on-the-time.jp

2018年02月09日

丸紅とIHI、ミャンマーで都市間鉄道の車両受注。

観光

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月13日に、丸紅とIHIのグループ会社NTS(Niigata Transys Co., Ltd./新潟トランシス)は2018年02月09日に、ミャンマー国鉄(Myanma Railways/မြန်မာ့ မီးရထား)の2大都市ヤンゴン(Yangon/ရန်ကုန်)とマンダレー(Mandalay/မန္တလေး)を結ぶ幹線鉄道向けに電気式気動車24両を納入する契約を結んだと発表した。

受注額は70億円。丸紅が商務全般を担い、NTSが車両の設計、製造、教育訓練などを担当する。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

日本政府が円借款450億円の供与を決めているヤンゴン―マンダレー鉄道整備事業の第1期として、既存路線の老朽化した設備を改修、近代化する事業パッケージの一つで、納入する気動車はヤンゴンからマンダレーへ向かう中間地点のバゴー管区の古都タウングー(Taungoo/တောင်ငူ)までの267kmを走ることになる。

これは、ミャンマー最大の観光列車区間である。

昔は、旧日本軍が敷設した線路を走り、いつ脱線しても不思議ではなかった。
私は、ビルマ、ラングーンの時代に、列車と線路を見て、乗車を拒否した。人間が乗れるものではなかった、自殺行為である。

同区間の所要時間を現在の7時間から3時間20分に短縮できるという。

NTSはディーゼル車両の国内トップメーカーで、鉄道車両を中心に国内外の交通システム、低床式路面電車、除雪車の製造を手掛ける。アジアでの受注に力を入れている。

丸紅は1942年にミャンマー支店を開設。最近ではヤンゴン近郊のティラワ経済特区(SEZ)の開発や、ヤンゴンのタケタ郡区にある複合火力発電所の改修にも取り組んでいる。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する外部のサイト