gaYa広告

2017年11月20日

インドの自動車大手M&M、デトロイトに自動車工場!

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月22日に、インドのコングロマリットの一つ「マヒンドラ・グループ(Mahindra Group)」の中核企業で、インドの自動車大手M&M(Mahindra & Mahindra Limited/マヒンドラ&マヒンドラ)は2017年11月20日に、米国のかっての自動車産業の中心地で、アメリカで一番危険な都市とも言われるミシガン州デトロイト(Detroit)で新工場の開業式を開催したと報告した。

新工場は北米における本部としても機能する。当初はレクリエーション用のオフロード車両を生産するが、将来的にはEV(Electric Vehicle/電気自動車)の販売も視野に入れている。

世界中で、電気自動車が新しい世界を作ると信じている。
本当に大丈夫か?
昔から、デパートの屋上にあった子供用の電気自動車は、どこでも作れるが、それ以上は可能か?

今回は、かなりの補助が米国政府から出るだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

米国のグループ会社、MANA(Mahindra Automotive North America/マヒンドラ・オートモーティブ・ノース・アメリカ)による総額US$2億3,000万(約259億円)の事業拡大計画の一環で、新工場では2018年初めからオフロード車両「ロクサー(Lockser)」の生産を始める。

1年目の生産台数は約5,000台を計画しており、2018年第1四半期(1〜3月)中に年産1万2,000台のフル生産体制が整うという。

稼働に当たって、従業員数を250人に増やした。2020年までに新たに400人を増員するほか、US$6億を追加投資するという。

マヒンドラ・グループのアナンド・マヒンドラ(Anand G. Mahindra)会長は、「新工場は米国で存在感を高めるマヒンドラの象徴だ」と語り、今後も同国におけるマヒンドラ・ブランドの浸透に注力する考えを強調。オフロード車両を皮切りに、他の車両の展開を考えていることを示唆した。

マヒンドラ会長は、米国を電気自動車(EV)の販売市場としても位置付けている。マヒンドラは現在、インド国内で小型車「e2o(イー・ツー・オー)」やセダン「eVerito(イー・ベリト)」などのEVを生産しているが、2016年に買収したイタリアの自動車設計会社ピニンファリーナ(Pininfarina S.p.A.)の設計による高級EVの開発を進めている。

デトロイトで新たに自動車メーカーの工場が稼働するのは、1992年のFCA(Fiat Chrysler Automobiles N.V./フィアット・クライスラー)以来25年ぶり。米国では農機メーカーとしての知名度が高いマヒンドラだが、米国の新聞「ニューヨーク・タイムズ(New York Times)」は、「インドの自動車メーカーの進出は、世界のモータリゼーションをけん引してきたデトロイトにとって新たな歴史」と伝えている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告