2018年01月11日

シンガポールの南洋大とスウェーデンのボルボ、自動運転電気バスを開発へ。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月12日に、スウェーデンのバス製造大手ボルボ・バシズ(Volvo Buses)は2018年01月11日、シンガポールのNTU(Nanyang Technological University/南洋工科大学)と組んで、自動運転電気バスを開発すると発表した。

2019年初めの実証実験開始を目指すという。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

2018年01月11日に締結した提携契約によると、ボルボが全長12m、全40座席の電気バス2台を提供し、自動運転技術を搭載する。自動運転技術には、GPS(Global Positioning System/衛星利用測位システム)、センサーやレーザー光で周囲の物体を検知する「ライダー(LIDAR)」を活用する。

両者は待機中のバスの充電に、スイス・スウェーデン資本の重機大手ABBの急速充電技術を利用する。

シンガポールの公共交通運営大手SMRTと協力して、自動運転による操車場内の洗車場への誘導や充電スタンドへの駐車などの研究を進める。

自動運転電気バスはまず、NTUのキャンパス近くにある自律走行車用のテストコースで実証実験を実施。その後、公道試験に進む予定だ。

NTUは2016年10月にLTA(Land Transport Authority/陸上交通庁)と自動運転バスの技術開発で提携を結んでいる。

NTUキャンパスと西部JID(Jurong Innovation District/ジュロン)の環境配慮型工業団地クリーンテック・パーク(JTC CleanTech Park)を結ぶ1.5kmのルートに自動運転バスを時速40kmで走らせる計画で、さらに隣接するMRT(Metro Rail Transit/地下鉄・高架鉄道)パイオニア(Pioneer)駅まで延長する可能性も示唆していた。

2017-11-22---シンガポールが2022年から、国内3カ所で自動運転バスの試験。
2017-10-20---シンガポールで、電力小売り自由化!

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。