on-the-time.jp

2017年12月25日

日本の新エネ機構、広東省で省エネ実証事業を開始。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月26日に、国立研究開発法人であるNEDO(New Energy and Industrial Technology Development Organization/新エネルギー・産業技術総合開発機構)は2017年12月25日に、広東省のアルミ製品と紡績の2工場で、日本企業3社と共同して省エネ実証事業を開始したと発表したと報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

NEDOと共同で事業を行うのは、計測・制御機器メーカー大手の横河電機、総合情報サービス企業の日本総合研究所、東京電力ホールディングスの3社。

この4社・機構は、広東省の2工場で、一部既存設備を省エネ設備に更新するほか、エネルギー需要を高度に制御し、生産効率を高めながら、大幅な省エネを実現するEMS(Energy Management System/エネルギーマネジメントシステム)を導入して、その有効性を検証する。

今回の実証事業は、日本の高度なEMSが中国においても有効に稼働することを実証し、日本の先進技術のモデルケースとなることを目指す狙いがあるという。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト