タイで2017年12月15日から、SIM購入時に生体情報登録義務化。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月08日に、タイの新聞「バンコクポスト(Bangkokpost)」が2017年11月07日に、携帯電話を利用した銀行取引の安全性向上などが目的で、タイのNBTC(National. Broadcasting Telecommunications Commission/国家放送通信委員会)のタコン(Takon)事務局長は2017年11月06日に、2017年12月15日から新たに携帯電話のSIMカードを購入する際に生体情報の登録を義務付けると発表した報告した。

プリペイド(前払い)、ポストペイド(後払い)ともに生体情報登録が必要になる2017年12月15日より前に購入したSIMカードは登録が免除される。

登録するのは指紋か顔の情報。

Bitcoinが90万を超えた!

Bitcoinが2017年11月17日02時34分から35分の85万5,563円からに高騰を始め、早朝07時04分から05分に一旦、90万円を超えた!

Bitcoinが、2018年01月に、また分裂か?

日本経済新聞 電子版は2017年11月16日に、インターネット上の仮想通貨Bitcoinにまたも分裂の動きが出てきたと報告した。

新通貨「BCP(Bitcoin Cash Plus/ビットコインキャッシュプラス)」が2018年の01月2日に誕生するという。

シンガポールの金融管理庁、フィンテックで3カ国・地域と協業。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月15日に、シンガポールはITを活用した革新的な金融サービスフィンテック(Fintech)の発展に向け、世界各国との連携を推し進めると報告した。

仮想通貨イーサリアム(Ethereum)、凍結額は約185億円。

日本経済新聞 電子版は2017年11月14日に、Bitcoinに次ぐ流通量の仮想通貨「イーサリアム(Ethereum)」で多額の通貨が取引できなくなっている問題で、その凍結額が51万3774イーサリアム、2017年11月14日午前11時のレート換算で約185億円になることが分かったと報告した。

Bircoin Cashのハードフォーク!

bitFlyerから2017年11月13日に、「【重要】ビットコインキャッシュのハードフォークに伴うビットコインキャッシュお預入・ご送付サービス停止について」という情報が届いた。

Apple Pay Cashは、店での現金として不完全。

ジェフ・ガメット(Jeff Gamet)はMacObserverで、Apple Pay Cashに、現金としての鎧に割れ目があると言うことを嫌っているが、現実にはまだあると報告した。

すべては、生活のすべての面において新しいテクノロジーを探究することである。

それが、iOS11.2ベータを正しく比較するために、私が、すぐにApple Pay Cashと現金を試すチャンスに飛びついた理由であったと伝えている。

それを使った数日の後に、私は、それが明確に潜在的になったと言うことができる。

しかし、それが店で、現金を支払う時は、Apple Pay Cashがよりよいかもしれないいくつかの方法がある。

WeChat Payは、ヨーロッパで爆発するようにBNPパリバと提携。

Mobile World Liveは、BNPパリバ(BNP Paribas)は、WeChat Payはヨーロッパ全体のバンキンググループによるフットプリントをロールアウトを受容するために、Tencentとの取引に署名したと報告した。

世界で最も大きい金融サービスプロバイダーのうちの1つであるグループは、この動きが、その小売り店で中国の消費者のため、顧客の買い物を弱める入札であると伝えていた。

シンガポールの金融大手UOB銀行、スマートウオッチ決済可能!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月13日に、シンガポールの金融大手UOB銀行は2017年11月09日に、同行のカード保有者は米国のFitbit(フィットビット)の腕時計型端末(スマートウオッチ)の新製品「フィットビット・アイオニック(Fitbit Ionic)」を使った非接触決済が可能になると発表した。

これはアジアの銀行で初という。

「SegWit2x」の分裂を断念!

日本経済新聞 電子版は、CoinDeskからの情報として、代表的な仮想通貨であるBitcoinの価格が2017年11月08日、過去最高値を更新したと報告した。

モビル-ファースト銀行Monzo、£7100万確保。

Mobile World Liveは、イギリスでAppベースの銀行Monzoは、最新の情報としてオレンジの投資部門とのまわりへの出資で、£7100万確保したと報告した。

Monzoへの出資は、イギリス国内での押し上げを試みることに加え。国内市場から海外への拡張ついてのフォーマルな計画は全然発表されなかったけれども、お金を使うことで、他の国に動くことができることをブログでほのめかしたことで、話題になった。

一大販促イベント「双十一」の宅配便取扱量、通常時の2倍!?

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月10日に、中国国家郵政局は2017年11月07日、インターネット通販サイトで行われる一大販促イベント「双十一」について、2017年11月11〜16日の宅配便(郵便含む)の1日当たり平均取扱量が2億5,000万件に上るとの予測を公表した。

カジノ・クルーズ船大手ゲンティンの大型客船、メルギー諸島に寄港。

アジア経済ニュースNNA ASIAは、マレーシア系のカジノ・クルーズ船大手ゲンティン(Genting)傘下のゲンティン・クルーズライン(Genting Cruise Line)が運航するクルーズ船が2017年11月03日に、ミャンマー南部タニンダーリ管区沖(Tanintharyi Division)のメルギー(メイ/Myeik)諸島(Macleod Island)に初めて寄港した。

ミャンマー側オペレーターのティン・ティン・ミャンマー(Thin Thin Myanmar)と先に提携していたと、観光業界誌TTGアジア(TTG Asia)電子版などが2017年11月06日伝えた。

WariのTerraPay ink Africaは、送金取引の焦点をアフリカ合わせた。

Mobile World Liveは2017年11月06日に、セネガルのモバイルの財布会社Wariは、35のアフリカの市場を横切る顧客のための送金サービスで、その入手可能性を広げるために、TerraPayとの取引にサインした。

戦略的な協定は、160カ国でerraPayの消費者にWariのデジタルの支払いネットワークを開く中で動作し、それのため、Wariのユーザーが送金を世界中に送ることができるようになる。

シンガポールの配車グラブ(Grab)、東南アで乗車件数10億件達成!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月07日に、配車アプリの開発・運営を手掛けるシンガポールのグラブ(Grab)は2017年11月06日に、東南アジアでの乗車件数が10億件に達したと発表したと報告した。

2017年10月26日に同社がサービスを展開する東南アジア7カ国(シンガポール、インドネシア、フィリピン、マレーシア、タイ、ベトナム、ミャンマー)での乗車件数が10億件に到達した。7カ国全体では1秒間に66件の乗車が行われているという。

マレーシア証券委員会、仮想通貨に関する独自規制を発表。

マレーシアSC(Securities Commission/証券委員会)は、仮想通貨(virtual money)取引に関するフレームワークを、数カ月内に導入すると発表した。

「ICO(Initial coin offering/イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)」を含む仮想通貨市場を管理下に置き、投資家の保護と市場振興を目指す。

最近、表示スピードが急激に落ちたので---

bitFlyerのWeb表示スピードが極端に悪くなっていたので、てっきり「Bitcoin Gold」への対応が、原因かと思って期待していた。

何しろ、「Bitcoin Gold」は2017年11月01日が予定日で、こんなに遅れるとは、

シンガポールのマレー系の商店街、デジタル技術導入へ

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月06日に、シンガポールのIMDA(Infocomm Media Development Authority/情報通信メディア開発庁)は2017年11月03日に、小売業界のITM(産業変革マップ)に沿ってデジタル技術の導入を推進する地区の第1弾に、伝統的なマレー系の店が立ち並ぶ中心部のカンポン・グラム(Kampong Glam)を指定した。SPRING Singapore(Standards, Productivity, and Innovation Board/規格生産性革新庁)、SMCCI(Singapore Malay Chamber of Commerce and Industry/シンガポール・マレー商工会議所)などと覚書を交わし、向こう3カ月で具体的なロードマップ(工程表)を策定することを計画している。

Bitcoinは100万に近づいた!

Bitcoinが50万を突破したと気に、2017年12月31日までに100万円になるかと言ったが、

なんと70万円突破から11日間で85万円を突破した。

100万円まで残りは、15万円。

bitFlyerが、「Bitcoin Gold」について、情報を公開した。

bitFlyerは2017年11月02日に、2017年10月24日にBTG(Bitcoin Gold)によるBitcoinのBTG分岐(ブロックチェーン分岐)が発生が発生したが、2017年11月02日の時点でBTG のブロックチェーンは稼動しておらず、ブロックが安定的に生成されるか不明の状況である。

当初は、2017年11月01日にはBTG分岐が完了する予定であった。

Airtelアフリカは、マネー顧客獲得をターゲットとする。

Mobile World Liveは、Airtelアフリカは、モバイル・マネーベースの増大、および収益性を増大させるために、入札のモバイル貫通力レートを改善し、育てることによって負担をかけられる。

部門のCEOのラグラス・マンダバ(Raghunath Mandava)は、親会社の会計カレンダー第3四半期である2017年第2四半期のためのバルティ・エアテル(Bharti Airtel/भारती एयरटेल)の損益計算書フォーカスを概説した。

国税庁、スマホで確定申告可能にする。

日本経済新聞 電子版は2017年11月01日に、国税庁は2019年01月から、スマートフォン(スマホ)を使って確定申告ができるようにする。
本人確認に使うマイナンバーカードと、このカードの情報を読み取れる機能がついたスマホの普及を見据え、現在の申告システムを刷新する。
副業の広がりで確定申告が必要な人が増えていることを踏まえ、税務申告と納税をしやすい環境を整えると伝えている。

民主主義の未来をデザインする。

The Horizon Stateは、白書をPDFで公開した。

その内容は、
Designing the Future of Democracy(
Voting, the Best ICO to Join?
New Horizons, The Token You Are Missing?
Horizonstate - Token Sale
建築設計プロジェクトに欠かせない BIM/CIM 統合ツール
Autodesk
Is This the Most Bullish ICO?
Horizonstate - Token Sale
Why This ICO Makes All Our Futures Brighter?
Horizonstate

「SegWit2x」によるビットコインの分岐について

Coincheckは、「SegWit2x」によるビットコインの分岐に係る対応方針についてを公開し、ブロック高494,784より、「SegWit2x」に係る分岐が2017年11月15日に見込み/目安のため、その前後の可能性があると報告した。

現時点ではReplay attack対策が行われるか、また「ビットコイン」「SegWit2x」双方のブロックチェーンの存続等について明らかにされておらず、今後の動向については不透明な面を多く含んでいる。

Paytmは、市場拡張ドライブを発展させた。

Mobile World Liveは、インドのモバイル財布会社PaytmのCEOビジャ・シャルマは(Vijay Sharma)は、サービス中を拡張し、米国、ヨーロッパ、および日本を含む目的市場を開発したと報告した。

JCB、台湾行動支付とモバイル決済で提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月02日に、JCBの海外業務を行う子会社JCBインターナショナル(JCB International Credit Card CO., LTD.)は、TSM(Trusted Service Management/トラステッド・サービス・マネジメント)を手掛ける臺灣行動支付股份有限公司の臺灣行動支付(台湾行動支付/T wallet+)と提携し、2017年度中に台湾で発行したJCBカードのモバイル決済サービスを開始すると発表した。

JCBにとって、海外でのモバイル決済対応は台湾が初めてになる。

インドのモバイル支払いは、2021年にINR2兆8,000億と予測。

Mobile World Liveは、GlobalDataは、インドのモバイル財布ユーザーが、2017年にINR8,000億(US$123億)のトランザクション価値で、2021年にはそれが、INR2兆8,100億まで成長すると予測した。

それは2016年のINR3,8000億で、高度成長記録セクタとして、マネーロンダリングを防止するために、2017年10月初めにインド準備銀行(Reserve Bank of India)により、規則を厳しくした、新しい規則にもかかわらず起こると、研究会社は言ったと報告した。

オーストラリアの銀行は、モバイル支払い実現の準備中!

Mobile World Liveは、シドニー・モーニング・ヘラルド(The Sydney Morning Herald)からの情報としてオーストラリアの主要な銀行のコンソーシアムは、ファイナンシャル・セクタに入る新しい会社に匹敵するために、明白な入札のモバイル支払いプラットフォーム「Beem」を開発していると報告した。

Bitcoin Cash、5万円突破!

昨日の寝る前に急激に落ちたので、今朝は恐る恐るBitcoin Cashの1ヶ月のチャートを見てみたら、5万円を超えていた。

早速、24時間のチャートで確認したら、2017年10月29日08時35分に5万円を超えた。

「Bitcoin Gold」の次。さらに11月に第4の分裂の可能性。

日本経済新聞 電子版は2017年10月28日に、代表的な仮想通貨であるBitcoinが次々と分裂していると報告した。

2017年10月24日に、香港をベースにした新通貨「Bitcoin Gold」の分裂作業が始まり、2017年11月01日に、登場する予定きなってる。

されに、11月中旬には、中国勢を中心に新たな通貨を誕生させる構想がある。

日本の3メガ銀行大リストラ時代に突入!3万2000人分削減。

日本経済新聞 電子版は2017年10月28日に、みずほフィナンシャルグループ(FG)、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)、三井住友FGの3メガバンクが、大規模な構造改革に乗り出すと報告した。

デジタル技術による効率化などにより、単純合算で3万2000人分に上る業務量を減らす。

オーストラリアの金融チャレンジャー、日本市場に本格進出へ!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月30日に、AFR(The Australian Financial Review/オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー)が2017年10月27日に伝えた情報として、オーストラリアの金融サービス会社チャレンジャー(Challenger's)は、日本に初の事務所を開設したことを明らかにした。日本の年金市場への本格進出を狙うと報告した。

日本の3メガ銀、デジタル通貨統一へ協議会を立ち上げ!

日本経済新聞 電子版は、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)、みずほFG、三井住友FGの3メガバンクが、それぞれ開発・研究しているデジタル通貨の連携に向けた協議会を立ち上げることが2017年10月27日に、わかったと報告した。

異なる規格が並立すると普及にブレーキがかかりかねないため、協調の余地を探る。

日系のOKWAVE、マレーシアで仮想通貨関連子会社を設立。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月25日に、Q&Aサイト「OKWAVE」を運営する東京都渋谷区のオウケイウェイヴ(OKWAVE)は2017年10月24日に、今月中にマレーシアのオフショア金融センターである連邦直轄領ラブアン(Labuan)島に、仮想通貨関連事業を行うOKfineを設立すると発表したと報告した。

Bitcoin Goldによるビットコインのブロックチェーン分岐。

bitFlyerは2017年10月24日に、ハッシュレートの上昇等に伴い、ビットコインのブロックチェーン分岐(以下、「BTG分岐」)がBTG分岐の予定時刻が繰り上がり、Bitcoin Gold(以下、「BTG」)による「BTG分岐」が2017年10月24日に予定されていると報告した。

その結果、bitFlyer対応スケジュールについても「BTG」付与数量決定日時を2017年10月24日に変更した。

BitcoinとBitcoin Cashの反比例現象が明確!

Bitcoinが急落し、Bitcoin Cash急高騰する、反比例現象が明確になった!

これが続くか?

Bitcoinが70万円を突破!

先日まで、チャートのメモリが5,000円単位であったが、現在は2万円単位に、4倍になっている。

それだけ急上昇中ということである。

中国のAlipayは、米国での存在を拡張し続ける。

Mobile World Liveは、中国のAlipayは、米国を横切るそれが届く範囲を拡張するために、支払いターミナルメーカーPoyntと、支払いソリューション・プロバイダーNAB(North American Bancard)と、それぞれの協定を発表したと報告した。

ポーランドは強いモバイル支払いの道を歩んでいる。

Mobile World Liveは、ポーランドで約600,000人の顧客が、Android PayとHCE(host card emulation)を使ってモバイル支払いを9月末までの3ヶ月で利用した。

第2四半期だけで、約180,000の増加があったと報告した。

世界初のフィンテックによる銀行「ITF」が香港に本店を設置。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月20日に、South China Morning Post(南華早報)などからの情報として2017年10月19日に、米国のRogers Holdingsの会長で、著名投資家のジム・ロジャーズ(Jim Rogers)が出資者に名を連ねる、IT技術を融合した金融サービスのフィンテック(Fintech/financial technology)による世界初の銀行「ITF(IntoTheFuture)」が香港に本店を設置すると報告した。

「ITF」は、来年の営業開始を目指す。

「Bitcoin Gold」の分岐が起こる可能性。

Coincheckが2017年10月19日に、2017年10月25日に、「Bitcoin Gold」の分岐が起こる可能性が高くなっていると報告した。

今回の分岐に対し、Coincheckでは、「Bitcoin Gold」の付与を行う予定しているが、顧客の資産の保護が困難と判断される場合やサービスを安定した状態で提供が困難と判断される場合は、Bitcoin Goldの付与を行わない可能性もあると報告した。

例えば、・Replay attackに対する対策が不十分であると確認された場合
・マイナーが十分に集まらず、ブロックが安定的に生成されない場合
・何らかの脆弱性が発覚しそれに対する対策が行われない場合
・その他、弊社において付与等の取り扱いが不適切と判断される場合

Bitcoinは強い!

Bitcoinは2017年10月18日に急落し、2017年10月18日23時15分から19分の間にチャート上は57万4,610円(記録上は57万3,760円)まで落ちたが、2017年10月19日になって上昇を始め、2017年10月19日07時45分から49分の間にチャート上は63万2,431円(記録上は63万3,212円)まで戻した。

セネガルのWariは、WorldRemitのパートナーになった。

Mobile World Liveは、セネガルのWariグループは、国の即時の振替を可能にするために、オンラインの送金会社WorldRemitと提携した。

ステートメントでWariグループは、新しいサービスが、50を超える国でWorldRemitの顧客が資金をセネガルの人々に譲渡することを可能にすると言った。

世界で初めて、イタリアのオークションがBitcoinでビットできる。

ArtDailyは2017年10月20日に、1969年にトリノで創設されたイタリアのオークション・ハウスSant'Agostinoは、2017年10月18日水曜日に、次の競売で世界で初めて、Bitcoinでオークションに参加できると伝えたと報告した。

世界都市ランキング、東京が連続首位。

毎日新聞は2017年10月18日に、米国の有力旅行誌「コンデナスト・トラベラー(Condé Nast Traveler)」は2017年10月17日に、米国を除く、2017年の魅力的な世界の都市ランキングReaders' Choice Awards 2017)の「The Best Cities in the World」を発表し、東京が首位、京都が3位に入った。

このまま押し続ければ、Bitcoineが、日本で開発された世界で最高の仮想通貨モバイル・マネーにもなる!

仮想通貨「リップル」の日本の取引業者、預かり金詐取容疑で逮捕!

日本経済新聞 電子版は、仮想通貨リップル(Ripple)の取引を巡り、顧客から預かった現金をだまし取ったとして、警視庁サイバー犯罪対策課は2017年10月18日に、浜松市の仮想通貨関連会社「リップルトレードジャパン」の31歳の代表で、京都市在住の竹中優樹容疑者を詐欺容疑で逮捕した。

「リップルトレードジャパン」が実質破綻していたのに「手数料無料キャンペーン」などとうたい、少なくとも40人の顧客から計約1700万円を集めた疑いがあるという。

BitcoinとBitcoin Cashの反比例現象が再発生!

中国で共産党大会が始まった2017年10月18日に、BitcoinとBitcoin Cashが、反比例現象発生し、さらにBitcoin Cashが、Ethereumを抜き返した!

Coincheckの仮想通貨価格リストを13時45分に見たら、Bitcoinが-1.40%で62万3,299円まで落ちていた。
Ethereumも-4.66%で3万5,115円まで落ちていた。

しかし、Bitcoin Cashは+18.68%で4万1,003円になっていた。

昨日のEthereumとBitcoin Cashの価格が逆転していた。

Alipayは、米国タクシーで、Verifoneとタイアップ。

Mobile World Liveは2017年10月17日に、Alipayは、顧客が旅行の間にそれらのモバイル財布サービスにアクセスすることを可能にする最近のランを続けて、2つのキー米国都市でタクシー支払いをカバーする取引を署名した。

Verifoneのタクシー・ソリューション部門との協定によって、Alipayの顧客は、10月の終わりにラスベガスの2,100台のタクシーと、11月の追加のため、ニューヨーク市の14,000台のタクシーで代金を払うことができるようになる。

BBVAは、Tuyyo appで、国境を越える送金を提供。

Mobile World Liveは、スペイン本部を置いた多国籍の銀行グループBBVAは、新しい振替アプリの販売開始によってモバイルの送金市場を振り混ぜることを誓約した。

フィリピンで、ジプニー近代化、支払い方法も刷新。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月17日に、フィリピンの運輸省は、フィリピン式乗り合いバスのジプニー(jeepney)などPUV(Public Utility Vehicle/公共交通車両)を、EU(European Union欧州連合)の排ガス基準「ユーロ4(Euro 4)」対応のエンジン搭載車に切り替える近代化プログラムで、支払い方式も刷新する。

フィリピンの経済新聞「ビジネスミラー(BusinessMirror)」が2017年10月16日に、2018年上半期(01〜06月)から順次、導入する計画の新型車両には、ICカード決済システムを搭載する予定になっていると伝えた。

日系4社による企業連合、マレーシアで超高速充電「EVバス」の実証開始。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月16日に、NNAカンパサール10月号で、NEDO(New Energy and Industrial Technology Development Organization/新エネルギー・産業技術総合開発機構)と東芝インフラシステムズなど日系4社によるコンソーシアム(企業連合)が、マレーシアの行政都市プトラジャヤ(Putrajaya)で、10分間の超高速充電で30kmの運行が可能な「大型電気バス(EVバス/Electric Vehicle Bus)」システムの実証実験を始めたことから、それをアジア取材ノートとして紹介した。

Wi-Fi通信に深刻な脆弱性「KRACKs」!

日本経済新聞 電子版は2017年10月17日に、Wi-Fi(無線LAN)の暗号で、セキュリティーが強固とされてきた方式「WPA2」に深刻な脆弱性「KRACKs」が2017年10月15日に見つかったと報告した。

WPA2はスマートフォン(スマホ)やルーターなどの通信機器のWi-Fi通信に一般的に使われている。既に修正ソフトが配布され始めているが、更新作業が遅れれば、Wi-Fiで接続する監視カメラなどの機器を多数乗っ取り、攻撃を仕掛けられる恐れもあるという。

この脆弱性はベルギーの研究者が2017年10月15日に、発見した。

なんとなく、Coincheckを見てびっくり!

これまでBitcoin CashはEtherreumより高いと思っていたが、2017年10月15日10時22分52秒にEtherreumは3万7681円なのに、Bitcoin Cashは3万5949円と大きく、Etherreumに追い越されていた。

これはかなり以前から、抜かれていたということである。
気がつかなかった!

ビットコインだけで、1週間生活してみた。

創刊500号を記念して、週刊投資金融情報紙「日経ヴェリタス」編集部によるNikkei Styleでだけ読めるスペシャル企画「+(タス)ヴェリ」コーナーの連載を始めたと2017年10月13日に報告し、Bitcoinが急騰しているので、マネー研究として記者が1週間にわたってBitcoin「だけ」の生活に挑戦し、通貨としての実力を体感してみたと報告した。

Bitcoinは、昨年末から4倍以上に上昇した。
投資対象として脚光を浴びる仮想通貨だが、決済手段としてはどうかを実体験した。

Bitcoinの売却価格が60万円を突破!

今朝一番で、Bitcoinの売却価格が60万円を突破し、60万0,696円を掲示していた。
最も危ないということで購入価格は、約2万5,000円近くの差があり、62万5,569円と表示した。

インドはモバイル財布の規則を厳しくする。

Mobile World Liveは、RBI(Reserve Bank of India/インド準備銀行)はモバイル財布プロバイダのためのガイドラインを厳しくし、詐欺クラックへの入札市場の入力のために厳密な新しい金融障壁と消費者のための改善サービスを概説したと報告した。

HKTは、Tap & Goの香港を越える拡張を見る。

Mobile World Liveは、香港で最も大きいオペレータHKTの国際部門PCCWグローバル(PCCW Global)は、マカオ(Macau)と珠海(Zhuhai)へのオペレータのTap & Goモバイルコンタクトレス支払いサービスを拡張するために、中国ベースのDHQ Tech(Zhuhai Da Hengqin Science and Technology Development/珠海大亨秦科学技術開発)と共に働いていると報告した。

bitFlayerがSegwitに対応し、Bitcoinの送付手数料引き下げ。

bitFlayerは、bitFlyer アカウントからビットコインを外部のビットコイン・アドレスへ送付する際のトランザクションをP2WSH(Pay to Witness Script Hash)方式の「Segwit(Segregated Witness)」に対応したと報告した。

Bitcoin一気に三段飛びで最高記録!

2017年10月12日16時52分から53分に55万0,225になり、三段飛びで20時14分から15分にチャート上で58万2,839円(記録上で58万3,847円)まで飛び跳ね、新記録を樹立した!

これで3日連続で、早朝3時から4時に高騰!

なぜか?これで3日連続で、Bitcoinが早朝3時から4時に高騰している。

寝てる間に高騰して、目がさめると、元に戻っている。

まるで、昔のおとぎ話。

Bitcoinは、これまでの最高記録に届かず!

BitcoinはBitFlyerで、2017年09月02日の11時15分から19分のチャート上で56万3,637円(記録上で56万4,879円)の記録が最高であった。

BTCChinaの現金引き出しが30日に停止する。

AFPは2017年10月16日に、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳した情報として、中国最大のBitcoin取引所BTCChinaは2017年10月10日夜、中国人民銀行など七つの委員会が発表していた「仮装通貨発行融資のリスク防止に関する公示」に従って、積極的に国家の監督管理に応じ、北京時間30日正午に現金の引出し業務を停止するとを発表した。

インドネシアで高速道路の電子マネー、12月に3銀行追加!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月12日に、インドネシア語の経済紙「コンタン(Kontan/電子版)」が2017年10月11日に、インドネシア中央銀行の高官が2017年10月10日に、明らかにしたとして、インドネシアで高速道路の料金支払いに利用できる電子マネー・カードを発行する銀行が、12月に新たに3行増える予定だと報告した。

北京の故宮博物院の入場券、売り場窓口は閉鎖!

AFPは2017年10月12日に、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳した情報として、中国の北京(Beijing)にある故宮博物院(The Palace Museum)が設立から92周年迎えた2017年10月10日に、「故宮博物院入場券売場」はその長い歴史にピリオドを打ったと報告した。

故宮博物院の单霁翔(Shan Jixiang)院長は、2017年10月10日から入場券販売窓口を閉鎖し、毎日8万枚に上る入場券はすべてインターネットで販売すると発表した。

今朝午前05時49分にCoincheckから、高騰情報が届いた。

2017年10月10日午前05時49分にCoincheckから、Bitcoin高騰情報が届いた。

2017年10月09日16時04分から16時05分にチャート上は510,460円(データ上は510,045円)だったが、昨日は疲れたので、10時ごろに最後に10時10分から10時11分チェックした時も514,373円で大きな動きはなかった。

大失敗!モナコイン(Monacoin)を買い忘れた!

2017年10月02日に、bitFlyerがモナコイン(Monacoin)取り扱いを開始したと報告した。

こういう時、1週間ぐらいで高騰するので買っておこうと思ったが、ちょうどBitoin大暴落から1ヶ月で復活してきたので、そちらに神経が行って、モナコインを買うのを忘れた。

日本の3メガ銀行が、携帯番号で送金実験を始める。

日本経済新聞 電子版は、みずほ、三井住友、三菱UFJの3メガ銀行は、携帯電話番号を使った個人間送金を目指して実証実験を始めると報告した。

仮想通貨の技術を使う新しいシステム上に実際の預金口座に基づいた仮想口座をつくり、携帯番号やメールアドレスでお金をやり取りできるようにする。

Bitcoinが急騰した後、売りが増え、下落した時を拾いました。

Bitcoinは2017年10月08日07時20分から07時24分に487,964円であったが、2017年10月08日08時25分から08時29分に498,924円(記録上は499,126円)まで上がって、急落をはじめ2017年10月08日09時00分から09時04分に496,752円まで落ちた。

e-支払い同盟で、シンガポール、タイが協議中。

Mobile World Liveは2017年10月06日に、シンガポールとタイの中央銀行は、モバイル・マネーの使用を動かすために地域の同盟を形成する全国的なデジタル支払いネットワークをリンクすることについての予備的な議論を保持していると報告した。

ブルームバーグのレポートによれば、この協力により、シンガポールのPayNowとタイのPromptPay電子支払いプラットフォームが接続される。

今日はBitcoinが、2.8万円ほどあがったので、前回より大きな売りがあった!

Bitcoinが2017年10月06日に、47万130円から、49万7,840円まで2万7710円あがったので、前回より大きな売りがあった!

さっそく、Coincheckの「全売り板/買い板表示」情報を見ると。

国連は、モバイル支払い成長の弾道を強調!

Mobile World Liveは、UN(United Nations/国連)は、情報経済リポート2017(Information Economy Report 2017)で、モバイル・デジタル支払い成長と、その発展、開発市場への影響を強調したと報告した。

文書には、UNは、遺産トランザクション方法に比べてモバイルベースの金融トランザクションの強い成長弾道を予測している多くのリポートを指し示した。

CoincheckからのBitcoin動向メールが、久々に届いた。

Coincheckから、価格が15分以内に 1.5% 以上動いた際に送信されメールが、2017年09月29日13時16分から途絶えていたが、今回は、2017年10月05日12時39分に届いた。

Coincheckの「全売り板/買い板表示」情報。

多くのサイトで、Bitcoinの売買がリアルタイムで紹介されているが、あまりに激しく動くので、把握しにくい情報である。

しかし、Coincheckはそれを一覧で、「全売り板/買い板表示」で公開している200回分の取引を紹介している。

メキシコの消費者は、モバイル財政の制限を恐れる。

Mobile World Liveは、一番上のメキシコのバンキングエグゼクティブは、メキシコでモバイルおよびデジタル支払いは、国内のプロバイダーが、まだ、消費者を説得して、新しいトランザクション方法を信頼させるために奮闘し続ける必要があると、言ったと報告した。

モバイルの支払いに点火するキー入力の調節アップデート。

Mobile World Liveは2017年10月04日に、Wirecardキー・アカウント・ディレクター・バート・シュイリン(Wirecard key account director Bert Schuiling)は、「ライフへのスパーク」市場に必要で、規定している変化が、モバイルの支払いのために現金から移転するために奮闘していると言ったと報告した。

バート・シュイリンはプレセンションで、インドなどの出現市場で見られた急速なシフトが、中国と一般的にマッチしていなかった 部分的に いくつかの国の保守的な態度があったと言った。

中央銀行のデジタル通貨発行について、

日本経済新聞 電子版は、日本銀行の黒田東彦総裁は2017年10月04日に、日本銀行本店で開いたBIS(Bank for International Settlements/国際決済銀行)会合でのあいさつで、中央銀行によるデジタル通貨の発行に関して「新技術の内容を深く理解する必要がある」と述べたと報告した。

世界の主要な中央銀行と協力して、ブロックチェーン(分散台帳)などの研究を進める意向を示した。

Ecobankはモバイル支払い拡張のため、ビザとの取引に署名。

Mobile World Liveは、アフリカに焦点を合わせたオレンジの金融サービス会社Ecobank(エコバンク)は、アフリカ大陸を横切って33の市場で、mEcobankのmVisaモバイル支払いサービスをロールアウトする操作でビザ(Visa)との取引にサインしたと報告した。

Safaricomはケニアの市場を掌握し続ける。

Mobile World Liveは2017年10月03日に、Safaricomは、モバイルの加入者と金融サービス顧客の両方で、そのシェアを増大させて、2017年第2四半期の間にケニアのモバイル・マネーと通信分野で、その優越を及ぼし続けたと報告した。

モバイル加入者は2017年06月の終わりに3ヶ月をカバーして、ケニアのCA(the Communications Authority of Kenya/ケニアの通信権限)でリリースされたデータによれば、Safaricomの株は、四半期の間に72.6%まで1%を育てた。Airtel は、国の4030万人の全体の加入者の15.3%ので2番目に大きいオペレータであり、Telkomケニアは7.2%を保持した。

Safaricomのm-Pesa登録数は0.5%増え、80.5%まで増大した。

6月の終わりまでに、会社はm-Pesaプラットフォームでケニアの2800万人のモバイル・マネー・ユーザーのうちの2260万人を持っていた。

ゴールドマン・サックスのCEO、Bitcoinの「結論は出ていない。」

日本経済新聞 電子版は2017年10月04日に、米国の金融大手ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)の最高経営責任者(CEO)ロイド・ブランクファイン(Lloyd Blankfein)は2017年10月03日に、自身のTwitterでBitcoinについて、「Bitcoinについてはまだ結論が出ていない。(No conclusion)」「紙幣が金に取って代わった時も人々は懐疑的だったことも気に留めておくべきだ(Know that folks also were skeptical when paper money displaced gold.)」と書き込んだと報告した。

ゴールドマンは、株式や原油先物などと同様にBitcoinを金融商品とみなして売買仲介業務に本格的に乗り出すか検討を始めている。

ブランクファインはBitcoinについて「まだ是認も否定もしない(not endorsing/rejecting)」と述べるにとどめた。

インドでも、Bitcoinユーザーが毎日約2,500人増え続けている。

インドのエコノミー・タイム(The Economic Times)は、インドでBitcoinが始まってから750%上昇した。

しかし、不確実性から中国についてのレポートから、最近1週間で30%低下した。

そこで、仮想通貨に投資するべきではない7つの理由を紹介した。

Bitcoinは、仮想通貨か?仮装通貨か?

日本経済新聞 電子版は2017年10月02日に、日経ヴェリタス編集長小栗太による「『仮装』通貨Bitcoinの限界 」を公開し米国のJPモルガン・チェース(JPMorgan Chase & Co.)のジェイミー・ダイモン(Jamie Dimon)最高経営責任者(CEO)がが2017年09月12日に、「本物ではない。いつか終わる」と言い、ECB(European Central Bank/欧州中央銀行)のヴィトル・コンスタンシオ(Vitor Constancio)副総裁は2017年09月22日に、「投機の道具で、明らかに通貨ではない」と言ったと報告している。

相場が激しく乱高下する仮想通貨Bitcoinに対し、欧米の金融関係者から厳しい批判が相次いでいる。
金融の未来を変える可能性を秘めた新星の登場に既存の金融関係者が脅威を感じた裏返しとの見方もあるが、批判の本質は通貨の仮面をかぶった「仮装」通貨の領域を抜けきれないことにあるのではないかということであった。

Uber、タイの陸運法改正求め1万人署名運動。

アジア経済ニュースNNA ASIAは、ライドシェアリングサービス最大手米国のUberが、タイで1979年陸運法(道路運送業法/Land Traffic Act B.E2522/1979)の改正を求める署名運動を展開している。

すでに1万人以上の署名を集め、当局に提出する。

急ブレーキが掛かり、大暴落が始まって1ヶ月後、50万円を超えた!

Bitcoinは2017年09月02日から大暴落が始まり、そしてそのちょうど1ヶ月後の2017年10月02日16時12分から13分にチャート上500,261円(データ上500,806円?実際はその次の50万円超えだったときかもしれない)を記録し、50万円を突破した。

Bitcoinは10月に入って47万円台から48万円台に移行。

Bitcoinは2017年09月は月初めの09月02日にチャート上は563,637円、記録上は564,879の最高値を記録した後落ち始め、約半月後の2017年09月15日午前08時50分から午前08時54分にチャート上31万6333円(実際には一瞬31万5002円)まで落ちた。

Bitcoinが2日ぶりに48万円を超えた!

Bitcoinが、2017年09月28日以来、48万円を超えた!

BitFlyerは2017年09月30日22時04分に475,790円になったと報告したが、22時55分から59分にチャート上は48万600円(データ上は48万1,005円)を記録し、その後落ちかけたが、さらに上昇している。

仮想通貨「Bitcoin」分裂と乱高下の理由!?

毎日新聞は、Bitcoinの価格が乱高下している。2017年08月01日には従来のBitcoinと、新しくできたBitcoin Cashに分裂し、これも価格変動に影響したことかた、経済プレミア編集部の平野純一のインタビュー記事、「野村総合研究所・田中大輔さんに聞く(1)」として、Bitcoinとはどのようなものか。またBitcoinを支える技術のブロックチェーンとは何か。野村総合研究所ICT・メディア産業コンサルティング部の田中大輔さんに聞いたと報告した。

ポーランドで、2018年から身分証明書を電子化へ、携帯電話で表示可!

AFPは2017年9月30日に、ポーランドのアンナ・ストゥレジンスカ(Anna Strezynska)デジタル化相(Polish Minister of Digital Affairs)は2017年9月29日に、2018年から身分証明書の電子化を始め、携帯電話で表示することができるようになると発表したと報告した。

PAP(Polska Agencja Prasowa S.A/ポーランド通信)によると、アンナ・ストゥレジンスカは「ヨーロッパで、偏見なく新しい物事を取り入れることで知られているポーランド人が、このシステムの先駆的なユーザーとなることを期待する。
」と述べた。

金融庁が仮想通貨取引所の11社を登録した日のBitcoin。

金融庁は2017年09月29日に、第1弾の仮想通貨登録業者として、11社を登録し、その仮想通貨交換業者登録一覧を公開した。

ただし、金融庁は注意書きとして、
仮想通貨交換業者登録一覧に記載された仮想通貨交換業者が取り扱う仮想通貨は、当該仮想通貨交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。

金融庁・財務局が、これらの仮想通貨の価値を保証したり、推奨するものではありません。

仮想通貨は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではあり ません。

仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。
≪仮想通貨を利用する際の注意点≫
○ 仮想通貨は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
○ 仮想通貨は、価格が変動することがあります。仮想通貨の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。
○ 仮想通貨交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。
○ 仮想通貨の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。
○ 仮想通貨や詐欺的なコインに関する相談が増えています。仮想通貨を利用したり、仮想通貨交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

と併記した。

しかし、日本の仮想通貨にとって、記念すべき日であった。

金融庁、仮想通貨取引所の登録第1弾として、11社を登録。

NewsPicksは2017年09月29日に、ロイターからの情報として、金融庁は2017年09月29日に、仮想通貨取引所11社が登録業者になったと発表したと報告した。

2017年04月01日の改正資金決済法施行で仮想通貨取引所の登録制が導入され、金融庁は登録申請した事業者の審査を進めてきた。

今回登録された11社が第1弾となる。

仮想通貨Ethereumも、国内でモバイル・マネーになる。

日本経済新聞 電子版は、流通量が世界2位の仮想通貨「Ethereum(イーサリアム)」が日本国内店舗で決済に使えるようになる。

仮想通貨取引所を運営するリミックスポイント(Remixpoint)は2017年09月29日からEthereumによる決済サービスを飲食店や小売店向けなどに提供を始めると報告した。

ただし、リミックスポイントのプレスリリースのリストには、まだない。

昨日のBitcoinは、結局腰折れ!

Bitcoinは2017年09月28日は、451,183円から480,618円まで高騰し、48万円の壁に5回挑戦して、17時45から49分の挑戦で腰が折れ、19時54分から55分に465,602円まで下落した。

MobiKwikの技術的不具合は、US$250万と見積もる!

Mobile World Liveは2017年09月29日に、タイム・オブ・インディア(Times of India)からの情報として、インドのモバイル財布会社MobiKwik(Indian mobile wallet company MobiKwik)は、技術の不具合により、顧客財布を経由して、MobiKwikのアカウントから1億9,000万(US$290万)が引き出され、損をしたと報告した。

Airtel Africaは、銀行から動力を供給されたケニア貸付金サービスを初公開。

Mobile World Liveは、インド系のAirtel Africaと金融サービス・プロバイダのマイシャ・ミクロファイナンス銀行(Maisha Microfinance Bank)は、ケニアの市場へのモバイル・マネー・ベースの貯金と貸付金サービスをスタートし、それをSafaricomのM-ShwariとKCBアカウントと直接戦わせることにした。

M-Fanisiは既存のAirtel Africaマネーの顧客に利用可能である。

チャットAppの「Kik」、「ICO」でUS$1億を作った!

Mobile World Liveは、最もよく知られているインタラクティブなチャットAppの「Kik」は、第一にその既存のプラットフォームのユーザー間の交換のためにそれ自身の仮想通貨「Kin」を売る「ICO(Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開)」から約US$1億を作ったと報告した。

台湾を、仮想通貨の国際センターにすることを提案。

台湾で民進党が大勝し、蔡英文総統になると、台湾の円山大飯店楊守毅総経理は、中国からの観光客が激減していると、報告した。

中国は、仮想通貨を完全拒否し、2017年09月31日に完全撤退を命令した。

台湾は、仮想通貨の国際センターにすべきだろう。
つまり、台湾の大手銀行が支援し、仮想通貨取引所は、世界各国のUS、€、円、元、AU$、HK、£、ルピーなど、通貨で安定している通貨の取引を許可する。

世界中から、台湾の大手銀行には、預金が集まる。

これは、台湾の国際力を上げる効果がある。

Bitcoinが8日ぶりの2017年09月27日に、45万円台に回復。50万円台目前!

2017年09月15日に午前08時50分から午前08時54分にチャート上31万6333円(実際には一瞬31万5002円)まで落ちた。

2017年09月19日には、09時35分から09時39分に、459,279円を記録したが、サイド落ち始め、43万円台で推移してきたが、2017年09月27日に08時58分から、08時59分に432,917円から上昇し始め、21時46分から47分にチャート上は455,481円(記録上は4:55,633円)になった。

ジンバブエの現金危機の中で、ZymPayは小売りの取引にサイン。

Mobile World Liveは、国境を越える送金会社ZymPayは、現金ベースのモバイル財布サービスを迂回し、商品が小売店に直接支払われることを可能にするために、ジンバブエ食料雑貨店チェーン「Gain Cash and Carry」との取引にサインしたと報告した。

いったんその代金を払ったら、商品は、その時、モバイル支払証書を使って集金できる。

bitFlyerが2017年09月27日に、全通貨ペアの売買サービス停止!

bitFlyerは2017年09月15日に、2017年09月27日(水)午前4時〜午前6時(日本時間)新アーキテクチャー導入及びサーバ増強を行う臨時メンテナンスを行うため、bitFlyer Lightning(含 API)による全通貨ペアの売買サービスとビットコイン簡単取引所(含 bitFlyer ウォレット)における売買サービスを停止すると報告してきた。

CKハチソン、蟻金融によるペイメントJV。

Mobile World Liveはは、多国籍複合的CKハチソン(CK Hutchison)と中国の支払い巨人蟻金融(Ant Financial)は、既存のJV(joint venture/ジョイント・ベンチャー)として、AlipayHK(支付寶HK)ブランドの下で、香港のモバイル支払いの開始を発表したと報告した。

これは、Alipayが、CKハチソンと組んで、本格的に香港に乗り出したということである。

KDDIなどが支援する国営MPTが最速通信!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月02日に、日本のKDDIなどが支援する国営MPT(Myanma Posts & Telecommunications/ミャンマー郵電公社)は2017年09月26日に、米国通信速度測定サービス会社オークラ(Ookla)からミャンマーの携帯電話サービス会社3社の中で通信速度が最速と認定されたと発表した。

これは、前年の調査に続き2年連続となった。

総件数:2926最初1234567891011121314151617181920...最後
広告募集中