gaYa広告

2018年03月27日

パナソニック、京都で自動運転車の公道実験を初公開。

未来犯罪と裁判観光

日本経済新聞 電子版は2018年03月27日に、パナソニックは2018年03月27日に、京都府けいはんな学研都市の関西文化学術研究都市で自動運転の公道実験を初めて公開したと報告した。

パナソニックの自動運転システムを搭載した車が時速15〜19キロkmで走り、停止線で一時停止した。

けいはんな学研都市では昨秋から、企業などが自動運転車の走行実験ができるようになった。

パナソニックはテレビで培った映像技術をいかして自動運転システムの開発を進めている。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

パナソニックはすでに、2017年11月13日に、福井県、永平寺町とパナソニックが自動運転車両走行の実証実験を全長約6kmの
「永平寺参(まい)ろーど」で2017年10月03日から2019年03月末日まで共同で実施している。

公開した実験は作業員を乗せて走行する自動運転では「レベル3」の技術。周辺の景色や障害物を識別するレーダーやカメラを搭載した車両を使った。

パナソニックは完全な自動運転となる「レベル4」を目指している。

2020年をメドに自動車メーカーにシステムを納入したい考えで、モビリティソリューション部の東島勝義部長は「(今後の公道実験では)人、自転車、自動車などの周辺状況をくわしくセンシングする技術を検証していきたい」と強調した。

Uber Technologies(ウーバー・テクノロジーズ)の自動運転車が2018年03月18日に、アリゾナ州で歩行者をはね、死亡させる事故について、パナソニックの東島部長は「必ず監視スタッフを置くほか、もしもの際にはブレーキだけでなく緊急停止ボタンや遠隔コントロールでも対応できるよう安全を徹底する」と話した。

京都府精華町にあるけいはんな学研都市の整備を担う公益財団法人の関西文化学術研究都市推進機構は2017年秋に、一定条件を満たした企業や団体が利用できる自動運転の実験場を設けた。

実験に関わるコンソーシアムには十数社が参加している。

今後は自動運転バスやカーシェアリング用の新システムなどの公道実験が検討されている。

推進機構は近く国に一時的に規制を凍結する特区の適用を要望する。
道路にセンサーなどを取り付け、車の通信用の無線設備も整える考えである。

企業の実証実験では、2017年12月に自動運転技術の新興企業、東京都文京区のZMPが東京都内で運転席に誰も乗らない自動運転車の公道実験をした。
2018年03月上旬には日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)が自動運転車を使った交通サービスの実験を横浜市で始めた。

パナソニックは自動運転技術では後発だが、けいはんな学研都市の実験に参加する企業と連携して巻き返しをはかる。

けいはんな学研都市の緯度、経度
〒619-0237 京都府相楽郡精華町光台1丁目7
34°44'43.2"N 135°45'53.0"E
または、
34.745328, 135.764725

永平寺口駅
36°05'44.9"N 136°19'36.3"E
または、
36.095797, 136.326742

大本山永平寺の緯度、経度
36°03'20.4"N 136°21'19.4"E
または、
36.055667, 136.355400

2018-03-18---Uber車両の自動運転で、歩行者はねて殺す!

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。