on-the-time.jp

2017年11月13日

ヨルダンの難民キャンプで、世界最大の太陽光発電所開設!

教育未来健康経済

AFPは2017年12月01日に、ヨルダン北部にある数万人のシリア難民が暮らすザータリ(Zaatari)難民キャンプで、2017年11月13日に、難民たちの生活の質の向上を目的とした太陽光発電所が開設された。

この太陽光発電所は難民施設に設置されたものとしては過去最大だという。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

UNHCR(United Nations High Commissioner for Refugees/国連難民高等弁務官事務所)によると、12.9メガワットの総発電能力を持つ計4000枚の太陽光パネルは、ザータリ難民キャンプで生活する8万人に対し、1日当たり14時間分の電気を供給することを目的としたものだという。

この太陽光発電所の事業には、ドイツが€1500万(約19億7000万円)を出資した。

UNHCRヨルダン事務所のステファノ・シビーレ(Stefano Severe)代表は、UNHCRはこれまで1日につき8時間分の電気を供給し、その経費は1か月当たりUS$50万(約5600万円)だったが、「この太陽光発電所とドイツからの資金援助によって、今後は経費ゼロで14時間、(電力を)供給することができるようになるだろう」と述べた。

ステファノ・シビーレ代表によると、これまでの経費分は難民キャンプのその他の設備・施設等の向上のために利用されることになるという。

ステファノ・シビーレ代表はさらに、電力供給時間が追加されることによって、子どもたちが夜間に勉強する機会が増える他、食品を冷蔵庫に保管したり外部と通信したりするなど、難民らの生活の質の向上が見込まれるとも述べた。

UNHCRによると、ヨルダンでは2017年05月、シリア難民3万5000人が生活するアズラク(Azraq)難民キャンプで発電能力2メガワットの太陽光発電所が稼働し、再生可能エネルギーで電力がまかなわれる世界初の難民キャンプとなった。

ただし、ここの砂は細かいので、絶えず掃除しないと発電能力が早く低下する。

婦女子の仕事として、雇うべきである。

数万人のシリア難民が暮らすザータリ(Zaatari)難民キャンプの緯度、経度
32°17'36.41"N, 36°19'39.63"E

2014-05-24---フランシス法王は、ヨルダンに着いた。
2014-05-23---シリアの難民は、3週間で6,000人を超えAzraqキャンプに、移動。
2014-02-18---シリアの幼児難民の写真は、オンラインで神経を打った。
2014-01-22---シリアの難民キャンプ、2012年12から201401月の拡大比較。
2013-09-12---シリア内戦のもう一つの側面、シリア難民の子供が、学校へ帰っている。
2013-01-09---中東を吹雪と嵐、豪雨が通過した!

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。