on-the-time.jp

2017年12月18日

マレーシア中央銀行、シャリア諮問委のメンバーに認証制度を導入。

銀行モバイル・マネー

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月19日に、マレーシアの経済紙「マレーシアン・リザーブ(Malaysian Reserve)」が2017年12月18日に、BNM(Bank Negara Malaysia/Central Bank of Malaysia/マレーシア中央銀行/中銀)のムハンマド・イブラヒム(Muhammad bin Ibrahim)総裁は、国内でイスラム金融を展開する金融機関が設けるシャリア(Shari'a/イスラム法)に照らして融資判断する諮問委員会「シャリア・コミッティ(Shari'a Committee」のメンバー選任に当たり、認証制度を設ける意向を示したと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ムハンマド・イブラヒム総裁は先ごろ行われた中銀のSAC(Shari'ah Advisory Council/シャリア・アドバイザリー協議会)の20周年記念式典で考えを述べた。

具体的には、シャリア・コミッティのメンバーとなるアドバイザー、プラクティショナー(教えの実践者)を認証制とし、再任メンバーもその対象に含む。

ムハンマド・イブラヒム同総裁は、認証を設ける目的は、イスラム金融やシャリアに関する法律、金融、税に至るまでの広範囲にわたる知識をシャリア・コミッティのメンバーが身につけるためだと説明した。

導入スケジュールについては、今後決定すると述べた。

シャリア・コミッティは、マレーシアに進出し、イスラム金融やイスラム方式の金融サービスを展開する日系企業にも設けられている。

日本の銀行も、マレーシアに支店を出すと、それに従うのだろうか?

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告