on-the-time.jp

2018年03月14日

日本の大手銀行3グループが、単純作業のコンピュータ利用広げる。

未来銀行モバイル・マネー教育研究調査

毎日新聞は2018年3月14日に、三井住友フィナンシャルグループ(FG)、三菱UFJFG、みずほFGの大手銀行3グループが、比較的単純な事務作業をコンピュータに記憶させて自動化するRPA(Robotic Process Automation/ロボットによる業務自動化)の活用を拡大していると報告した。

もともと数字を扱う事業であり、コンピュータ化に向いていた。

超低金利などで厳しい経営環境が続く中、省力化やコスト削減の切り札として、RPAの導入が加速化している。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

三井住友FG傘下の三井住友銀行は2017年からRPAを導入した。
2017年度上半期だけで、200人分の仕事量に相当する1年当たり40万時間分の業務を削減した。
2020年03月までに1500人分の仕事量に相当する年300万時間分の業務削減を目指す。

2018年04月からは、訪問を予定する顧客の資産運用データを、当日朝までに自動収集し、担当者に送信するプログラムを導入する。
社員にRPAの活用を促す研修も始めており、三井住友FG業務改革室の山本慶副室長は「RPAの導入で、行員が業務全体に無駄がないか検証できるようになった」と効果を語る。

三菱UFJFG傘下の三菱東京UFJ銀行は2014年にRPAを導入した。
2017年05月にデジタル企画部を設立し、運用を加速させた。
2017年度中に約100業務を自動化する。来年度からの6年間で、約2000業務を自動化することを計画している。

三菱東京UFJ銀行内の専門チームが現行の業務を点検し、RPAの対象となる業務を選定した。

システム開発者が効率の良いプログラムを作成する。当面は住宅ローンの必要書類の点検や、銀行間取引、外国送金などの関連業務への導入を進める。三菱東京UFJ銀行デジタル企画部の西田良映上席調査役は「1日10分の作業でも、何千人が同じ作業を行っていれば、RPAによる自動化で大きな効果が得られる。より専門性の高い業務を拡充することができる。」と語る。

みずほFGも2017年度中に、150人分に相当する年間30万時間分の100業務を削減する。
傘下のみずほ銀行では既に、投資信託の口座開設手続きにRPAを活用し、1件あたり4〜5分かかっていた入力作業が自動化され、数十秒に短縮されたと伝えている。

今後、導入されるべきところとして、もともと数字だけを扱ってきた国税庁、金融庁が上げられる。

税金より多い計理士や会計士の取り分が削減されれば、税金も増え、それは税額の削減にもなる。

さらに、脱税もできなくなる。

最近、鉄道関係が高利益になったのは、自動改札の導入で、キセルができなくなり、人員も削減できたことからで、これを税金でも実現できる時代になった。

さらに、観光用カジノを許可すれば、今の政府の負債はみるみる減ることだろう。
こんな簡単なことが理解できない政治家も削減すべきかもしれない。

金融業界以外でも、RPAは幅広い業種で利用が進むことが見込まれている。
RPAのソフトウエアを納入する大手RPAテクノロジーズによると、RPAの市場規模は、近い将来に約20兆円規模に達するという。

巨大データを高速処理できるようになったことから、全てが実現可能になった。

人間は、それをスムーズにする千手観音になる時代になった。
つまり、人間にしかできないことだけをする。

金融庁が、Coincheckの査察の時、段ボール箱を持ってきたとき、私はマウスを落とした。違うだろう!

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト