2017年12月06日

インドのタタ・モーターズ、公用車向けにEV第1弾の生産開始!

未来自然健康研究調査

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月07日に、インドの自動車大手タタ・モーターズ(Tata Motors Limited)は2017年12月06日に、小型セダンEV(Electric Vehicle/電気自動車)の「ティゴール(Tigor)」の生産を開始したと発表したと報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

西部グジャラート州サナンド(Sanando, Gujarat)の工場で生産を開始した。同社は、9月に公営のEESL(Energy efficiency services/エナジー・エフィシェンシー・サービシズ)が実施した政府公用車向けのEV調達の入札に参加し、250台の落札に成功していた。1台当たりの受注額は101万6,000ルピー(約177万円)。第1弾として11月末までに納入することになっていた。近く100台を追加受注する見通し。

タタ・グループのチャンドラセカラン会長(N Chandrasekaran, Chairman)は、「EVの生産開始はタタ・モーターズにとって重大な区切りだ。われわれのEVが消費者から好意的に受け入れられることを確信している」とコメント。タタ・モーターズのギュンター・ブチェック社長兼最高経営責任者(Guenter Butschek, CEO & MD)は、ティゴールを皮切りにEVのラインアップを拡大していく方針を示した。

インドは大気汚染で、切実な問題になっている。

2018-02-08---インド・オート・エキスポ2018。
2017-12-12---シンガポールの「ブルーSG」、EVカーシェアを2017年12月12日に開始。
2017-12-03---インドの大気汚染、マスク着用でクリケット国際試合実施。
2017-11-13---インドの首都圏の大気汚染、再び非常事態レベルに
2017-11-10---デリー空港発の航空運賃が高騰!
2017-09-13---大気汚染で、インドの太陽光発電はスモッグなどで25%減少。
2016-11-05---インドの首都で、大気汚染で小学校1800校が休校。
2016-02-12---大気汚染による年間の死者550万人以上。その55%は、中国とインド。
2014-03-25---大気汚染は、全世界で毎年700万を殺していた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告