2018年01月05日

オーストラリア政府、医療用大麻の輸出を解禁。

経済健康美容と医学の科学

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月05日に、オーストラリア連邦政府は4日、国内市場では厳しい規制が敷かれている一方、医療用大麻の輸出を解禁したと報告した。

オーストラリアの新聞「オーストラリアン(The Australian)」は、医療用大麻の需要は世界中で高まっており、輸出解禁は国内の業界にとって大きな成長の機会となるとみられていると伝えた。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

オーストラリアでは関連企業数社がASX(Australian Securities Exchange Limited/Australian Stock Exchange/オーストラリア証券取引所)に上場を果たしている一方、医療用大麻の栽培や使用に関する厳しい規制が成長の妨げとなっており、国内各社は輸入品との競争に苦戦していた。

医療用大麻の栽培や使用に関する厳しい規制はあるが、栽培はライセンス方式で許可していたのだろう。

しかし、矛盾する。

そういえば、カリフォルニアで農業を営んでいる日系人の作る当麻の質が良いと聞いたことがある。

もし、日本でこのようなことが許可されたら、日本の農業技術は物凄いので、農家は最高品質の医療用大麻を作ることだろう。

そして、日本の株式市場に、数社が上場することだろう。
日本の製薬会社も参入することだろう。

「medical-cannabis, Japan Made ?」

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。