gaYa広告

前衛芸術家の「草間弥生美術館」が開館する。

毎日新聞は2017年08月11日に、世界的に著名な88歳の前衛芸術家草間弥生(草間彌生/Yayoi Kusama/1929 - )の作品を常設公開する「草間弥生美術館」が2017年10月01日に、東京都新宿区弁天町にオープンすると報告した。
草間作品の保管などを行う草間弥生記念芸術財団が2017年08月10日に、発表した。

所在不明だった雪舟の作品、保存状態が良く見つかった。

毎日新聞は、山口県立美術館は2017年9月19日に、備中(岡山)で生まれた室町時代の画僧雪舟(雪舟等楊/Sessyu Toyo/1420-1506)が描き、所在が不明だった作品が84年ぶりに見つかったと発表したと報告した。

こんなリュックサックのようなエンブレムを選んだのは、だれだ!

浅草のお祭りで、東京オリンピックのエンブレムをつけた半纏が登場したと報告した。

撮影した人も、この東京オリンピック半纏は何だ?と言っていました。

「若冲の青」を豚レバーから、18世紀の製法で再現。

日本経済新聞 電子版は2017年09月08日に、日経サイエンス10月号からの情報として、自然界の動植物を緻密な表現で描き出した江戸時代の絵師伊藤若冲(Jakuchu Ito/1716 - 1800)は、当時日本に入ってきた西洋の新しい顔料「プルシアンブルー(Prussian blue/Pigment Blue 27/紺青)」を、いち早く日本の絵画に用いたことでも知られる。

代表作「動植綵絵(さいえ)」の大修理の際に行われた科学調査から、1766年に描かれたとみられる「群魚図」のルリハタの図にプルシアンブルーが使われていることが明らかになり、注目を集めた。

ダリと「隠し子」名乗る女性は、「血縁関係なし」

毎日新聞は2017年09月07日に、スペイン出身のシュールレアリスムの芸術家サルバドール・ダリ(Salvador Dali/Salvador Domingo Felipe Jacinto Dalí i Domènech, 1st Marquis of Púbol/1904 - 1989)の「隠し子」を名乗り、長い間カタロニアの霊媒(psychic in Catalonia)として働いた61歳のピラー・アベル(María Pilar Abel Martínez)は、画家が何年もの間住んでいた小さい釣り部落ポート・リリガート(Port Lligat)で、彼女の母がアーティストと関係を持っていたと言う。

中国のパナソニック合弁企業、ポルシェと戦略提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月06日に、中国のパナソニック合弁会社で洗濯機、乾燥機の製販を手掛ける浙江省杭州市のPAPWMHZ(杭州松下家用电器有限公司/Panasonic Appliances Washing Machine (Hangzhou) Co., Ltd/杭州松下家用電器)は2017年09月04日に、ドイツの高級自動車メーカー、ポルシェ系列のデザイン会社であるスタジオF.A. ポルシェ(Studio F. A. Porsche)と洗濯機のデザインで戦略提携したと、浙江日報が2017年09月05日に伝えたと報告した。

サムスン、アート機能搭載テレビを発売。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月05日に、韓国系TSEタイ・サムスン電子(Thailand Samsung Electronics)は2017年09月04日に、視聴時以外に写真や絵画を自動的に画面に映し出す「アートモード」機能を搭載したテレビ「ザ・フレーム(THE FRAME)」を発売したと報告した。

個性的なライフスタイルを重視する消費者が増加する中、アートを重視したテレビの投入で需要を取り込む。

パリで、ストリート・アートの相次ぐ盗難。

毎日新聞は、タイルを用いたモザイク画のストリートアートで知られるフランス人の覆面芸術家「インベーダー(Invaders)」の作品が、パリ市内で持ち去られるケースが相次いでいる。

実行グループが市職員を装っていることから、市は対策に乗り出しているが、ストリートアートの所有権や違法性を巡り、難しい対応を迫られていると報告した。

台湾のエイサー、ドバイに世界最大のVR娯楽施設を建設。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月04日に、パソコン(PC)世界大手、台湾のエイサー(宏基/Acer)は、UAE(الإمارات العربية المتحدة/United Arab Emirates/アラブ首長国連邦)の最大の都市ドバイ(دبي‎/Dubai)の企業と提携し、VR端末HMD(Head Mounted Display/ヘッドマウントディスプレー)「スターVR(StarVR)」を利用した娯楽施設を建設すると報告した。

「Japan Expo in Thailand 2017」が開幕。

アジア経済ニュースNNA ASIAは、コンテンツや食、留学など日本に関するさまざまなジャンルを集め、同時にPRするイベント「Japan Expo in Thailand 2017(ジャパン・エキスポ・イン・タイランド2017)」が、2017年09月01日から03日までタイの首都バンコク中心部の商業施設「สยามพารากอน(Siam Paragon/サイアム・パラゴン)」で開催したと報告した。

日本関連タレントなどがステージに登場する。

デンマークのアーティスト、ペア・キールケビーが生まれた。

ArtDailyは2017年09月01日に、デンマークの画家、詩人、映画製作者、および彫刻家であるペア・キールケビー(Per Kirkeby/1938 - )がコペンハーゲンで(Copenhagen)で1938年09月01日に生まれた。

パレスチナ自治区ガザ地区で、一夜限りで映画館が復活。

AFPは2017年08月27日に、パレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)で、30年以上ぶりに映画館での映画上映が一夜限りで行われたと報告した。

この映画館は、ガザ市(Gaza City)に1944年にオープンしたサメルシネマ(Samer Cinema)で、ガザ地区で最も古い映画館だったが1960年代に閉鎖されて以降、放置されていた。

ネット書店成長と人口減の陰で、書店ゼロの自治体拡大。

朝日新聞デジタルは、書店が地域に1店舗もない「書店ゼロ自治体」が増えている。出版取り次ぎ大手によると、香川を除く全国46都道府県で420の自治体・行政区にのぼり、全国の自治体・行政区(1896)の2割強を占めると報告した。

「文化拠点の衰退」と危惧する声も強いというが、電子ブック、ネット書店がそれだけ浸透したのだろう。

私のように、本は紙の重さを感じたいという人は、本屋に行かないで古本屋に行く。

少し古いのだと、七十円〜百円で買える。

それだけ、クズ本が増え、クズ作家が増えたということで、「文化拠点の衰退」などと感じなくなった。

フランチェスコ・アルバーニは、1578年08月16日?17日?18日?に生まれた。

ArtDailyは2017年08月16日に、イタリア・バロック(Italian Baroque)の画家フランチェスコ・アルバーニ(Francesco Albani/またはアルバノ/or Albano/1578 - 1660)は、イタリアのボローニャ(Bologna)で1578年08月16日に生まれた。

ArtDailyは2017年08月17日にも、イタリア・バロック(Italian Baroque)の画家フランチェスコ・アルバーニ(Francesco Albani/またはアルバノ/or Albano/1578 - 1660)は、イタリアのボローニャ(Bologna)で1578年08月17日に生まれたと報告して来た。

どちらが正しいのだろう。

水引デザイナーが仕掛ける儀礼アート?

朝日新聞デジタルは2017年08月16日に、祝儀袋や香典袋などの帯ひもとして飾られる「水引(みずひき)」。

これは、水引と水引飾りを混同している。

古くから儀礼的な場でなじみがある日本の文化を、もっと日々の暮らしに溶け込ませたい。38歳の福岡市の水引デザイナー長浦ちえは、豊かな表現力で新しい風を吹き込むと報告した。

福岡市東区の香椎宮では、社殿の大きな看板が参拝者の目を引いている。

基になった作品は幅約60cm。赤みがかった屋根や朱色の柱、緑の木々など、50色近くの水引を細かく切って接着剤で紙に貼り付けて表現した。

水引は紙をよって細い線状にしたもので、その線状の水引をなるべく切らないで飾りを作るのが、細かく切って接着剤で紙に貼り付け他のでは、本来の水引の素晴らしさ、日本の文化、伝統を無視したものである。

迎賓館で、藤田嗣治の「幻の作品」初公開。

毎日新聞は2017年08月10日に、2016春からほぼ通年で一般開放されるようになった、内閣府が所管する東京都港区の迎賓館赤坂離宮が夏休みも多くの観光客でにぎわっている。2017年08月11日からは、所蔵する藤田嗣治(レオラルド藤田/1886〜1968年)の天井壁画全6点が29日までの期間限定で特別展示される。

中国の深圳市のドローン輸出額、上期は倍増!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年08月10日に、中国の深圳市の税関によると、上半期(1〜6月)の深圳市のドローン(小型無人機)の輸出額は前年同期比97.1%増の46億9,000万元(約771億7,400万円)で、高い伸びを示したと報告した。

とくに6月単月は2.1倍の9億2,000万元と好調だった。

京都の曼殊院「黄不動」に、香水で描かれた小さな不動明王が隠れていた。

毎日新聞と時事通信、産経ニュースは、京都市左京区の曼殊院(まんしゅいん)に伝わる12世紀の制作とみられ、縦約1.7m、横約0.8mの絹地に高さ約1.3mで描かれている平安時代の国宝仏画「不動明王像(黄不動=きふどう)」腹部に、小さなもう一つの不動明王が描かれていることが分かったと、京都国立博物館(京都市東山区)が2017年08月07日に、発表したと報告した。

発表は、京都市東山区の京都国立博物館で行われ、岡岩太郎(岡墨光堂社長)、伊加田剛史(岡墨光堂主任技師)、松景崇誓(曼殊院門跡執事長)、大原嘉豊(京都国立博物館保存修理指導室長)が立ち会ったと産経Westが報告している。

鑑定士中島誠之助を奈落に落とした「曜変天目」の研究を続ける陶芸家。

AFPは、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳した情報からとして、「日本の陶芸家が700年間失われていた中国伝統の『曜変天目茶碗』の復活に成功した」というニュースが近ごろ、多くのインターネットユーザーの注目を集めた。中国でも1980年代から研究が行われている。河北の陶芸家の家に生まれた張恵峰(张惠峰/Zhang Huifeng)もその一人であると報告した。

テスラは、量産型の新型EV「モデル3」を納車。

AFPは2017年07月29日に、EV(Electric Vehicle/電気自動車)大手テスラ(Tesla)は2017年07月28日夜、大衆向け電気自動車の生産という理想を現実化した量産車「モデル3(Model 3)」の納車を開始した。

問題は、売れるかである。

大気汚染物質をまき散らす化石燃料車に慣れた世界に一石を投じることを狙い開発されたモデル3。

カリフォルニア(California)州フレモント(Fremont)にあるテスラの工場で生産された初回納車分は同日から購入者に引き渡されたが、購入者のほとんどは同社の従業員だった。

イギリス人のお気に入りアート作品は、バンクシーの代表作が1位!

AFPとArtDaily、イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は2017年07月27日に、イギリス人2000人を対象に、お気に入りのアート作品を尋ねたアンケート調査の結果が2017年07月26日に発表され、覆面グラフィティアーティスト、バンクシー(Banksy)の代表作の1つ「バルーンガール(Balloon Girl)」が1位に選ばれたと報告した。

この作品は2002年にロンドン(London)東部にある商店の壁に描かれた。その後切り取られて2014年にオークションにかけられ、約£50万(約7300万円/US$651,000)の値で落札された。

パリのど真ん中に、マッコウクジラが打ち上げられた!?

AFPは、フランスの首都パリ(Paris)中心部のトゥルネル通り(Quai de la Tournelle)に、実物大の超リアルなマッコウクジラの彫像が登場した。

ベルギーのアーティスト集団「ブーマー船長(Captain Boomer)」が手掛けた作品で、パリの夏のフェスティバルのプロモーションの一環として展示された。

面白い!

パリっ子も度胆を抜かされた!

京阪枚方市駅の5000万円油絵窃盗容疑者を逮捕!

毎日新聞は、京阪枚方市駅(大阪府枚方市)構内に飾ってあった約5000万円相当の油絵を盗んだとして、大阪府警は2017年07月20日に、住所不定、62歳の自称古物商の山本数馬容疑者ら男3人を窃盗の疑いで逮捕したと発表した。

また、この絵を山本容疑者から購入したとして、大阪市西区新町4の63歳の会社役員藤井賢子容疑者を盗品等有償譲り受けの疑いで逮捕した。

ダリの娘であるという主張を確認するために、遺体は発掘された。

ArtDailyは2017年07月21日に、エキスパートは、彼女が超現実主義者の唯一の娘であるという占い師の主張をテストするために、彼の死の約30年後の2017年07月20日木曜日に彼のスペインの故郷の墓からサルバドール・ダリ(Salvador Dali/Salvador Domingo Felipe Jacinto Dalí i Domènech, 1st Marquis of Púbol/1904 - 1989)の遺体を掘り出したと報告した。

閉められたドアの後ろで働くことによって、それらは、彼が誕生した北東のスペインのフィゲラス(Figueras)にあるダリ劇場美術館(Teatro-Museo Dali)でアーティストの墓をカバーする重量1メートルトンより多くの平板を取り除いた。

サルバドール・ダリの墓石!

ArtDailyは2017年07月18日に、DNA採取のため、アーティストの遺体発掘の前、子供達は無邪気に、東スペインのフィゲラス(Figueras)にあるダリ劇場美術館(Teatro-Museo Dali)の中にあるサルバドール・ダリ(Salvador Dali/Salvador Domingo Felipe Jacinto Dalí i Domènech, 1st Marquis of Púbol/1904 - 1989)の墓石に触れている。

パリのポンピドーセンターをフランチャイズし、上海で美術館を開く!

ArtDailyは、世界のモダンアートの中で2番目に大きいコレクションを収納するパリのポンピドーセンター(Pompidou Centre in Paris)は、火曜日に、上海のフランチャイズ・ギャラリーのための取引に近くサインすると伝えたと報告した。

スペインの美術館!アートにおけるLGBTの展覧会。

スペインの美術館は、面白い展覧会をする。2009年には「エロスの涙」展を開催した。

今回は、スペイン・マドリード(Madrid)のプラド美術館(Prado Museum)で、古代ギリシャやルネサンス期、18世紀の日本や米先住民の時代など、いつの時代においてもLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)は芸術の特徴の一部であったことを示すための展覧会「The Other's Gaze. Spaces of difference」が開催されているとAFPは2017年07月09日に報告した。

上海に登場した黄金のクラシック・スポーツカー。

AFPは2017年07月10日に、CNSからの情報として、上海(Shanghai)の陸家嘴(陆家嘴/Lujiazui)にある大型ショッピングモールの1階広場の空中に2017年07月05日から、黄金にまばゆく光る旧型のスポーツカーが現れたと報告した。

周囲のガラスケースの中には、黄金の自動車部品も飾られ、買い物客の視線はその輝きに吸い寄せられていたと伝えている。

中国人は「金」

アメリカのアーティストバーネット・ニューマンが死去した。

ArtDailyは、ユダヤ系アメリカ人アーティストであったバーネット・ニューマン(Barnett Newman/1905 – 1970)が1970年07月04日に死去したと報告した。

彼は、抽象的表現主義と色んpフィールドとしての画家で最先端先のうちの主要な1人と考えられている。

インドネシアの地場映画制作会社、資金調達に四苦八苦!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年07月04日に、インドネシアの創造経済庁(Bekraf)は映画など創造産業の支援を強化しているが、地場金融機関は映画制作会社への融資を渋っており、業界は資金調達に四苦八苦していると、は2017年07月03日付ジャカルタ・ポスト(The Jakarta Post)が「The Jakarta Post: 2017-07-03 - Film financing attractive, but needs breakthrough」と伝えたと報告した。

朝鮮戦争中に盗まれた朝鮮王朝の印章が、米国から韓国へ返還。

AFPは、米国を公式訪問した韓国の文在寅(문재인/Moon Jae-In Signature.png)大統領について、「聯合(Yonhap)ニュース」は2017年07月01日に、文在寅大統領が、朝鮮戦争(Korean War)中に盗まれた朝鮮王朝時代の国の印章「国璽(こくじ)」2つを持って帰国すると報じた。

16〜17世紀に作られたこれらの印章は、1950〜53年の朝鮮戦争中に盗まれたとされ、韓国政府が何年も前から返還を求めていた。

ロンドンのクリスティーズ、20世紀の絵画で£1億4950万!

ArtDailyは、クリスティーズ・ロンドンの20世紀ウィークの印象派画家とモダンアートのオークションで、合計プレミアムを含んで£1億4950万を売り上げたと報告した。

今回のオークションでは、販売された94%が売れ、87%が販売希望価格より上で落札されたと報告した。

覆面グラフィティ・アーティストのバンクシーの正体はやっぱりあの人?

AFPは2017年06月27日に、イギリスの著名DJがインタビュー中に口をすべらせたことをきっかけに、覆面グラフィティ・アーティストのバンクシー(Banksy)の正体をめぐり臆測が再び飛び交っていると報告した。

バンクシーは、ロックバンド「マッシヴ・アタック(Massive Attack)」のフロントマン、ロバート・デル・ナジャ(Robert Del Naja)なのか?

スペイン法廷は父性主張において、ダリの遺体の発掘を要求した。

ArtDailyは2017年06月27日に、スペインの法廷は2017年06月26日に、世界的に有名なアーティストの娘である主張することにより父性主張が申し立てられた女性の後で、サルバドール・ダリの遺体(Salvador Dali's remains)が掘り出されるように命じたと報告した。

もし女性ピラルアベル(Pilar Abel)が、実子として認定し、ダリの唯一の子供として確認されるなら、彼女は20世紀で最も有名な多作な画家のうちの1人の莫大な運と遺産の一部を与えられだろうと伝えている。

前澤友作は、新しいアートのゴッドファーザーになれるか!?

AFPは2017年06月20日に、10代の頃はロックスターを目指し、レコードを通販で、そしてオンライン販売へと移行した前澤友作(Yusaku Maezawa)は、1998年に創設した「スタートトゥデイ(Start Today)」が、今や日本一の規模を誇るオンライン・ファッションサイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を経営する会社となっている。

米国経済誌「フォーブス(Forbes)」によると、前澤友作の財産は、US$35億(約3892億円)de、日本の長者番付で11位だという。

その前澤友作は、ニューヨーク市ブルックリンで1960年12月22日に生まれた米国人美術作家ジャンミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat/1960 - 1988)の傑作をUS$1億1050万(約123億円)で落札したことをInstagramの投稿で発表したと報告した。

この投稿で前澤友作は、オークションの歴史だけでなく、日本のアートにおいても新しい時代の幕開けを示したという。

クリスティーズは、オンラインで「エニグマ」を世界記録で売却。

ArtDailyは2017年06月17日に、ニューヨークのクリスティーズによる本とマヌスクリプト(Christie’s New York Books and Manuscripts sales)の2017年06月15日から3日間のオークションで、全体の75%を売り、US$969万0,563を売り上げたと報告した。

様々なオーナーによる販売は合計でUS$689万4,875になり、ニューヨークのクリスティーズでこれまでで最も高い合計を単一セッションの各種オーナー本販売に課した。

ビム・デルボイの最初主要な回顧展を、スイスの美術館ティンゲリーで開催。

ArtDailyは2017年06月13日に、スイスの美術館ティンゲリー(Museum Tinguely)は、2017年にベルギーのアーティストビム・デルボイ(Wim Delvoye)の最初主要な回顧展を主催することになっていると報告した。

1980年代遅く以来、ビム・デルボイは、伝統のユートピアが、ハイテク技能によって衝突する崇高なものによって、世俗的で、理性的に機知に富んだ混入に載っている作品のために知られている。

たぶん、彼の最もよい既知の作品は、彼の「Cloacas」である。

愛人のために作ったピカソの肖像画入り指輪。

AFPは、画家パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)が、愛人ドラ・マール(Dora Maar)とのけんかの仲直りのために贈った小さな肖像画入りの指輪が来週、イギリスの首都ロンドン(London)で競売大手サザビーズ(Sotheby's)主催のオークションに出品されると報告した。

カッセルの「本でできたパルテノン神殿」を作った女性!

ArtDailyは2017年06月11日に、カッセル(Kassel)で2017年06月07日から開催されているドクメンタ14(Documenta 14)「Parthenon of Books(本でできたパルテノン神殿)」を作ったアルゼンチンの女性アティストであるマルタ・ミヌジン(Marta Minujin)は、アテネのアクロポリスのパルテノン神殿をフル・スケールで複製したと報告した!

「Parthenon of Books(本でできたパルテノン神殿)」の最初は、1983年に「El Partenón de libros」として始まっている

紙の地図も売れていない。

朝日新聞デジタルは、販売を受託している日本地図センターによると、国土地理院が発行する紙地図の販売数が低迷している。2016年度の売り上げは約47万枚で、記録のある1946年度以降で最少になった。最盛期だった1981年度の約910万枚と比べると約20分の1になった。紙地図は生き残ることができるのか?

本でできたパルテノン神殿。

ドイツのアート雑誌「ART」は、マルタ・ミヌジン(Marta Minujin)が構築した「本でできたパルテノン神殿(Parthenon der Bücher)」を背景にして、イレーナ・ハイドゥク(Irena Haiduk)による「美しい女性軍(Armee schöner Frauen)」というスーパー・パローマンスが展開されたと報告した。

Museum Folkwangで開催される3つの展覧会。

ArtDailyは、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州エッセン(Essen)にあるフォルクヴァンク美術館(Museum Folkwang)で、3つの展覧会「Posters from the Summer of Love」「Arwed Messmer」「Peggy Buth」が開催されると報告した。

それはまるで、時代を切り取ったような展覧会である。

捨てられた漁網から作られた海の生命のアート。

ArtDailyは、オーストラリアのダーンリ島(Australia's Darnley Island)からのエルーヴ・アート・グループのアーティスト(Erub Arts group artists)によって、捨てられた漁網から作られた海の生命のアート・インストレーション(art installation of marine life created from abandoned fishing nets)を若い女性が写真を撮っていたと紹介した。

展覧会「マリオ・テスティノの脱衣」

ArtDailyは、ベルリンのヘルメットニュートン財団(Helmet Newton Foundation in Berlin)でオープンした展覧会「マリオ・テスティノ(Mario Testino)の脱衣(Undressed)」は、54点の並外れたイメージが、部屋と天井のコーナーにシーリングに達して財団の展示会ホールのうちの3つの壁に直接添付されて、課している人の景色を作成するために、ボディと感情によって部屋を満たしていると報告した。

毎日繰り返していることなのに、今まで、なぜ誰もこのテーマを追求しなかったのだろう。

ロシア副首相、「過去にない高い次元」=対日関係改善を評価。

時事通信社は、ロシアのオリガ・ゴロジェツ(Ольга Юрьевна Голодец/Olga Yurieva Golodets/1962 - )副首相は2017年06月05日に、東京都内の在日ロシア大使館で記者会見し「プーチン大統領と安倍晋三首相が両国関係をこれまでにない高い次元に引き上げた」と評価したと報告した。

東京スカイツリー方面からやってきた零戦のデモ飛行!

AFPは2017年06月04日に、旧日本軍の戦闘機「零式艦上戦闘機(零戦/ゼロ戦)」が2017年06月03日に、千葉県の千葉県立幕張海浜公園で開催されている航空機レース「レッドブル・エアレース千葉2017(Red Bull Air Race World Championship 2017)」の企画でデモ飛行を行い、東京湾(Tokyo Bay)上空を飛んだと報告した。

フランス野獣派画家ラウル・デュフィが生まれた。

ArtDailyは、1877年06月03日に北フランス、ノルマンディーのル・アーヴル(Le Havre)の港街で、貧しいが音楽好きの一家の9人の兄弟の長男として生まれたラウル・デュフィ(Raoul Dufy/1877 - 1953)は、フランス野獣派画(French Fauvist)の画家であったと報告した。

ウィーンの宮殿の庭園に出現した「デブ・ハウス」

AFPは2017年05月05日に、オーストリアの首都ウィーン(Wien)にあるベルベデーレ宮殿(Schloss Belvedere)の庭園で、同国の芸術家エルビン・ブルム(Erwin Wurm)の彫刻作品「ファットハウス(Fat House)」が展示されていると報告した。

つまり、「デブ・ハウス(太った家)」

マツダ、電気や水素ロータリーエンジン開発中!?

毎日新聞は、マツダが世界で初めて量産化したRE(Rotary Engine/ロータリーエンジン)を搭載した「コスモスポーツ」を1967年に発売してから30日で50年となった。

燃費性能が芳しくなく、2012年に生産を終了したが、マツダはREを技術力の象徴と位置づけ、今も研究開発を継続中。EV(Electric Vehicle/電気自動車)に載せる発電用エンジンや、水素を燃料とする新型エンジンとしての「復活」が期待されていると報告した。

フランツ・フォン・シュトゥックの作品は、ミュンヘンのオークションで熱狂。

ArtDailyは2017年05月30日に、南ドイツのミュンヘン(München)で行われたケテラー・クンスト(Ketterer Kunst)の春のオークションで、19世紀のアートの部門(Auction of 19th Century Art in Munich)の総利益は結果として€130万を計上し、成功したと報告した。

特に注目されたのは、南ドイツの美術愛好家のコレクションから、最初のロット35までの作品であった。

とくに、フランツ・フォン・シュトゥック(Franz von Stuck)の作品は、物凄い熱狂によって迎えられた。

日本車が爆弾に改造される街。

朝日新聞デジタルは、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」の実態が、次第に明らかになりつつある。

イラク北部モスル(Mosul)では、政府軍などによる奪還作戦の進行に伴い、武器製造工場などが相次いで見つかっている。
処刑場や宗教警察を使った恐怖統治についても、住民が重い口を開きだしたと報告した。

岸和田だんじり祭のPRポスターにヤクザ!?

毎日新聞は、1人が「山健組」大阪府警岸和田署から「条例抵触の恐れ」と大阪府岸和田市で2017年09月に行われる「岸和田だんじり祭」のPRポスターの写真に暴力団組員が写っていたことが2017年05月28日に、分かったと報告した。

大阪府警から指摘を受けた祭りの運営組織は約4000枚を作り直すことを決めた。

ギンザ・シックスの蔦屋に行ってきました。-3

ギンザ・シックスの蔦屋書店の「ART IN LIFE」というテーマで気がついたのですが、このテーマは1960年代に、銀座にあったイエナという書店で、今ではなくなってしまったが、ソニービルと三愛の間にあって、何が見つかるか、行くたびにワクワクしていた。

大英博物館の展示は、木版画印刷物の裏にある技能のより深い理解を促進。

ArtDailyは2017年05月29日に、本の木版画印刷は、今日まだ広く行われてきた伝統的な工芸である。

江戸時代(1615年 - 1868年)浮世絵版画の技能の根を明らかにするために、彫刻の彫り師と刷り師の仕事を紹介する。
それは歌川国貞(1786 - 1864)による3枚つづりの浮世絵を中心に紹介している。

その人は、どれほど日本人が、木版画印刷物を伝統的に作ってきたかを示している。

また、歌川広重(1797-1858)の東海道53次や葛飾北斎(1760-1849)富嶽36景の絵で紹介している。

ギンザ・シックスの蔦屋に行ってきました。-2

私は、大きな都市を訪ねると、必ず行くところがある。
国立博物館、国立図書館、その街で一番大きな本屋さん。

国立博物館では、博物館の売店で売られている本、そして売られているレプリカを見る。
特にレプリカは、その土地の価格であることから、すごく安いが、よくできている。
手元に、イラクの国立博物館で購入した世界で最初の幾何学の粘土板。パキスタンのモヘンジョダロ博物館の粘土の像。
持って帰るのが大変で、購入できなかったものは、エジプトのカイロにある国立博物館で売っていた書記の像。カンボジアの国立博物館で見つけた彫刻のレプリカなど、上げだしたらきりがない。
それらの多くは、オンラインで購入出来る。
もちろん大英博物館やルーブルなどにも面白いものがある。

ギンザ・シックスの蔦屋に行ってきました。

ものすごい人です。

最近の銀座は、ほんのちょっとした隙に商品が盗まれると聞いています。

かなり、盗まれているのではないかと心配しました。

私が見ている時にも、警備員の人が私に付いてきました。
私は、泥棒に間違えられたにかもしれない。悲しい!

ツタンカーメンの大引っ越し!

ArtDailyは、AFPからの情報として、エジプトに首都カイロでは、ツタンカーメン(Tutankhamun)のベッド、古代戦車などが、カイロの大通りを引っ越していった。

エジプトに首都カイロの中心地にあったエジプト博物館(Egyptian Museum)から、ピラミッドの近く、カイロの郊外で新しく建設された雄大エジプト博物館(The Grand Egyptian Museum)に移されている間、2017年5月23日にエジプト少年王ツタンカーメンの古代戦車が、カイロ(Cairo)の町を移動していった。

雄大エジプト博物館の建設は、US$10億より多く必要であった。
また、予定より遅れた。

神の言葉のため€144,000(1,764万1,470円)

ArtDailyは、ハンブルグのケットラークンストの稀少本のオークション(the auction of Rare Books at Ketterer Kunst)が、総額€160万の結果を達成したと報告した。

高品質な申し出のフォーカスは、新しい概念で成功した。

「蔦屋を10倍大きくする。」ため、蔦屋を見てくるつもりだった。

今日、ギンザ・シックスを見に行き、蔦屋を見てくるつもりだったが、他の仕事が入り中止にした。

ジダン監督は「勝ち続けなければレアルの指揮官ではいられない。」

AFPは、59年ぶりとなるリーグ優勝とヨーロッパ制覇の2冠に迫るレアル・マドリード(Real Madrid)だが、ジネディーヌ・ジダン(Zinedine Zidane)監督は、トロフィーを獲得し続けなければレアルの指揮官の座を失うと考えている。

スペイン・マドリード(Madrid)のスポーツ日刊紙の報道によると、2016年01月の就任以降、好成績を残していることを評価しているクラブは、ジダン監督に2020年までの契約延長を打診する見通しだとしている。

ホワイトハウス内の「映画館」。

AFPは、米国のホワイトハウス(White House)の中にある映画上映室がメラニア夫人が主導で一般公開されることになったと報告した。

当時のワイト・アイゼンハワー(Dwight Eisenhower)大統領がよく西部劇をこっそり観賞し、当時のジミー・カーター(Jimmy Carter)大統領が映画『大統領の陰謀(All the President's Men)』を見た部屋である。

実は、Webサイト「ホワイトハウス博物館(White House Museum)」には、ホワイトハウス(White House)の中にある映画上映室(Family Theater)の詳しい情報がある。

世界初、ドローンからスカイダイビング!

AFPは2017年05月13日に、ラトビア(Latvijas Republika/Republic of Latvia)のテクノロジー企業Aeronesが今週、強力なドローン(drone/無人機)で人間を上空に持ち上げ、その後パラシュートでスカイダイビングを行って無事に着陸させる試験を行ったと報告した。

Aeronesによれば、こうした試みは世界初と伝えている。

オランダの写真家エド・ファン・デル・エルスケンの作品、公的コレクションに追加。

ArtDailyは、オランダの写真家エド・ファン・デル・エルスケン(Ed van der Elsken/1925-1990)の作品が再度アクステルダムの国立美術館(Stedelijk Museum Amsterdam)で、主要な回顧展が開催されると報告した。

それは、2つのオランダ公的コレクションへの提供に対する感謝として開催される。

京都市美術館は、「倒壊の恐れ」がある彫刻を切断し撤去。

毎日新聞は、京都市左京区の京都市美術館が建物の再整備工事に伴い、屋外に設置してきた大型アート彫刻作品をバラバラに切断した上で、撤去する方針を示していることが関係者への取材で分かったと報告した。

京都市は「地震による倒壊の恐れ」などを理由にしているが、形状から切断後の復元は難しいとみられ、美術界から「芸術の破壊行為」と批判の声も出ている。

「スヌーピー」が、アメリカからカナダへ逃げ出した。

日本経済新聞 電子版は2017年05月12日に、カナダの子供向け番組大手DHXメディア(DHX Media)は2017年05月10日に、スヌーピーが登場する人気漫画「ピーナッツ(Peanuts)」のライセンス権を米国のアイコニックス・ブランド(Iconix Brand Group)グループから取得すると報告した。

世界初の電気自動貨物船の就航計画。

AFPは2017年05月11日に、ノルウェーの企業が2017年05月10日に、世界初となる電気自動貨物船を来年就航させることを計画していると発表したと報告した。

計画の協力者らによると、この貨物船は1年間でトラックによる輸送4万回分に相当する二酸化炭素(CO2)を削減できるという。

トヨタは自動運転で、米国のNVIDIAと提携。

日本経済新聞 電子版は2017年05月11日に、米国のGPU(Graphics Processing Unit/画像処理半導体)大手のNVIDIA(エヌビディア)は、トヨタ自動車と自動運転車の開発で提携すると発表したと報告した。

トヨタ仕様にした自動運転プラットフォーム「NVIDIA DRIVE PX」を搭載した車両を共同開発する。

ドイツでも全国民向け最低所得保障が試験運用を開始。

AFPは、ドイツの首都ベルリン(Berlin)に住むミコはまだ5歳だが、すでに生活資金として月収€1000(約11万6300円)を得ている。
不正ではない。
UBI(Universal Basic Income/全国民向け最低所得保障)の試験運用の一環として得ている。

スタートアップ企業「マイン・グルントインコメン(Mein Grundeinkommen/私のベーシックインカム)」に選ばれた85人(うち10人が子ども)が、2014年からこれを受け取っている。

韓国、「慰安婦白書」、事実上断念。

時事通信社は2017年05月03日に、韓国女性家族省(여성가족성)は2017年05月03日に、民間研究所に作成を委託した「日本軍『慰安婦』被害者問題に関する報告書(일본군『위안부』피해자문제에 관한 보고서/일본군 위안부 피해자 문제에 관한 보고서)」を刊行すると発表したと報告した。

政府主導の「白書」の発刊は、事実上断念した。

聯合ニュースなどによると、韓国女性家族省は、慰安婦(위안부)問題の実態を内外に知らせるため「白書」作成を計画していたが、2015年12月の慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意を受け、民間作成の報告書に変更したという。

第2回 陶器の絵画展。

京都東寺の食堂で、2017年04月29日(土)から06月11日(日)まで、陶彩画家 草場一壽による第2回 陶器の絵画展が開催されると報告した。

陶彩画とは、世界に一つしかないオリジナル芸術。

「陶彩画」は、従来の有田焼の手法を用いながら、独自の発想と技法で完成した焼き物の絵画。
陶彩画家の草場一壽が、二十数年にわたる研究の成果として、技巧の頂点を極め完成した。

カラー写真のパイオニア、ソール・ライターの回顧展。

AFPは2017年04月20日に、ニューヨーク(New York)が生んだ伝説の写真家ソール・ライター(Saul Leiter/1923 - 2013)の全貌を明らかにする日本初の回顧展「ソール・ライター展」が、道玄坂のBunkamura ザ・ミュージアムにて2017年04月29日から06月25日まで開催されると報告した。

Google系ウェイモ、米国西部で自動運転タクシー試験サービス開始。

日本経済新聞 電子版は2017年04月26日に、米国のGoogleの持ち株会社アルファベットの自動運転車開発部門が独立したウェイモ(Waymo)は自動運転車を使ったタクシーの試験サービスを始めると報告した。

米国西部のアリゾナ州フェニックス(phoenix, Arizona)の住民が対象で、料金は無料。同社はこれまでもフェニックスで公道試験を重ねてきたが、一般市民が試乗する機会はほとんどなかった。
幅広い市民の声を拾い、商用化の準備を加速する。

大阪府内唯一コンビニがない千早赤阪にコンビニ誘致大作戦!

毎日新聞は、大阪府内唯一のコンビニが一軒もない村、千早赤阪村が村内にコンビニの誘致に取り組んでいると報告した。

府内の自治体でコンビニがないのは同村だけ。
開店を望む住民の声は多く、開業資金の半額を助成する制度を昨年導入した。

事業者の負担を軽くして出店を促すアイデアだが、過疎化が進む村に出店するメリットは少なく、出店業者はまだ現れない。

村民の“悲願"といえるコンビニは誕生するのか。

私は、この村を知っている。

主要国最大!日本は約50%をロボットに置き換える。

日本経済新聞 電子版は、AI(artificial intelligence/人工知能)の登場でロボットの存在感が世界で増している。

日本経済新聞とイギリスのFT(フィナンシャル・タイムズ/Financial Times)は、が実施した共同の調査研究では、人が携わる約2,000種類の仕事(業務)のうち3割はロボットへの置き換えが可能なことが分かった。焦点を日本に絞ると主要国で最大となる5割強の業務を自動化できることも明らかになった。

人とロボットが仕事を競い合う時代はすでに始まっている。

飛べ!墨田発、下町の「ヒコーキやろう」

毎日新聞は、東京都墨田区の町工場の職人ら有志が「ヒコーキやろう」と名付けたグループを発足させ、小型飛行機作りに挑戦していると報告した。

高い技術力を持つ中小企業が集まる下町だが、後継者不足などで廃業が相次ぐ。
呼びかけ人で電気通信会社社長73歳の小林博昭は「飛行機作りを通して町おこしを盛り上げたい」と意気込む。

毎週水曜日、午後6時過ぎ。仕事を終えた20〜70代の十数人が同区の金属加工会社「鹿本技研」の3階に集まり、飛行機作りが始まる。

バンクシーのストリートアートが美術館に入った。

ドイツのアート雑誌「ART」は、バンクシー(Banksy)のストリートアート作品「Haight Street Rat」が美術館に収納されたと報告した。

そして、壁から外され、自動車に乗せられるところの写真を公開した。

「銀座 蔦屋書店」04月20日にオープン!

AFPは2017年04月18日に、銀座エリア最大の商業施設「ギンザ シックス(GINZA SIX)」の6階に、700坪の広大な面積を誇る「銀座 蔦屋書店」が2017年04月20日にオープンすると報告した。

「アート」と「日本文化」を主題に構成し、アートブックを中心に、写真・建築・ファッション・日本文化などに関する書籍・雑誌の品揃えはなんと6万冊! 世界一のアートブックの集積を目指すという。

ブリューゲル展開幕。バベルの塔来日!

朝日新聞デジタルは、中世オランダのネーデルラント絵画の巨匠ピーテル・ブリューゲル1世(Pieter Bruegel(Brueghel) de Oude/1525 - 1569)の傑作「バベルの塔(Babel)」(1568年ごろ)などを紹介する「ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館(Museum Boijmans Van Beuningen)所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展」(朝日新聞社など主催)が2017年04月18日に、東京の上野の東京都美術館で開幕した。2017年04月17日に内覧会があり、参加者が超絶技巧で描かれた名画に見入ったと報告した。

「ロボネコヤマト」の実用実験開始。

毎日新聞は2017年04月16日に、ヤマト運輸とDeNAが17日から神奈川県藤沢市で2017年04月16日に、宅配便の配達に自動運転技術を活用する「ロボネコヤマト」プロジェクトの実用実験を2017年04月17日から、神奈川県藤沢市で始めると発表したと報告した。

運転手の人手不足や再配達の解消が狙い。1年かけて実験を進め、将来は完全な自動運転での配達を目指すと伝えている。

アップル、カリフォルニア州で自動運転車による公道試験。

毎日新聞は、米国のアップルがカリフォルニア州政府から自動運転車の公道試験に必要な認可を得たことが2017年4月14日に、州当局の公表資料で分かったと報告した。アップルは自動運転車開発を公式には認めておらず、開発状況は秘密のベールに包まれている。

今回の認可で公道試験の段階まで開発が進んでいることが判明した。

エゴン・シーレの絵がある階段!

ArtDailyは2017年04月14日に、有名なオーストリアのウィーン画家エゴン・シーレ(Egon Schiele)を特徴としているアルバーティーナ美術館(Albertina art museum)の階段では、アーティストが2017年04月12日にデッサンをしていたと報告した。

名品ずらり、東京国立博物館の特別展「茶の湯」

毎日新聞は、毎日新聞社などが主催する特別展「茶の湯」が、東京・上野の東京国立博物館で2017年04月11日に開幕したと報告した。

もちろん、東京・静嘉堂文庫美術館蔵の「曜変天目(ようへんてんもく) 稲葉(いなば)天目」も展示される。

NHK、権利ない番組を「オンデマンド」で、誤配信。

毎日新聞は、NHKは、インターネット動画配信サービス「NHKオンデマンド」で、テレビで放送する権利しか持っていない番組を誤って配信し、2017年4月9日までに同サービスのサイトに「権利元の独占配信権を侵害した」として、おわびを掲載したと報告した。

原因について、「担当者の勘違いによる配信可否情報の連絡ミス」と説明している。

漫画「タンタン アメリカへ」の原画、約9000万円で落札。

AFPは2017年04月09日に、ベルギーの漫画家エルジェ(Herge)の作品「タンタン アメリカへ(Tintin in America)」の希少な原画が2017年04月08日に、フランス・パリ(Paris)で競売にかけられ、€75万3000(約8860万円)で落札された。
フランスのオークション会社アールキュリアル(Artcurial)が明かしたと報告した。

1000万円の便器!?発売。

毎日新聞、宇都宮市の住宅設備機器卸会社「さかもと」が、金粉蒔絵(デザインにダイヤモンドをちりばめた価格1000万円超の高級便器を発売したと報告した。

「さかもと」は、訪日外国人が訪れる高級ホテルなどへの設置を進めたいとしており、「日本の文化の良さ、技術の素晴らしさを発信したい」と期待している。

アメリカ大学美術館で開催されたキューバのカルロス・ルナ展示会。

ArtDailyは、The Best Photos of the Dayとして、アメリカ大学美術館(American University Museum)で開催されたキューバのアーティスト、カルロス・ルナの展示会(Cuban artist Carlos Luna's exhibit)での写真を紹介した。

名古屋駅は、「迷駅?」

毎日新聞は、JR東海社長が名古屋駅を「迷駅」と呼ばないでと言ったと報告した。

JR東海の柘植康英社長は2017年04月05日の定例記者会見で、名古屋駅の略称をもじったメディアの皮肉な表現に対し、「分かりにくいのは確かだが」と言いつつ、「地元の(悪い)イメージが全国にすり込まれる」と苦言を呈した。

静岡県沼津市、女子トイレに侵入の男は無罪!

毎日新聞は、静岡県沼津市で昨年9月21日に、沼津市の公衆トイレの女性用個室に正当な理由なく、のぞき目的で入ったとして現行犯逮捕された。建造物侵入罪に問われた静岡県内の24歳の男性は、静岡地裁沼津支部(堤雄二裁判官)が「のぞき目的とは推認できない」として無罪(求刑罰金10万円)を言い渡していたことが2017年04月04日に、分かった。

アンディ・ウォーホルの毛沢東の肖像画、14億円で落札。

AFPは2017年04月03日に、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)が描いた毛沢東(Mao Zedong)の肖像画が2017年04月02日に、中国の香港(Hong Kong)で競売にかけられ、1270万ドル(約14億1000万円)で落札されたと報告したことを競売大手サザビーズ(Sotheby's)が明らかにしたと報告した。

オーストリアで最初のカール・シュピッツヴェーク展が開催された。

あれだけ有名な「本の虫の理想の形」を描いたカール・シュピッツヴェーク(Carl Spitzweg/1808 - 1885)の作品が、なぜこれまでオーストリアで展覧会が行われなかったのか?

カール・シュピッツヴェークは、ビーダーマイヤー時代を代表するドイツの画家で、まるで私を描いたのではないかと思わせるので、昔から大好きで作品集を探していたが、良いのが見つからなかったが、ドイツのアート雑誌「ART」が、カール・シュピッツヴェークとエルヴィン・ヴルム(Erwin Wurm)の実利主義の戦いとして、オーストリアで初めて展覧会が行われたと報告してきた。

世界中で、115の展示者がThe Photography Showを開催。

ArtDailyは、ニューヨークの埠頭94(Pier 94)で2017年03月30日木曜日から2017年04月02日日曜日まで、The Photography Showが開催されると報告した。

名古屋城補正予算案可決!天守閣を木造復元へ

毎日新聞は、名古屋市議会の経済水道委員会は2017年03月22日に、名古屋城天守閣の木造復元事業の基本設計費などを盛り込んだ補正予算案を可決したと報告した。

「リカちゃん」はもう50歳!

毎日新聞は2017年03月22日に、着せ替え人形「リカちゃん」の誕生50年の記念展が2017年03月22日、東京・銀座の松屋銀座で始まったと報告した。

「リカちゃん」はもう50歳!

協力
株式会社タカラトミー、文化学園服飾博物館
特別協力
一般財団法人日本玩具文化財団
企画制作
東映株式会社
入場料
一般1,000円、高校生700円、中学生500円、小学生300円
前売券
一般前売券700円、高校生前売券500円、中学生前売券400円
(ファミリーマート 、Tチケット にて3月21日(火)まで販売。)

CCCが中堅、老舗出版社を次々に買収!出版業界の大改革!

朝日新聞デジタルは2017年03月22日、毎日新聞は2017年03月21日に、レンタル大手「TSUTAYA」を運営するCCC(Culture Convenience Club Co.,Ltd./カルチュア・コンビニエンス・クラブ)は2017年03月21日に、子会社を通じて徳間書店(東京・港、平野健一社長)を買収したと正式に発表した。

徳間書店のコンテンツや企画力をCCCグループの店舗で開くイベントなどのノウハウを生かし、グループ内の映像・音楽事業と連携した出版物発行などを展開して、集客を強化する狙いがあると伝えている。

ひそかな信仰、潜伏キリシタン長崎に資料館オープン。

毎日新聞は2017年03月18日に、遠藤周作の小説「沈黙」の舞台、江戸時代のキリスト教禁教期に多くの信徒がひそかに信仰を守った長崎市の外海(そとめ)地区に2017年03月19日に、「外海潜伏キリシタン文化資料館」がオープンする。

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界文化遺産登録を後押ししようと、地元住民が空き家を資料館に改装した。

「TSUTAYA」の親会社、徳間書店を買収!?

日本経済新聞 電子版は、CD・DVDレンタルで有名な「TSUTAYA」を手がけるCCC(Culture Convenience Club Co.,Ltd./カルチュア・コンビニエンス・クラブ)が、徳間書店(東京・港、平野健一社長)を買収する方針を固めたことが2017年03月14日に分かったと報告した。

Asia Week New York 2017

ArtDaily、アジア・ウィーク・ニューヨーク2017(Asia Week New York 2017)で、エリックトムセンギャラリー(Erik Thomsen Gallery)は、日本の3つの展覧会の一つとして、戦後日本の書道(Post-War Japanese Calligraphy)、アバンギャルドな書道家を紹介している。

井上有一の作品を海上雅臣が、精力的に世界に広めた。

19世紀最後の偉大な浮世絵画家月岡芳年。

ArtDailyは、145 West 58th Street, Suite 6DのScholten Japanese Artで開催している月岡芳年(Tsukioka Yoshitoshi/1839 - 1892/ただし、日本では時々Tsukioka Honenとも呼ばれる)の作品に、圧倒されている。

長年の謎、モナリザの微笑を科学の力で解決!?

AFPは、巨匠レオナルド・ダビンチ(Leonardo da Vinci)の代表作「モナリザ(Mona Lisa)」が見せる有名なほほ笑みは、しばしば意味深長と評され、数世紀にわたり調査や議論の対象となってきた。

だが、この表情の意味を読み取ることは、実はそこまで難しくなかったようだと報告した。

明治時代の画家月岡芳年の包括的な展示がニューヨークで始まる。

ArtDailyは2017年03月09日に、ニューヨークのScholten Japanese Artは、19世紀の最後の偉大な浮世絵アーティストのうちの1人月岡芳年(Tsukioka Yoshitoshi/1839-1892)に焦点を合わせた単一のアーティスト展示会を「Asia Week New York 2017」で紹介すると報告した。

Scholten Japanese Art presents

YOSHITOSHI
New York Asia Week, March 9 –18, 2017, 11 am – 5 pm
otherwise by appointment through March 31st.

総件数:985最初12345678910最後