on-the-time.jp

2018年01月24日

台湾のHTC、中国深圳市に初のVR旗艦店。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月26日に、台湾のスマートフォン大手のHTC(宏達国際電子股份有限公司)は2018年01月24日に、中国広東省深圳市内に世界初の仮想現実(VR)向けヘッドマウントディスプレー(HMD)「Vive(バイブ)」の旗艦店を2018年第2四半期(04〜06月)にオープンすると発表した。

また同日、中国市場に特化したVR向けスタンドアロン型HMD「Viveフォーカス」の出荷を開始したと報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

旗艦店は、深圳市福田区の複合商業施設「深業上城(深业上城/アッパーヒルズ)」の民生用電子機器の展示・取引センター「CEEC(中国国際消費電子展示交易中心/中国国际消费电子展示交易中心)」内に設ける。

HTCのVive中国地区総経理の汪叢青は、「ここ2年で市場が出来上がり、消費者のVR技術への理解も深まった。関連製品の開発も進んでおり、今年のVR市場は一層の成長が見込める」と強調した。

証券筋は、HTCのスマートフォンのミドルレンジ新機種「U11アイズ」や旗艦機種「U11プラス」、Viveフォーカスの出荷開始が、HTCの2018年第1四半期(01〜03月)の売上高に寄与するとみている。

深圳市福田区の複合商業施設「深業上城(深业上城/アッパーヒルズ)」の緯度、経度
22°31'44.24"N,114° 3'11.35"E

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。