gaYa広告

2018年02月09日

北欧の新興EVメーカー、インドで2020年に第1弾モデル投入!

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは、スウェーデンの新興EV(Electric Vehicle/電気自動車)メーカーのユニティ(Uniti)は2018年02月08日に、インドで2020年をめどに第1弾モデルを投入する方針を明らかにしたと報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

インドの地場コングロマリット(複合企業)バード・グループ(Bird Group)と提携し、実現に向けて市場調査を始める。

5人乗りで、フル充電すると最長約200kmが走行できるEVの販売を検討する。
価格は71万4,000ルピー(約122万円)を想定する。1,000ルピーを支払うことで予約可能という。

バード・グループは、輸送関連事業の経験が豊富と見て、提携相手に決めた。バードは航空サービスのほか、ドイツのBMWの販売代理店などを展開している。

ユニティは2016年の設立で、2017年に第1弾モデル「ユニティ・ワン(Uniti One)」をスウェーデンでお披露目した。2019年に納車を予定している。

2018年02月08日は、インドで開かれている自動車見本市「第14回インドオートエキスポ2018(14th India auto Expo 2018)」でユニティ・ワンの2人乗りモデルを展示した。

これに似た自動車は、日本で軽四輪自動車が出た当時登場したが、結局危険ということで消えた。

2018-02-08---インド・オート・エキスポ2018。
2018-02-08---韓国の亜自動車、インドのオートショーに16モデルを出展。
2018-01-08---インドのマルチ・スズキ、自動車展示会で新型小型車を公開。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する日付

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告