2018年01月22日

旧ガリバー、オーストラリアで新車販売を拡大、最大手目指す!

経済人物未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月22日に、中古車販売大手旧ガリバーインターナショナル(GULLIVER INTERNATIONAL CO.,LTD.)のIDOM(イドム/挑む!)の羽鳥由宇介社長は最近オーストラリアを訪問し、傘下でWA(Western Australia西オーストラリア)州を拠点とする複数ブランド新車販売会社DVGを通じて、オーストラリアの新車販売網を3年以内に最大手に拡大するとの考えを明らかにしたと報告した。

確かに、2018年01月10日に、オーストラリア雑誌「カーアドバイス(CarAdvice)」が2018年01月10日に、オーストラリアの2017年の新車販売で、販売台数の増加幅が最も大きかったのは韓国の現代自動車傘下の起亜自動車(기아자동차/Kia Motors Corp.)だったと報告している。
これは、オーストラリアの新車販売が盲点になっているということを証明している。
IDOMの羽鳥由宇介社長は、それに気がついたのだろう。

オーストラリア事業は、同社の世界戦略の中で、新車ディーラー事業を発展させる核となる。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

2014年02月10日に、トヨタがオーストラリアで自動車生産を終了すると発表し、2013年に、フォード(Ford)とGM(General Motors' Holdenゼネラル・モーターズ・ホールデン)ユニットは、さらにオーストラリアで自動車を生産することをやめる計画を発表した。

これにより、オーストラリアの新車販売は、それまで以上に衰退した。

羽鳥由宇介社長は、2015年にIDOMの海外投資としては最大規模の1億2,060万豪ドル(約107億円)で取得したDVGについて、M&A(合併買収)を通じて、WA州から人口が集中する東部州へ展開させていくとの考えを述べた。

具体的な店舗数などについては明らかにしなかったが、DVGの競合で、オーストラリア最大の自動車販売会社であるAHG(Automotive Holdings Group/オートモーティブ・ホールディングス・グループ)の店舗数は約240〜250カ所となっていることから、これを超えることを目指しているとみられる。DVGは現在、パースで新車ディーラーを24カ所展開している。

羽鳥由宇介社長によれば、IDOMが中古車販売事業で養ってきた視点から見れば、DVGが行う新車販売事業は営業マネジメントの効率化やアフターサービスの生産性向上など進化させる余地が十分にあるという。

IDOMは日本の中古車販売事業で、全直営店における来店者数や商談数、販売車種など本社がリアルタイムで把握できるシステムを構築しており、状況に応じた即時対応ができる体制を整えている。

新車ディーラー業界は世界的に統廃合が進む中、米著名投資家ウォーレン・バフェットやジョージ・ソロス、マイクロソフト(MS)創業者のビル・ゲイツらが積極的に投資する注目業界である。

羽鳥由宇介社長は、DVGを通じてIDOMにとっての新車ディーラー事業の足固めを行い、世界展開を拡大したい考えを持っている。

羽鳥由宇介社長は今回、DVGに新最高執行責任者(COO)が就任することなどをDVGの「第二の創業」と位置づけ、DVGの役員や社員と考えを共有することなどを目的にパースを訪問した。

IDOMは現在、米国やタイ、ニュージーランド、中国に進出している。

羽鳥由宇介社長はまた、自動車業界には、T型フォードの大量生産が始まって以来の大変革が約100年ぶりに起きようとしていると説明した。さまざまな企業が自動運転車やEV(Electric Vehicle/電気自動車)、自動車関連のAI(Artificial Intelligence/人工知能)やIoT(Internet of Things/モノのインターネット/物聯網)、ライドシェアリングなどに参入する中、羽鳥由宇介社長は「車産業はネットだけでは完結しない。顧客と対面する場が必ず必要だ。」と指摘した。「IDOMは、日本で中古車事業を1,000店舗まで拡大し、オーストラリアで国内最大手の新車ディーラーとなることで、きちんとしたインフラ作りに集中していく」と述べた。

それは同時に、中古車市場の終焉でもある。

私は、羽鳥由宇介社長の考えが、非常に盲点をついた正しい行動だと思う。

過去の歴史を見ると、それが明らかと言える。

羽鳥由宇介社長に注目する。

2018-01-12---駐オーストラリア米国大使が1年半空席で、格下げ?
2018-01-10---オーストラリアの2017年の新車販売台数、伸び最大は起亜。
2014-02-10---トヨタは2017年までにオーストラリアで自動車生産を終了。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する日付

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する外部のサイト