数の仮想通貨に分散投資できるファンドに富裕層などの資金が流入している。

Bitcoinは5回目の200万円を突破!

Bitcoinは2015年01月05日16時58分から59分に、183万9,165円から高騰を始め、2018年01月06日04時28分から29分に200万0,031円を記録し、5回目の200万円を突破した。

自作パソコンで、仮想通貨の「マイニング(mining/採掘)」に参入。

Bitcoinなどの仮想通貨に投資して稼ぎ出すだけではなく、特に、ITに強い人が多い仮想通貨の世界で、その周辺ビジネスが大きな話題になり始めている。

仮想通貨の世界は進化し続けている。

日本経済新聞 電子版は2018年01月04日に、仮想通貨の高騰で、仮想通貨の取引記録に協力して報酬を受け取る「マイニング(mining/採掘)」に、個人や法人が相次ぎ参入していると報告した。

「マイニング」に使うパソコンのパーツが大きな人気を呼んでいる。

カードもスマホ、パスワードも不要!手のひらだけで決済!

日本経済新聞 電子版は2018年01月04日に、クレジットカード大手のジェーシービー(JCB)は、手のひらをかざすだけで本人確認とお金の支払いができる仕組みを開発したと報告した。

スマートフォン(スマホ)のカメラを使い、あらかじめ手のひらを撮影して登録しておくと、支払時にカードもスマホもいらない。店舗側も専用端末がいらない。金融とIT(情報技術)を融合したフィンテック分野の新技術として普及をねらうと伝えている。

Bitcoinが2018年01月01日から、3段階で高騰!

2017年の年末に下落していたが、2018年01月01日になった瞬間、お年玉高騰があり、ついで2018年01月03日02時30分から59分に2段目の高騰をし始め、さらに2018年01月04日に3段目の高騰をし始めた。

中国の蟻金融、米国のMoneyGram買収取引崩壊!

Mobile World Liveは、蟻金融(Ant Financial)は2018年01月03日に、米国送金会社MoneyGramを取得するための活動において、米国海外投資当局(US foreign investment authorities)から獲得承認についての問題を引用して、US$12億の入札から手を引いたと報告した。

ケニアのオペレーターは、Safaricomの抑制失敗で、レギュレーターを攻撃。

Mobile World Liveは、ライバル・レポートから、会社の分離論争を取り除いた後に、Safaricomのライバル・オペレータは、市場リーダーの優越を扱うことに失敗したケニアのCA(The Communications Authority of Kenya/通信権限)を攻撃する。

ケニアの経済新聞「ビジネス・デイリー(Business Daily)」によると、Safaricomと、そのワイアレスのビジネスからモバイル・マネー・サービスm-Pesaの分割を強制するために参照を廃止したことで、完全なモバイル・マネーの相互運用を課すCAの弱化を提案した。

T-Mobileの目は、外の別の行動を見る。

Mobile World Liveは2018年01月02日に、T-Mobile USのCEOジョン・レゲレ(John Legere)は、2018年に他の垂直線に潜在的に分岐すること、ケーブルとワイアレスを越える無キャリアとの戦いを取るオペレータ計画を明らかにした。

新年の予測ブログポストにおいて、ジョン・レゲレは、T-Mobile USが消費者スペクトルを横切るより多くの混乱を熱望し、調剤、バンキング、および消費財のようなワイアレス接続された産業の劇が次にあるかもしれないことをほのめかすと言った。

国税庁、仮想通貨長者、把握へ 資産分析、税逃れ防止!

朝日新聞デジタルは、「Bitcoin」など仮想通貨の急激な値上がりを受け、国税当局は多額の売却益を得た投資家らの調査を始めたと報告した。

数千万〜数億円の利益を得た投資家らをリストアップ。

2018年の確定申告に向け、取引記録や資産状況をデータベースにまとめ、税逃れを防ぐ考えである。
仮想通貨をめぐる本格的な情報収集への着手は、初めてとみられる。

国税庁は、目立つ小さな目標を選ぶ!

Bitcoinのお年玉。

Bitcoinが2018年01月01日00時10分から11分の155万3,179円から2018年01月01日01時45分から45分に169万2,905円まで高騰し、13万9,726円のお年玉になった。

その後、2018年01月01日05時46分から47分にチャート上で170万2,395円(記録上で170万3,980円)まで高騰した。

このような高騰をどうコントロールして収入にするかという新しい次元にBitcoin取引が変化してきた。

そして、その利益をどのようにモバイル・マネーとして活用するか?

ロボットのハタプロ、台湾ベンチャーと独占契約!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月29日に、ロボットや車載機器の開発・販売を手掛ける東京都港区のハタプロ(hatapro)は2017年12月28日に、台湾政府系研究機関のITRI(Industrial Technology Research Institute/工業技術研究院/工研院)発の無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」プラットフォームアプリ「Y5Bus」の独占契約を結んだと発表したと報告した。

法人税率の米韓逆転で、韓国のGDPが3兆円も減。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月29日に、韓国経済研究院(한국경제연구원/Korew Economic Reseach Institute)が2017年12月27日発表した報告書で、2018年に韓国と米国の法人税率が逆転し、韓国のGDP(Gross Domestic Product/国内総生産)は向こう10年で、年29兆4,000億ウォン(約3兆1,000億円)減少すると予想したと報告した。

韓国の法人税率は2018年、最高22%から25%に引き上げられる一方、米国は35%から24%に引き下げられる。

韓国経済研は、韓国企業の競争力の低下と家計の所得減少につながると指摘した。

香港小売企業、本土客は高額品購入で、Xマスの消費好調!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月28日に、香港の経済新聞「信報」が2017年12月27日に、香港小売企業のクリスマスの売り上げが好調で、景気回復に伴う消費意欲の高まりが背景にある。

Bitcoinのクリスマス・プレゼントは上がり続ける。

Bitcoinの1日遅れのクリスマス・プレゼントは、2017年12月26日13時15分から19分に170万円を超え、2017年12月26日14時15分から19分に178万2,893円を記録し、その後一時落としたが、2017年12月26日23時50分から54分のすぐ後にに180万円を超えた。

大日本印刷と横浜銀行、スマホ決済、自撮りで顔パス技術開発!

日本経済新聞 電子版は2017年12月26日に、大日本印刷と横浜銀行は、スマートフォン(スマホ)で決済や送金の手続きをする際に、スマホカメラに自分の顔を映す「自撮り」で本人確認できる仕組みを開発したと報告した。

口座登録から取引までを顔認証で完結できる仕組みは業界初とし、2018年の実用化をめざすと伝えている。

顔認証はなりすましを防ぎやすいとみて、パスワードや指紋などに代わる手段として普及させる考えだという。

Bitcoinから、1日遅れのクリスマス・プレゼント!

Coincheckから2017年12月26日に、価格が15分以内に 1.5% 以上動いた際に送信されメールが届いていた。

2017年12月26日12時43分に、
BTC_JPY が +1.76% 高騰しました。
現在の価格は 1648890.0 BTC_JPY です。

「同じ誕生日」募金に停止命令!

AFPは2018年01月07日に、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)の2017年12月25日と28日のニュースをJCMが日本語訳した情報として、中国・深圳市(Shenzhen)民政局は、WeChat上で流行していた「同一天生日(同じ誕生日)」募金と呼ばれる慈善活動がねつ造された疑いがあるとして、募金活動を主催する深セン市愛佑未来慈善基金会に対し、同募金を停止するよう命じ、基金会に対して調査を行うと発表した。

「同じ誕生日」募金は、画面上で自分の誕生日を選択すると、同じ日に生まれた貧困学生を見つけることができ、その学生に対して募金を送るという仕組みである。

広州市で、中国初の「WeChat身分証」発行を開始。

AFPは2017年12月29日に、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳した情報として、中国の広州市(Guangzhou)公安局、中国建設銀行(China Construction Bank)など約10機関が2017年12月25日に、インターネットと警察業務を組み合わせた「微警云联盟(微警雲連盟/クラウド連盟)」を広州市南沙(Nansha)に設立したと報告した。

仮想通貨、取引所破産に備え信託で保全を計画。

日本経済新聞 電子版は2017年12月25日に、仮想通貨の取引所が破綻した場合を想定し、利用者の通貨を保全する仕組みを信託銀行が始めると報告した。

年金や不動産と同じように委託者の財産と別勘定で仮想通貨を預かる。まず三菱UFJ信託銀行が。2018年04月にBitcoin向けに始めることを計画している。

今回のBitcoin大暴落に前兆は、12月17日から始まった。

CME(Chicago Mercantile Exchange/シカゴ・マーカンタイル取引所)が2017年12月18日にBitcoin先物取引を開始する前日、2017年12月17日21時22分から23分に、チャート上は228万2,449円(記録上は228万4,075円)まで高騰した。
その後は、2017年12月18日07時48分から49分に、224万5,113円を記録した後、下落を始め2017年12月18日10時00分から01分に、203万7,154円まで落ちたが、このような時は売買格差も大きく、2017年12月18日07時48分から49分に売って、2017年12月18日10時00分から01分に買い戻しても、危険を冒す割には利益は少なかった。

それからは真綿で首を絞めるように少しずつ下落しながら売り時を逃していた。

Bitcoinは、現在袋叩き状態で、bitFlyerが、売りを受け付けない!

日本経済新聞 電子版は2017年12月21日に、EU(European Union/欧州連合)の金融規制担当のトップが、EU当局は仮想通貨市場に対する監督強化の方策を模索していると述べ、代表的な仮想通貨Bitcoinンのこのところの急騰は「バブル」の兆候を示していると警告した。

EC(European Commission欧州委員会)の金融安定・金融サービス担当ヴァルディス・ドムブロフスキス(Valdis Dombrovskis/1971 - )副委員長が書簡でEUの金融・市場監督機関に対し、Bitcoinの投資のリスクについて消費者に注意を促す努力を強めるよう求めた。FT(フィナンシャル・タイムズ/Financial Times)がコピーを入手したその書簡の中でドムブロフスキスは、最近の値動きは規制当局の「一層の注意」を要するものだとしている。

売り時が読みにくいBitcoin。

Bitcoinは2017年12月21日16時56分から57分にチャート上200万6,424円(記録上200万6,949円)であったが、2017年12月22日04時14分から15分に179万5256円まで下落し、2017年12月22日09時06分から07分には190万3.199円まで復活し、その後に急落し、2017年12月22日12時20分から21分にチャート上162万9,781円(記録上161万8,835円)まで急落した。

落ちたり、上がったりしながら、結果37万6,643円の下落になった。

このような下落が、一番扱いにくい。

Alipayは、カンボジアで財布アクセスを拡張。

Mobile World Liveは、Alibabaのオンラインおよびモバイル支払いプラットフォームAlipayは、カンボジアの1,400の小売店ネットワーク「Pi Pay」で、中国の観光客がAlipay財布を使うことを可能にするために、カンボジアの「Pi Pay」との協定に達したと報告した。

Bitcoin、4回目の200万円越えも米軍の先物に撃墜!

Bitcoinは2017年12月20日の21時55分から29分に落ち始め、気が付いた時には既にかなり落ちていたので、売却を諦めたが、朝起きたら、なんど2017年12月21日の07時18分から19分にチャート上で186万9,922円(記録上で186万5,892円)まで下落し、上がり始めていた。

米国の金融界が介入し、Bitcoinは、200万円割れ!さらに落ちている。

Bitcoinは、2017年12月15日から、なんとか200万円を維持して来たが。2017年12月20日09時32分から33分に199万7,503円に下落した。

bitFlyerのチャートも記録表示に対応できなくなっており、200万8,775円と表示している。

bitFlyerは、輸入中古車専門店でBitcoinの1億円決済サービス提供!

bitFlyerは、2017年12月15日に、東京都千代田区の株式会社IDOM(旧社名:株式 会社ガリバーインターナショナル)と連携し、24店舗を展開する輸入中古車専門店「LIBERALA(リベラーラ)」全店でBitcoin決済サービスを2017年12月20日より開始すると報告した。

マレーシア中央銀行、シャリア諮問委のメンバーに認証制度を導入。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月19日に、マレーシアの経済紙「マレーシアン・リザーブ(Malaysian Reserve)」が2017年12月18日に、BNM(Bank Negara Malaysia/Central Bank of Malaysia/マレーシア中央銀行/中銀)のムハンマド・イブラヒム(Muhammad bin Ibrahim)総裁は、国内でイスラム金融を展開する金融機関が設けるシャリア(Shari'a/イスラム法)に照らして融資判断する諮問委員会「シャリア・コミッティ(Shari'a Committee」のメンバー選任に当たり、認証制度を設ける意向を示したと報告した。

米国のCME、Bitcoin先物取引、開始。

日本経済新聞 電子版は2017年12月18日に、CME(Chicago Mercantile Exchange/シカゴ・マーカンタイル取引所)は日本時間2017年12月18日(米中部時間2017年12月17日)に、仮想通貨Bitcoinの先物取引を開始したと報告した。

2018年1月物は1Bitcoin当たりUS$2万を超えて始まったが、その後は売りに押されて伸び悩んだ。

シンガポールのGrabは、フィリピンのm-paymentを押す計画。

Mobile World Liveは2017年12月18日に、シンガポールのタクシー予約会社Grabは、2018年の前半にそのデジタル支払いプラットフォームGrabPayをフィリピンで乗り出させることを計画し、e-ライセンスを取得することについて、フィリピンの国の中央銀行で議論されていると報告した。

山形市のベガスベガス、ベトナムにカジノをオープン。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月19日に、アミューズメント事業を手がける山形市のベガスベガスは2017年12月16日に、ベトナム北部クアンニン(Quảng Ninh/廣寧)省のハロン(Hạ Long/城舖下龍)市にカジノ「ハリウッドワン・ゲーミングクラブ・ハロンベイ(HOLLYWOOD ONE GAMING CLUB HA LONG BAY)」をオープンしたと報告した。

Go-Jekは、フィンテック買物支払いを押す準備。

Mobile World Liveは2017年12月15日に、インドネシアのオートバイタクシーGo-Jekは、完全なモバイル支払いプラットフォームを2018年に乗り出させるための準備をするために、その活動として3つのフィンテック・ビジネスを取得することを発表したと報告した。

宅配屋さんから、ここまで手を広げると、基本的に自宅で料理をしない人たちには、便利なサービス!

インドネシアの会社でオフライン支払いを処理しているKartuku。国内で一番上のオンラインの支払いゲートウェイMidtrans。そして、地域社会グループベース保存および貸与ネットワークMapanをを購入した。

Bitcoin、3回目の200万円オーバー!

いよいよ200万円の安定期か?

Coincheckから、価格が15分以内に 1.5% 以上動いた際に送信されメールが届いていた。

タイで2017年12月15日から、SIM購入時に生体情報登録義務化。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月08日に、タイの新聞「バンコクポスト(Bangkokpost)」が2017年11月07日に、携帯電話を利用した銀行取引の安全性向上などが目的で、タイのNBTC(National. Broadcasting Telecommunications Commission/国家放送通信委員会)のタコン(Takon)事務局長は2017年11月06日に、2017年12月15日から新たに携帯電話のSIMカードを購入する際に生体情報の登録を義務付けると発表した報告した。

プリペイド(前払い)、ポストペイド(後払い)ともに生体情報登録が必要になる2017年12月15日より前に購入したSIMカードは登録が免除される。

登録するのは指紋か顔の情報。

「Bitcoinで、ポルシェを買いたいのですが?」

日本経済新聞 電子版は2017年12月15日に、中古自動車販売を手掛ける広島県廿日市市アイズブレイン(I's Brain)には、「Bitcoinで、ポルシェを買いたいのですが?」といった問い合わせが相次いでいると報告した。2017年12月には関東の在住者から電話があり、500万円台のBMWの契約が決まったという。

2017年04月にBitcoin決済を導入し、相場上昇とともに約20台が売れた。県外からの集客にもつながり「目に見えて売上高が増えている」と、猪俣慶典社長が話していると報告した。

私の友人も、車を買い替えたいので、Bitcoinを始めたい!「教えてくれ!」と言ってきたが、たどり着けたのかどうか?

Singtelの目は、モバイル支払いのためのパートナーシップに向けられた。

Mobile World Liveは、Singtelのシニア・エグゼクティブは、APAC地域で新しいモバイル支払いの機会をターゲットとするためにそのパートナーオペレータと協力するように会社が設定されたことを明らかにしたと報告した。

中国本土から、香港株への資金流入、2018年はHK$4,000億。

アジア経済ニュースNNA ASIAは、複数の外資系投資銀行の間で、中国本土から香港株への資金流入が2018年はHK$4,000億(約5兆8,100億円)規模に達するとの見方が広がっていると報告した。

bitFlyer、ビックカメラ・ドットコムへのBitcoin決済提供。

bitFlyerは2017年12月13日に、bitFlyerがビックカメラと連携し、ビックカメ ラ全店で導入をしているBitcoin決済サービスを2017年12月13日より、インターネット・ショッピング・サイト「ビックカメラ・ドットコム」で開始したと報告した。

これにより、店舗だけでなく、インターネット・ショッピング・サイトでもビックカメラでのお買い物にBitcoin決済を利用できる環境を提供し始めたことになった。

Xpress Moneyは、Huaweiと、アフリカをターゲットに押す!

Mobile World Liveは2017年12月13日に、イギリスに送金会社Xpress Money(Xpressマネー)は、その送金サービスの届く範囲を広げるために、中国のベンダのプラットフォームで動いている1億のモバイル・マネー・アカウントへ提供するためにHuaweiとの取引にサインしたと報告した。

この取引は、顧客が、アフリカでの未取り引きに達することにおけるフォーカスによってお金を送ることができる宛先の範囲を増大させるとXpress Moneyが言った。

オーストラリア中央銀行総裁、Bitcoin人気は「投機熱」と言った。

日本経済新聞 電子版は2017年12月13日に、RBA(Reserve Bank of Australia/オーストラリア準備銀行/中央銀行)のフィリップ・ロウ(Philip Lowe)総裁は2017年12月13日に、仮想通貨「Bitcoin」人気の高まりについて「投機熱だ」との見方を示し、「speculative mania(思索的なマニア)」と表現した。

さらに、決済の未来をテーマとする講演でフィリップ・ロウは、Bitcoinが「現状では日常の支払いに使われておらず、今後そうなるとも言いにくい」と指摘した。

なぜ、断定するか?

フィリップ・ロウは、「Bitcoinの価値は非常に不安定だ」とも語った。

世界中で銀行大改革を要求、中国銀行はAlipay、WeChatに挑戦!

Mobile World Liveは、中国の銀行産業は、モバイルQuickPassをスタートする国で、利益をレウためのモバイル支払セクタで、そのスライスについての主張で、UnionPayの長年モバイル支払いプラットフォームに基づいて30の商業銀行によってバックされたアプリで挑戦したと報告した。

2017年12月08日に200万円突破から4日後、再度200万円突破!

2017年12月08日07時02分から03分に200万円を超え、2017年12月08日07時40分から41分に、チャート上219万6,127円(記録上は220万1,727円)を記録し、2017年12月10日02時54分から55分に、チャート上149万5,230円(記録上は148万1,913円)まで下落した。

そしてBitcoin史上最大の下落の後に2日後の2017年12月12日05時35分から05時39分にチャート上200万1,359円(記録上は200万3,529円)と、再度200万円を突破した。

カンボジアで、電子決済アプリ発表。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月14日に、華商日報(华商日报/電子版)が、カンボジアの金融持ち株会社カナディア・インベストメント・ホールディング(Canadia Investment Holding Plc of Cambodia)とシンガポール政府系投資会社、フラートン・フィナンシャル・ホールディングス(Fullerton Financial Holdings of Singapore)傘下のフラートン・フィナンシャル・キャピタル(Fullerton Financial Capital)は2017年12月11日に、電子決済アプリ「ダラペイ(Darapay)」を発表したと報告した。

「点心債」発行は、昨年の5割水準で、今年も前年割れ!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月12日に、大公報は2017年12月11日に、イギリスのSCB(Standard Chartered Bank/渣打銀行/スタンダード・チャータード銀行)はリポートで、今年のオフショア人民元建て債券(点心債)の発行額が2017年12月07日時点で1,640億人民元(約2兆8,145億円)となり、昨年通年(3,200億元)の51%にとどまったことを発表したと報告した。

クリスマス・年末を前に、債券市場の商いは薄く、3年連続の前年割れは決定的となった。

Bitcoinの大半が個人の投機で、取引シェアは日本4割!

日本経済新聞 電子版は2017年12月11日に、代表的な仮想通貨であるBitcoinの取引で日本の存在感が高まっていると報告した。

Bitcoin先物、米国で上場!急騰で取引一時中断。

日本経済新聞 電子版は2017年12月11日に、CBOE(Chicago option exchange/シカゴ・オプション取引所)は2017年12月10日夕(日本時間11日朝)、インターネット上の仮想通貨「Bitcoin」の先物取引を始めたと報告した。

これまでの現物取引に先物が加わることで投資家の裾野が広がり、Bitcoinの公正な価格形成や実際の利用拡大が期待されている。投機マネーが相場をかく乱するリスクも指摘されている。

Bitcoinは2017年12月08日から10日にBitcoin史上最大の下落!

Bitcoinは2017年12月08日にチャート上219万6,127円(記録上は220万1,727円)を記録し、2017年12月10日02時54分から55分に、チャート上149万5,230円(記録上は148万1,913円)まで下落した。

チャート上は70万897円、記録上は71万9,814円下落した。

これまでで、Bitcoin記録市場最大の下落を記録した。

シンガポールのTaxiコンフォートデルグロ、米国のUberと提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月11日に、シンガポールの陸運大手コンフォートデルグロ(ComfortDelGro)は2017年12月08日に、米国の配車大手Uber Technologies(ウーバー・テクノロジーズ)と戦略提携すると発表したと報告した。

配車アプリの台頭でタクシー事業を取り巻く環境が厳しさを増す中、両社の強みを生かして業績向上を図る。

米国が、Bitcoinに目覚め始めた!?

日本経済新聞 電子版は2017年12月08日に、2017年12月07日の米国株式市場は、ダウ工業株30種平均は3日ぶりに上昇。ハイテク株を中心に買い直されたが、上値は重かった。

前週末に米上院で税制改革法案が可決したことを受けて週初に最高値をつけた後、もみ合いから抜け出せていない。

そんな「焦点ぼけ」の感のある米国株を尻目に、市場は仮想通貨Bitcoinの急騰の話題で持ちきりだった。
今月初旬から急伸し、2017年12月07日にはUS$1万6000台に乗せた。

Bitcoinは、米国市場の機関投資家の資金流入?先物を通じた売り注文の増加?

日本経済新聞 電子版は、Bitcoinの価格が乱高下し、2017年12月08日に、1Bitcoinあたりのドル建て価格が一時US$1万7000ドル(約200万円)を突破。
直後に約4時間でUS$2000超下げる場面があった。

米国市場での先物上場を機に機関投資家の資金流入への期待が強まる半面、先物を通じた売り注文の増加を警戒する声も出始めたと報告している。

「Ethereum」の世界で生まれたバーチャル猫アプリ、人気大爆発。

AFPは2017年12月08日に、Bitcoinの急騰に関係なく、バーチャルな子猫を育てるのが一部の仮想通貨ユーザーの間で今、大ブームを巻き起こしていると報告した。

Bitcoinの主要なライバルの一つである仮想通貨プロジェクト「Ethereum」の利用者らの心を奪っているのは、20年前に日本で発売された卵形のデジタル携帯ペット「たまごっち(Tamagotchi)」を連想させる仮想の猫育成ゲーム「CryptoKitties(クリプトキティーズ)」である。

Bitcoin、12日間で100万円から200万円に高騰!

2017年11月26日14時10分から14分に99万9,456円になり、記録上は100万0,019円で、100万円を超えてから、2017年12月08日07時02分から03分に200万円を超えるまで、たった12日間であった。

カンボジアのアルファ、金融派生商品の販売を開始。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月11日に、カンボジアのプノンペン・ポスト(The Phnom Penh Post/電子版)などが、カンボジアのアルファ・ゴールド・フューチャーズ(Alpha gold futures)が2017年12月07日に、新たに金融派生商品(デリバティブ)の販売を始めたと報告した。

当面は金と、FX(Foreign eXchange/外国為替証拠金取引)を扱うと伝えた。

Bitcoinが1日で150万円、160万円、170万円も突破した。

2017年12月07日01時06分から07分に141万6,968円だったが、2017年12月07日17時28分から29分に170万1,619円に高騰した。

さらに高騰は続き、2017年12月07日18時46分から47分に175万1,041円を記録した。

33万4,073円の高騰であり、このままいくと、明日にも200万円を突破する。

さらに加速するのか?

Bitcoinが150万円を突破し、さらに160万円も突破!

Bitcoinが2017年12月07日05時30分から34分に、チャート上で150万1,968円、05時25分から29分に149万6,111円を記録しているので、この間に記録上は150万を超えたと考えられる。

アップルは3ヶ月遅れて、Apple Pay Cashを限定リリース。

Mobile World Liveは2017年12月05日に、アップルは、サービスが入手可能であることが予定された3ヶ月後に、米国の顧客へ、即時のP2P(person to person)振替機能Apple Pay Cashをリリースしたと報告した。

9月に、iOS11オペレーティング・システム・アップグレードのスタートの時に機能は、今週フォーマルなリリースの前に、11月にベータ・ダウンロードとして提供された。

しかし、お金に関するベータ・ダウンロードは、顧客に不安を与えたことだろう。

アップルは3ヶ月遅れて、Apple Pay Cashを限定リリース。

Mobile World Liveは2017年12月05日に、アップルは、サービスが入手可能であることが予定された3ヶ月後に、米国の顧客へ、即時のP2P(person to person)振替機能Apple Pay Cashをリリースしたと報告した。

9月に、iOS11オペレーティング・システム・アップグレードのスタートの時に機能は、今週フォーマルなリリースの前に、11月にベータ・ダウンロードとして提供された。

しかし、お金に関するベータ・ダウンロードは、顧客に不安を与えたことだろう。

上海地下鉄、顔認証導入の研究。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月07日に、中国の新聞晨報(晨报)が2017年12月06日に、上海地下鉄は現在、EC(Electronic Commerce電子商取引)大手の阿里巴巴(アリババ/Alibaba)集団と共同で、顔認証で改札を通過できるようにする新技術の開発に取り組んでいると伝えたと報告した。

モナコイン高騰!

bitFlyerは公式Twitterアカウントで2017年12月05日午前09時04分に。モナコイン(Monacoin)が1,035円に高騰し、前日比+18.55%になったと報告した。

バイオメトリック確認トランザクションは、高度成長のために大騒ぎ。

Mobile World Liveは、AMI(Acuity Market Intelligence)は、バイオメトリックの機能によって確認されたトランザクションは、1年あたり1兆以上に達し、2022年までに歳入のUS$180億を作成する。

識別テクノロジー市場を評価する研究会社は、世界中で同じtimeframe内のバイオメトリックの機能へのアクセスによって使われた55億のモバイル機器があるとも言った。

テクノロジーの改良および機器のその成長含有は、採用において鋭い成長をもたらすように先端をつけられる。

歳入は2017年のUS$4億7400万から成長するとAMIは言った。

SingtelとMobikeは、支払い、IoTパートナーシップで協調。

Mobile World Liveは2017年12月04日に、シンガポールのオペレータグループSingtelは、アジアを全体を切るモバイル支払い、IoT、データ分析、およびマーケティングをカバーする広いお互いの協力として、バイク共有会社Mobikeと協調したと報告した。

ステートメントにおいて、Singtelは、協定の潜在的な目的が、「より便利で、強化されたバイク共有経験」を提供することであると言い、パートナーシップはSingtelを横切って拡張し、Optusと地域は、AirtelとAISとGlobeとTelkomselを結び付ける。

2回目の130万円越えがあり!このままいくと年末に200万円越!?

2017年11月26日のBitcoinの100万円越えから、たった3日後の2017年11月29日に130万円を超えた。

その調子で行くと、4日間で200万円になった!

しかし、その後に大暴落で100万円を切った。

ところが、その3日後の2017年12月03日21時04分から05分に、2回目の130万円越えがあった!

国税庁、仮想通貨の確定申告の計算方法や注意点のPDFを公開。

毎日新聞は、国税庁は2017年12月01日に、運用益などを確定申告する際の計算方法や注意点をまとめ、ホームページで公開したと報告した。

来春の確定申告を前に仮想通貨の位置づけを明確にし、課税逃れを防ぐのが目的で、円に換金したり、商品を購入したりした時点で所得とみなされるが、原則として「雑所得」に区分される。

久々のBitcoin Gold情報は、変化なし!

bitFlyerは、香港のマイニング企業等により主導されている「Bitcoin Gold によるBitcoinのブロックチェーン分岐に向けた対応」の情報を更新した。

bitFlyer、POSレジでのBitcoin決済サービス開始。

bitFlyerは2017年11月30日に、東京都文京区の代表取締役:中馬浩「ビジコム」と、Bitcoin決済サービスに対応したPOSレジ提供のための業務提携をしたと報告した。

ナスダック、Bitcoin先物上場へ2018年04月〜06月に参入!?

日本経済新聞 電子版、米国の新聞「ブルームバーグ(Bloomberg)」、jp.cointelegraphは2017年11月30日に、金融商品の取引所を運営する米国のナスダック(Nasdaq)が2018年にも仮想通貨Bitcoinに関連した先物商品を上場させる方針を明らかにしたと報告した。

バブル状態にあるとの指摘も多いが、投資商品として人気化していることで、金融機関がビジネスに取り込む動きが広がっている。

Bitcoinは2017年11月29日に一時初めてUS$1万1000台に上昇する場面があった。

警察庁初統計!仮想通貨悪用、半年で170件。

日本経済新聞 電子版、時事通信は2017年11月30日に、犯罪収益のマネーロンダリング(資金洗浄)の疑いがあるなどとして、Bitcoinなど仮想通貨の交換業者が「疑わしい取引」として届け出たケースが4月からの半年間で170件あったことが2017年11月30日に、警察庁がまとめた犯罪収益移転危険度調査書で分かったと報告した。

警察庁は、仮想通貨に関する疑わしい取引の集計は初めてで、事業者の制度への理解を深め、さらなる届け出を促す方針を明らかにしてる。

仮想通貨はインターネットを通じ、国境を越えた取引でも資金の移動を迅速に行えるのが特徴であり、利用者の本人確認などの規制が緩い国もあるため取引の匿名性が高く、同庁は「犯罪に悪用された場合は追跡が困難」として資金洗浄への警戒を強めている。

2017年04月の改正犯罪収益移転防止法の施行で、疑わしい取引の届け出を交換業者に義務づけた。

昨日の夜は凄すぎた!

Bitcoinが昨日、寝る前に130万を超えたので、凄過ぎると思い、今朝はいつもより早く起きて見たら、30万円以上落ちていた。

昨日の調子でそのまま行くと、4日間で200万円になった!

bitFlyer米国進出の祝砲は、実に花火(Fire Work)で見事に上昇し、散った。

これは、Bitcoinが実に正常な生きたお金で、未来のお金であることを証明した瞬間であった。
これまでのお金は、銀行や証券会社、一部の金持ちに歪められ、死にかけていた。

このお金を生かせるのは、現在の北朝鮮で生まれ、密造酒、パチンコ、消費者金融で成功した孫三憲の子で、大ホラ吹きの孫正義にしかできないかもしれない。

Uberが、ベトナムのモバイル財布MoMoと提携。

Mobile World Liveは2017年11月29日に、Uberは、南東アジアのモバイル支払い会社と、最初の取引として、MoMo財布(MoMo wallet)を通して支払いを認めるために、最初の取引に調印したと報告した。

BITPoint Japanが、韓国に進出し、韓国取引所が本格開始。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月30日に、2016年3月に設立したBitcoinの取引所として東京都目黒区東山1-5-4 KDX中目黒ビル2Fで立ち上がった仮想通貨取引所大手「BITPoint Japan(ビットポイントジャパン)」は2017年11月29日、韓国での仮想通貨取引所「BITPoint Korea(ビットポイントコリア)」のサービス開始を正式に発表したと報告した。

日本のノウハウを生かして、韓国で投資家の拡大を狙う。

祝!bitFlyer米国進出!Bitcoinの200万円突破は2018年02月23日?

bitFlyerは2017年11月29日に、子会社である bitFlyer USA, Inc.(以下、「bitFlyer USA」)は、NYDFS(New York Department of Financial Services/ニューヨーク州金融サービス局)が制定したBitLicenseを取得したと報告した。

さらに、2017年11月28日(アメリカ東部時間)より仮想通貨交換業を開始したと伝えた。

Paytmは、支払い銀行を拡張するために、US$5億を委任。

Mobile World Liveは、インドのモバイル・ファースト金融サービス・プロバイダーPaytmが、インドで貯金された領域にその支払い銀行のフットプリントを広げるためにUS$5億をインフラストラクチャーに使うことを発表した。

5月のいくつかの領域でスタートしたその完全なバンキングサービスの全国的で入手可能性を発表するブログで、会社は、 インドを横切るカスタマー・サービスセンターを作成するために使われる投資と言った。

ベトナム初のレジ無しコンビニ、ホーチミン市に登場!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月28日に、ベトナムのホーチミン(Ho Chi Minh)市1区中心部にベトナム国内初となるレジ無しコンビニエンスストアが登場したと報告した。

自動販売機にスマートフォンに表示されたQRコードをかざして決済する仕組みで、運営する米系KOOTORO Viet namは来年中に市内に200店舗体制に広げることを計画していると伝えている。

レギュレーターは、Safaricomに協力することをライバルに押し付ける。

Mobile World Liveは、ケニアのCA(The Communications Authority/通信権威)は、標準で失敗した後に、国のモバイル・マネー・サービス相互運用性を課すために、プロバイダーが変化をすることで、法律を提出する
ことが設定されたと報告した。

出版社とのインタビューで、CA理事長フランシス・バンガス(CA director general Francis Wangus)は、ブランド間の資金転送を簡素化するために、介入することをレギュレーターに強制する、オペレータによる協定は失敗に終わったと言った。

日系電子決済、シンガポールで為替変換に24時間対応。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月29日に、シンガポールでオンライン・ペイメント・サービスを提供する日系のイープロテクションズ(E PROTECTIONS PTE. LTD.)は2017年11月27日に、同社の電子ウォレット「マイビットウォレット(mybitwallet)」で、為替変換を24時間受け付けるサービスを開始したと報告した。

Bitcoin、記録上100万円突破!

birFlyerのチャートによれば、2017年11月26日14時10分から14分に99万9,456円になり、記録上は100万0,019円で、100万円を超えた!

「Bitcoin Diamond」登場!?

日本経済新聞 電子版は2017年11月25日に、Bitcoinが分裂し、新通貨「Bitcoin Diamond(BCD/Bitcoinダイヤモンド)」が誕生したと報告した。

ただし、成功した「Bitcoin Cash」以外に「Bitcoin Gold」「SegWit2x」も分裂騒動を起こしたが、「Bitcoin Gold」は結局立ち上がらず、音沙汰なし。「SegWit2x」はCoinDeskからの情報として、分裂を断念したと報告した。

現代の奴隷、世界に4000万人以上!

AFPは2017年11月25日に、2016年の統計では、世界で推計4000万人以上が現代の奴隷市場の犠牲となっており、うち約2500万人は強制労働、1500万人は強制結婚の被害者と報告されたが、UN(United Nation/国連)のILO(International Labour Organization/国際労働機関)、IOM(International Organization for Migration/国際移住機関)と人権団体「WFF(Walk Free Foundation/ウオークフリー・ファウンデーション)」が行った合同調査「Global Estimates of Modern Slavery」によると、「現代の奴隷」の実際の人数はもっと多いと推測されていると報告した。

「ポケモンGO」鳥取砂丘を鳥取県東部全域に範囲拡大!

毎日新聞は2017年11月25日に、鳥取市の鳥取砂丘で2017年11月24日から開催中のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」のイベントで、主催する鳥取県は2017年11月25日に、イベントの範囲を当初の砂丘のみから県東部全域に拡大すると発表した。

初日だけで全国から約1万5000人が集まり、混雑緩和のためという。

1万5000人が、鳥取砂丘で「ポケモンGO」

毎日新聞は、鳥取市の鳥取砂丘で2017年11月24日から26日まで、スマートフォンの位置情報を利用したゲーム「ポケモンGO(ゴー)」を楽しむイベントが始まった。2017年11月24日午後3時までに約1万5000人が訪れ、広大な砂丘を埋め尽くしたと報告している。

ポケモンGOは運転中の利用で事故を起こす例が相次ぎ、鳥取県の平井伸治知事が砂丘を「スナホ・ゲーム解放区」として安全に楽しむようPRし、イベントは鳥取県がゲーム運営会社の協力で主催した。

gaYa広告
総件数:3037最初1234567891011121314151617181920...最後