2017年12月10日

韓国のLG電子、自動運転技術を独自開発。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月12日に、LG電子は2017年12月10日に、第4世代移動通信技術のLTEを応用したV2X(Vehicle-to-everything/車車間通信および路車間通信)技術を韓国で初めて開発したと発表した。

V2Xは車同士(車車間)や車と信号などのインフラ(路車間)とをつなぐ通信システム。高度な安全運転や自動運転を可能にする次世代技術として注目されている。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

LG電子が開発した「LTE V2X」は、LTE通信を用いることで自動車の位置や方向、速度、交通情報などをリアルタイムで把握することができる。車載センサーを活用するADAS(先進運転支援システム)より感知可能な範囲も広いという。

LG電子は、京畿道華城市の交通安全公団・自動車安全研究院の走行試験場と同道果川市の一般道で、開発したV2Xを用いた試験走行を実施し、同システムを搭載した2台の自動運転車が、安全走行に成功した。

セルラー技術関連の大手であるQualcommとHuaweiが、新しいLTE規格「LTE V2X」を提唱するという。

自動車技術メーカー各社は、これまで10年以上にわたってV2V/V2I通信向けDSRC(Dedicated Short Range Communications:狭域通信)技術の開発・試験に取り組み、現在ようやく実装段階にたどり着いたところだ。このため、今回のQualcommとHuaweiの動きは、こうしたメーカー各社との対立を招くことになる可能性がある。

IEEE 802.11p規格をベースとするDSRC技術は、専用の無線周波数として、5.9GHz帯(75MHz幅)を使用する。これは、FCC(Federal Communications Commission/米国連邦通信委員会)が1999年に、ITS(高度道路交通システム)用として割り当てた。

一方、LTE V2Xの提唱者らは、V2Xの基盤として、LTEベースのセルラーネットワークインフラを推奨している。D2D(Device-to-Device/端末から端末)としても知られるLTE-D(LTE Direct)によって、LTE V2X開発向けに優れた基盤を提供することができると主張する。

LTE-Dは、500mの範囲内に存在する数千個のデバイス/サービスを検出することができるため、ネットワーク内の近接したLTE-D対応デバイスを、2台以上で相互通信させることが可能になるという。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。