on-the-time.jp

2017年11月20日

インドの自動車大手M&M、デトロイトに自動車工場!

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月22日に、インドのコングロマリットの一つ「マヒンドラ・グループ(Mahindra Group)」の中核企業で、インドの自動車大手M&M(Mahindra & Mahindra Limited/マヒンドラ&マヒンドラ)は2017年11月20日に、米国のかっての自動車産業の中心地で、アメリカで一番危険な都市とも言われるミシガン州デトロイト(Detroit)で新工場の開業式を開催したと報告した。

新工場は北米における本部としても機能する。当初はレクリエーション用のオフロード車両を生産するが、将来的にはEV(Electric Vehicle/電気自動車)の販売も視野に入れている。

世界中で、電気自動車が新しい世界を作ると信じている。
本当に大丈夫か?
昔から、デパートの屋上にあった子供用の電気自動車は、どこでも作れるが、それ以上は可能か?

今回は、かなりの補助が米国政府から出るだろう。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

米国のグループ会社、MANA(Mahindra Automotive North America/マヒンドラ・オートモーティブ・ノース・アメリカ)による総額US$2億3,000万(約259億円)の事業拡大計画の一環で、新工場では2018年初めからオフロード車両「ロクサー(Lockser)」の生産を始める。

1年目の生産台数は約5,000台を計画しており、2018年第1四半期(1〜3月)中に年産1万2,000台のフル生産体制が整うという。

稼働に当たって、従業員数を250人に増やした。2020年までに新たに400人を増員するほか、US$6億を追加投資するという。

マヒンドラ・グループのアナンド・マヒンドラ(Anand G. Mahindra)会長は、「新工場は米国で存在感を高めるマヒンドラの象徴だ」と語り、今後も同国におけるマヒンドラ・ブランドの浸透に注力する考えを強調。オフロード車両を皮切りに、他の車両の展開を考えていることを示唆した。

マヒンドラ会長は、米国を電気自動車(EV)の販売市場としても位置付けている。マヒンドラは現在、インド国内で小型車「e2o(イー・ツー・オー)」やセダン「eVerito(イー・ベリト)」などのEVを生産しているが、2016年に買収したイタリアの自動車設計会社ピニンファリーナ(Pininfarina S.p.A.)の設計による高級EVの開発を進めている。

デトロイトで新たに自動車メーカーの工場が稼働するのは、1992年のFCA(Fiat Chrysler Automobiles N.V./フィアット・クライスラー)以来25年ぶり。米国では農機メーカーとしての知名度が高いマヒンドラだが、米国の新聞「ニューヨーク・タイムズ(New York Times)」は、「インドの自動車メーカーの進出は、世界のモータリゼーションをけん引してきたデトロイトにとって新たな歴史」と伝えている。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。