2017年11月21日

米国、「ネットの中立性」撤廃!?

未来

日本経済新聞 電子版は2017年11月22日に、米国のFCC(Federal Communications Commission/連邦通信委員会)は2017年11月21日に、通信会社などインターネット接続会社にネット上のコンテンツを平等に扱うよう求める「ネット中立性(network neutrality)」の原則を撤廃する方針を発表した。

追加料金を払った動画配信業者のコンテンツの通信速度を引き上げるなど、扱いに差をつけるのを認める。
接続会社の裁量範囲を広げて収益を高め、投資を促す目的だが、不公平な扱いを受ける可能性があるネット企業は反発している。

FCCのパイ(Ajit Pai)委員長が2017年11月21日に、規制緩和案を委員に提示した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

2017年11月22日に詳細を公表し、2017年12月14日に開く公開会合で委員5人で投票して賛否を決める。
パイ委員長を含む共和党の委員が5人のうち3人を占めており、今回の提案は通る公算が大きい。

規制緩和が実現すれば、ネット接続サービスを手がけるAT&Tやコムキャスト(Comcast)など、通信・CATV会社はコンテンツの内容に応じ、追加料金を課す代わりに高速通信を提供するなど自在に速度や価格を決められるようになる。

例えば通信回線に負荷がかかる動画配信サービス会社に利用料を課したり、傘下の企業が運営するサービスへの通信速度を特別に速くしたりするといったことが可能になる。通信会社はコンテンツ配信などへの進出を続けており、こうした企業が競争上有利になる可能性がある。

ネットの中立性の原則はバラク・オバマ(Barack Obama)前大統領が強く要請し、FCCが2015年に明文化した。

インターネットを電気などと同じ「公共財」と定義し、FCCが通信会社を厳しく規制する体制にした。

今回の提案では通信会社が消費者に不利益を生じさせるような行為をしていないか、米国のFTC(Federal Trade Commission/連邦取引委員会)が個別に判断する体制に改める。

FCCが通信会社を厳しく規制する体制から、消費者に不利益を生じさせるような行為をしていないを監視する体制に変更された。

トランプ大統領がFCC委員長に指名したパイ委員長は声明で、オバマ政権による規制強化が通信会社のインフラ投資を抑えたと指摘し「間違いだった」と批判した。

米国では通信量の増大が課題となっており、接続会社は回線の混雑を招くアプリやソフトウエアの速度を遅くしたがっていた。

通信会社は通信回線の利用料を原資にネットワークの強化や更新に投じることで、高精細で大容量の動画をネットでスムーズに見られるようにしたり、地方にも高速通信網を広げたりできる。

通信の業界団体USテレコム(USTelecom/United States Telecom Association)は「時代遅れの規制の撤廃は高速ネットワークの拡大につながる」と歓迎する声明を発表した。

USテレコムのFive Myths
MYTH: This debate is between those who favor net neutrality and those who oppose it.
MYTH: If the FCC repeals Title II, consumers will not be protected.
MYTH: The FCC is trying to kill net neutrality.
MYTH: Title II utility regulation doesn’t hurt broadband investment.
MYTH: Today’s leading internet companies—like Amazon, Google and Netflix—would not exist without Title II regulations.

一方、通信回線を使ってサービスを提供する側のネット企業は反対している。GoogleやFacebook、Amazon.com、Netflixなどが加盟するインターネット協会(Internet Society)は「ネット接続会社はその立場を利用してウェブサイトやアプリを差別してはならない」とネットの中立性の維持を求める声明を発表した。

インターネット協会というのは、実際に紛らわしい。

日本には一般財団法人インターネット協会(IAjapan)や不動産会社まである。
さらに、紛らわしい第一人者までいる。

通信会社がライバル企業を排除するため高いネットワーク使用料を求めれば、新たなネットサービスに挑む新興企業が育たなくなると懸念する声もある。

しかし、ビジネスで考えるのであれば、切磋琢磨した方が良くなる。

さらに、インターネットだけでは、なくなってきている。

私が、マルチメディア・インターネット事典を始めた頃は、何もなかった!

多くの人に、インターネットとはなんですか?と聞くと、ほとんど間違っていた。

当時、なぜ、インターネットに定冠詞「the」が付いているのか?と聞くと、答えはデタラメだった!
そんなとき、どさくさに紛れて、雨後の筍のように出てきた。

一つも信用できない。

ソフトバンクの孫正義も、撤廃で新しい芽が出てくる!

みんな平等というのは資本主義ではなく、アメリカが最も嫌う共産主義の考え方である。

トランプ大統領を批判する人も多いが、典型的なアメリカ人である。
批判している人は、天にツバ吐く人たちである。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。