on-the-time.jp

2017年12月26日

フィリピンの主要財閥7社、首都空港再開発で事業体結成。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月26日に、マニラ首都圏のNAIA(Ninoy Aquino International Airport/ニノイ・アキノ国際空港)の再開発に向け、フィリピンを代表する財閥7社がコンソーシアム(企業連合)を結成することで合意したと報告した。

これは、民間企業が政府に対してPPP(Public Private Partnership/官民連携)事業を持ち掛ける「アンソリシテッド・プロポーザル(Unsolicted Proposal)」を提出する方針だという。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

各社によるPSE(Philippine Stock Exchange/フィリピン証券取引所)への報告によると、コンソーシアムに参加する企業は、アヤラ・コーポレーション(Ayala Corporation)傘下のACインフラストラクチャー(AC Infrastructure)、実業家ルシオ・タン(Lucio Tan/陳 永栽)が率いる建設会社AEDC(Asias Emerging Dragon/アジアズ・エマージング・ドラゴン)、ゴティアヌン一(Gotianun)族の持ち株会社FDC(Filin Development/フィリンベスト・デベロップメント)、財閥ゴコンウェイ・グループ(Gokongwei Droup)の持ち株会社JGサミット・ホールディングス(JG Summit Holdings)、財閥AEV(Aboitiz Equity Ventures/アボイティス・エクイティ・ベンチャーズ)傘下のアボイティス・インフラ・キャピタル(Aboitiz Infra capital)、複合企業MPIC(Metro Pacific Investment/メトロ・パシフィック・インベストメント)、実業家アンドリュー・タン(Andrew Tan)率いる持ち株会社AGI(Alliance global group/アライアンス・グローバル・グループ)の7社。

首都圏近郊で新空港の建設を提案する財閥SMC(San Miguel Corporation/サンミゲル・コーポレーション)などを除き、フィリピン有数の財閥系企業が協力して事業推進を目指す格好となる。

各社は、NAIAはフィリピンの表玄関として理想的な立地条件を備えていると強調した上で、国際的な水準に合致した空港に生まれ変わらせるため、全面的な改修、拡張工事などを進めたいとの意向を表明。年間の旅客処理能力を現在の3,950万人から1,100万人増の5,050万人に引き上げるとともに、1時間当たりの離着陸可能数を40回から48回に増やしたいとしている。

NEDA(The National Economic and Development Authority/国家経済開発庁)が2016年に承認した、PPPによるNAIA再開発計画の総事業費は745億6,000万ペソ(約1,680億円)だが、地元ビジネスワールド(BusinessWorld)はによると、コンソーシアムによる工費試算は非公表。MPICの最高財務責任者(CFO)デービッド・ニコル(David Nicol)は「現時点ではまだ総事業費を算定していない」とコメントした。

2017-11-03---フィリピンは、同族会社の多さで世界11番目、時価総額は25位。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。