on-the-time.jp

インド政府、全国民12桁の数字、指紋、虹彩で、商機と危険を生む改革。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月24日に、インド政府のUIDAI(Unique Identification Authority of India/インド固有識別番号庁)は2010年、世界有数の生体認証システムの登録を開始したと報告した。

その名称は「Aadhaar(アドハー)」。

中国情報で、Bitcoinの大暴落から5日目!

Bitcoinユーザーが多い中国が、資本流出防止へ強硬策として、仮想通貨の3大取引所を閉鎖し、今後全てを閉鎖するという情報で、Bitcoinが2017年09月15日に315,002円まで落ちた。

Googleによる「デジタル・インド(Digital India)」への挑戦。

Mobile World Liveは、Googleは、デジタル財政セクタで儲けを切り取るために、成長している市場に参加するために、そのインドで具体的なモバイル支払いアプリケーション「Tez」を初公開した。

広く予期されていたこの動きで、Googleは、他の市場で見られたAndroid Payサービスから転居し、代わりに、政府標準インターフェイス、UPIに基づいてアプリケーションを構築した。

これは、その振替サービスがインドですでに入手可能な様々な支払いサービスと互換性があることを意味している。

資本流出防止へ強硬策として、中国がBitcoinから降りたということは、

資本流出防止へ強硬策として、中国がBitcoinから降りたということは、以前香港がイギリスから返還され、中国に合併された時に、多くの香港の金持ちが海外で土地を買い。移住した時のことを思い出す。

Bitcoinに対する考え方を根本的に見直す時期である。

これまでのBitcoinの流れを見ていると、頂点を超え、確実に下り坂である。

ところが、中国で、最大の資本流出は、Bitcoinではないことは、誰もが知っている。

中国、資本流出防止へ強硬策として、仮想通貨の3大取引所を閉鎖!

朝日新聞デジタルは2017年09月16日に、中国の3大取引所「火币网」、「OKcoin」、「比特币中国」は2017年09月15日夜、中国の金融監督当局の求めに応じ、2017年10月末までに仮想通貨と人民元との取引をやめると発表した。

すでに別の大手も2017年09月14日に取引停止を発表しており、閉鎖は3大取引所を含む全取引所に及ぶと伝えている。

中国政府は外国への資本流出やバブルにつながる仮想通貨を警戒しており、10月の共産党大会を前にリスク排除に踏み切った。

ZAKER新闻によると、2017年09月08日17:30からすべての通貨種類の取引を一時停止すると伝えている。
それは中国の3大取引所「火币网」、「OKcoin」、「比特币中国」に影響すると報告していた。

Googleは、インドでモバイル支払いプラットフォームを初公開する!?

Mobile World Liveは、多くのメディアからの情報として、Googleがプレスイベントで、インドのために広く予期されているモバイルの支払いサービス「Tez」をスタートすることは期待されていると、報告した。

メディア・ニュースNews brokeのによれば、7月にインドのためにデザインされた支払いサービスをテストし、インド準備銀行(Reserve Bank of India)から承認を待っていた。

わ〜、わ〜、どこまで落ちる。

今朝の2017年09月15日午前08時頃に、bitFlyerのBitcon情報を見て、これは20万円台も近いな〜と感じた。
最高額記録の半額まで落ちるか?と思わずにはいられなかった。

しかし、2017年09月15日午前08時50分から午前08時54分にチャート上31万6333円(実際には一瞬31万5002円)まで落ちた後に、急反発した。

PayPalのCEOは、モバイルで、小売り、金融サービスの再定義を提案。

Mobile World Liveは、GSMAモバイル世界議会アメリカ大陸2017(GSMA MOBILE WORLD CONGRESS AMERICAS 2017)からのライブとして、PayPal CEOダン・シュルマン(Dan Schulman)は、モバイルが、小売りと金融サービス産業のトラックで、「根本的に再定義」すると信じると言った。

シュルマンによると、モバイルの接続性と機能は、すでに、中国と他の国においてオンラインとオフラインで経験する間のラインをぼやけさせている。従って、モバイルは、区別を完全に消すために設定されると、彼は言った。

東京地裁、日本郵便の非正規格差で賠償命令!

毎日新聞は、東京都千代田区の日本郵便の非正規社員3人が、正社員との間で手当などに格差があるのは違法だとして計約1500万円の支払いなどを求めた訴訟の判決で、東京地裁の春名茂裁判長は2017年09月14日に、「非正規社員に年末年始勤務手当や住居手当が全く支給されないのは違法」と認め、計約90万円の賠償を命じたと報告した。

日本郵便の奴隷制度!

W
A
L
K
F
R
E
E

中国最大のBitcoin取引所は、 9月末で全取引業務の停止を発表!

AFPは2017年09月15日に、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳した情報として、中国最大のBitcoin取引所BTCChinaは2017年09月14日に、新規ユーザー登録を同日付で停止し、2017年09月30日にすべての仮想通貨「Bitcoin」の取引業務を停止すると発表した。

全国銀行協会の「ブロックチェーン連携プラットフォーム」はbitFlyerをパートナーベンダーに選定。

bitFlyerは2017年09月14日に、三菱UFJフィナンシャル・ グループの平野信行社長が会長を務める一般社団法人全国銀行協会の「ブロックチェーン連携プラットフォーム」の実証実験環境を提供するパートナーベンダーとして選定されたと報告した。

ブロックチェーンという言葉は、一般化したようだが、Satoshi Nakamotoが開発したBitcoinの中核技術を原型とするデータベースであるブロックチェーン(Blockchain)は、今も進化し、多くのところで独自に開発が進んで、単一のものではなくなってきている。

そして、bitFlyerが独自開発したブロックチェーン「miyabi」を実証実験環境のひとつとして提供し、2017年10月中を目途に、ブロックチェーン連携プラットフォームは稼動を開始する予定にしている。

bitFlyer以外のパートナーベンダーとしては、NTTデータ、日立製作所、富士通が選ばれている。

昨日予測したように、Bitcoinは一気に30万円台に突入!

昨日予測したように、Bitcoinは2017年09月14日20時35分から20時39分に一気に30万円台に突入し、さらに落ち、一持持ち直しそうだったが、その後、急落し、チャート上で2017年09月14日22時05分から22時09分に377,704を記録しているが、24時間の相場変動では、記録上は374,743を記録した。

中国のモバイル決済、シェア自転車。

AFPは2017年09月13日に、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳した情報として、中国で暮らして5年以上、中国の発展の速さを身をもって感じている。
日本を確実に上回っている技術もある。

例えば、買い物の際にはアリペイ(Alipay)やウィーチャットペイ(WeChat Pay)が当たり前になった。
この1年でモバイク(Mobike)やofoなどのシェア自転車も急速に普及した。この2点に関して中国は日本の先を行っている。見習うべきだろう。

見習うべきかどうかより、アリペイ(Alipay)は海外に大きく狙いを定めている。

ウィーチャットペイ(WeChat Pay)は、国内を主眼に置いている。

しかし、中国のような広大な土地向けで、日本には向かない。

それに、冷え始めると、急激に混乱する!

今の中国の経済を見れば判る。

JPMorganのCEO、「Bitcoinは詐欺だ!」で、価格が落ちた!

世界中のメディアがに、米国のJPモルガン・チェース(JPMorgan Chase & Co.)のジェイミー・ダイモン(Jamie Dimon)最高経営責任者(CEO)が仮想通貨のビットコイン(Bitcoin)を「詐欺だ(bitcoin is a fraud)」と、2017年09月13日に批判し、Bitcoinの価格が落ちたと、一斉に報告した。

インドネシアの高速道路21カ所で、電子マネー入金が可能になる。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月13日に、BPJT(Ministry of Public Works, Directorate General of Highways, Indonesian Toll Road Authority/インドネシアの公共事業国民住宅省速道路統制庁)は2017年09月12日に、首都ジャカルタ周辺の高速道路料金所が10月末にキャッシュレス化するのに備え、21カ所の料金所で電子マネーを入金(チャージ)できるようにすると明らかにしたと報告した。

金融庁、仮想通貨に規制か放任かで悩んでいる。

日本経済新聞 電子版は、Bitcoin(ビットコイン)に代表される仮想通貨は、決済手段としてだけでなく、投機商品として連日、激しい値動きを見せていると報告した。

揺れているのは価格だけではない。監督官庁として「新しい価値」にどう向き合うのか。金融庁が規制と放任のはざまで対応に苦慮していると伝えている。

Bitcoinの暴落原因が特定され、安定して上昇開始。

Bitcoinの暴落原因が中国の発作的2回の閉鎖事件が原因で、2回目は一時的なことと判明し、そろそろ安定して上昇を開始したようだ。

売買も、ほとんどが一斉に買いになってる。

中国は、一時的に全てのバーチャル通貨の商業用交換を閉じた。

WSJ(Wall Street Journal/ウォールストリート・ジャーナル)は、「China to Shut Bitcoin Exchanges -- Authorities to ban commercial trading of all virtual currencies」を公開した。しかし、中国の情報によれば、独自の仮想通貨を発行して資金を集める「ICO(Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開)」の混乱を回避するために、一時的にに全てのバーチャル通貨の商業用交換を閉鎖すると決定したと報告している。

中国の当局は、問題に精通した人々からの情報によると、中国国内のBitcoin交換所(Bitcoin exchanges)を閉鎖し、バーチャルな通貨を持つ成長不安と、価値で、最近の急増を反映することを準備していると言う。

Bitcoin急落の原因は、また中国。

Bitcoinで最も不愉快なのは、中国が原因で上下することであるが、日本経済新聞 電子版は日経QUICKニュース(NQN)からの情報として、2017年09月11日の週明けに、インターネット上の仮想通貨Bitcoinが急落したと報告した。

しかし、仮想通貨全面安になったのは2017年09月10日で、情報サイトのコインデスクでも、ドル建ての価格は日本時間2017年09月10日午後に一時US$3976前後と、前週8日に付けた直近高値であるUS$4700前後からUS$700以上も下げたと伝えている。

再度。仮想通貨全面安!

Coincheckから、価格が15分以内に 1.5% 以上動いた際に送信されメールが、

2017年09月10日16時46分
BTC_JPY が -1.52% 下落しました。
現在の価格は 443302.5 BTC_JPY です。
と報告した。

bitFlyerが、現在ビットコイン価格は 463,508 円。

bitFlyerが2017年09月09日13時04分に、「現在ビットコイン価格は 463,508 円です。前日比-3.5%となります。」と報告し、上下落差のチャートを公開した。

これまで動くと、1日のチャートでは理解できないので、1週間のチャートを見る必要になった。

NETS、シンガポールの屋台街にQRコード決済を導入!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月11日に、シンガポールの電子決済機関NETS(Network for Electric Transfers Singapore/ネットワーク・フォー・エレクトロニック・トランスファーズ)は2017年09月09日に、CBD(central business district/中央商業地区)にあるホーカーセンター(Hawker centre/小販中心/熟食中心/屋台街)TPFC(Tanjong Pagar Plaza Market & Food Center/タンジョン・パガー・マーケット・アンド・フードセンター)に、QRコードによるモバイル決済を導入すると発表したと報告した。

同様の取り組みはシンガポールで初という。

しかし、屋台街のようなレジが置けないお店ほど、本来モバイル・マネーが必要なのだと思う。
さらに、世界中から人が集まる観光地も国際通貨としてBitcoinなどを利用したモバイル・マネーが必要になる。

できれば、既成の仮想通貨ではなく、独自のもので、同時に商店街ごとに連携できる仮想通貨も面白い。

今朝、Bitcoinが少し揺れたが、再び戻り始めた。

今朝、メールを見たら、Coincheckから、2017年09月06日01時58分以来の3通のメールが届いた。

米国で、銀行組合をバックにしたZelle Pay appがリリースされた。

Mobile World Liveは2017年09月12日に、PayPalのVenmoを含む、増加したデジタル・プロバイダへの挑戦として期待された米国バンキングコンソーシアム(The US banking consortium/米国銀行組合)をバックにしたP2P(person-to-person/個人対個人)の支払いサービスのZelleは、App StoreとGoogle Playで、そのブランドのスタンドアロンのアプリZelle Pay appを2017年09月08日にリリースしたと報告した。

Bitcoinは、「11月に新たな分裂騒動か!?」

日本経済新聞 電子版は2017年09月08日に、仮想通貨Bitcoinへの関心が高り、2017年09月初めにはUS$5000の大台を突破、その後は不安定な動きとなっている。

Safaricomは国際e-コマースに手を出して、アフリカ拡張!

Mobile World Liveは、ケニアで最も大きいオペレータSafaricomは、領域の未開発の市場の国際e-コマースと、モバイル支払いソリューションを設立するつもりで、アフリカを横切って拡張を計画していると報告した。

FT(フィナンシャル・タイムズ/Financial Times)とのインタビューで、SafaricomのCEOボブ・コレモア(Safaricom’s CEO Bob Collymore)は、彼が、「空白スペースで、 誰もまだ入っていない」というダビングされたMasokoという会社で設計されたe-コマース・プラットホームを取りたいと言った。

Bitcoinは、US$1,000落ちても、誰も気にしない世界!

ジェフェリー A. トゥッカー(Jeffrey A. Tucker)はFEE(Foundation for Economic Education/経済教育財団)で、5年前では考えられなかったことだが、48時間でdollar/bitcoinがまるまるUS$1,000落ちた。

しかし、その1日後、半分戻った。

Bitcoinコミュニティでは、これについては、ほとんどまったく議論されなかったと言った。

仮想通貨不正アクセスで被害、今年1〜7月に33件、被害7,650万円。

日本経済新聞 電子版、毎日新聞は2017年09月07日に、警察庁は2017年09月07日に01〜06月の定点観測の結果を公表し、ネット上でサイバー攻撃を狙っているとみられる不審なアクセスが高水準で続いていると報告した。

不正侵入を図ったり、セキュリティー上の欠陥を探したりする不審アクセスは1日平均2008.4件で、過去最多の2016年下半期(2258.6件)は下回ったが、昨年上半期(1119.1件)の約8割増だった。

仮想通貨が不正アクセスによって別のアカウントに勝手に送金される事件が今年01〜07月に33件あったことも分かった。

総額約7,650万円相当の被害が確認された。

EMQはGCashと提携し、フィリピンで存在を拡張。

Mobile World Liveは2017年09月05日に、フィリピンのGlobe TelecomのM-commerceであるG-Xchangeは、フィリピンで国境を越えるモバイルの送金を可能にするために、香港ベースの金融テクノロジー会社EMQと組んだと報告した。

この協力によって、EMQのユーザーは、お金をG-XchangeのGCashモバイル財布のユーザーに受領者への支払い請求に使うことができ、送ることができる。

Bitcoinは急落後、回復し始めた。

Bitcoinは2017年09月02日11時15分から11時19分の間に、一時56万4,879円まで上昇したが、その後下落が続き、2017年09月05日14時44分から45分の間に45万1,439円まで下落し、回復しはじまた。

中国のICO全面禁止など、まだまだ予断は許されないが、11万3440円の下落で止まってほしい。

アイデアとボーダフォンの合併は、インド銀行で5年の資本回収期間に直面。

Mobile World Liveは、アイデア携帯電話(Idea Cellular)の親会社アーディティヤ・ビルラ・グループ(Aditya Birla Group)の金融サービスのCEOアジャイ・スリニバサン(Ajay Srinivasan)は、アイデア携帯電話とボーダフォン・インド(Vodafone India)の間の計画された共同の支払い銀行サービスには最低5年かかるといったと報告した。

彼は、別のサービスをスタートするオリジナルの計画を改正するオペレータにもかかわらず、彼が、RBI(Reserve Bank of India/インド準備銀行)が会社のバンキング・ライセンスを破約することを期待しないとも言った。

中国のICO全面禁止、仮想通貨下落。

日本経済新聞 電子版は2017年09月05日に、中国当局が、仮想通貨発行による資金調達「ICO(Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開)」を全面的に禁止した影響が広がっていると報告した。

米情報サイトによると、ビットコインなどの仮想通貨全体の時価総額は1日前に比べて約2兆円下落した。
香港を拠点に日本人が主導するICOプロジェクトは中国語サイトを一時閉鎖すると発表した。

今日もBitcoinは、忙しい!

Coincheckから、価格が15分以内に 1.5% 以上動いた際に送信されメールでは、

2017年09月02日21時52分
BTC_JPY が -1.56% 下落しました。
現在の価格は 517976.5 BTC_JPY です。

2017年09月03日02時35分
BTC_JPY が +1.56% 高騰しました。
現在の価格は 517049.5 BTC_JPY です。

中国のファストフードで、「顔認証」で支払い実現。

スマートフォンは大きすぎて、それを使ったモバイル・マネーは面倒。それに、ちょっと時代遅れ、と思っていたら、AFPは、中国でファストフード大手KFC(Kentucky Fried Chicken/ケンタッキーフライドチキン)などを展開するヤム・チャイナ(Yum China)は、顔認証システムを利用した斬新な支払いシステムを導入したと報告した。

中国ではトイレットペーパーの盗難防止から旅行まで、あらゆることに顔認証技術を活用しようとしている。

続伸の続いたBitcoin、急ブレーキ!

Coincheckから、価格が15分以内に 1.5% 以上動いた際に送信されメールでは、

2017年09月02日12時02分
BTC_JPY が +1.52% 高騰しました。
現在の価格は 564876.5 BTC_JPY です。
と続伸してきたが、

2017年09月02日15時03分
BTC_JPY が -1.96% 下落しました。
現在の価格は 536717.0 BTC_JPY です。

2017年09月02日18時07分
BTC_JPY が -1.56% 下落しました。
現在の価格は 524178.0 BTC_JPY です。

2017年09月02日21時52分
BTC_JPY が -1.56% 下落しました。
現在の価格は 517976.5 BTC_JPY です。
と、3回連続続落が続いた。

と言う情報が届いた。

Garminはスマートウォッチゲームで、抱き合わせ支払い。

Mobile World Liveは、ベルリンで開催されているIFA2017, BERLINからの情報として、Garminは、最初のタッチスクリーン・ハイブリッド・スマートウォッチを含む、新しいセットを発表し、ウエアラブルで、コンタクトレスの支払いを提供しているベンダの仲間入りをしたと報告した。

Vivomove HRは、活動追跡をサポートすることで、心拍数を監視し、スマート通知のタッチスクリーンディスプレイを持つハイブリッド・スマートウォッチである。

ビザ研究、イギリスで牽引を得ているモバイルの支払い。

Mobile World Liveは、ビザ研究(Visa study)からの情報として、イギリスで人気が増大し始めているコンタクトレスのモバイルの支払いが、人口の4分の1で、それらの受話器を使用していると報告した。

トランザクション処理会社は、それらのクレジットとデビット・カードでのコンタクトレスの支払いを使っている消費者は、よりモバイル支払いサービスを使いそうであったと言った。

金融庁!過剰融資問題で銀行カードローンで集中検査。

毎日新聞、日本経済新聞 電子版、朝日新聞デジタルは2017年09月01日に、過剰融資が問題視されている銀行カードローンの実態を把握するため、金融庁(FSA/Financial Services Agency)は2017年09月01日に、三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3メガバンクや、貸付残高が多い地方銀行など、まずは十数行に立ち入り検査をすると発表した。

結果次第で対象行を増やし、悪質なら行政処分もすることにしていると報告した。

生活資金などに困る人々らが高金利であっても背に腹はかえられずカードローンを使うケースも多いが、近年の融資額の伸びが異例に大きいことから調査が必要と判断した。

貸金業者に適用する貸し出し上限を銀行にも導入するかも焦点になる。

南アフリカでAlipayのために、Zapperがパートナーシップ実現!

Mobile World Liveは2017年08月31日に、Alipayの親会社蟻金融(Ant Financial)は、南アフリカの10,000の小売店を横切って中国のサービスが受け入れられる方法をクリアして、モバイル支払いとロイヤリティ・カード会社Zapperとの取引契約にサインしたと報告した。

South Africa Todayによれば、AlipayとZapperのパートナーシップは、2017年07月14日に始まった。
Alipayのサービスは、2017年09月01日に始まった。

南アフリカで、Alipayのための取引として、最初の主要な小売店の存在と最初のサービスが、ヨハネスブルク(Johannesburg)とケープタウン(Cape Town)の観光バスで受け入れられた支払い方法として出現した2ヶ月後に来た。

日本人主導の「ICO」、手探りで始動。

日本経済新聞 電子版は、日本人主導による「ICO(Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開)」が、2017年09月01日始まったと報告した。

「ICO」とは、Bitcoinなどのような既成の仮想通貨ではなく、独自の仮想通貨を発行し、ネット上で個人などに販売して資金を調達している。

つまり、CF(Crowdfundin/クラウドファンディング)のブロックチェンで資金を集めようということで、2017年に入り海外を中心に70以上の企業が独自の仮想通貨(トークン)を発行し、800億円強の資金を調達し、とくに米国やカナダで拡大してきた。カナダでは約140億円の調達をもくろむ動きもある。

「Bitcoin」は、2017年12月31日までに100万円になるか?!

2017年08月30日に、「Bitcoin」がレートでも初めて500,000円を超えたとき、最初に頭をよぎったのは、2017年12月31日までに100万円になるか?!ということであった。

Garminは、最新のウエアラブルにNFC支払いAppを配備。

Mobile World Liveは、GPS機器会社Garminは、Garmin Pay appの発表によってスマートウォッチのためのコンタクトレスの支払いをスタートするウエアラブル・メーカーの成長リストに参加した。

ベルリンのIFA2017でその新しいVivoactive 3を初公開することによって、会社は、機器がその新しいGarmin Pay appを含むと言った。

支払いは顔認証の「無人店」、中国で第1号店がオープン!

AFPは2017年09月05日に、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳した情報として、中国の小売り大手の蘇寧雲商集団股份有限公司(苏宁云商集团股份有限公司/Suning Commerce Group)が、全国で第1号店となる「無人店」を南京市にオープンさせたと報告した。

シンガポールのグラブ、個人間送金サービスの試験運用開始。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月04日に、配車Appの開発・運営を手掛けるシンガポールのグラブタクシー(GrabTaxi)の運営会社グラブ(Grab)は2017年08月30日に、シンガポールでP2P(PtoP/ピア・ツー・ピア/個人間)送金サービスの試験運用を開始したと報告した。

WorldRemitは、ベトナムの銀行Sacombankと提携!

Mobile World Liveは、モバイルか。オンラインでの送金会社WorldRemitは、国のコレクション・ポイント数を拡張するために、ベトナムで最も大きい金融サービスプロバイダーのうちの1つSacombankとの取引契約にサインしたと報告した。

取引契約に続いて、WorldRemitを通して資金を受け取る国の市民は、ベトナムのいたるところにある銀行の533の支店のうち、どこでも現金を要求することができる。

イオン、アジアで独自の電子マネーを展開。

日本経済新聞 電子版は2017年08月30日に、イオンは日本を除く中国やカンボジアなどアジア12カ国・地域でスーパーやコンビニエンスストア約4000店を展開する。東南アジアではクレジットカードの普及が遅れており、手軽に決済できる自前の電子マネーで買い物の利便性を高め、現地消費者の囲い込みにつなげる目的で、年内にもマレーシアで前払い式のカードを発行し、東南アジアを中心に展開地域を広げるアジアで電子マネー事業に参入すると報告した。

日本では苦しんでいるイオンも、アジアでは強い。

Bitcoinがレートでも初めて500,000円を超えて、さらに上昇中!

bitFlyerは2017年8月30日08時42分に、「【ビットコイン最高値更新】現在のビットコイン価格は501,000円台です。」と紹介した。

昨日、500,000円を超えるのは時間の問題として床について、朝一番に、Bitcoinを見て、500,000円突破の瞬間を見ることができなかったことを残念に思ったが、しかし、bitFlyer自身も出社して、気がついたようだ。

シンガポール金融庁、電子決済促進へ共通QRコード開発。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年08月31日に、MAS(Monetary Authority of Singapore/シンガポール金融管理庁)は2017年08月29日、国内の電子決済促進を図る新機関「決済委員会(Payment Council/ペイメンツ・カウンシル)」が、国内共通QRコードの開発に向けた作業部会「SGQR(QR code for Singapore)」を設立すると発表した。

Fitbitは、スマートウォッチ支払いサービスを準備している。

Mobile World Liveは、Fitbitの手近なイオニアスマートウォッチ(Ionic smartwatch)は、ビザ、Mastercard、およびAmexとの提携に続いて、コンタクトレスの支払いを提供すると報告した。

Airtel Payments Bankは、200万カードを達成。

Mobile World Liveは、Airtel Payments Bankは、会社の間のパートナーシップとして最初の5ヶ月以内に、バーチャルなMastercardデビット(Mastercard debit)を持つ200万人の顧客とプリペイドカードを提供し、モバイル金融サービス・プラットフォームの範囲を拡張したと報告した。

Bitcoinは08月28日に、ぐらっと来たが、戻って、さらに上昇中!

Bitcoinは2017年08月28日14時52分から53分に、一瞬記録上466,265円(チャート上では66,478円)まで下落し、2017年08月29日07時08分から09分に、一瞬記録上483,528円(チャート上では483,138円)まで上昇した。

国税庁よりビットコインの課税関係についての発表があった。

株式会社bitFlyerの加納 裕三代表取締役から、国税よりビットコインの課税関係が発表されたと報告した。
予想通りの結果でサプライズではなく、
・物を買う時にも所得税(例)10万円で買ったビットコインを使って50万円の時に物を買うと40万円の利益認定)
・個人の損益は原則雑所得

OCBC、送金手続き可能なキーボード提供。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年08月30日に、シンガポールの金融大手OCBC銀行(华侨银行/OCBC Bank/Oversea-Chinese Banking Corporation Bank/華僑銀行)は2017年08月28日に、スマートフォン向けのキーボードシステムとして「OCBCキーボード」の提供を開始したと報告した。

25日から続いて来たBitcoinの異常なストレスは、13時に切れた!

2018年08月25日から続いて来たBitcoinの異常な安定は2017年08月28日13時に切れた。

Coincheckから、価格が15分以内に 1.5% 以上動いた際に送信されメールでは、

2017年08月28日14時48分
BTC_JPY が -1.51% 下落しました。
現在の価格は 466509.0 BTC_JPY です。
と言う情報が届いた。

取り締まれない在日中国人の白タク。

毎日新聞は、旅行熱が続く中国からの観光客を当て込んだ「中国式白タク」が、成田空港や関西国際空港など日本各地の空港で横行していると報告した。

「中国人による送迎・ガイド」をうたい、中国の業者に登録した在日中国人が自家用車を運転。

集客から支払いまでスマートフォン上で完結するため、取り締まりを免れるケースが大半で、急速なキャッシュレス化が進む中国に対して、日本側の対応が追いついていないのが現状といえる。

一見、高騰したような錯覚。

2017年08月26日22時05分〜22時09分に473.974円、2017年08月27日02時35分〜02時39分に474.057円に下落しているが、それから2017年08月27日11時00分〜11時04分に482.120円にチャートを見ると高騰しているように見える。

Bitcoin高値安定が、限界!?

Bitcoinの購入価格が482,907円、売却価格が471,520円となり、その差額は1,1387円である。

しかし、bitFlyerが公開しているチャートは、2017年08月26日に午前1時58分〜59分に、484,045円を記録したが、夜が明けてかららは、07時46分〜47分に、481,629円が最高で、最低は12時06分から07分の473,086円であった。

Nikkei Styleは、シリーズ「仮想通貨の実相」の連載を開始。

日本経済新聞 電子版は2017年08月25日から、Nikkei Styleのシリーズとして、「Bitcoin(ビットコイン)」や「Ethereum(イーサリアム)」などのインターネット上の仮想通貨(暗号通貨)に投資商品としての注目度が高まっていることから、「仮想通貨の実相」の連載を開始した。

「仮想通貨の実相」の掲載は不定期で、ビットコインやイーサリアムの取引現場での最新トピックや関係者の発言を紹介するという。

Alipayはシンガポールで小売り支払いを強化。

Mobile World Liveは2017年08月24日に、都市国家のモバイルの支払いサービスのより大きい展開のため、シンガポールの総理大臣リー・シェンロン(Singaporean Prime Minister Lee Hsien Loong)から呼び出しに、Alipayは、応じるために蟻金融のモバイルの支払い支社を作ったと報告した。

マカオのATM規制で、香港でATM引き出し急増!?

アジア経済ニュースNNA ASIAは、マカオのATM(automatic teller machine/cash machine/automated/現金自動預払機)で、銀聯カードを保有する中国本土住民を対象とした顔認証機能が導入された5月以降、香港では銀聯カードによるATMでの現金引き出しが急増しているようだが、HKMA(Hong Kong Monetary Authority/香港金融管理局)は、この報道について「否定も肯定もできない」としていると、南華早報(South China Morning Post/サウスチャイナ・モーニングポスト)に伝えた。

TerraPayは、Instant CashのAfricaに動力を供給。

Mobile World Liveは、お金の振替会社のInstant Cashは、国境を越えるモバイル支払いを提供して3つのキーアフリカ国の顧客へベースを拡張するために、国際的な送金プロバイダーTerraPayと組んだ。

Instant Cashは、この協力は、モバイルの財布に国際的な転送を提供してナイジェリア、タンザニア、およびウガンダのユーザーベースを育てることを可能にする。会社は、そのエージェントのグローバルなネットワークが、国境を越える転送を提供し、エージェントのInstant Cashのグローバルなネットワークから入手可能なサービスの範囲を拡張することを可能にするために、TerraPayのテクノロジーを使用している。

Iflixは、Fortumoとともに、アジアでキャリア請求を開始。

Mobile World Liveは、VoD(ビデオ・オン・デマンド)プロバイダのiflixは、iflix加入者のための直接的なキャリア請求をアジアの4つの市場に乗り出させるために、モバイルの支払い会社Fortumoと組んだと報告した。

世界的で500万人の加入者を保持するIflixは、スタートが、インドネシア、パキスタン、フィリピン、およびタイの6億2000万人を超える人々がサービスの代金を払うために、それらの通信時間のバランスまたは毎月の電話請求書を使用してそのVoDサービスに申し込むことを可能にすると言った。

Youtapは、QRコード白ラベルm-payシステムを配備。

Mobile World Liveはに、Youtapは、ワイアレスのトランザクション機能を中小企業と小売店に配達するようにデザインされたQRコードベースのモバイル・マネー・プラットフォームと関連したスマートフォンアプリをアフリカとアジアに乗り出させたと報告した。

ニュージーランドに本部を置いたYoutapは、サービスがBharat QR業界標準に従うと言った。Bharat、Mastercard、およびVisaにより発展させられた共通の指定は、電子ドラフト・キャプチャ・マシンなしで小売店が電子支払いを受け入れることを可能にするようにデザインした。

インド国営のBSNLとMobiKwik、インドでモバイル財布を立ち上げた!

Mobile World Liveは、インド国営のオペレータBSNL(Bharat Sanchar Nigam Limited)は、国内のセミ都市および地方の一部分の金融含有を押し上げて、流通において政府プログラムが現金の量を減らすことを補助するようにデザインされたモバイル財布を発進させたと報告した。

韓国のウリ銀行は、年内にも仮想通貨発行。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年08月21日に、韓国のウリ銀行(우리은행/Global WooriBank/友利銀行/ウリィ銀行)は、分散型台帳技術であるブロックチェーンを活用した「仮想通貨」を今年末までに発行すると報告した。

BitcinCashが11万円台に乗せ、初めてのゲームは終わった。

BitcoinCashの価格が2017年08月19日20時45分に、100,000円を突破した。

その20分後、2017年08月19日21:05に価格は107,843円になり、その5分後、2017年08月19日21:10に価格は112,990を記録した後、急激に落ち始め、一時少し盛り返したが、急落続いた。

BitcoinCash!前日比約65%上昇。

bitFlyerは2017年08月18日に、「前日比約65%上昇し、現在のビットコインキャッシュ価格は 56,000 円台です。」と報告して来た。

58,000円台まで上がった!

私が騒いでいるのに、bitFlyerに無視されて来た!
でも、もう無視できない!
2017年08月18日に、BitcoinCashで2回もTwitterを送って来た!

実は、Bitcoinが北朝鮮問題で、これまで手を出してこなかった金持ち投資家が参入し、これまで呑気にBitcoinで楽しんで来たが、高額になりすぎ、嫌気が差したのかもしれない。

Bitcoinの不思議な高騰。

これまでのBitcoinとは違う、不思議な高騰が昨日起こった。

新しいマネーゲーマーが、北朝鮮問題でBitcoinに参入して来たことから、何かが起こると思っていた。

何かが起ころとわかっていたので、注目していたら、起こった!

蟻金融は、1000万人の日本ユーザー に提供する可能性がある。

Mobile World Liveは2017年08月16日に、Alipayの親会社蟻金融(Ant Financial)は、手近な日本モバイル財布サービスのため,3年以内に1000万のユーザーベースを設立することをめざすと、日経アジアレビュー(Nikkei Asian Review)は言ったと報告した。

2017年04月にSCMP(South China Morning Post/サウスチャイナ・モーニングポスト)などで、日本に向けて会社の動きを見て噂で最初は明らかになった。

その時レポートは、韓国とマレーシアのベンチャーと同様に、ローカルな会社と組むために、蟻金融が設定されると伝えていた。

しかし、日経アジア人レビューは、会社が2018年早期に、リリースするために、自身のアプリを開発するために、現在セットされているように思われると、報告した。

WorldRemitは、ケニアの国立銀行を扱う!

Mobile World Liveは、NBK(National Bank of Kenya/ケニア国立銀行)は、オンラインの送金会社WorldRemitと、モバイル取引にサインし、外国から資金を受け取るその顧客のためのオプションが拡張されると報告した。

北朝鮮のリスク緩和で、先物4000億円の売り「失敗」!

日本経済新聞 電子版は、日経QUICKニュース(NQN)からの情報として、北朝鮮のリスク緩和で、東京株式市場で日経平均株価にまで影響したと報告した。

Bitcoinの峠越えも影響しているのだろうか?

2017年08月15日午前の東京株式市場で日経平均株価は前日比252円(1.3%)高の1万9789円と反発した。

米国政府高官の発言などを受け、北朝鮮リスクへの警戒がいったん後退した。

あと375円で、500,000円突破!

bitFlyerが、「Bitcoinは500,000円まであと少しです。」といった時、Bitcoinは497,000円であった。

それからさらに高騰してから、484,000まで下落した。

しかし、一瞬だが2017年08月15日12時45分から49分の間に499,625円まで行ったことが記録されている。
つまり、あと375円で、500,000円であった。

中国銀聯カード、年内にロシア全域の8割を網羅。

AFPは2017年08月20日に、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳した情報として、銀聯国際(China UnionPay International)が2017年08月14日に発表したところによると、銀聯国際はロシア第二大銀行のVTB24銀行との業務提携を深め、同行のすべてのATMで銀聯カード(UnionPay Card)を使用できるようにすると報告した。

年内に12万台のPOS端末で銀聯カードが受理され、ほとんどのロシアの小売り店舗で中国銀聯のモバイル決済サービス「雲閃付(QuickPass)」が開通される見込みだという。

ロシア4大銀行による銀聯カードでの受け入れが全面的に開通することになり、2017年末には現地での銀聯カードの使用範囲が8割以上に引き上がる。

さらにBitcoin、記録更新!

Bitcoinは2017年08月13日23時14分から23時15分に442,130を記録したが、その役23時間30分後、2017年08月14日22時44分から22時45分に477,481を記録した。

その差額は、3,5351になった。

日経新聞も、今回のBitcoin高騰を記事にした。

日本経済新聞 電子版は、「ビットコイン、初の4000ドル台 騒動収束で資金流入 」を公開し、代表的な仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)の価格が2017年08月13日未明、初めてUS$4000を超えたと報告した。

今日のBitcoinは41万台から47万台にまで高騰した。

時々、片目でチャートを見ていたが、どこまで高騰するのか恐ろしくなった!

次に、何かが起こって高騰すると、50万の大台に乗りそうな勢いであった。

Bitcoinが40万台に突入し、さらに高騰。

Bitcoinが2017年08月12日09時10分に40万台に突入し、一旦は39万台に下落したが、15時20に41台になり、一時少し落としたが勢いを落とさず、日付が変わって42台に、その後一気に43万台に近づき、2017年08月13日01時50分には438,569を記録した。

なんと、1日かからずに、約4万の高騰であった。

Apple Payで、指紋認証の死角を使って、他人カード情報悪用できた。

日本経済新聞 電子版は、「Apple Pay」を使って、「ダークウェブ」などで入手したカード情報情報を使った不正使用が発覚し、多額の詐欺被害が明るみに出たと報告した。

アップルのスマートフォン「iPhone」を店頭の読み取り機にかざして使う手軽さが売りだが、「利用者の本人確認」が落とし穴になっている。

スペインのBBVAは、モバイル金融サービス成長を歓迎。

Mobile World Liveは、スペイン巨大銀行BBVA(Banco Bilbao Vizcaya Argentaria)は、国内市場で300万人のモバイルApp顧客に達し、インタラクションは5月に、1年前と比べて135%上がったと報告した。

ステートメントにおいて、多国籍の銀行は、12月と5月の間にスペインのモバイル顧客数が30%増大したを言った
それはスマートフォンのインタラクションを5,600万回を記録した。

Bitcoin Cashが発売後11日目。まるで阿波踊りかサンバ!

bitFlyerは2017年08月09日に、 BCH(Bitcoin Cash)売買サービスに加え、預入・送付サービスの提供を開始したと報告した。

BCHの価格動向を見ると、どこまで落ちるかと心配していたが、発売後1週間で値上がり始まり、BTC(Bitcoin)と比較すると、反比例したり、正比例したりと、まるで阿波踊りかサンバで、先が読みにくくなって来ている。

しかし、BCHの価格が安いことから、購入量が大きく、売却が少なく、ほとんどが購入になっている。

もしかすると、BTCが高くなりすぎ、BTCの夢をもう一度と購入が増えたのかもしれない。

中国政府は、個人のモバイル現金転送を直接管理する。

Mobile World Liveは、FT(フィナンシャル・タイムズ/Financial Times)のレポートから、Alipay、WeChat Pay、および中国の他のサードパーティ支払プロバイダは、2018年06月までに、データ視界を増大させることへの明白な動きとして、政府にコントロールされた洗浄ハウス(government-controlled clearing house)によって、すべてのトランザクションを発送しなければならない。

この動きは、バンキング産業のまわりでユーザーデータが共有されることを意味し、国のモバイル商業プレーヤーの優越を抑制できた。

仮想通貨で、被害相談が急増!

毎日新聞は2017年08月10日に、「Bitcoin」などインターネット上の仮想通貨が「何者かに不正送金された」という被害相談が今年に入り急増していることが、警視庁への取材で分かったと報告した。

警視庁は上半期(1〜6月)に2016年の1年間の約4倍の相談を受けており、中には6300万円が口座から送金されたケースもあった。

警視庁は不正アクセス禁止法違反容疑で捜査している。

TerraPayは、ウガンダでの送金事業で承認を得た。

Mobile World Liveは、ウガンダ銀行(The Bank of Uganda)は、お金を国のモバイル財布に変えるように、支払いを受け入れるために、2100万のアカウントを広げる国際的な送金会社TerraPayを承認した。

TerraPayは、お金がパートナーの小売りがネットワークから世界中に市場の範囲を横切る個々モバイル・マネー・アカウントに直接移されることを可能にする。

WeChat Pay、2018年に香港でのサービス拡充。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年08月11日に、深圳市に本拠を置く中国のインターネット・サービス大手「騰訊(Tencent/テンセント)」の最高経営責任者(CEO)馬化騰(Ma Huateng/Pony Ma)は2017年08月09日 ni、自社が展開するモバイル決済サービス「WeChat Pay(微信支付/ウィーチャットペイ)」について、香港でのサービス拡大に向けてHKMA(Hong Kong Monetary Authority/香港金融管理局)と調整を進めていることを明らかにした。
2018年にも進展があると、2017年08月10日付香港経済日報などが伝えた。

金融サービス会社Net1は、VodacomとMTNが捨てた南アフリカに参入。

Mobile World Liveは、金融サービス会社Net1が、、モバイルの「包括的な金融サービス」を南アフリカで提供するのに南アフリカの3番目に大きいオペレータであるセルC(Cell C)の15%の株式を取得したと報告した。

Net1は、銀行取引のない市場での緊急な開発に向けられた金融サービスを提供する。

中国で、スマホ決済「2強」が激突!

AFPは2017年08月08日に、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳した情報から、「スマホ決済「二強」が激突!「キャッシュレス社会」は実現なるか?」を公開した。

アップル社(Apple)の「Apple Pay(アップルペイ)」は、前月からすでに顧客に最低5割引キャンペーンを実施していたが、中国IT大手のテンセント(Tencent)傘下のスマホ決済サービス「WeChat Pay(ウィチャットペイ)」とアリババ・グループ・ホールディング(Alibaba Group Holding)傘下のオンライン決済サービス「Alipay(アリペイ)」が2017年08月01日に、スマホ決済利用時の報奨金キャンペーンなど大々的な「キャッシュレスウィーク」をスタートさせたと報告した。

なかでも「Alipay」の力の入れようは顕著で、2元(約32円)以上の決済で最大4888元(約8万59円)の報奨金がもらえるキャンペーンを実施した。

これは、日本では違法である。

FiservはMonitiseのために最終的な入札を提示。

Mobile World Liveは、Fiservは、悩まされたモバイル支払い会社Monitiseのための取引のために株主をバックして勝ち取るために、その申し出入札を£7500万まで増大させた。

それらに、取引を取るように懇願しているMonitiseの取締役会にもかかわらず、その前の£7000万の申し出が、低すぎることとして、何人かの株主により批判された。

Alipayは、ロシアでタイアップし、100万人の観光客を狙う!

Mobile World Liveは2017年08月07日に、Alipayは、ロシアの主要な銀行のうちの1つVTBとの取引に署名し、ロシア国内の全国にある100,000の小売店で中国の決済システムをサポートするために、ロシアの主要な銀行のうちの1つVTBとの取引に署名したと報告した。

この動きは、中国の観光客でポピュラーな位置に基づく小売店とパートナーとの取引にサインして、中華人民共和国を越えて、そのサービスのフットプリントを増大させるAlipayの戦略の一部である。

投機筋の持ち高膨らみ、たまる円高マグマ。

日本経済新聞 電子版は、US$1=110円台前半で膠着する円相場が、投機筋による円買いマグマがたまり続けているため、ちょっとしたきっかけで円高・ドル安へ大きく振れるとの見方が出てきたと報告した。

世界の金融市場は空前のカネ余りで、株・債券・為替のいずれも相場が振れやすくなっている。
自国内の取引材料が限られる円は現在身動きが取りにくいが、世界市場の動向次第で一気に動くかもしれないと伝えている。

丸井グループでビットコイン決済サービス提供開始!

bitFlyerは2017年08月04日に、丸井グループでビットコイン決済サービス提供開始すると報告していたが、丸井グループの新宿マルイ アネックスで、2017年08月07日月曜日より試験導入を開始したと発表した。

2017年08月01日にBitCoin、2つに分裂し、BitCoin Cashが誕生した直後の発表で、大丈夫か心配したが、ビック・カメラの実績が、この冒険を可能にした。

Bitcoinよ!どこまで上がる?

bitFlyerのチャートは、あくまでも目安!

2017年08月06日の1日のチャートでは370,632となっているが、実際には2017年08月06日に最高値は370,817を記録したことが、24時間の相場変動が示している。

2017年08月06日の全体チャートを見ると、最高値は2017年08月06日00:00-11:59に362,242で、その誤差はさらに激しい。

Bitcoin Chashは落ち続け、Bitcoinは高騰!

BitCoinは2つに分裂し、想像したことの逆転現象。
つまり、Bitcoin Chashが高騰して、Bitcoinが落ち続けると思ったが、反比例の逆転現象が起こっている。

Bitcoinは2017年05月03日に、US$1400台になり、「Bitcoin」が最高値を更新したが、その後は乱高下を繰り返しながら高騰し、2017年08月05日に、354,588円になった!

倍額以上になった!

これは、今朝の高額で買っても数時間で20,000〜30,000の利益を生んだ!
恐ろしいことである。

キャセイパシフィック航空、アリババ系3部門と戦略提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年08月07日に、香港航空大手のキャセイパシフィック航空(Cathay Pacific Airways Limited)は2017年08月04日に、EC(Electronic Commerce/電子商取引)として、中国最大手の浙江省杭州市の阿里巴巴集団(Alobaba/アリババ)、アリババ系金融会社螞蟻金融服務集団(Ant Financial)と、旅行サービスの強化に向けた戦略提携を締結したと発表した。中国人の海外旅行がもたらす大きな商機をつかむため、キャセイパシフィック航空はアリババ・グループのさまざまなサービスを使って、個人に合った旅行商品などを提供する。

アリババ傘下のオンライン旅行サービスプラットフォーム阿里旅行を改名した「飞猪(Fliggy/飛猪)」は、キャセイパシフィックを利用する旅行者に対し、個人に合った旅行商品を提案する。2社は中国人の海外旅行を促す機会を探ることでも協力する。
キャセイパシフィックは「飞猪」に旗艦店を開設しており、今回はより踏み込んだ提携関係の構築を目指す。

中国の「国家級レストラン」は、昨年の売り上げ1.3兆円。

AFPは2017年08月13日に、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳した記事からとして、全国酒家酒店等級評定委員会(全国酒家酒店等级评定委员会/レストラン・レベル評価委員会)、中国烹饪协会、中国饭店协会の専門委員会の張麗君(Zhang Lijun)主任が新華社で2017年08月03日発表したところによると、中国で同評定委員会から「国家級レストラン(国家级酒家名单)」と評価された3200社は、2016年の売上高が770億6000万元(約1兆2620億円)で、中国全土における外食市場の4%を占めたと報告した。

中国では、レストランの「ベスト50社」のうち、国家級レストランは全体の68%にあたる34社(企業グループを含む)がランクインした。

大きいビジネスの採用により、Squareの収益は押し上げられた。

Mobile World Liveは、Squareは6月の終わりの3ヶ月でUS$164億を処理して、販売機器のモバイルのポイントのためのトランザクション価値で1年前と比べ32%上昇を記録した。

会社は、最初は中小の小売店をでターゲットとされたそのテクノロジーを使って、ますます多くのより大きいビジネス成長に戻していた。
収益は、また増大したこれらのトランザクションにおいてUS$4億8200万まで32%を作った。

日本経済新聞は、Bitcoin分裂を「合議のツケ」と読んだ。

日本経済新聞 電子版は2017年08月03日に、木ノ内敏久記者の記名記事を公開し、代表的な仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」が2017年08月01日夜に分裂し、新しい通貨「Bitcoin Cash(ビットコイン・キャッシュBCH)」が誕生した。BCHは時間の経過につれ取引が増え始め、新旧2つの規格が並立する状態に。共同体の不平分子がたもとを分かち、騒動はひとまず収まった形だが本家の「Bitcoin」には分裂の火だねがなおくすぶる。2009年の誕生から8年。「Bitcoin」は覇権を争う大競争時代を迎えたと報告している。

インドで、Paytm、WhatsApp、Hike setの縄張り争い。

Mobile World Liveは、Paytmは、モバイルの支払いの中心的なビジネスを続けるためにのチャットサービス開始によって、WhatsAppとHike setと競合するために設定された。

Paytmに近いソースを引用することによって、WSJ(The Wall Street Journal/ウォールストリート・ジャーナル)は、インドのモバイル支払い会社が、数週以内にメッセージで送ることに動くことができると報告した。

アップルCFOはモバイル支払いサービス拡張を詳説。

Mobile World Liveは2017年08月02日に、Apple Payは年末までにUAE、デンマーク、フィンランド、およびスウェーデンでスタートし、20カ国にサービス入手可能性を拡張する。

UAEでの開始は中東とアフリカで最初のApple Pay市場であり、北アメリカ、ヨーロッパ、およびアジアでの初期の販売開始の焦点を合わせた。

会社は、5月に、サンマリノとバチカン市国を含むイタリアのスタートによって、その最も新しい領域のスイッチを入れた。

Juvoは、資金をUS$4000万に上げた後に、拡張をプロットする。

Mobile World Liveは、モバイルの金融サービス会社Juvoがベンチャー・キャピタル資金から出資を得る時に、US$4000万を確保した。

投資者の現金は、その製品範囲を増大させることに使用するように設定された。

米国ベースの会社Juvoは、クレジットとモバイル・マネー・サービスのための先払いされた顧客の適合性を評価するために、クレジット得点テクノロジーを発展市場のモバイル・オペレータに供給する。

【重要】Bitcoin Cash取扱い開始のお知らせ

bitFlyerは2017年08月02日21時14分に、「【重要】Bitcoin Cash取扱い開始のお知らせ 」を送信してきた。

早速、Bitcoin Cashのページを見てみようとしたが、21時20分34秒になっても最新取引時間が21時16分のままで、購入価格、売却価格も「CLOSED」で、Bitcoin Cashの略称表示がBCCからBCHに変わり、見本のキャプチャが13時34分で40,379なのに対し、21時13分に84,323に倍以上になっている。

総件数:2814最初1234567891011121314151617181920...最後