gaYa広告

2018年01月03日

1万1500年前の女児の遺伝子は、新集団に所属すると判明。

超過去

AFP、ArtDailyは2018年01月04日に、米国のアラスカ州中部で見つかった1万1500年以上前に死亡したとみられる女の乳児の骨を調べたところ、この女児がこれまでに知られていなかった集団に属していたことが分かったと報告した。

2018年01月03日に発表された論文によると、女児のゲノム研究は、米大陸への人類の定住に関する理解に新たな光を当てるものだという。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

研究チームは女児の骨から採取した遺伝子を調べ、この女児が所属していた集団が約2万年前にシベリアから到達した可能性が高いと結論付けた。

米国のアラスカ大学(University of Alaska)の研究者ベン・ポッター(Ben Potter)は、2013年にアラスカ中部のアップワード・サン・リバー(Upward Sun River)の考古学遺跡で発掘された幼児の遺骨のDNAを分析した。

このDNAにより、Xach'itee'aanenh T'eede Gaay(日の出女の子)と名付けられたと、ベン・ポッターは言った。

チームは、女の子の遺伝のプロフィールが既知のアメリカ先住民グループのそれとマッチしていることを期待していた。

代わりに、それは、彼女が、「古代人ベーリンギアンズ(Ancient Beringians)」と名付けた完全に新しいグループに所属していることを示した。

「この研究以前に、私達は、この「古代人ベーリンギアンズ」が存在すると知らなかった」と、ベン・ポッターは言った。

女児の骨の遺伝子情報から、所属する集団の祖先集団がアメリカ先住民の祖先集団と共通していることを特定することができた。

この共通の集団について研究チームは、東アジア人から割れて、チームが祖先アメリカ先住民をダビングしたこの共通の先祖または「ソース人」は、今日のロシアの辺りに約3万6000年前に出現し、もともとは、子孫に漢民族を含む東アジアの集団から分離したものとしている。

共通の祖先の集団は数千年の間アジア周辺に留まっていたとされ、東アジアエリアの別の集団との交配についても遺伝的証拠で示されている。

ベン・ポッターのチームは、女の子のゲノムは、彼女の人々がアメリカ先住民と共有した共通の祖先のアイデンティティも明らかにした。AFPの取材に「今回の研究が示しているのは、すべてのアメリカ先住人の祖先が最終氷河期の同一の集団にさかのぼることができるという、遺伝子に基づく初の直接証拠だ。」と語った。

共通の祖先は、数千年間、アジアの大陸のまわりで、それがいとこお東アジア人と相互繁殖したという遺伝の証拠によって明らかになっている。

これは、たぶん、この前の氷河時代の高さで「気候の残忍な変化」のため停止した。
そして祖先のグループを分離したかもしれない。

約20,000年前、それは、遺伝子データで1つ「古代人ベーリンギアンズ」へと、2グループに割れたことが示された。

これは、最初の人々がいわゆるベーリングランドブリッジを経たアメリカに動き始めたというおよそ同じ時間であった。

そして、約18,000年前氷河が溶けたことと海水面バラの時この前の氷河時代の終わりに沈められたアラスカとシベリアの間の陸地に拡がった。

まだ確信しないものが、その後だけで割れたか、または、「古代人ベーリンギアンズ」およびそれらのいとこのグループが、アメリカに旅を一緒にしたかどうかにかかわらず、共通の祖先グループが、交差をする1番目であったかどうかである。

しかし、研究により偉大な移住のためのtimeframeが狭められて、いくつかの波においてそれが起こったことがありそうになかったことである。

「この研究の1つの重要な面が、30,000年、40,000年以上より早くアメリカ大陸日付に何人かの人々が人の存在を返還要求したことである。」と研究リーダーのケンブリッジ大学のエスケ・ウイラースレブ(Eske Willerslev of the University of Cambridge)が言った。

私達が言っていることとして、「私達はそれらの主張が真実ではないことを証明できないけれども、もしそれらが正しいならば,どうしてもそれらが同時代のアメリカ先住民に直接的な祖先であったはずがないことである。」

大陸、見つけられた17,000年〜14,000年前そのいとこグループが、2つのアメリカ先住民サブグループに割れて、アメリカ大陸の北にいた「古代人ベーリンギアンズ」が出現し、広がる

彼らはアメリカ大陸の先住民のほとんどの祖先であった。

また、アメリカ先住民と、映画館で食べるポッピコーンには、深いつながりがあった。

この研究は、イギリスの科学雑誌「ネイチャー(Nature)誌」で出版された。

Terminal Pleistocene Alaskan genome reveals first founding population of Native Americans
J. Víctor Moreno-Mayar,
Ben A. Potter,
Lasse Vinner,
Matthias Steinrücken,
Simon Rasmussen,
Jonathan Terhorst,
John A. Kamm,
Anders Albrechtsen,
Anna-Sapfo Malaspinas,
Martin Sikora,
Joshua D. Reuther,
Joel D. Irish,
Ripan S. Malhi,
Ludovic Orlando,
Yun S. Song,
Rasmus Nielsen,
David J. Meltzer &

Eske Willerslev
Nature
doi:10.1038/nature25173
Received:29 March 2017
Accepted:26 November 2017
Published online:03 January 2018

2017-07-31---アイヌの遺骨、138年ぶりドイツが日本に返還。
2014-08-25---ケネウィック人は、はるか遠く、ポリネシアから来た?
2014-05-15---アメリカの起源が判るかもしれない沈められた身体を発見。
2012-12-26---2012年の考古学。
2012-07-12---ネイティブ・アメリカンのDNAに関する最も大きな調査。
2012-01-19---古代のペルー人は、「ポップコーンを食べていた!」
2008-06-19---1万1500年前の50年間で、突然気温が20°以上上昇し、氷河期が終わった。
2008-04-04---BC1万6,000年頃に北米の西海岸で急速に氷河が後退し、南へ移動できるようになった。
2007-02-23---古代インディオ、マンモス、ラクダ、バッファロー、馬を追いかけていた。
2005-09-24---BC1万900年ころの磁気を持った金属球が大量に見つかった。
2005-07-05---BC3万8,000年の人間の足跡がメキシコの火山灰で発見した。
2005-00-00---BC1万1,000年頃に、ベーリング海峡が海に戻った。
2002-12-03---メキシコ市で今から約1万3,000年前の若いPeñon女性が発見された。
1998-05-23---BC2万年頃に古代人がベーリング海を渡って大陸に住み始めた。
1998-02-17---ベーリング海を渡って4つの異なった家系の人が新世界にやってきた。
1994-00-00---The Nez Perceは、BC1万年頃フランスから来た。
1988-10-00---NGが、Solutrian文化時代は、BC2万2,000年から1万8,000年と規定。
1974-00-00---BC4万年に最低4回海面が低下した。
-3652-00-00---ニューメキシコのBat Caveで、ポップコーンの欠片を発掘した。
-4700-00-00---最も古いトウモロコシの穂軸が4700BCから始まった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

gaYa広告