on-the-time.jp

2018年01月11日

ソニーの新型「アイボ」が12年ぶりに復活し、発売。

未来

日本経済新聞 電子版、朝日新聞デジタル、毎日新聞は2018年01月11日に、ソニーは2018年01月11日に、犬型の家庭用ロボット「aibo(アイボ)」を発売した。「ワン」という犬の鳴き声と掛けた戌(いぬ)年01月11日、11時1分から東京・港区の本社で発売を記念するイベントを開いた。

15万台を販売した初代アイボの生産を2006年に中止して以来、12年ぶりの復活となる。

餌は、電気。糞もしない。

ベッドにはいってこない。

ただし、壊れる。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

発表した2017年11月から3度受け付けた先行予約がすべて1時間以内に完売するなど滑り出しは好調だった。
ソニー復活の象徴となるか、注目を集めている。

開発を主導した川西泉執行役員は「ソニーで唯一、能動的に寄り添うロボット。犬と同様、愛情を注いだ人にほどなつく」と語った。

犬らしい動きを追求。お手の求めに応えたり、腰を振ったり首をかしげたりするほか「ワン、ワン」や「クーン、クーン」と鳴きもする。

搭載したAI(Artificial Intelligence/人工知能)で頻繁に構ってくれる人を認識して成長する。

腰や首、手足を動かした時に飼い主の反応などのデータをカメラで収集、動きに反映する。

価格は税別19万8000円で海外展開も視野に入れる。

新型アイボは2016年に開発に着手した。有機ELパネルを使った瞳で豊かな表情を作り出す。

初代アイボは累計で15万台以上を発売され。生産中止後に「葬式」まで開かれた。

2017-10-04---高島屋新宿店にロボット売り場開設!

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。