on-the-time.jp

2018年03月09日

誤ニュース(Fake News)は、真実ニュースより20倍速く拡散。

政治未来研究調査

日本経済新聞 電子版、毎日新聞は2018年03月09日に、米国のMIT(Massachusetts Institute of Technology/マサチューセッツ工科大学)のチームが、米国の科学誌「サイエンス(Science)」で2018年03月09日に、Twitterでは、誤った内容のニュース(Fake News)は正しいニュースよりも20倍速く、より広く拡散するとの調査結果を発表したと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

The spread of true and false news online
Soroush Vosoughi1, Deb Roy1, Sinan Aral2,*

1Massachusetts Institute of Technology (MIT), the Media Lab, E14-526, 75 Amherst Street, Cambridge, MA 02142, USA.
2MIT, E62-364, 100 Main Street, Cambridge, MA 02142, USA.
↵*Corresponding author. Email: sinan@mit.edu
Hide authors and affiliations

Science 09 Mar 2018:
Vol. 359, Issue 6380, pp. 1146-1151
DOI: 10.1126/science.aap9559

その原因として、誤りの情報(Fake Information)の方が「目新しい」と感じることが多く、接した人が驚きや恐れ、嫌悪感などを抱いて情報の共有を求めがちになるとみられる。

研究者は「デマの流布に関する心理解明につながる」と話している。

米国では、2016年の大統領選で裏付けのない多くの情報がネット上で飛び交い、当選したトランプ大統領も意図的に誤った発言をするなどして、誤った情報が社会に与える影響は問題となっている。

MITチームは、Twitterで発信された2006〜2017年の英文投稿のうち、延べ300万人が計450万回以上話題にしたニュース、うわさ、主張など計約12万6000件を分析し、独立した6つのファクトチェック団体の判定に基づいて真偽を分類し、それぞれの情報が拡散した様子を追跡した。

その結果、デマがリツイートされた割合は、Twitter利用歴やフォロワー数に関わらず、1.7倍リツイート(転載)で拡散した。

分析の結果、正しいニュースの場合は1人の投稿が千人に拡散されることはめったになかったが、誤ったニュース(Fake News)では、投稿の1%が千〜10万人近くに広まっていた。

投稿が10回リツイートされるまでのスピードは誤情報が20倍速く、1500人が投稿を目にするまでの時間も6分の1と短かった。投稿のリツイート率も誤情報は7割増しだったという。

特に拡散しやすい話題は政治関係で、投稿をリアルタイムで読んでくれるフォロワーの数が少なく、日ごろからツイートの回数も少ない投稿者が誤情報(Fake Information)の拡散に関与しがちだという結果も出た。

無作為抽出した書き込みも解析。デマには驚きや恐れなどの感情を表す割合が高かった。一方、真実へは悲しみや不安、喜び、信頼などを示す傾向が見られたという。

特に拡散しやすい話題の分野は、「政治」「都市伝説」「ビジネス」「テロと戦争」「科学技術」「エンターテインメント」「自然災害」の順で、2012年と2016年の米大統領選や、2014年のロシアによるウクライナ・クリミア半島強制編入の時期に特に増えていたと報告している。

これは、インターネットやソーシャル・メディアの登場で、作為的に大統領を作ることもかのであったということにもなる。そして、それを罰する方法はあるのだろうか?

多分、この情報は偽だから読まないように、信じないようにと行っても、人は集まり、拡散するのだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。