gaYa広告

2018年01月05日

男性を拉致し、銃突き付けて結婚を強制したとして、捜査。

性とメディア犯罪と裁判

AFPは2018年01月05日に、インド東部ビハール(Bihar)州で、エンジニアの若い男性が拉致され、銃を突き付けられた状態で強制的に結婚させられたとして、警察が捜査を開始したと報告した。

この事件は、被害者のビノッド・クマール(Vinod Kumar)が花嫁側の家族に手荒く扱われ、無理やり晴れ着を着せられる動画がソーシャルメディアに出回り発覚した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

動画では、解放してくれと懇願するクマールに対し、「おまえの結婚式をしてやろうというだけだ、何もつるし上げようというわけじゃない。」などと叫ぶ男の声も確認できる。また別の動画では、花嫁の横に座りながら泣くクマール
を、花嫁の親族とみられる女性が慰める様子も撮影されている。

地元メディアによると、クマールは花嫁の親族の1人と共通の友人の結婚式で会い、銃で脅されて女性と結婚するよう命令されたと話している。

事件後、クマールは何とか逃げ出し、自宅に帰ったという。

ビハール州はインドで最も貧しい州の一つとされ、同州と周辺地域では結婚時に支払いを期待される持参金が支払えない貧しい家庭の出身者が強制的に結婚させられる風習があると伝えている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。