gaYa広告

2018年01月22日

日の丸スパコン開発で逮捕された前社長、脱税容疑でも立件へ。

未来犯罪と裁判研究調査

朝日新聞デジタルは2018年01月22日に、スーパーコンピュータ開発を巡る国の助成金詐欺事件で、東京地検特捜部に詐欺罪で起訴され、再逮捕されたスパコン開発会社の50歳の前社長斉藤元章容疑者が、開発会社の所得を数億円隠して法人税を脱税した疑いがあることが関係者の話でわかったと報告した。

隠した所得は趣味の自動車レースで出た損失の穴埋めなどに使われており、捜査当局は法人税法違反容疑でも斉藤元章容疑者を立件する方針とみられると伝えている。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

特捜部は「NEDO(New Energy and Industrial Technology Development Organization/新エネルギー・産業技術総合開発機構)」の2013年度の助成金約4億3千万円をだまし取ったとして2017年12月05日に斉藤元章容疑者らを詐欺罪で起訴され、逮捕された。2018年01月04日には、2012〜2013年度に別の助成金約1億9100万円をNEDOからだまし取ったとして、斉藤元章容疑者らを詐欺容疑で再逮捕した。

また、国会では、斉藤元章容疑者が2010年度以降、開発会社やスパコン関連グループ2社の開発資金名目で、国立研究開発法人「NEDO(New Energy and Industrial Technology Development Organization/新エネルギー・産業技術総合開発機構)」などから総額100億円超の助成金や無利子融資を認められ、多額の助成金が流れた経緯について、2018年01月22日開会の通常国会でも野党側が追及することが予測されていた。

さらに、朝日新聞デジタルは2018年01月22日に、斉藤元章容疑者は、2000年代半ばに、「米国で上場する」などと言って当時経営していた会社への投資を募り、実際は上場せずに訴訟などのトラブルになっていたことが関係者の話でわかったとも報告している。投資トラブルがあった経営者に巨額の助成が行われた経緯についても、国会で野党側が追及することになるだろう。

そういえば、金融ヤクザの子供を東大に入れると、言いふらしている人がいると聞いたが、東大も地に落ちそうである。

2017-12-05---日の丸スパコンの旗手逮捕!

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。