gaYa広告

2017年11月27日

量子コンピュータ、NTTがクラウドで一般公開。

未来研究

日本経済新聞 電子版、朝日新聞デジタルは2017年11月20日に、NTTは2017年11月20日に、国立情報学研究所などと共同開発したスーパーコンピューターをはるかに超える高速計算を実現する新原理の量子コンピュータ(quantum computer)の試作機をクラウドのシステムとして、2017年11月27日から一般公開すると発表した。

2019年度末までに国産での実用化を目指すことにしている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

量子コンピュータは世界で開発競争が起きており、NTTなどは利用者の意見を踏まえながら実用化を目指すことにしている。

2016年10月に発表した「量子ニューラルネットワーク」と呼ぶ、光の物理現象を利用した計算機を、データセンターに設置できるほどに小さくした。クラウドのシステムとして実装することで、ネットワークを介して利用できる。

量子ニューラルネットワークは、光ファイバーの回路内部で約2000個の光のパルス信号が周回し、パルス同士が相互作用しながら高速で問題を解く。

複数の町を訪れるときの最短ルートを突きとめるなど、膨大な選択肢から最適の組み合わせを見つけることに適した計算能力を持つ。

現在のコンピュータの仕組みでは、多数の組み合わせから最適な答えを探す際に一つずつ計算するが、量子コンピューターは極小の物質の世界の現象を応用し、一度に計算する。

現時点では一度に計算できる組み合わせは、スパコンの数千分の1〜数十分の1程度だが、量子ニューラルネットワークを利用すると、理論上は1千年かかる計算も一わずか数ミリ(ミリは1000分の1)秒で解けるとされ、人工知能や新薬の開発、交通渋滞の解消などに役立つことが期待されている。

量子ニューラルネットワークは医薬品開発や画像解析といった分野への応用が期待されている。

一般利用者にシステムを開放することで、応用分野への適用を加速する。

基礎研究は1980年代に始まり、日本の業績も世界的に評価されている。だが、実用化では米IBMやGoogleなどが先行している。カナダのD-Waveシステムズは2011年に一部実用化し、NASAや自動車部品大手「デンソー」、東北大学などが活用している。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告