2018年02月14日

量子コンピューター進化の先、仮想通貨も丸裸になるか?

未来

日本経済新聞 電子版は2018年02月14日に、ネット・IT コラム(テクノロジー) 科学&新技術として、量子コンピューターの魅力について報告してきた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

量子コンピューターの魅力は、その高い演算性能にある。数値は様々だが、これまでのコンピューターと比べ、桁違いの性能が出るといわれている。「量子コンピューターは従来型スパコンの9000兆倍の性能が得られる」「量子コンピューターが実用化すると、現在の暗号技術は瓦解する」などだ。もしそうなれば、例えばオンラインバンキングや電子取引でやり取りされている情報は丸裸になってしまう。暗号解析に必要な計算の量によって安全性を担保している現在の仮想通貨は、ほぼすべて使えなくなる可能性すらあると巻頭で書いてきた。

仮想通貨は、ほぼすべて使えなくなる可能性すらあるというが、その時に、さらに悲惨なのは、オンラインバンキングや電子取引でやり取りされている情報で、仮想通貨は、多分唯一追従できる技術革新をするだろう。

そして、その技術をオンラインバンキングや電子取引でやり取りされている情報に採用することになるだろう。
そうでなければ、人類は技術革新という自滅型進化になる。

私は、IBMでコンピュータ年表を作り、NTTデータで情報通信を作ったことがある。

そして、マルチメディア・インターネット辞典を作り、さらに情報のTime Machineを作り始めて10年が過ぎたが、その間に何度も限界という言葉を聞いた。

そして、それをかわしてきた。

たしかに、量子コンピューターの開発競争が過熱しているが、これまでのものを全て壊すような開発にはならないだろう。

少し心配なのは、
2017年05月に、IBMによる「商用向け量子コンピューター『IBM Q』のプロトタイプを開発」を発表。
2017年04月に、Googleによる「49量子ビットのチップを年内に開発」を宣言。
2017年10月に、Intelによる「17量子ビットのテストチップを開発」を発表。
と、いつも暴走気味で、破壊的な米国が中心ということである。

その社会から、ドロップアウトした人がもの凄く多く、仮想通貨の世界に生きている。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。