gaYa広告

2018年02月13日

中国、世界最大で、アジア初の無人船試験場建設に着手。

未来

AFPは2018年02月14日に、国営新華社(Xinhua)通信が2018年02月13日に、中国は、係争水域の南シナ海(South China Sea)に面した港の沖合で、無人船(Unmanned Ships)航行技術の試験場建設に着手したと報告した。

新華社通信によれば、試験場はマカオに接する中国南部の港湾都市珠海(Zhuhai)沖に建設されている。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

無人の「自律航行」技術はまだ黎明(れいめい)期にあるが、実用化されれば、軍用・民用を問わず船を遠隔操作できるようになる。

また、無人船では貨物用のスペースをより広く取れる上、巨額の人件費を削減できるため、運輸業界に革命をもたらす可能性もある。

珠海の無人船試験場の総面積は約770平方kmで、完成すれば世界最大になるとみられるほか、同種の施設としてはアジア初となる。

EU(European Union/欧州連合)や米国では既にさまざまな無人船開発計画が存在する。またノルウェーは2018年に、電動の自律航行貨物船を世界で初めて進水させることを予定している。

中国はこの分野で追い上げを図っており、河川輸送や島しょ部への物資運搬に用いる独自の自律航行船「筋斗雲(Jindouyun)」を年内に進水させることを計画している。

もし、笹川良一が存命なら、最初に名乗りを上げただろう。

中国南部の港湾都市珠海(Zhuhai)の緯度、経度
22°16'37.0"N 113°34'04.0"E
または、
22.276944, 113.567778

2016-09-02---無人飛行機、自動運転車、ついに無人貨物船!?

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。