gaYa広告

2018年01月05日

大富豪の李嘉誠、「今年の香港住宅市況は安定」

人物経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月08日に、香港の経済新聞「信報」、香港の新聞「明報」は2018年01月05日に、大型コングロマリットの「長江和記実業(CKハチソン・ホールディングス/長和)」の会長を務める香港の大富豪李嘉誠は2018年01月04日に、「住宅購入需要は強く、香港の住宅市況は今年も安定する。」との見通しを示した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。


ただ今年の住宅価格の具体的な動向についてはコメントを避けた。

足元で建設ラッシュが続いている小型住宅について李氏は、「いずれも需給バランスの問題であり、供給が多すぎれば、過剰となっても不思議ではない」と警告した。

不動産価格の査定を行う香港政府差餉物業估価署によると、実用面積が431平方フィート(約40平方メートル)以下の小型住宅は、昨年1〜10月の完成戸数が4,318戸に達し、16年通年比で10%増、14年通年比では約2倍に達している。

李嘉誠は、今年の香港経済の見通しについて、「好悪材料が入り混じる」との認識を語った上で、注目すべき3点を挙げた。
1つ目は利上げ動向で、「年内に3回の利上げもあり得る」とした。
2つ目は貿易動向で、中国に貿易黒字の解消を迫る米国が、中国製品の対米輸出により多くの貿易障壁を設定する可能性に言及した。
3つ目は北朝鮮情勢で、「戦争に発展するかどうかは判断しかねるものの、ひとたび戦争となれば、経済への打撃は必至」と警戒感をあらわにした。

「長和」の事業計画に関しては、「当面は香港の不動産資産を売却する計画はない」と表明した。ホテルの建設や、商業施設の買収によって、長期的な賃貸収入を得ており、今年の固定収入は過去最高を更新するとの見通しを示した。

最近の写真を見ると、かなり弱っているようだ。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告