Wirecardはヨーロッパの支払いのため、Fitbitと提携。

Mobile World Liveは2018年04月18日に、ドイツのデジタルの支払いプロバイダーWirecardは、コンタクトレスの支払いアプリをヨーロッパ全体でウェアラブル・メーカーのスマートウォッチに追加するために、Fitbitと提携した。

取引は、Fitbit支払いを使うために可能なユーザーの数を押し上げる。
現在、スペインおよび多くのUK金融機関に含めているヨーロッパに限られた多くのパートナー銀行サンタンデル(Santander)を持っている。

インドの紙幣不足、6州に拡大!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月18日に、インドで紙幣が不足する地域が広がってきた。現時点で6州がこの問題に直面していると報告した。

インドの新聞「タイムズ・オブ・インディア(Times of India)」は2018年04月17日に、当局が紙幣を貯め込んでいることなどが背景にあるとみられると伝えた。

大阪・ミナミで、違法カジノ急増。

毎日新聞は2018年04月17日に、大阪市の繁華街ミナミで違法カジノ店が急増している。
関係者によると、パソコンさえあれば開設できる「インターネットカジノ」が多く、全国的に増えているという。

参入を巡って暴力団関係者らの襲撃事件に発展するケースも出てきた。違法カジノの実態はどうなっているのか?毎日新聞の記者が夜のミナミを歩いたと報告した。

フィリピンの通信最大手PLDT、ドイツのコピーキャット会社に株売却。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月18日に、フィリピンで2位の通信最大手PLDTは2018年04月16日に、間接子会社のPLDTオンライン・インベストメンツを通じて保有するドイツのインターネット支援企業ロケット・インターネット(Rocket Internet)の株式6.1%の一部を売却すると発表したと報告した。

PLDTによると、ロケット・インターネットは先に自社株1,547万2,912株をTOBで買い戻すと発表した。

TOB価格は1株当たり24ユーロ。

Coincheckの「NEM」訴訟費用は最大20億円。

日本経済新聞 電子版は2018年04月14日に、マネックスグループの松本大社長は日本経済新聞社の取材に応じ、2018年04月16日に買収を完了する仮想通貨交換会社 Coincheck(コインチェック)から流出した仮想通貨「NEM(ネム)」に関する訴訟費用を「最大でも10億〜20億円と見積もっている」と明らかにした。

同時に、匿名性が高い3つの仮想通貨については取り扱いをやめる考えを示したと報告した。

仮想通貨、全面高騰!

2018年04月09日から値上がりが始まり、本格的に上昇し始めた!

フィリピンの物流LBC、日本からの送金でJRFと提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月16日に、フィリピンの物流大手LBCエクスプレス(LBC Express)は2018年04月12日に、送金事業を手掛ける東京都港区のJRF(Japan Remit Finance Co., Ltd./ジャパンレミットファイナンス)と提携したと発表した報告した。

MTNとEcobankの協定は、金融サービスの革命を爆進中。

Mobile World Liveは2018年04月11日に、MTNは、アフリカで最も大きい銀行のうちの1つEcobankとパートナーシップを拡張し、会社が、金融の含有を動かし、それらの消費者サービスの範囲を増大させるといった。

ステートメントにおいて、パートナーは、財産の組み合わせが国際的な送金「digitisation」を許すと言い、モバイルベースの貯金と貸付金サービスでの革新を可能にし、デジタルの支払いをビジネスに提供すると報告した。

ケニアで、モバイル・マネーの相互運用はライブで実現。

Mobile World Liveは2018年04月11日に、SafaricomとAirtel Kenyaは、Telkom Kenyaの計画に参加するための制作準備によって、国中いたるところのバイル・マネーの相互運用を広げた。

広く予期されている動きは、当局からプレッシャーに続き、1月に試験的なフェーズが始まった後に来た。

中国の宅配大手、カンボジアの郵政公社などと提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月11日に、カンボジアの新聞「華商日報(华商日报/電子版)」が、中国宅配大手の上海市の中通快逓(中通快递/ZTO Express/ZTOエクスプレス)は、カンボジア郵政公社および同公社の関連ソリューション会社と戦略提携したと報告した。

岐阜の仮想通貨交換業者ブルードリームジャパンに、業務停止命令!

岐阜の仮想通貨交換業者ブルードリームジャパン株式会社(本店:岐阜県岐阜市、法人番号2180003017476)に対し、資金決済に関する法律(平成21年法律第59号)附則第8条に基づく仮想通貨交換業者に、法第63条の15第1項に基づく金融庁の検査により、法第63条の10(利用者の保護等に関する措置)等に違反する事実が認められたことなどから、2018年04月11日に、東海財務局長がブルードリームジャパンに対して行政処分を行ったと報告した。

東海財務局はブルードリームジャパンに対し、2018年04月11日から06月10日まで業務停止命令を発令した。

これは、横浜のFSHOが2018年04月06日に関東財務局から発令された、2018年04月08日から06月07日まで業務停止命令に続く処分である。

Lebara、マネー・サービスを押し上げるためにWorldRemitと協定。

Mobile World Liveは2018年04月10日に、国際的なMVNO Lebaraは、その6つのヨーロッパ市場の顧客が、世界中の145より多い宛先に送られた資金を処理するために、送金会社WorldRemitとの独占的な取引にサインしたと報告した。

追加のサービスとしてMVNOにより提供されたレバラ・マネー(Lebara Money)を通して、イギリス、ドイツ、オランダ、フランス、スペイン、およびデンマークのディスカウント振替の顧客に、宛先の範囲に提供する。

サービスは、お金を発展市場のファミリーメンバーと友人に送っている最初に向けられたユーザーである。

Alipay親会社は、周りでUS$90億の出資先を見ている。

Mobile World Liveは2018年04月10日、Alipay親会社の蟻金融(Alipay parent Ant Financial)は、会社をUS$1500億と見積もる数値を上げるために、まわりでのその最新の投資としてUS$90億でより多く、先端をつけられるとWSJ(Wall Street Journal/ウォールストリート・ジャーナル)、PayPalとゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)は報告した。

会社が、計画された新規公募の前の私的な投資者から資金を今年末集めることは期待されていると、WSJは付け加えた。

昨年度、仮想通貨の国内取引69兆円。1年で20倍!?

朝日新聞デジタルは2018年04月11日に、2017年度の国内での仮想通貨の取引規模が、約69兆円分に達したことが明らかになった。

1年で急拡大し、約20倍に膨んだ。

一方、仮想通貨交換業者Coincheckでの不正流出を機に、業界のずさんな実態も明らかになった。

金融庁は2018年04月10日、有識者らによる研究会を発足させ、規制強化に乗り出したと報告した。

またまた、訳の分からない有識者が登場した。

Amazon.com、Alexa P2P支払いを熟考。

Mobile World Liveは2018年04月09日に、WSJ(Wall Street Journal/ウォールストリート・ジャーナル)のレポートによれば、e-コマースの巨人Amazon.comは、音声アシスタントのアレクサ(voice assistant Alexa)のP2P(person-to-person/個人対個人)を使用した振替を調査するために設定されたと報告した。

中国の交通系ICカード、190都市で相互利用可能。

AFPは2018年04月09日に、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳した情報として、中国の交通系ICカード(中国交通系IC卡*上海都市旅遊卡)は、天津(Tianjin)、河北省(Hebei)エリア、上海市(Shanghai)と江蘇省(Jiangsu)南部・ 浙江省(Zhejiang)北部を含む長江デルタ地域、や珠江デルタ地域(Pearl River Estuary)などのバス、地下鉄、タクシー、公共自転車やフェリーなどをカバーしている。

Coincheckの買収劇の舞台裏。そしてこれから!

日本経済新聞 電子版は2018年04月06日に、約580億円相当の仮想通貨が流出し、会社存続の危機に直面したCoincheck(コインチェック)は他社の傘下に入るしか経営再建の道はなかった。

交渉の過程では高利益を見込める仮想通貨交換業への参入を狙い、複数の企業が支援に名乗りを上げては消えた。

そして、最終的に、インターネット証券大手のマネックスグループは2018年04月06日に、仮想通貨交換事業者のCoincheckを36億円で完全子会社化すると発表した。

都内で2018年04月06日に開いた記者会見でマネックスグループの松本大社長は、「新技術を持つCoincheckと経験を持つマネックス。大きなシナジーがあるはずだ。」と、都内の記者会見で語ったと報告した。

横浜市のFSHOに業務停止命令の後、仮想通貨が動き出した!

みなし業者の横浜市のFSHOに、2018年04月06日に金融庁から行政処分が言い渡され、関東財務局から2018年04月08日から2018年06月07日までの間、仮想通貨交換業に係る全ての業務を停止(仮想通貨の交換等に関し利用者に対して負担する債務の履行等を除く)が言い渡された後、Ethereumが上昇しはじめた。

金融庁、週内にさらに複数の仮想通貨登録業者に立ち入り検査に着手。

日本経済新聞 電子版は2018年04月08日に、金融庁は週内に、仮想通貨交換業の登録業者を対象に、改正資金決済法に基づく立ち入り検査に着手する方針を固めたと報告した。

複数の大手会社を中心に資産の分別管理や企業統治の状況などを調べる。

不備が見つかれば業務改善命令などの行政処分を出す。

ひどい時は、登録剥奪もおこるだろう。

仮想通貨c0banの株式会社LastRootsに対する行政処分について

金融庁は2018年04月06日に、株式会社LastRoots(法人番号4010401125234/資金決済に関する法律(平成21年法律第59号)附則第8条に基づく仮想通貨交換業者)が、仮想通貨技術を使った資金調達「ICO(Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開)」の一つとして開発した、ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨c0banの取引所を運営する東京都港区の株式会社LastRootsにおいては、法第63条の15第1項に基づく、LastRootsからの報告及び金融庁の検査により、内部監査の未実施など、法令等遵守や適正な業務運営を確保するための実効性ある経営管理態勢が不十分であるほか、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策、利用者財産の分別管理並びにシステムリスクに係る実効性ある管理態勢が構築されていないことが認められたことから、2018年04月06日に、関東財務局長がLastRootsに対して行政処分を行ったと報告した。

コインチェック、マネックスグループの完全子会社化、新経営体制の報告。

Coincheck(コインチェック)は2018年04月06日に、プレス・レター「コインチェック株式会社、マネックスグループ株式会社の完全子会社化及び新経営体制のご報告」を公開した。

タイ発の日系ベンチャー、新韓カードと覚書。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月09日に、タイ発の日系ベンチャーで、決済サービスを提供するOmiseは2018年04月05日に、韓国の新韓金融グループ子会社の新韓カード(Shinhan Card)と、フィンテック(ITを融合した金融サービス)やブロックチェーン(分散型台帳)技術での協力に関する覚書を締結したと発表した。

OmiseのCEO(最高経営責任者)は長谷川潤。

私は以前から、ブロックチェーンが理解できないフィンテックはあり得ない!偽物と言ってきた!

MTNは、ザンビアでマネー・ネットワークの拡張。

Mobile World Liveは2018年04月05日に、MTNザンビアは、Biztechアフリカの流通を拡張させるため、金融サービス・プラットフォームとして、ザンビアで500の新しいモバイル・マネー・キオスクと3,000の新しい小売りポイントを初公開したと報告した。

インドのReliance Jioは、銀行立ち上げと同時にAirtel challengeに対抗。

Mobile World Liveは2018年04月05日に、インドのReliance Jioは、ライバルのAirtel challengeとIdea Cellularを提供するアーディティヤビルラ(Aditya Birla)と、インドの売り込みで大接戦になる支払い銀行サービスをスタートしたと報告した。

シンガポールのDBS銀行、法人顧客の小切手3割減へ。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月06日に、シンガポールの最大手金融DBSグループ・ホールディングス傘下のDBS銀行(DBS Bank)は2018年04月05日に、法人顧客が発行する小切手を向こう2年で少なくとも3割減らす方針を明らかにした。

マネックス、Cpincheckの再建主導。

日本経済新聞 電子版は2018年04月05日に、巨額の仮想通貨が流出事件を起こしたCoincheck(コインチェック)が、インターネット証券大手のマネックス・グループ(Monex Group)から出資を受け入れる方針を固たと報告した。

久々のApple Pay!ブラジルスタートによって、LatAmデビュー。

Mobile World Liveは2018年04月04日、Apple Payは世界の最も大きい銀行のうちの1つItau Unibancoとのタイアップの後にブラジルでスタートしたと報告した。

ラテンアメリカ人地域での最初の市場として、ブラジルを選んだのは、Googleからのechoes movesで、Android Payを2017年11月に開始した。

ライバルのSamsung Payは、2016年07月以来ブラジルで利用できる。

フィリピンの財務省、電子納税システムの構築に着手。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月05日に、フィリピンのビジネスワールド(BusinessWorld)は2018年04月04日に、フィリピンのDOF(Department of Finance/財務省)は、オンラインで税金や公的手数料の支払いを受け付けるシステム「PHペイ・システム(PH Pay system)」の構築を進めている。手続きの煩雑さを解消し、納税などに必要な時間を大幅に短縮することが狙いと、伝えたと報告した。

Bitcoinは、高騰し、落ちて言ったように見える。

Bitcoinは、以前のように、私が寝ている時に高騰し、そして落ちて言ったように見えるが、実は錯覚です。

途上国の起業家を対象にした米国の小口金融タラ、マニラから東南ア統括へ!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月03日に、途上国の起業家を対象にしたマイクロファイナンス(Micro finance/小口金融)を展開する米国カリフォルニア州サンタモニカに本社があるの新興企業タラ(TALA)は、マニラ拠点から東南アジア事業を統括する方針だ。英語が話せるIT人材を確保しやすいため、今年は同拠点の人材を増強し、東南アジアでのサービス展開に備える。地元メディアGMAネットワーク(GMA Network)が2018年03月29日に伝えたと報告した。

Coincheckに支援要請されたマネックスが、買収案提示。

日本経済新聞 電子版は2018年04月03日に、巨額の仮想通貨流出事件を起こしたCoincheck(コインチェック)が、支援先を募り、インターネット証券大手のマネックス・グループ(Monex Group)が子会社化する買収案を提示したことが分かったと報告した。

マネックス・グループが、午後1時ごろに支援に名乗りをあげたとの第一報が伝わり、マネックス・グループの株は一時、前日終値に比べ80円高い424円と制限値幅の上限(ストップ高水準)まで急騰した。

マレーシアのiPay88、口座なくても電子決済可能に!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月04日に、マレーシアの経済新聞「ビジネス・タイムズ(Business Times)」は2018年04月03日に、NTTデータ傘下のマレーシアのEC(E-Commerce/電子商取引)決済最大手「iPay(アイペイ)88」は2018年04月02日に、銀行口座を持たない人でも利用できる電子決済システム、「バーチャル・アカウント(Virtual Account)」を発表したと伝えたと報告した。

カンボジアのタイ系トゥルー、電子マネーAppを導入。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月03日に、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2018年04月02日に、タイで最大のコングロマリットと言われ、農業分野や食料品の分野を中核事業として、通信、不動産分野にも精力的に進出し、全部で8つの分野で事業を展開しているタイ大手財閥CP(Charoen Pokphand/チャロン・ポカパン)グループ傘下の決済サービス会社トゥルー・マネー・カンボジア(TrueMoney Cambodia)は、米国のGoogleの基本ソフト(OS)「Android」、アップルの「iOS」のいずれにも対応する電子マネーAppを導入したと報告した。

レジで現金引き出しの「キャッシュアウト」サービス、イオンが開始。

日本経済新聞 電子版は2018年04月03日に、イオンはは2018年04月02日に、小売店のレジでキャッシュカードを使って現金を引き出せる「キャッシュアウト」サービスを2府12県の42店舗で始めたと報告した。

さらに、2018年04月03日には宮城県気仙沼市のイオン気仙沼店の移動販売車でも使えるようにした。

仮想通貨技術を使った資金調達「ICO」が、新しい段階を迎えた!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月02日に、詐欺という言葉が先行し、信用を無くしていた仮想通貨技術を使った資金調達「ICO(Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開)」が、新しい段階を向かえた。

マレーシアのLCC(Lightbridge Communications Corporation/格安航空会社)大手AirAsia(エアアジア)グループの最高経営責任者(CEO)タン・スリ・アンソニー・フランシス・"トニー"・フェルナンデス(Tan Sri Anthony Francis "Tony" Fernandes,CBE)は、香港で行われた日経新聞とのインタビューで、グループ独自の仮想通貨「BIGコイン(BIG Coin)」を発行する構想を明らかにしたと2018年03月30日にNanyang Siang Pau(南洋商报)が伝えたと報告した。

警視庁、サイバー捜査の新拠点開設。

日本経済新聞 電子版は2018年04月02日に、深刻化するサイバー犯罪、攻撃に対応するため、警視庁は2018年04月02日に、捜査を担う6部門の拠点を東京都文京区の新庁舎(通称サイバービル)に集約したと報告した。

その目的は、部署ごとに分散していた捜査員ら約500人を1カ所に集め、捜査や情報収集などで連携を強化することである。

ビルには、「生活安全部サイバー犯罪対策課」や「公安部サイバー攻撃対策センター」など警視庁の各部署のほか、「東京都警察情報通信部」を加えた計6部門が入る。

同じ拠点に入ることで、資機材や人員の調整がしやすくなるとみている。

必要に応じて招集する「部門横断型チームも」新設した。

Bitcoinは、約6万円上下。

Bitcoin2018年04月01日10時46分から47分に75万4,117円から、2018年04月02日01時02分から03分に69万0361円まで6万3,756円下落し、2018年04月02日09時48分から49分に74万8,003まで、5万7,642円高騰した。

しかし、購入と売却で約2万円の差があることから、下落した価格と高騰した価格から差し引く必要がある。

Bitcoinは乱高下で上がっているように見えるが、下がっている。

車に乗ってる時、上り坂だと思って、下り坂でアクセルを踏んで大事故になるのに似ています。

1週間のチャートを見ると、今は金融庁のショック・ダウンを修正しているだけで、決して上がっていない。

米国のCboeの2018年02月と03月のビットコイン値動き情報。

不思議なお金の格言と金言とともに、株価などの相場情報を無料で配信してくれる180.co.jpのメールマガジン
「貧乏は幸せなお金持ちの近道。」がCboeビットコイン先物相場を公開している。

米国のCboeの2018年02月を掲載しなかったので、2018年03月とともに紹介する。

米国で暗号通貨(crypto_currency)の先物取引は、「GXBT Cboe Bitcoin」と「BRR CME Bitcoin」が取り扱われているが、「貧乏は幸せなお金持ちの近道。」では、「GXBT Cboe Bitcoin」だけが公開されている。

ただし、think 180 aroundのWebページには、「GXBT Cboe Bitcoin (USD)」「BRR CME Bitcoin (USD)」が公開されている。

カンボジアのSmartPay、銀行口座不要の決済可能に!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月04日に、マレーシアの携帯通信大手アクシアタ・グループ(Axiata Group)の子会社で、カンボジアの携帯電話サービス大手スマート・アクシアタ(Smart Axiata)は、モバイル決済サービス「スマートペイ(SmartPay)」を通じて、銀行口座やクレジットカードなしでスマートフォン向けのアプリの決済ができるようになると正式に発表したと報告した。

Airtel MoneyとTigo Cashのモバイル財布を統合。

Mobile World Liveは2018年03月29日、Airtel MoneyとTigo Cashは、ガーナで統合されるようにセットされ、現代ガーナで既存のジョイント・ベンチャーとして拡大すると、親会社Bharti AirtelとMillicomが報告したと伝えた。

2つの財布サービスは、4月に統合が完成し、より顧客の数は広げられ、資金をそれに転送し、支払いを受け入れている商店の範囲も増大できる。

金融庁主導で淘汰。仮想通貨から新たに2社が撤退。仮想通貨大暴落!

日本経済新聞 電子版は2018年03月29日に、仮想通貨交換業者2社が新たに交換業から撤退することが分かったと報告した。

仮想通貨が順調に上昇してきたが、再度10万円以上急激に下落した。

bitFlyer、業界初、じぶん銀行との「リアルタイム入出金」サービスを提供開始。

bitFlyerと、KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資して設立し、2008年06月開業のスマートフォンをメインチャネルとするインターネット専業銀行株式会社じぶん銀行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:柏木英一、以下、「じぶん銀行」)は、2018年3月28日より、bitFlyerのアカウントとじぶん銀行口座間で24時間365日。

カジノ法、自民が譲歩。

毎日新聞は2018年03月27日に、自民、公明両党は2018年03月27日に、カジノを含むIR(Integrated Resort/統合型リゾート)に関するWT(Working team/ワーキングチーム)の会合を開いたと報告した。

カジノへの入場回数規制について、自民が譲歩し、政府原案通り「週3回かつ月10回」を上限とすることで合意した。

bitFlyer、高級輸入車販売店「ロペライオ」へのBitcoin決済サービス提供。

bitFlyerは2018年03月27日に、株式会社ロペライオ(L'Operaio)本社:東京 都世田谷区、代表取締役会長:早水 彰、以下、「ロペライオ」)に対し、Bitcoinによる決済サービスの提供を開始したと報告した。

テレコムイタリアのTIMは、マネー・サービスを拡大。

Mobile World Liveは2018年03月26日、テレコム・イタリア(Telecom Italia)は、顧客がP2P(peer-to-peer/ピアツーピア)転送、チェック・バランスを作り、提携した店のそれらのスマートフォンを使って、支払うことを可能にする新しいモバイル支払いソリューション(mobile payment solution)をスタートしたと報告した。

bitFlyer、サマンサタバサへのBitcoin決済サービス提供。

bitFlyerは2018年03月26日に、バッグ、ジュエリーの企画・製造・販売を行う株式会社サマンサタバサ(Samanth Thavasa)ジャパン・リミテッド(本社:東京都港区、代表取締役社長:寺田和正、以下、「サマンサタバ サ」)に対し、Bitcoinによる決済サービスの提供を開始したと報告した。

日本のFintech協会と、シンガポールの団体は相互支援で締結。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月27日に、一般社団法人日本フィンテック協会(Fintech Association of Japan/Fintech協会)は2018年03月23日に、SFA(Singapore Fintech Association/シンガポール・フィンテック協会)と相互支援に関する覚書を締結したと発表した。

Yahoo!登録業者に資本参加し、仮想通貨交換に参入。

日本経済新聞 電子版は2018年03月23日に、イブニングスクープとして、Yahoo(ヤフー)!仮想通貨交換業に参入する。と報告した。

金融庁、世界最大の仮想通貨業者に、無登録営業として警告!

日本経済新聞 電子版は2018年03月22日に、金融庁は世界最大の仮想通貨交換業者とされ、香港に本社を置くBinance(バイナンス)に改正資金決済法に基づく警告を出す方針を明らかにし、Bitcoinが下落した。

Binanceは、無登録のまま日本で営業しており、投資家が損害を被る恐れがあると判断した。

営業をやめなければ、警察当局などと連携して刑事告発する。

米国のアトランタ市にサイバー攻撃!「身代金」にBitcoinを要求!

AFPは2018年03月24日に、米国南部ジョージア州アトランタ(Atlanta, Georgia)市当局は2018年03月22日に、市のコンピューターがサイバー攻撃を受け、暗号化されたファイルの復旧と引き換えに仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)で「身代金」を払うよう要求されていることを明らかにしたと報告した。

健全なBitcoinユーザーにとって、世界の仮想通貨ファンにとって、最悪な犯人と言える。

捕まえたら、逆さ吊りにして---

オーストラリア連邦準備銀行は、仮想通貨発行の必要なし!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月22日に、オーストラリアの新聞「オーストラリアン(The Australian)」は、RBA(Reserve Bank of Australia/オーストラリア連邦準備銀行)のミシェル・ブロック(Michael Block)総裁補佐が、RBAに仮想通貨を発行する必要性はないとの考えを明らかにした。

また、もし発行した場合は金融不安リスクを生じ、国民が預金を一斉に引き出す取り付け騒ぎ(bank run)を引き起こしかねないとの見方を示している。

流出NEM580億円分、ほぼ全額、他の仮想通貨に交換か!?

日本経済新聞 電子版は、情報セキュリティー会社エルプラスが、ネット上に公開されたNEMの取引記録などから、交換状況を分析仮し、杉浦隆幸社長が、想通貨交換会社Coincheck'コインチェック)から約580億円分の仮想通貨NEM(ネム)が流出した事件で、流出分のほぼ全額が匿名性の高い闇サイト「ダークウェブ」で他の仮想通貨と交換された疑いがあると言ったこと、と報告した。

2017年の仮想通貨の流出被害、6.6億円

日本経済新聞 電子版と毎日新聞は2018年03月22日に、警察庁のまとめから、仮想通貨の個人アカウントを狙った不正アクセス事件が2017年に149件あったことが2018年03月22日に分かったと報告した。

仮想通貨の不正送金被害に関する年間統計が、初めて発表された。

不正送金の被害総額は約6億6240万円相当だった。

中国の観光客は、モバイル支払いに結集している。

Mobile World Liveは2018年03月20日に、Alipayは、中国の旅行者の間で莫大な煙道を他の行楽客の間の低い貫通力と比較する調査研究を初公開し、海外のモバイル決済システムを使っている中国の観光客の数で成長を大きな声で話したと報告した。

この調査は、Alipayと共同してアナリスト会社Nielsenにより導かれて、中国海外観光客の65%は、2017年の間に世界の他の場所からの旅行者の11%に比べてそれらの既存のモバイルの支払いアプリを使ったと言った。

Barclays。ケニア貸付金のためのSafaricomと提携。

日本でも「0」金利で、銀行がお金を貸せなくなり、若者が新規事業を立ち上げる資金が入手困難になり、また家を立てようにも審査が厳しくなっているが、ケニアでは、その部分を世界で最初にモバイル・マネーの事業化に成功したSafaricomが、新規事業のためにお金を貸し、利益を上げて、同時にケニアの経済発展に貢献している。

Mobile World Liveは2018年03月19日に、そのSafaricomの事業を、さらに発展させ、Barclays Kenya(バークレーズ・ケニア)は、30日貸付金をオペレータの顧客に提供するために、Safaricomとのタイアップを発表したと報告した。

アリババ、情報流出に懸念の声で、日本版スマホ決済延期。

日本経済新聞 電子版は2018年03月16日に、中国EC(E-Commerce/電子商取引)最大手のアリババ集団(Alibaba/阿里巴巴集团)が今春にも日本で始める計画だった、日本の銀行口座を経由しようと模索した日本人向けのスマートフォン(スマホ)決済サービスの開始で、個人情報の流出を懸念する邦銀の協力が得られていないため遅れていると報告した。

日本政府も中国への情報流出を懸念しており、国を超えたデータ管理の在り方が問われている。

アリババ集団が目指したのはスマホ決済「支付宝(アリペイ)」の日本版。

仮想通貨RippleのCEO、技術阻害しない方法で、規制強化を要求。

毎日新聞は2018年03月16日に、岡大介の記名記事「規制強化、技術阻害しない方法で Ripple社長」とあったが、ブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)は、社長ではなく、CEOである。

仮想通貨に使われる先端技術を活用し、安価で高速の国際送金サービスを展開する米国のサンフランシスコに本社があるRipple(リップル)のCEOブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)が2018年03月16日に、東京都内で毎日新聞などのインタビューに応じ、仮想通貨の今後について「投機的な取引が多かったが、今後は(送金サービスなど)実需に基づいた取引が増える」との見通しを語ったと報告した。

これは、Rippleの事業を正当化した発言である。
CEOとしては、当然のことであるが、そのまま記事にすべきではない。

Bitcoin取引、ピークの4分の1に急減している!?

日本経済新聞 電子版は2018年03月16日に、代表的な仮想通貨であるBitcoinの取引が急減している。
売買や送金など1日あたりの取引額はピークだった2017年末の4分の1に減少した。
金融庁による仮想通貨交換業者への行政処分が逆風になっているうえ、世界規模で規制が強まるとの警戒も高まっていると報告した。

しかし、良識ある人なら、規制が強まることで、安全になり、犯罪が減ることを期待することだろう。
特に、マネーロンダリングや犯罪の資金源などを締め出すことは、必要である。

主な取引主体だった個人の関心が、冷めているのは、低め安定が原因である。

しかし、波があるから仮想通貨なのでもある。

「MtGox」の事件があった年は、仮想通貨の投資が最低であった。

台湾の紙幣と硬貨、全面刷新なら費用は450億元。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月19日に、国民党独裁時代の人権侵害や不正義を追及し、公正な社会の確立を掲げる蔡英文政権の下、与党民主進歩党(民進党)を中心に、「過去の権威の象徴」である現在の台湾元の紙幣と硬貨を刷新するよう求める声が出ていると報告した。

これについて発券銀行の中央銀行(中銀)は、紙幣と硬貨を全面刷新する場合の総費用は450億5,100万台湾元(約1,640億円)に上るとの試算を発表した。

Trustonic、韓国のモバイル認証を押し上げる。

Mobile World Liveは2018年03月15日、韓国のモバイルの金融サービスの認証を簡素化し、改善するために、KFTC(Korea Financial Telecommunications and Clearings Institute/韓国金融テレコミュニケーション開拓地研究所)と組んだ、ソフトバンクに所有されている子会社によって支援されているモバイルの警備会社Trustonicはステートメントで、安全なデジタルのOTP(one-time password/ワンタイムパスワード)サービスを発展させることについてKTFCを補助するために、ソフトウェア会社Miraeテクノロジー(Mirae Technology)と働くと言ったと報告した。

Ingenico、モバイルPINパイロットを準備。

Mobile World Liveは2018年03月15日に、フランスに本社があるの支払い会社Ingenico(インジェニコ)グループは、ヨーロッパのSMEs(Small and Medium Enterprises/中小企業)のためのPoM(PIN on Mobile)サービスとして認証ソリューション・プロバイダーのMypinpadとパイロットPINにパートナーシップを発表した。

中国の工商総局、消費者からの苦情、2017年は44%増。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月16日に、中国国家工商行政管理総局(中华人民共和国国家工商行政管理总局/工商総局)は2018年03月15日に、全国の工商当局と市場監督部門が受理した消費者からの苦情が、2017年は前年比44.0%増の240万400件に上ったと明らかにした。

スマホ決済で3メガ銀行が、二次元コードで連携。

毎日新聞は2018年03月15日に、日本の3メガ銀行三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)、三井住友FG、みずほFGの3メガバンクグループは、キャッシュレス社会の実現に向け、二次元コードを使ったスマートフォンでの決済・送金の普及に連携して取り組むと報告した。

手始めに、みずほFGは2018年03月15日に、福島県の東邦銀行と二次元コードを用いたスマホ決済の実証実験を始めることを発表した。

実験結果は、3メガ銀行が検討している二次元コードの統一規格作りにも反映させる考えで、スマホ決済の取り組みで先行するIT業界との主導権争いが本格化しそうだと伝えている。

実証実験は、みずほ、東邦両銀行のいずれかの口座保有者を対象に、2018年04月以降、順次開始する。

あまりにも多くの仮想通貨が、一時期に売り出された!?

特別税として、国税庁の税務署に税金を納めるため、膨大な仮想通貨が売り出された。

Coincheckが2018年03月12日に、一部仮想通貨の出金、売却再開したことから、膨大な仮想通貨が売却された。

さらに、破綻の「MtGox」、仮想通貨430億円分を売却し、債務原資にし、破綻時に「MtGox」には約20万コインのBitcoinが残されていたが、今回の売却分を除いても、まだマルク・カルプレス(Mark Karpeles)容疑者の手元には、2千億円近くのBitcoinなどを保有している。管財人は「今後の売却は裁判所と協議したい。」としている。

これも売却されたことだろう。

日本の大手銀行3グループが、単純作業のコンピュータ利用広げる。

毎日新聞は2018年3月14日に、三井住友フィナンシャルグループ(FG)、三菱UFJFG、みずほFGの大手銀行3グループが、比較的単純な事務作業をコンピュータに記憶させて自動化するRPA(Robotic Process Automation/ロボットによる業務自動化)の活用を拡大していると報告した。

もともと数字を扱う事業であり、コンピュータ化に向いていた。

超低金利などで厳しい経営環境が続く中、省力化やコスト削減の切り札として、RPAの導入が加速化している。

Telenorは、モバイル・マネー子会社の株式を売る。

Mobile World Liveは2018年03月13日に、Telenorは、パキスタンの金融サービスを支える動きとして、補助的なTMB(Telenor Microfinance Bank/Telenorミクロファイナンス銀行)の45%の株式をUS$1億8450万で蟻金融に売る取引を発表したと報告した。

ステートメントにおいて、Telenorは取引を「戦略的なパートナーシップ」と評した。
それは、会社が金融サービスプラットフォームAlipayを通じてTMBの知識とローカルな市場存在と2000万人を超える顧客を蟻金融(Ant Financial)のテクノロジーと結合することを見る。

インド支払い市場は爆発的な成長のために設定した。

Mobile World Liveは2018年03月12日、インドでのデジタルの支払いは、新しいリポート予測では2025年までに、接続された機器で、5回のトランザクションのうちの4回のため、毎年US$1兆に値するかもしれないと報告した。

MTNは、モバイル・マネーで南アフリカに帰ってくる。

Mobile World Liveは2018年03月12日に、MTNは南アフリカでモバイル・マネー・ビジネスのプラグを抜いた2年後に、その金融サービスを南アフリカの市場に再登場させるために模索していると報告した。

南アフリカの新聞「Business Day」は、MTNのCEOロブ・シューター(Rob Shuter)は、南アフリカの顧客を引き付けるために、会社が、そのセグメントの提供物を押し上げて、貸付金申し出、投資製品、および保険を含む金融サービスのまわりの新製品を築いていることを明らかにした伝えている。

グローバルな仮想通貨財布セキュリティ白書2018

チーターラボ(Cheetah Lab)とブロックチェーンラボ(Blockchain Research Lab)は2018年03月12日に、「グローバルな仮想通貨財布セキュリティ白書2018(2018 Global Cryptocurrency Wallet Security White Paper)」を公開した。

2017は仮想通貨産業(cryptocurrency industry)のための画期的な年であり、Bitcoinの値は1,300%増大し、多くの人々を最終的に仮想通貨を金融産業のための真実の海へと変化したと認める気にさせた。

しかし、同時に、仮想通貨は、まだ、破裂するようにまさに別のバブル待つと、それを批判している多くのエキスパートと論争の極めたトピックであり続ける。

Bitcoinの急騰は仮想通貨市場の未来の見込むかなりの興味を引き起こし、2018年は、仮想通貨産業のための重要な年であると判明する。

コインチェック、一部仮想通貨の出金、売却再開。

コインチェック、一部仮想通貨の出金、売却を2018年03月12日より再開したと報告した。

コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引サービス「Coincheck」において、顧客から預かっていた仮想通貨NEMが不正アクセスにより外部へ不正送金され、また、当該不正送金に伴い同サービスの一部の一時停止という事態となり、顧客、取引先、関係者の皆様に多大な迷惑と心配をかけていたが、コインチェックは、このほど発生した不正アクセスによる仮想通貨NEMの不正送金に関連し、2018年3月8日、金融庁から資金決済に関する法律第63条の16に基づく業務改善命令を受けた。

コインチェックでは、今回の措置を厳粛かつ真摯に受け止め、深く反省するとともに、内部管理態勢及び経営管理態勢等を抜本的に見直し、顧客保護を徹底した経営戦略の見直し等を進めていくと報告した。

コインチェックの不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償について

コインチェック株式会社は2018年03月12日に、仮想通貨NEMの不正送金に係る補償について報告した。

補償日時:2018年3月12日中
補償金額:88.549円 × 日本時間2018年1月26日 23:59:59時点での保有数
補償対象:日本時間2018年1月26日 23:59:59時点でNEMを保有していたお客様

破綻の「MtGox」、仮想通貨430億円分を売却し、債務原資に。

朝日新聞デジタルは2018年03月10日に、2014年に顧客資産の仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)が消失したとして破綻(はたん)した交換業者「MtGox(マウントゴックス)」の破産管財人が、残されていた仮想通貨Bitcoinなどの一部を売却したことがわかった。

売却したのは約430億円分で、債権者に現金で配当するためという。

「Grab」、複数の自転車シェア対応の新アプリの提供を開始。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月12日に、配車アプリの開発・運営を手掛けるシンガポールの「Grab(グラブ)」は2018年03月09日に、自転車や電動キックスケーターなど、PMDs(Personal Mobility Devices/個人用移動機器)の複数のシェア・サービスを利用できるアプリ「GrabCycle(グラブサイクル)」の提供を近く開始すると発表した。

こうしたサービスは東南アジアで初と報告している。

カンボジア証券取引委員会。金融派生商品の取引仲介で、5社に免許。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月09日に、SECC(Securities and Exchange Commission of Cambodia/カンボジア証券取引委員会)は7日、金融派生商品(Derivatives/デリバティブ)の取引仲介免許を5社に付与することを承認した。手数料の引き下げなどで投資家が集まっていることから、認定業者を増やすことを決めたと報告した。

金融庁行政指導による仮想通貨の大暴落は09日も落ち続けた。

金融庁により、仮想通貨交換業者への行政指導の噂が現実化した2018年03月08日00時10分から11分にチャート上で115万1,239円(記録上で115万1,910円)から、2時間14分後の2018年03月08日02時24分から25分にチャート上で102万6,766円に下落した。

コインチェック。「仮想通貨NEMの不正送金に関するご報告と対応について」を公開。

コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引サービス「Coincheck」で、顧客から預った仮想通貨NEMが不正アクセスにより外部へ不正送金され、また、当該不正送金に伴い同サービスの一部を一時停止するという事態となり、顧客、取引先、関係者に謝罪へ、2018年03月09日に謝罪した。

bitFlyerも、クレジットカードでの仮想通貨購入サービスの停止。

bitFlyerは2018年03月03日に、2018年03月09日(金)0:00(日本時間)以降、クレジットカードでの仮想通貨購入サービス「クレジットカードで買う」を停止すると報告した。

TPP11の署名で、マレーシアが最大の恩恵国。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月12日に、マレーシアの「ニュー・ストレーツ・タイムズ(News Straits Times)」が2018年03月10日に、米国の大手格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービス(Moody's Investors Service)は、2018年03月08日にチリで署名されたTPP(Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement/Trans- Pacific Partnership/環太平洋連携協定)について、「マレーシアは最大の恩恵を受ける」との認識を示したと報告した。

TPPを通じた実際の収入に関して、マレーシアは効果が高いと指摘する。

TPPはマレーシアや日本など11カ国が署名。

金融庁、苦悩の3週間。仮想通貨強硬策ひとまず封印!

日本経済新聞 電子版は2018年03月08日に、金融庁が2018年03月08日に、仮想通貨交換業者7社に対して一斉に行政処分を出した。

業務停止命令を含む厳しい対応で臨み、利用者保護最優先の姿勢を鮮明にした。

ただし、その半面「育成路線」とのバランスに腐心する苦悩もにじむ。

金融庁行政指導による仮想通貨の大暴落!

金融庁により、仮想通貨交換業者への行政指導の噂が現実化した2018年03月08日00時10分から11分にチャート上で115万1,239円(記録上で115万1,910円)から、2時間14分後の2018年03月08日02時24分から25分にチャート上で102万6,766円に下落した。

金融庁の行政指導により、仮想通貨「みなし業者」3社が登録申請取り下げ!

日本経済新聞 電子版は2018年03月08日に、金融庁は2018年03月08日に、仮想通貨交換業者へ登録申請中の「みなし業者」3社が、申請を取り下げたと明らかにした。

金融庁、仮想通貨7社を行政処分、うち2社は業務停止命令。

日本経済新聞 電子版は2018年03月08日に、金融庁は2018年03月08日午前に、仮想通貨交換業者7社を一斉に行政処分すると発表した。

このうち、登録申請中の「みなし業者」の2社には業務停止命令を出した。

カンボジアの仮想通貨の未来は、不確実。

カンボジアの新聞「プノンペン・ポスト(The Phnom Penh Post)」は2018年03月09日に、新しい仮想通貨(Cryptocurrency)Entapayの開始のために、プノンペンで開会の挨拶として、2018年03月07日水曜日に、総理大臣人代理のメン・サム(Deputy Prime Minister Men Sam)が演台に立って、カンボジアの関連した法律に従うように会社に勧めたと報告した。

AISは、タイでのキャッシュレス社会を見ている。

Mobile World Liveは2018年03月07日に、タイの携帯電話事業者AISのmPayは、Line系列会社Rabbit Line Payの3番目を取得した後に、野心的なキャッシュレスの社会を作成するために、7億8,700万バーツ(THB)(US$2510万)を投入した。

Rabbit Line Payは、タイですでに動作し、日本に本部がある通信会社Lineとタイの間のジョイント・ベンチャーとして、Line and Thai transport ticketing company Rabbitが設定された。

金融庁、複数の仮想通貨交換業者処分。

日本経済新聞 電子版は2018年03月07日に、金融庁は複数の仮想通貨交換会社を一斉に行政処分する方向で最終調整に入ったと報告した。

顧客保護の体制やマネーロンダリング(資金洗浄)防止措置などが不十分と判断したため、一部の業者には業務停止命令も検討している。

巨額の仮想通貨が外部に流出したコインチェック(Coinhek)には2度目の業務改善命令を出し、被害者への補償作業を監視する。

楽天カードでシステム障害。

日本経済新聞 電子版は2018年03月03日に、クレジットカード大手の楽天カードは2018年03月03日に、システム障害の影響で、カードでお金を借りるキャッシングなど一部の機能が利用できなくなっていると発表した。

仮想通貨業界、2018年04月に新団体発足。

日本経済新聞 電子版は2018年03月02日に、日本で2つあった仮想通貨業界団体が新たな業界団体として一般社団法人「仮想通貨交換業協会(仮称)」を04月に発足させると報告した。

金融庁と連携を取りながら安全基準や仮想通貨技術を使ったICO(Initial coin offering/新規仮想通貨公開/資金調達)について自主規制ルールづくりを急ぐことにしている。

Zainは、イラクでモバイル・マネー教育の押し上げ!

Mobile World Liveはは2018年02月26日に、Zain(ザイン)は、イラクの「Zain Cash(ザイン・キャッシュ)」のフットプリントを増大させて、銀行預金口座へのアクセスなしで人口の89%の金融の含有を押し上げるために教育プログラムに乗り出させるために設定されたと報告した。

SBI HDの子会社、夏めどに、仮想通貨取引所開業。

日刊工業新聞は2018年02月26日に、SBI HD(Holdings/ホールディングス)子会社のSBIバーチャル・カレンシーズ(SBI Virtual currency)が開業に向けて準備を進めている仮想通貨の取引所で、当初はビットコイン(Bitcoin)、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)、イーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)の4仮想通貨を取り扱う見通しとなったと報告した。

開業の時期については未定だが、今夏までの開業を目指すと言うことである。

「WeChat Pay」、3月にフィリピンで加盟5千店突破!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月22日に、インターネットサービス中国大手の騰訊(テンセント)のモバイル決済サービス「WeChat Pay(微信支付/ウィーチャットペイ)」を利用できる店舗が、2018年03月にはフィリピン国内で5,000店を超える見通しだと報告した。

NEM追う「ホワイトハッカー」のゲーム。

日本経済新聞 電子版は2018年02月21日に、仮想通貨交換会社Coincheckから流出した約580億円分の仮想通貨NEM(ネム)の行方を「ホワイトハッカー」と呼ばれる善意の技術者が追う動きが広がっている。

追跡プログラムの作り方やNEMの行方を解説するサイトも登場した。

本当の事件で、本物の犯人を追いかける。

このようなゲームは、ハイセンスなフランスが得意だった!

Bitcoin、9万5,371円の下落。

Bitcoinは2018年02月20日12時02分から03分に123万3,576円から、16時44分から45分に126まん8,111円に高騰し、その少し下落してから上昇し始め、2018年02月21日03時12分から13分に127万6,949円になり、さらに上昇して。今朝の2018年02月21日07時24分かた25分にチャート上は128万9,988円(記録上では129万0,183円)まで高騰し、130万円代も期待された。

ベネズエラ、仮想通貨で経済制裁を迂回 ?

日本経済新聞 電子版は2018年02月26日に、政情混乱が続くベネズエラ(Venezuela)で、政府が仮想通貨(Virtual currency)の乱造を始めたと報告した。

それは、原油埋蔵を裏付けとした仮想通貨「ペトロ(Petoro/PTR)」に続き、金を担保とした「ペトロゴールド(Petoro Gold)」の発行に着手すると発表。

「仮想通貨は悪」の既視感!

日本経済新聞 電子版は2018年02月20日に、仮想通貨で起こった巻き添えが招く不幸。「仮想通貨は悪」の既視感が渦巻いたと報告した。

「米リーマン・ショックのときの証券化商品とそっくり。」

金融庁幹部がこう話すのは、仮想通貨に対する風当たりだ。

仮想通貨の新団体。みなし業者は除外。

日本経済新聞 電子版は2018年02月20日に、仮想通貨の2つの業界団体「JCBA(Japan Criptcurrency Business Association/日本仮想通貨事業者協会/旧 仮想通貨ビジネス勉強会)」と「一般社団法人JBA(Japan Blockchain Association/日本ブロックチェーン協会)」が2018年02月28日に統合で合意することがわかったと報告した。

ナショナル・オーストラリア銀行、まず1000人の人員削減。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月21日に、オーストラリアの地元各紙が2018年02月20日に、NAB(National Australia Bank/ナショナル・オーストラリア銀行)が、2017年11月に発表していた人員削減計画の第一段階として、1,000人の整理解雇を実行すると発表したと報告した。

中間管理層を削減して組織構造を簡素化させることで、組織の意思決定を迅速化させる狙いだと報じたと報告している。

NABは2017年11月の2017年9月期通期決算発表に際し、大規模な人員削減計画を発表した。

銀行に、ATMが置かれた時から、今が予測されていた。

Bitcoinは上がり続け、Etherumは停滞。

数日前までは、BitcoinとEtherumの関係は、Bitcoinの10分の1より少し高いのがEtherumであったが、2018年02月15日頃から、Bitcoinだけが上昇し、Etherumは停滞するようになり、その差がBitcoinの10分の1より少し低くなり始め、今ではその差がかなり開いた。

WhatsAppは、お金サービスをインドに乗り出させる。

Mobile World Liveは2018年02月19日に、WhatsAppが「完全な機能製品」として、NPCI(インド全国支払い企業/National Payments Corporation of India)をスタートするつもりで、インドの振替機能をβテストしていると報告した。

いよいよ、インドのモバイル・マネー大戦が、本格化する!

これまで、中途半端なモバイル・マネーは消える。

サービスは、支払いを可能にするために、顧客の電話番号を用いて、銀行預金口座と結び付けられた振替が最初の侵略である。

中国のお年玉、騰訊控股が6億8800万人に送った!

毎日新聞は2018年02月17日に、中国のIT大手騰訊控股(腾讯控股/Tencent/テンセント)は2018年02月17日までに、春節(旧正月)の大みそかに当たる2018年02月15日にvの通信アプリ「微信(ウェイシン)」を使い「紅包」と呼ばれる中国のお年玉を送った利用者が6億8800万人に上ったと発表した。

一人当たり、いくらだろう?
10円としても68億8000万円

中国の上海から、これは会社がお年玉を送ったのではなく、この会社のアプリを利用してお年玉を送った人がこれだけいた、ということだと思います。お年玉の電子マネー化をさししめすとともに、グループチャットの中にお年玉を送り早い者勝ちの争奪戦を楽しむゲーム感覚も盛り込まれています。個人同士の貸し借りや買い物の清算も出来るアプリで、最近は私も現金持たずに外出します。

と修正メールが届いた。

gaYa広告
総件数:3212最初1234567891011121314151617181920...最後