2018年02月09日

北欧の新興EVメーカー、インドで2020年に第1弾モデル投入!

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは、スウェーデンの新興EV(Electric Vehicle/電気自動車)メーカーのユニティ(Uniti)は2018年02月08日に、インドで2020年をめどに第1弾モデルを投入する方針を明らかにしたと報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

インドの地場コングロマリット(複合企業)バード・グループ(Bird Group)と提携し、実現に向けて市場調査を始める。

5人乗りで、フル充電すると最長約200kmが走行できるEVの販売を検討する。
価格は71万4,000ルピー(約122万円)を想定する。1,000ルピーを支払うことで予約可能という。

バード・グループは、輸送関連事業の経験が豊富と見て、提携相手に決めた。バードは航空サービスのほか、ドイツのBMWの販売代理店などを展開している。

ユニティは2016年の設立で、2017年に第1弾モデル「ユニティ・ワン(Uniti One)」をスウェーデンでお披露目した。2019年に納車を予定している。

2018年02月08日は、インドで開かれている自動車見本市「第14回インドオートエキスポ2018(14th India auto Expo 2018)」でユニティ・ワンの2人乗りモデルを展示した。

これに似た自動車は、日本で軽四輪自動車が出た当時登場したが、結局危険ということで消えた。

2018-02-08---インド・オート・エキスポ2018。
2018-02-08---韓国の亜自動車、インドのオートショーに16モデルを出展。
2018-01-08---インドのマルチ・スズキ、自動車展示会で新型小型車を公開。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。