on-the-time.jp

2018年01月24日

台湾のHTC、中国深圳市に初のVR旗艦店。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月26日に、台湾のスマートフォン大手のHTC(宏達国際電子股份有限公司)は2018年01月24日に、中国広東省深圳市内に世界初の仮想現実(VR)向けヘッドマウントディスプレー(HMD)「Vive(バイブ)」の旗艦店を2018年第2四半期(04〜06月)にオープンすると発表した。

また同日、中国市場に特化したVR向けスタンドアロン型HMD「Viveフォーカス」の出荷を開始したと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

旗艦店は、深圳市福田区の複合商業施設「深業上城(深业上城/アッパーヒルズ)」の民生用電子機器の展示・取引センター「CEEC(中国国際消費電子展示交易中心/中国国际消费电子展示交易中心)」内に設ける。

HTCのVive中国地区総経理の汪叢青は、「ここ2年で市場が出来上がり、消費者のVR技術への理解も深まった。関連製品の開発も進んでおり、今年のVR市場は一層の成長が見込める」と強調した。

証券筋は、HTCのスマートフォンのミドルレンジ新機種「U11アイズ」や旗艦機種「U11プラス」、Viveフォーカスの出荷開始が、HTCの2018年第1四半期(01〜03月)の売上高に寄与するとみている。

深圳市福田区の複合商業施設「深業上城(深业上城/アッパーヒルズ)」の緯度、経度
22°31'44.24"N,114° 3'11.35"E

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。