2018年01月29日

シンガポール航空、政府機関などと業界のデジタル化推進。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月30日に、SIA(Singapore Airlines Limited/シンガポール航空)は2018年01月29日に、航空業界のデジタル化を推進するため、複数の政府機関などと提携すると発表したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

2018年01月29日に、SIAの訓練センターで開かれた記念式典には、シンガポールのMTI(Ministry of Trade and Industry/通商産業省)S・イスワラン(S Iswaran)通産相(産業担当)らが出席した。

SIAはこれまでもデジタル技術の導入を推進しており、現在、新興企業など第三者と協力して新技術の開発などを手掛ける「デジタルイノベーション・ラボ(Digital innovation Lab)」を設立中で、こうした取り組みをさらに進めるため、今回「デジタルイノベーション・ブループリント(Digital innovation blue print)」と銘打ったデジタル化推進計画を打ち出した。

これに基づき、ASTAR(Agency for Science, Technology and Research/科学技術研究庁)、CAAS(Civil Aviation Authority of Singapore/新加坡民航局/民間航空庁)、EDB(Economic Development Board/经济发展局/経済開発庁)、NUS(National University of Singapore/新加坡国立大学/シンガポール国立大学)とそれぞれ手を組む。

CAAS、EDBとはシンガポールをアジア太平洋地域の航空ハブとするため、業界のデジタル化を目指すエコシステム(複数の企業や団体が共存共栄する仕組み)を共同で構築する。

ASTARとは機材の保守・点検作業の効率化に向け、データ解析、IoT(Internet of Things/モノのインターネット)、VR(Virtual Reality仮想現実)、AR(Augmented Reality拡張現実)といった新技術を活用することで合意書を締結。

NUSとは2つの覚書を交わしており、経営学部、コンピューター学部、工学部とそれぞれ共同研究プロジェクトを推進するほか、NUSの起業支援部門NUSエンタープライズと関連業界の新興企業、人材の育成などで協力する計画になっている。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。