2018年01月11日

シンガポールの南洋大とスウェーデンのボルボ、自動運転電気バスを開発へ。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月12日に、スウェーデンのバス製造大手ボルボ・バシズ(Volvo Buses)は2018年01月11日、シンガポールのNTU(Nanyang Technological University/南洋工科大学)と組んで、自動運転電気バスを開発すると発表した。

2019年初めの実証実験開始を目指すという。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

2018年01月11日に締結した提携契約によると、ボルボが全長12m、全40座席の電気バス2台を提供し、自動運転技術を搭載する。自動運転技術には、GPS(Global Positioning System/衛星利用測位システム)、センサーやレーザー光で周囲の物体を検知する「ライダー(LIDAR)」を活用する。

両者は待機中のバスの充電に、スイス・スウェーデン資本の重機大手ABBの急速充電技術を利用する。

シンガポールの公共交通運営大手SMRTと協力して、自動運転による操車場内の洗車場への誘導や充電スタンドへの駐車などの研究を進める。

自動運転電気バスはまず、NTUのキャンパス近くにある自律走行車用のテストコースで実証実験を実施。その後、公道試験に進む予定だ。

NTUは2016年10月にLTA(Land Transport Authority/陸上交通庁)と自動運転バスの技術開発で提携を結んでいる。

NTUキャンパスと西部JID(Jurong Innovation District/ジュロン)の環境配慮型工業団地クリーンテック・パーク(JTC CleanTech Park)を結ぶ1.5kmのルートに自動運転バスを時速40kmで走らせる計画で、さらに隣接するMRT(Metro Rail Transit/地下鉄・高架鉄道)パイオニア(Pioneer)駅まで延長する可能性も示唆していた。

2017-11-22---シンガポールが2022年から、国内3カ所で自動運転バスの試験。
2017-10-20---シンガポールで、電力小売り自由化!

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。