2018年03月26日

シンガポールで、車両番号認識システム、主要道路で試験導入。

未来経済研究調査

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月28日に、シンガポールのLTA(Land Transport Authority/陸上交通庁)は2018年03月26日、次世代型の道路交通管理システムを試験導入すると発表した。

2018年03月26日から来年にかけて、高速道路や主要幹線道路沿いでANPR(Automatic Number Plate Recognition/自動ナンバープレート認識)システムとDSRC(Dedicated Short Range Communications/狭域通信)システムを運用。実際の道路交通環境下での技術の有用性、信頼性を確かめると報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

両システムの導入に当たって大規模なインフラ投資は必要なく、既存の道路インフラに設備を据え付けるだけで済むという。

設置場所はAYE(Ayer Rajah Expressway/アヤラジャ高速道路)、MCE(Marina Coastal Expresswayマリーナ湾岸高速道路)、CTE(Central Expressway中央高速道路)、TPE(Tampines Expresswayタンピネス高速道路)、ニコル・ハイウエー(Nicoll Highway)にある歩道橋、ガントリー(gantry/道路をまたぐ門)、街灯など。

また4月からは西部トゥアス・サウス(Tuas South)などの地区限定で使用される車両に、試験用の車載機器を搭載。追って全国に拡大していく計画だ。

ANPRやDSRCは、LTAが2020年までの導入を目指す次世代型のERP(Electronic Road Pricing/自動料金徴収システム)への活用が見込まれている。LTAは2016年、三菱重工業傘下のMHIES-A(Mitsubishi Heavy Industries Engine System Asia Pte. Ltd./三菱重工エンジンシステム・アジア)と国内通信最大手シンガポール・テレコム(Singapore Telecommunications Limited/シングテル/Singtel)の情報通信子会社NCSから成るコンソーシアム(企業連合)に、新型ERPの開発を発注。両社は、GNSS(Global Navigation Satellite System(s)/全地球衛星測位システム)技術を利用したERPを開発する計画だ。これにより、現在のように課金地点にゲートを設置する必要がなくなり、交通渋滞の解消につながると期待されている。

2018-03-12---シンガポール中心部に、冷房付きスマートバス停登場。
2018-02-14---シンガポール陸上交通庁は、地中埋込型「信号」の設置試験延長。
2018-02-13---シンガポールの陸上交通庁、オンデマンドバス試験運用に2社指名。
2018-01-11---シンガポールの南洋大とスウェーデンのボルボ、自動運転電気バスを開発へ。
2018-01-09---シンガポール初の全自動地下駐輪場、北部で試験設置。
2017-11-22---シンガポールが2022年から、国内3カ所で自動運転バスの試験。
2017-09-27---フランスのボロレ、シンガポールでEVカーシェアを12月に開始。
2017-09-19---シンガポールとクアラルンプールを結ぶ高速鉄道。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告