2018年02月08日

住友林業、2041年までに、高さ350mの木造超高層建築実現へ!

未来

日本経済新聞 電子版は2018年02月08日に、住友林業は2018年02月08日に、2041年までに高さ350mの木造の超高層建築物を実現する「W350計画」を発表したと報告した。

まずは20年代前半に高さ70mの木造建築物の実現を目指す。

計画を進める中で、350mのビルを建てるための技術やコスト、法制度などのハードルをすべてクリアすることが目標になる。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

環境負荷の低減や森林資源の有効活用につながる木造建築物の良さを広く訴求し、新しい市場を創出していく考えだという。

ただし、最近では多くの材木が、伐採禁止になっている。

計画始動に先立ち、現在の技術で高さ350mの木造建築物を実現する「デザインモデル」をまとめた。

場所を東京都心の丸の内エリアに想定した。地上70階建てで建築面積6500平方mのビルを、内部が純木造の木鋼ハイブリッド構造で建てた場合、総工費は約6000億円になると試算した。

今後は木材をできる限り利用しながら、十分な耐震・耐火性能を持たせるための研究などを進める。

2017年に資本提携を結んだ熊谷組も高層建築の技術・ノウハウで協力する。

2018年02月08日に、都内で開いた会見で市川晃社長は「日本が木造建築物で世界をリードしていくための新たなチャレンジだ」と意気込みを述べた。

その二日後の2018年02月10日に、浅草で、十二階建ての凌雲閣の基礎部分が工事現場で発見との知らせがあったと報告した!

この建物は、日本初のエレベーター付きの建物で、10階までが八角形の総レンガ造りで、11・12階が木造であった。
しかし、危険と言うことでエレベーターの運航が中止になった。
そして予測通り、関東大震災で崩壊した。

不吉である。

2018-02-10---凌雲閣 十二階の基礎部分発見!

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。