on-the-time.jp

1956年02月14日

ドイツの彫刻家キャサリーナ・フリッチュが生まれた。

人物アート

ArtDailyは2018年02月14日に、ドイツのデュッセルドルフに住んで活動しているドイツの彫刻家キャサリーナ・フリッチュ(Katharina Fritsch/1956 - )は、1956年02月14日にドイツのエッセン(Essen)で生まれたと報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

キャサリーナ・フリッチュは、震動し、異様な感受性によっておなじみのオブジェクトを生き返らせる彼女の彫刻と、その設備で知られている。

今回公開された作品は、キャサリーナ・フリッチュが2017年に発表したErdbeere 2017(イチゴ 2017)で、ポリエステルにペイントされ、31 1/2 x 31 1/2 x 31 1/2インチ(80x80x80cm)
©Katharina Fritsch / VG BildKunst, Bonn / Courtesy Matthew Marks Gallery. Photo: Ivo Faber, VG Bild-Kunst, Bonn.

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。