2018年01月25日

オーストラリアで、自動運転自動車に特化した世界初の中央商業地区を建設。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月02日に、オーストラリアの新聞「サンシャインコースト・デイリー(Sunshine Coast Daily)」は2018年01月25日に、オーストラリアのQLD(Queensland/イーンズランド)州沿岸のサンシャインコースト(The Sunshine Coast)にある町マルーチドア(Maroochydore)が、世界で初めて、自動運転の自動車に特化したCBD(Central Business District/中央商業地区)の建設を計画していると伝えたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

開発業者サンセントラル(SunCentral)のCEOジョン・ナッグス(John Knaggs)とともに開発に取り組む起業家でテクノロジーアドバイザーのザック・ジョンソン(Zack Johnson)は「これまでになかったものを作りたい」とし、同地は未開発の土地で競合する既存インフラがないため、最初からCBDを作ることが可能だと説明した。

また、最も重要な特長として、巨大な海底ケーブルを使った「速度無制限」のインターネット接続を可能にするとも話した。これにより、建物や周辺にセンサーを設置し、地元カウンシルと環境のこれまでになかったコミュニケーション方法が可能になる。

ごみ処理システムにセンサーを埋め込み、容器が満杯になると空気圧で地下に吸い込むようにしたり、電柱にセンサーを付け、自然光に応じて電灯を調整したりするなどだ。

また、交通システムに個人のプロファイルをリンクし、音声認識で、例えば「車で仕事に連れて行って」と言えば自動運転車が行先を把握している、といったことも可能になるという。

マルーチドア(Maroochydore)の緯度、経度
26°39'04.6"S 153°05'03.5"E
または、
-26.651267, 153.084297

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。