on-the-time.jp

2018年01月05日

男性を拉致し、銃突き付けて結婚を強制したとして、捜査。

性とメディア犯罪と裁判

AFPは2018年01月05日に、インド東部ビハール(Bihar)州で、エンジニアの若い男性が拉致され、銃を突き付けられた状態で強制的に結婚させられたとして、警察が捜査を開始したと報告した。

この事件は、被害者のビノッド・クマール(Vinod Kumar)が花嫁側の家族に手荒く扱われ、無理やり晴れ着を着せられる動画がソーシャルメディアに出回り発覚した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

動画では、解放してくれと懇願するクマールに対し、「おまえの結婚式をしてやろうというだけだ、何もつるし上げようというわけじゃない。」などと叫ぶ男の声も確認できる。また別の動画では、花嫁の横に座りながら泣くクマール
を、花嫁の親族とみられる女性が慰める様子も撮影されている。

地元メディアによると、クマールは花嫁の親族の1人と共通の友人の結婚式で会い、銃で脅されて女性と結婚するよう命令されたと話している。

事件後、クマールは何とか逃げ出し、自宅に帰ったという。

ビハール州はインドで最も貧しい州の一つとされ、同州と周辺地域では結婚時に支払いを期待される持参金が支払えない貧しい家庭の出身者が強制的に結婚させられる風習があると伝えている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告