gaYa広告

2018年01月29日

金融庁、全取引所対象に、仮想通貨のシステムを緊急調査。

モバイル・マネー未来

日本経済新聞 電子版は2018年01月29日に、仮想通貨取引所大手コインチェック(Coincheck)への不正アクセスで多額の仮想通貨が流出した問題を受け、金融庁は2018年01月29日に、他の取引所に対してもシステム上の安全対策が十分かどうか緊急調査すると明らかにした。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

金融庁は今回の流出問題は他の取引所でも起きかねないとみており、必要に応じて立ち入り検査も検討する。

金融庁は、コインチェックから約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した2018年01月26日に、すべての仮想通貨取引所に対して、システム上の安全対策を再点検するよう注意喚起していた。

今回の緊急調査では、再点検の結果報告を求めるとともに、対策が不十分と判断すれば、立ち入り検査も実施するという。

金融庁によると改正資金決済法に基づいて登録済みの取引所は16。コインチェックのように登録申請中の「みなし業者」も16あるという。調査はすべての業者を対象に実施する。

このようなことは、徹底的に実施すべきである。
また保有財産と取引限度額の設定も必要だろう。

さらに、追跡手段の確立も必要かもしれない。

私が、2017年12月07日に、書いたように、最も危惧されるのは、BitCoin取引で、パスワード等を盗取などの場合の対策として2017年06月01日に開始されたメー ルアドレスやSMSパスワード等を盗取され、不正に日本円で出金された場合に補償金を支払うサービスといえる。

2017年4月に改正法が施行された、資金決済に関する法律において、仮想通貨は「財産的価値」として定義されており、法規制を受けて仮想通貨市場は今後さらに発展することが期待されている。
一方で、インターネットを通じた商取引においては、ID・パスワードが盗まれ不正使用される被害が増加し、その手法も巧妙化していることから、被害が深刻化する傾向にある。
利用者にとって、メールアドレス・パスワード等の盗取による被害は取引における大きな不安材料となっている。
bitFlyerは利用者保護とともに安心・安全な仮想通貨取引の普及推進を図るため、本サービスを国内で初めて開始した。

この時点で、bitFlyerの補償上限金額500万円。上記以外の二段階認証登録ユーザー:補償上限金額10万円であった。
Coincheckは、国内初、ユーザーアカウントへの「不正ログインにかかる損失」を最大100万円まで補償するということであった。
その当時は、ちょうどBitcoin乱高下が激しく、その時の1Bitcoinの価格は、2017年05月25日13時15分ー13時29分に343,677円で、2017年05月27日15時00−15時14分には219,262円まで落ちた。
つまり、2日と1時間45分で、その差額124,415円と、3分の1以上消えた。

もうすぐ、その価格の10倍になる。
しかし、補償上限金額はそのまま据え置きになると、全く安全性を保証していないことになる。

Coincheckは、今でも1Bitcoin分も保証していないことになっている。

2017-12-25---仮想通貨、取引所破産に備え信託で保全を計画。
2017-12-07---Bitcoinが1日で150万円、160万円、170万円も突破した。
2017-11-30---警察庁初統計!仮想通貨悪用、半年で170件。
2017-06-01---Bitcoin取引で、パスワード等を盗取他場合の対策。
2016-06-19---仮想通貨「Ethereum」、52億円相当が不正送金。
2016-03-29---ダーク・ネットは10人中7人が閉鎖されるべきであると伝えている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この記事に関連する外部のサイト