on-the-time.jp

2017年11月30日

オーストラリア初の小型原子炉、建設候補地探し本格化!

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月30日に、オーストラリアの新聞「オーストラリアン(The Australian)」は、オーストラリアで「SMR(Small Modular Reactor/スモール・モジュラー・リアクター)」と呼ばれる小型原子炉の開発管理を行う独立団体SMR-NT(SMR Nuclear Technology/SMRニュークリア・テクノロジー)は、国内初となるSMRの建設計画を策定し、候補地を模索していることが分かった。

3年以内に候補地を決定し、2030年までに稼働にこぎ着けたい考えと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

SMR-NTのロバート・プリチャード(Robert Pritchard)所長はSMR-NTが建設計画において積極的なアプローチを採用しているとした上で、政治家たちは市民の意見に追従するとの見方を示し、「今後1年かけて市民のもとへ足を運び、理解を得る必要がある」と述べた。

オーストラリアでは現在、原子力発電所の建設および稼働は法律により禁止されているため、原子炉の実現には市民の理解に加え、法律の改正が必要となる。SMR-NTは、現行の法律が制定されたのはエネルギー保障、電力コスト、排出量の削減などが大きな問題ではなかった時代で、原子力発電所の価値が認識されていなかったと説明している。

SMR-NTはさらに、オーストラリアはこれまで、再生可能エネルギー開発に何十億豪ドルもの巨額な投資を行ってきたが、いまだに二酸化炭素(CO2)排出量の大幅な削減に至っていないことを指摘した上で、連邦政府のエネルギー安全保証委員会(ESB)に対し「SMRをエネルギーの安全保障計画に含めないのは賢明ではない」と訴えている。

SMR-NTが示した最新の調査では、原子力発電による電力価格の平均は1メガワット時当たりUS$60(約6,720円)、最安値は1メガワット時当たりUS$36となり、最もコストの低い電力供給源になり得るという。

そう言えば、古い核兵器から取り出した廃棄物を使い、家庭や工場、そして宇宙居住施設まで、何にでも電気を供給できるようになる可能性を秘めた小型の原子炉を、米国の18歳になるテイラー・ウィルソン(Taylor Wilson)が考案した。

家庭に1台、小型の原子炉も夢ではなかった。

2015-06-20---核の天才少年テーラー・ウィルソン。彼は14歳で原子を溶融させた。
2013-02-28---米国の18歳の少年が、古い核兵器からの廃棄物で小型原子炉を考案!

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告